離乳食 おくら。 赤ちゃんの離乳食でオクラはいつから?種はいつまで取る?下ごしらえや冷凍方法も紹介!

【栄養士監修】離乳食のオクラレシピ|いつから?種、下ごしらえ、冷凍は?|cozre[コズレ]子育てマガジン

離乳食 おくら

離乳食材としてのオクラ 食品のうちでも、ぬるぬるねばねばした長イモ、納豆、メカブなど体によくてスタミナがつくといわれています。 オクラも例外ではありません。 オクラに含まれる粘りの成分も整腸作用や、大腸癌予防の効果があります。 離乳食としては硬いので、離乳食中期から種や周りの産毛を丁寧に取って、軟らかく茹でて与えるようにして与えます。 スープやみそ汁などに入れるととろみが出るので、それを離乳食の調理に活かせます。 しかし、オクラはアレルギー症状を起こして、体に合わない場合もあるので最初は少しずつ、様子を観察しながら食べさせましょう。 オクラのスパゲッティ 【材料】 ・オクラ 1本 ・ベーコン 10g ・ミニトマト 2個 ・しめじ 3本 ・スパゲッティ 20g~30g ・バター 5g 【作り方】• オクラは塩で板擦りして茹でて、輪切りにします。 ベーコンとしめじも食べやすい大きさに切ります。 トマトは湯むきして4等分します。 スパゲッティは軟らかく茹で、3センチ位に切ります。 (茹で汁を少しとっておきます。 フライパンにバターを溶かし、ベーコンを炒めます。

次の

離乳食にオクラはOK?いつから?下処理方法と簡単レシピを離乳食インストラクターが伝授!

離乳食 おくら

初期に食べさせたい場合でも大丈夫ではありますが、なんせすりつぶすのが大変!食べさせるのはもぐもぐできるようになってからでいいと思います。 おくらのあの独特なぬめり。 あのぬめりの成分はペクチンといった整腸作用のある食物繊維です。 スープなどに入れると、とろみがついて赤ちゃんも食べやすくなります。 種はちょっと固めで赤ちゃんには消化が良くないので、取り除いてあげます。 その後熱湯で柔らかく茹でましょう。 ゆであがったら、離乳食の時期の応じた食べやすい大きさに刻んであげます。 おくらは小さく刻むほど粘りが出るので、あえて細かく刻んでほかの食材と合わせたり、スープに入れてもいいですね! 離乳食のおくらの冷凍方法 離乳食用のおくらは、冷凍保存が可能です。 (生のままでも、加熱をしてからでも!) 種を取るなど下ごしらえをしたあと、生のまま冷凍保存バックに入れてそのまま冷凍も可能です。 もしくは、加熱後に時期に合わせた大きさに刻んで、製氷皿に入れて冷凍。 解凍方法 電子レンジで解凍後、加熱調理。 または、スープや炒め物の鍋に凍ったまま入れて調理してもOK。 おくらの選び方 おくらの色が濃く、うぶ毛もしっかりしているもの。 所々茶色くなっていたりするものは、少し古くなっている可能性があります。 また、大きいものよりも小さめのほうがおいしいです、大きいものは育ちすぎて苦みが出てくることも。 おすすめ!おくらで離乳食レシピ.

次の

赤ちゃんの離乳食でオクラはいつから?種はいつまで取る?下ごしらえや冷凍方法も紹介!

離乳食 おくら

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の