秋篠宮 家 ブータン。 秋篠宮家が傘投げる動画?傘の渡し方が批判&5つの謎やうわさを解明!

秋篠宮家 悠仁さま 写真特集:時事ドットコム

秋篠宮 家 ブータン

Contents• 秋篠宮家ブータン旅行への批判 現在、秋篠宮家を取り巻く状況は複雑である。 小室圭さんの問題が表面化し、秋篠宮家がそれをうまく解決できないことに国民の苛立ちは高まる一方だ。 皇室ジャーナリストは次のように現状を分析する。 「小室問題が片付かないことには、秋篠宮家への逆風が弱まることはないでしょう。 秋篠宮家の一挙手一投足がメディアから注目を集め、バッシングを受ける状況が続いています」(皇室ジャーナリスト) 今回の私的旅行では、19日にブータン国王ご夫妻を表敬訪問し、現地では最大級の歓待を受けた。 しかし国内では、この時、悠仁さまが「羽織袴」をお召しになっていたことが問題視された。 「袴羽織は武家の衣服であり、確かに皇族が公式の場でそれをお召しになることはありません。 ですが、非公式の場ならば袴羽織りお召しになることもあります。 今回のブータンは私的旅行ですから、どのような服を着ても違反ではありません。 ですが19日の表敬訪問は、国内報道の関心からして、公務と同じ性格を持つものです。 批判を招く恐れのある羽織袴を着る必要性はなかったようにも思います」(同前) 公的性格のある表敬訪問であるからこそ、非難される恐れのある羽織袴を避けるべきでだったというのである。 また別の皇室ジャーナリストたちからは、 「表敬訪問はコスプレ撮影会やファッションショーではない」といった声も聞こえた。 ダブルブッキング批判 羽織袴騒動と同種の批判は他にもみられる。 それは「ダブルブッキング」疑惑である。 というのも、秋篠宮家は17日よりブータン入りしているが、17日から18日までインドのモディ首相もブータンを公式訪問しているからだ。 秋篠宮家の訪問は私的旅行とはいえ、実際には公式訪問と同じ歓待を受けているため、事実上のダブルブッキング状態だ。 同時に二組の要人を歓待しなければならなかったブータン側の負担は計り知れないだろう。 また現地紙は、公式訪問のインド側よりも、私的旅行の秋篠宮家を大体的に報じたため、インド側からすれば面子を潰されたのも同然だろう。 そんな批判の声があがっている。 私的旅行で訪れた秋篠宮殿下を迎えるブータン国王。 公式訪問したモディ首相の時と同様、民族衣装に身を包み、最大限の歓待をした。 外交マナー上問題ないとのことであるが… 今回のダブルブッキング疑惑について、さる宮内庁関係者は言う。 「ダブルブッキングについては、事前調整の段階で問題視され議論されていたようです。 ですが、秋篠宮ご夫妻が公務で多忙を極め、ここから日程をずらすことが困難だったため、当初の日程のまま押し通した背景があるようです。 ですが、公式訪問としてダブルブッキングになっているわけではなく、ブータン側の了承を得たうえでの私的旅行ですから、マナー上問題があるとは考えていません」(宮内庁関係者) インドのモディ首相は「公式訪問」であるが、秋篠宮家は「私的旅行」であるからダブルブッキングではなく問題ないという。 だが秋篠宮家界隈の某宮内庁関係者は次のように苦言を呈している。 「ブータン旅行でのダブルブッキングやファッションショーといった批判を、秋篠宮家は厳粛に受けとめる必要があると思います。 というのも、今回の件に限らず、秋篠宮家は宮内庁の干渉を嫌がり、独断専行で物事を決めてしまうきらいがあります。 今回はそれが悪い方面に出てしまったと思います。 仮に宮内庁側と十分に打ち合わせていたならば、悠仁さまが批判を受ける恐れのある羽織袴をお召しになったり、ダブルブッキングの嫌疑もかけらることがないように調整されていたでしょう。 この度のブータン旅行は、悠仁さまの教育の一環として紀子さま主導で決められましたが、焦るあまり空回りしてしまったところが多いように思います」(別の宮内庁関係者) このように国内の評判は必ずしもプラスだけではない。 ネット上では、この他にも 「まず小室圭さん問題の解決を…」という声が聞かれる。 この問題が片付かないことには、秋篠宮家の公務を純粋に応援できないという人が多いようだ。 紀子さまにとってすれば目先の小事よりも、悠仁さまの未来が大切なのだろう。 だが国内世論がはそれほど甘くはないようだ。 (編集部).

次の

秋篠宮さま「タイ愛人説」が再燃 宮内庁は否定するも…

秋篠宮 家 ブータン

文/編集部 悠仁さまブータン海外旅行に2800万円の公費? 2019年8月16日~25日の日程で。 秋篠宮ご夫妻は悠仁さまを連れブータン旅行に臨まれたことは記憶に新しい。 悠仁さま「帝王学」の一環であり、日本から専門家を帯同させ、現地の自然や文化への理解を深められた。 さらにブータンのワンチュク国王から「ベリーハンサム」と悠仁さまは称賛され、ワンチュク国王の王子とも親交をもったことも大きな成果だろう。 未来の皇室を担う悠仁さまが立派に成長されることは日本国民にとって大変喜ばしいことだ。 だがこのブータン旅行は、あくまで秋篠宮家の私的な旅行として位置づけられている。 旅費には私費である皇族費を充てると報道されていた(時事通信2019. 31など)。 ところがこの秋篠宮家のブータン旅行に、公費が捻出されている疑惑がSNS上で話題になっている。 はたしてその真偽はどうなっているのか? 公費から超高額旅行費が 疑惑の発端は、宮内庁が公開している 「随意契約に係る情報の公表(物品役務等) 令和元年」だ。 国の定めによって省庁は、予算の執行内容を公開しなければならない。 これを読むと次の超高額旅行費が三件確認される。 航空機座席借上 6月03日 38,025,353円 株式会社JTB虎ノ門第一事業部• 航空機座席借上 6月17日 28,066,050円 株式会社JTB虎ノ門第一事業部• 航空機座席借上 8月20日 18,379,370円 株式会社JTB虎ノ門第一事業部 この「航空機座席借上」によって誰がどこに渡航されたのかの記述はない。 しかし他の「航空機座席借上」は国内の倍は80万~200万ほどで収まっていることからみても、群を抜いて高額であり、ひときわ異彩を放っている。 よって上記三件は、国外への往復チャーター便の費用であることは明白だ。 この三件が上記の三件に符合するのであれば、8400万円ものフライト代が税金から秋篠宮家に流れていたことになる。 だが、事情に詳しい関係者は 「予算の執行の仔細が解らないと何とも言えませんが」と断りを入れつつ次のように言う。 「悠仁さまのブータン旅行は、現地で国王一家と親睦を深められるなど、名目上は私的旅行ながら、実質的には国外親善の公務に等しいものです。 また、航空機事故などの万が一を考え、皇位継承権1位の秋篠宮殿下と、2位の悠仁親王殿下の搭 乗便を別々にしたのは宮内庁の決定であり、その点で公費から航空機代が出ていることは問題ないと思います」(宮内庁関係者) また、この問題に詳しい皇室ジャーナリストは次のように。 「皇室は日本人にとって公的な存在ですから、公費をつかって私的活動をすることばしばしばあり、それ自体に問題はありません。 適応障害となれた雅子さまがオランダで療養された際も公費から出ています。 また今年、紀子さまは『私的な公務』で海外渡航を二度される予定になっていますが、こちらのフライト代も皇嗣から捻出される予定です。 問題なのは、眞子さまの結婚問題一つ解決できず国民をイライラさせている秋篠宮家が、私的旅行と銘打って海外に出かけたのに、ふたを開けてみたら公費からフライト代が出ていたことに、道義的責任を感じてしまうことでしょう」(皇室ジャーナリスト) 本件の仔細については宮内庁に問合わせ中だが、あいにく連休に入ってしまっているためか現時点で返答はない。

次の

秋篠宮家 悠仁さま 写真特集:時事ドットコム

秋篠宮 家 ブータン

新天皇の即位から4か月が過ぎ「皇嗣ご一家」となった秋篠宮家。 10月22日に新天皇が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」、来年4月19日に秋篠宮が皇位継承順位1位の皇嗣になったと示す「立皇嗣の礼」が行なわれるなど、この先も皇室は重要行事が目白押しだ。 特に10月の「即位礼」は、160か国以上の元首など外国人賓客600人ほどを招待する一大行事だ。 「海外王室や政府関係者といった要人を招く際に、は相手国との折衝役を担うことになります。 秋篠宮殿下も宮内庁式部職、外務省を通じて各国要人の情報を仕入れて、兄である陛下を支える役割が求められます」(皇室ジャーナリスト) そのためにも、秋篠宮家と外務省の密な連携が重要となるが、両者はギクシャクしているように見える。 「本来なら皇室が海外を訪問する際、宮内庁の式部職を通じて、相手国を訪問するのでご準備お願いします、という旨の連絡が外務省に入ります。 ところが秋篠宮殿下は今回の旅行の日程や行き先を、国立民族学博物館教授の池谷和信氏に相談して決められた。 池谷氏は『生き物文化誌学会』を通じて殿下と親交があり、事前に現地の下見に訪れて訪問場所を検討されたといいます。 殿下の訪問に関して相談を受ける立場であるはずの外務省は、NHKの報道で初めて秋篠宮家のブータン旅行を知ったといい、外務省関係者は、『何だコレ? ウチには連絡がないぞ』と仰天したそうです」(皇室記者) 外務省が慌てたのには理由があった。 ブータンには日本大使館がないため、兼任するインド大使館が対応する必要が出てきたからだ。 「外務省が困ったのは、秋篠宮家がブータンに入られた同日、インドのモディ首相もブータンを公式訪問することが決まっていたことです。 ブータン王室に対し、日本の皇位継承者と隣国の指導者を同時におもてなしするという負担をかけてしまった。 「皇室が海外訪問される際、外務省への連絡が遅れるなんてあり得ない。 詳細な回答は差し控える」(報道課)と回答。 宮内庁は「必要な時期に必要な部局間で連絡を行っています」(総務課報道室)とした。 しかし、「それがトラブルを招きかねない」(前出・皇室記者)という懸念もある。 御代替わり後の今年6月、秋篠宮ご夫妻がポーランドとフィンランドを訪問された際にも政府専用機ではなく、民間機を利用した。 「この時、飛行機の到着が遅れて、その後の予定時間がずれることが2度もありました。 政府専用機であれば定時運行のためにあらゆる手段を尽くしますが、民間機ではそうはいかない。 招待される側が歓迎行事を準備する相手国を待たせるのは、外交儀礼を失することになってしまう。 秋篠宮ご一家が、今後の海外訪問でも殿下の方針を優先されれば、同様の事態が再び起こりかねません」(同前) 秋篠宮家の次女・佳子内親王は9月15日から25日までオーストリアとハンガリーを訪問する。 日本との国交樹立150周年を祝し、両国政府から招待を受けた重要な行事である。 また10月の「即位礼」が終われば、秋篠宮は天皇を支える立場として海外訪問する機会も増える。 皇室ジャーナリストの神田秀一氏が指摘する。 「今後は秋篠宮ご夫妻や子さま、佳子さまだけでなく、将来の天皇たる悠仁さまが知見を広めるため海外を訪問したり、留学されることもあり得ます。 その時、相手国と事前折衝するのは外務省の役割のはず。 外国での無用なトラブルを避けるためにも秋篠宮家と外務省はこじれた関係を見直し、国際親善のために手を取り合うべきです」 円滑な皇室外交のためにも関係改善は急務だ。

次の