天気 日本。 10日間天気

天気

天気 日本

前線上に発生した低気圧が通過するタイミングなどで、まとまった強い雨が降るおそれがあるため、十分注意が必要です。 平年であれば7月の中旬から下旬に梅雨明けとなりますが、今年は少なくとも20日過ぎまでは梅雨空が続く所が多そうです。 特に、19日 金 から20日 土 頃にかけては、梅雨前線に向かって流れこむ湿った空気の影響で、大雨となるおそれがあります。 まだ、世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果に大きなばらつきがあり、雨の降る場所や量、ピークの期間等を特定するのが難しい状況です。 随時最新の天気予報を確認するようにしてください。 関東や東北太平洋側の低温傾向は続く 関東や東北の太平洋側のエリアでは、この先もオホーツク海高気圧による冷涼な北東風の影響で、この時期としては気温が低めで推移する見込みです。 体調管理には十分注意してください。 日本のはるか南海上で熱帯低気圧が発生 昨日14日 日 、日本のはるか南の海上で熱帯低気圧が発生しました。 この熱帯低気圧が台風まで発達するかどうかはわかりませんが、熱帯域で積乱雲の発達が顕著になると、日本の南の太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨前線を北上させることがあります。 梅雨明けの時期を左右しそうです。 また、発達して日本へ直撃することが無かったとしても、湿った空気を送り込むことで梅雨前線を活発化させて、日本付近にも大雨をもたらすおそれもあります。 今後の情報に注意してください。

次の

週間天気予報 西〜東日本は梅雨空続く 大雨のおそれも(2019年7月15日)|BIGLOBEニュース

天気 日本

前線上に発生した低気圧が通過するタイミングなどで、まとまった強い雨が降るおそれがあるため、十分注意が必要です。 平年であれば7月の中旬から下旬に梅雨明けとなりますが、今年は少なくとも20日過ぎまでは梅雨空が続く所が多そうです。 特に、19日 金 から20日 土 頃にかけては、梅雨前線に向かって流れこむ湿った空気の影響で、大雨となるおそれがあります。 まだ、世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果に大きなばらつきがあり、雨の降る場所や量、ピークの期間等を特定するのが難しい状況です。 随時最新の天気予報を確認するようにしてください。 関東や東北太平洋側の低温傾向は続く 関東や東北の太平洋側のエリアでは、この先もオホーツク海高気圧による冷涼な北東風の影響で、この時期としては気温が低めで推移する見込みです。 体調管理には十分注意してください。 日本のはるか南海上で熱帯低気圧が発生 昨日14日 日 、日本のはるか南の海上で熱帯低気圧が発生しました。 この熱帯低気圧が台風まで発達するかどうかはわかりませんが、熱帯域で積乱雲の発達が顕著になると、日本の南の太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨前線を北上させることがあります。 梅雨明けの時期を左右しそうです。 また、発達して日本へ直撃することが無かったとしても、湿った空気を送り込むことで梅雨前線を活発化させて、日本付近にも大雨をもたらすおそれもあります。 今後の情報に注意してください。

次の

日本最古の天気予報 みやき町旗上げ神事【佐賀県】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ

天気 日本

前線上に発生した低気圧が通過するタイミングなどで、まとまった強い雨が降るおそれがあるため、十分注意が必要です。 平年であれば7月の中旬から下旬に梅雨明けとなりますが、今年は少なくとも20日過ぎまでは梅雨空が続く所が多そうです。 特に、19日 金 から20日 土 頃にかけては、梅雨前線に向かって流れこむ湿った空気の影響で、大雨となるおそれがあります。 まだ、世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果に大きなばらつきがあり、雨の降る場所や量、ピークの期間等を特定するのが難しい状況です。 随時最新の天気予報を確認するようにしてください。 関東や東北太平洋側の低温傾向は続く 関東や東北の太平洋側のエリアでは、この先もオホーツク海高気圧による冷涼な北東風の影響で、この時期としては気温が低めで推移する見込みです。 体調管理には十分注意してください。 日本のはるか南海上で熱帯低気圧が発生 昨日14日 日 、日本のはるか南の海上で熱帯低気圧が発生しました。 この熱帯低気圧が台風まで発達するかどうかはわかりませんが、熱帯域で積乱雲の発達が顕著になると、日本の南の太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨前線を北上させることがあります。 梅雨明けの時期を左右しそうです。 また、発達して日本へ直撃することが無かったとしても、湿った空気を送り込むことで梅雨前線を活発化させて、日本付近にも大雨をもたらすおそれもあります。 今後の情報に注意してください。

次の