ワールドプレゼント anaマイル ルート。 【還元率UPの方法】ワールドポイントをマイルに。ANAマイルに必須。ワールドプレゼントのオススメ交換先とは?

【JQみずほルート】三井住友カード「ワールドプレゼント」のANAマイル交換レートをアップする方法を解説!

ワールドプレゼント anaマイル ルート

【重要】2019年12月ソラチカルート閉鎖に伴い陸マイラーが保有すべきクレカは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を推奨! 2点改悪のお知らせです。 05マイル交換が不可となります。 GポイントやLINEポイントを貯めている方は、 12月中にメトロポイントまで交換することをおすすめします。 この 1. 上記各種改悪によってANA VISAカード全般のマイルの還元率が下がってしまったことを考えますと、年会費の安いカードを選択するのも有力な候補です。 中でもANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)はTOKYUルートが使えるため、非常におすすめです。 そしてTOKYUルートを利用するためには、 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを保有しておく必要があります。 TOKYUルートの詳細は以下の記事で解説しています。 ソラチカルートが閉鎖された場合に備え、大注目されているルートの1つです。 経由するサイトもソラチカルートに比べ少ないという利点があります。 赤枠は 登録必須のサイト()です。 ANA、JALどちらにも強い味方のモッピー です。 ハピタス 老舗のポイントサイトで多くの陸マイラーに愛されているサイトです。 実質、無料で食事ということも可能となります。 詳細は以下の記事をご参照ください。 ちょびリッチ モッピー 同様、Gポイントに等価で直接交換できる数少ないポイントサイトの1つ です。 ちょびリッチは、2018年4月2日からGポイントへ直接等価で交換可能となりました。 現在、登録キャンペーン中です。

次の

【2020年最新】PeXからANAマイルへの交換方法をお得度順に徹底解説

ワールドプレゼント anaマイル ルート

これらのカードでは、三井住友カードのポイントプログラムであるワールドプレゼントを利用して、ポイントをマイルに交換できます。 ワールドプレゼントについては、後ほど詳しく紹介します。 陸マイラーにANAの三井住友カードがおすすめな理由 ANAカード以外にも、三井住友カードには様々な種類があります。 なぜ陸マイラーにとって、ANAカードの三井住友カードがおすすめなのでしょうか? また、ANAカードのなかには、三井住友カード以外のカードもたくさんあります。 なぜ、そのなかでも三井住友カードがおすすめなのでしょうか? ここでは、これら2つの理由について説明していきます。 入会時と継続時にANAマイルがもらえる ANAカードでは、入会時と継続時に毎年ボーナスマイルがもらえます。 もらえるボーナスマイルは、ANAカードのグレードによって異なります。 各グレードの入会時と継続時にもらえるボーナスマイルは、以下のとおりです。 ANAカード…還元率0. ANAカード以外…還元率0. このポイントはマイルに交換できますが、 同じ三井住友カードでも、ANAカードかそれ以外かによって、交換できるマイル数が異なります。 ANAカードの場合、登録したコースに応じて、1ポイントを5マイル、または10マイルに交換可能です。 この場合、マイル還元率は0. しかしANAカード以外の三井住友カードの場合、1ポイントは3マイルにしかなりません。 この場合、マイル還元率はたったの0. そのため、陸マイラーが三井住友カードを発行するなら、ANAカードを選ぶのがおすすめです。 年会費割引特典で他のANAカードより年会費が安くなる ここまで、三井住友カードのなかでもANAカードがおすすめな理由について説明してきました。 ここでは、数あるANAカードのなかで、三井住友カードがおすすめな理由について説明します。 ANAカードのなかでも三井住友カードがおすすめな理由は、年会費割引特典があるからです。 ANAカードには、以下5つの国際ブランドがあります。 JCBの年会費は2,000円なので、三井住友カードの方がずっとお得です。 他のグレードでも、カードご利用代金WEB明細書サービスやマイ・ペイすリボを利用することで、年会費をグッと安くできます。 他の国際ブランドのANAカードと同時に所有できる VISAやMastercardのANAカードを発行したら、他の国際ブランドのANAカードが発行できないのではないかと思っている人もいるかもしれません。 しかし、その心配はいりません。 ANAカードは、各国際ブランドで1枚ずつ発行可能です。 さらに、 交通系IC一体型ANAカードは、国際ブランドに関係なく1枚ずつ発行できます。 そのため、すでに別の国際ブランドのANAカードを持っている人も、別のANAカードが欲しいという人も、安心して三井住友カードに申し込みましょう。 三井住友カードの「ワールドプレゼント」とは? 先ほども説明したとおり、三井住友カードにはワールドプレゼントというポイントプログラムがあります。 三井住友カードを使って支払いをすれば、ワールドプレゼントのポイントが貯まり、これをANAマイルに交換可能です。 ここでは、ワールドプレゼントの特徴やメリット、お得な利用方法などについて説明していきます。 ワールドプレゼントの2つのコースと還元率 一般・交通系IC一体型・ワイドカードの会員の場合、ワールドプレゼントには以下2つのマイル交換コースがあります。 先ほども説明したとおり、ワールドプレゼントのポイントは、支払い額1,000円につき1ポイントもらえます。 「 5マイルコース」は1ポイントを5マイルに、「 10マイルコース」は1ポイントを10マイルに交換できるコースです。 マイル還元率は、5マイルコースなら0. コースは申し込み時に好きな方を選べますが、 10マイルコースの場合、カードの年会費とは別に年間6,000円(税抜)のマイル移行手数料がかかります。 5マイルコースの場合は、マイルの移行手数料はかかりません。 ゴールドカード会員の場合、マイル交換コースは10マイルコースのみとなっています。 ゴールドカード会員なら、10マイルコースでもマイル移行手数料はかかりません。 プラチナ会員の場合は、1ポイント=15マイルの「 15マイルコース」になります。 この場合、マイル還元率は1. こちらも、マイル移行手数料はかかりません。 支払い金額に応じてボーナスポイントがもらえる ワールドプレゼントには、以下2種類のポイントがあります。 通常ポイント• ボーナスポイント 「 通常ポイント」は、支払い額に応じてもらえるポイントです。 「 ボーナスポイント」は、 通常ポイントとは別に、前年度の支払い額と本年度の支払い額に応じてもらえるポイントです。 ワールドプレゼントでは、前年度の三井住友カードの支払い総額に応じて、会員は以下のステージに振り分けられます。 そして本年度の支払い総額が一定のラインを超えると、ステージに応じて、規定のポイントがもらえます。 例えば、2018年2月~2019年1月までの支払い総額が50万円だった場合、ステージは「V1」です。 プラチナとゴールドカード以外のV1会員の場合、本年度の支払い総額が50万円を超えると、その時点で50ポイントがもらえます。 その後も、支払い総額が10万円増えるごとに、10ポイントがもらえます。 このときもらえるポイントこそが、ワールドプレゼントのボーナスポイントです。 ワールドプレゼントの通常ポイントは「1ポイント=5~15マイル」ですが、 ボーナスポイントは「 1ポイント=3マイル」となっています。 いったんPeXに交換すれば、現金化もできる ワールドプレゼントのポイントは、直接は現金化できません。 しかし ワールドプレゼントのポイントをPeXのポイントに交換すれば、現金化も可能です。 ワールドプレゼントの1ポイントは、PeXの50P(5円相当)に交換できます。 PeXにポイントを移行したら、ポイントを現金化できます。 ただし、PeXのポイントは現金化する際、手数料が500P(50円相当)かかります。 ボーナスポイントの有効期限を無期限にできる ワールドプレゼントのポイントには、以下の有効期限があります。 この有効期限は、無期限にすることも可能です。 その方法は、 ワールドプレゼントのポイントをGポイントに交換し、またワールドプレゼントのポイントに交換し直すことです。 こうすれば、交換するたびにポイントを新規獲得したことになるため、ポイントの有効期限は数え直しになります。 これを繰り返すことで、ポイントの有効期限を実質無期限にできるのです。 ただしこの方法は、ボーナスポイントだけに使いましょう。 なぜなら、 通常ポイントをGポイントに交換してしまうと、ボーナスポイントに変わってしまうからです。 この場合、1ポイント=3マイルになってしまうので注意しましょう。 ポイントの交換先が多彩 ワールドプレゼントのポイントはANAマイル以外にも、以下の様々なサービスに交換できます。 交換できる景品と交換に必要なポイントは、「 ワールドプレゼント景品カタログ」に掲載されています。 カタログが見られるURLは、以下のとおりです。 「 マイレージ移行」では、ワールドプレゼントのポイントを様々なマイルに交換できます。 ワールドプレゼントのポイントはANAマイル以外にも、以下の航空会社のマイルに交換可能です。 このようにワールドプレゼントのポイントは、海外の航空会社のマイルにも交換できます。 「 キャッシュバック・iDバリュー」では、交換したポイント数に応じて、三井住友カードや三井住友カードiDの利用代金が値引きされます。 通常のキャッシュバックの場合、1Pにつき3円、「iDバリュー」では1Pにつき5円がキャッシュバックされます。 (「iD(アイディー)」は三井住友カードの電子マネー、iDバリューはiDの会員を対象としたサービス) ワールドプレゼントのポイントはこのほかにも、「楽天ポイント」やヨドバシカメラの「ゴールドポイント」などの様々なポイントや、「Amazonギフト券」などのギフトカードに交換することも可能です。 ワールドプレゼントのポイントの交換先の一覧は、以下のURLから確認できます。 陸マイラーにおすすめな三井住友カード 冒頭で説明したとおり、ANAカードの三井住友カードはたくさん種類があります。 そのため、どれを選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。 そこでここでは、陸マイラーにおすすめなANAカードの三井住友カードを紹介していきます。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード 【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのスペック】• 年会費…2,000円(初年度無料)• 入会時・継続時ボーナスマイル…1,000マイル• 【TOKYUルート】 TOKYUルートは、モッピーやハピタスのポイントを「 ドットマネー」と「 TOKYU POINT(トーキュー・ポイント)」を経由して、ANAマイルに交換するルートです。 これは2019年12月時点で、モッピーやハピタスのポイントをANAマイルに交換する全ルートのうち、最高レートとなっています。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、東急のクレジットカード「 TOKYU CARD(トーキュー・カード)」の一種です。 そのためTOKYUルートを使うのなら、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは必須です。 まだ持っていないという人は、申し込んでおきましょう。 また、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、ワールドプレゼントのポイントだけでなく、東急の加盟店での支払いに利用することで「 TOKYU POINT」も貯められます。 ANA VISAワイドゴールドカード・ANA マスターワイドゴールドカード 【ANA VISAワイドゴールドカード・ANAマスターワイドゴールドカードのスペック】• 年会費…14,000円(初年度無料)• 入会時・継続時ボーナスマイル…2,000マイル• これらのゴールドカードは、 カードご利用代金WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボの両方を利用することで年会費が9,500円になります。 安い年会費でゴールドカードを所有したいという人には、一押しのカードです。 まとめ ANAカードを発行するなら、三井住友カードがおすすめです。 三井住友カードなら、カードご利用代金WEB明細書サービスやマイ・ペイすリボを利用することで、同じグレードの他のANAカードより年会費を安くできます。 また、前年度の支払い総額が50万円を超えていれば、支払い額に応じて通常ポイントとボーナスポイントの2重取りができます。 これらのポイントは、どちらもANAマイルに交換可能です。 まだ三井住友カードのANAカードを持っていないという方は、ぜひ申し込みを検討してみてはどうでしょうか。

次の

【2020年最新】PeXからANAマイルへの交換方法をお得度順に徹底解説

ワールドプレゼント anaマイル ルート

ANAゴールドカードの特典と三井住友ゴールドカードのお得になる優遇が融合しており、ANAマイルを効率的に貯められます。 (詳細は) これらのクレジットカードを利用すると、1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントが貯まります。 ワールドプレゼントポイントの有効期限は、カードのグレードによって異なりますが、「ゴールドカード」は、ポイント獲得月から3年間となっています。 その他、ワールドプレゼントのポイントは、お店でショッピングする以外にも、様々な貯め方()があります。 その中で特に重要なものを説明したいと思います。 ワイドゴールドカードやスーパーフライヤーズゴールドカードの場合、1ポイント=10マイルです。 このUP分のボーナスポイントは1,000円ごとに1Pで、1ポイント3マイルで交換でき、マイル付与率がなんと無条件で+0. リボ払いでお支払いいただくと、ワールドプレゼントのポイントが2倍に! ワールドプレゼントの付与時期は 利用金額に応じて付与される「獲得ポイント」については、次のとおりです。 注目すべきなのは、リボ払いで支払った上で「リボ払い手数料」の口座引き落としが1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてポイントアップとなる点です。 また、マイ・ペイすリボは、ポイントUP特典以外にも年会費優遇を受けられます。 こうした手続きについては、The Goalさんのブログが分かりやすいです。 05マイルにすることができます。 その方法はポイントサイトを経由させます。 そうすると次のようになります。 ) 6 ワールドプレゼントのマイレージ移行に新たに3つの航空会社が追加となりました! ワールドプレゼントに以下3つの航空会社のマイレージ移行が追加になりました。 その中でカードの発行は別として、年間利用金額300万円を達成することはなかなか難しいですが、まず家族の利用カードを、ANA VISA ワイドゴールドカードに一本化することが重要です。 毎月のお支払いで、携帯電話・PHSご利用料金、電話ご利用料金、ガスご利用料金、電気ご利用料金、水道ご利用料金、新聞のご購読料金、放送料金、プロバイダー利用料金、国民年金保険料もカードで支払うことができますので、活用したいですね。 2 V3ステージを目指して 年間利用ボーナスポイントのステージは、 V1(50万以上) V2(100万以上) V3(300万以上) となっており、V3を達成したいですが、V2とV3の間が200万円ありますので、200万円台の中ぐらい行きそうなとき、諦めるのか無理してショッピングするのか悩む金額になることもあると思います。 その時に重宝するのがVisaギフトカード 1回の注文で購入できるギフトカードは、枚数は20枚まで、金額は30万円 やJTBトラベルギフト クレジットカードでのお支払いはJTBトラベルギフト合計10万円 を購入するのも一つの方法で、いずれも旅行の費用にも使えますし、ワールドプレゼントのポイントの対象にもなります。

次の