レジスチル スーパー リーグ 個体 値。 【ポケモンGO】個体値ランクチェッカー(研究用)

【GOバトルリーグ】レジスチルの弱点と技、勝てるポケモン紹介!

レジスチル スーパー リーグ 個体 値

ポケモン 技 解放技 デオキシスを採用したパーティ 耐久力が高く、等倍同士の場合の対戦で勝ちやすいデオキシス ディフェンスフォルム を採用したパーティ。 ゲージ技はいわなだれと10まんボルトを採用し、幅広いタイプの弱点を突ける技構成にしている。 ニョロボンはレジスチルなどの対策が可能 弱点が多いニョロボンだが、マッドショットでゲージを素早くためてゲージ技を連続で使うことができる。 デオキシスでもレジスチルの対策は可能だが、控えにレジスチルがいた場合なども考えてニョロボンでの対応も覚えておこう。 でんきタイプには注意 このパーティの場合、でんきタイプに対しての耐性がないため、デオキシスで対応しなければならない。 でんきタイプが環境で多い場合はニョロボンをナマズンやラグラージ、ガマゲロゲなどに変更しよう。 耐久力も高く使いやすいポケモンとなっているぞ。 デオキシスは交代先として活躍 いわなだれや10まんボルトなど汎用性の高い技を覚える。 また、防御が高く安定して戦えるため不利な相手のとき交代先として活躍する。 マリルリはチルタリス対策 メガニウムとデオキシスでは環境に多いチルタリスに勝てない場合があるのでマリルリを採用。 マリルリはくさタイプが弱点だが デオキシスのいわなだれやマリルリのれいとうビームでカバーしよう。 マリルリを軸にしたパーティ マリルリを軸にしたパーティ1 ポケモン 技 解放技 1匹目はマリルリを採用 初手にマリルリを置くことで、環境に多い チルタリスやレジスチル、ブラッキーを対策。 技構成はチルタリスやくさタイプに有効な「れいとうビーム」とはがねタイプや等倍以上の相手に大ダメージを与えられる「ハイドロポンプ」を採用。 チェリム・エアームドを控えに採用 2、3匹目はエアームドとチェリム。 ひこうタイプのエアームド・ほのお技が打てるチェリムをがいるため、 マリルリが弱いくさタイプへの対策がしっかりとできるパーティとなっている。 チェリムの強みを活かす 1. 苦手なポケモンを出されてもタネマシンガン、ウェザーボールの技構成で交代の時間を稼ぐこともできる。 ゲージ技は使い分け可能 技構成はウェザーボール ほのお と チルタリスやブラッキーに効果抜群なマジカルシャインを採用。 相手の2. 3匹目にみずタイプのポケモンが増えた場合は、マジカルシャインをソーラービームに変えるなど使い分けも可能。 弱点が少なく安定して戦える。 開放する技はでんきやはがねの弱点をつけるじしんを採用している。 ハイドロカノンがない場合はなみのりを採用しよう。 ラグラージの相性を補完するエアームド ラグラージとエアームドはお互いの弱点を補うことができるのも魅力。 ラグラージ唯一の弱点であるくさタイプに対してひこう技で対応しよう。 マリルリに対してはアローラベトベトン スーパーリーグでの使用率が高いマリルリに対してはアローラベトベトンで対策。 ラグラージのゲージ技でヘドロウェーブを覚えさせるとマリルリの弱点をつけるが、ラグラージの役割が多くなり、1体では対応しきれないのでアローラベトベトンを採用している。 アローラベトベトンは交換が必要 タマゴから入手したアローラベトベターを進化させるとCPが1500をこえてしまう。 スーパーリーグで使用する場合、 アローラベトベトンは交換での個体値下げが必須なので作る場合は注意しよう。 ポケモン 技 解放技 1匹目にマッギョを採用 ゲージ技の発動が早く、レジスチルやマリルリの弱点をつけるマッギョを1匹目に採用したパーティ。 通常技はでんきショックを採用し、マリルリやエアームドの弱点をつけるようにしている。 2匹目はチルタリス 2匹目はマッギョと相性補完が優れたチルタリスを採用。 通常技のダメージが高く、アタッカーとして優秀。 マッギョ・チルタリスともにこおり技が弱点となっているので マリルリなどのれいとうビームには注意しよう。 耐久力が高く、ゲージ技の種類が豊富なポケモン。 今回はくさ・はがねタイプに対応できるほのおのパンチ、チルタリスやひこうタイプに効果抜群のれいとうパンチを採用しているぞ。

次の

GOバトルリーグ用ポケモン厳選、スピアーコミュニティデイ編

レジスチル スーパー リーグ 個体 値

ポケモン 技 解放技 デオキシスを採用したパーティ 耐久力が高く、等倍同士の場合の対戦で勝ちやすいデオキシス ディフェンスフォルム を採用したパーティ。 ゲージ技はいわなだれと10まんボルトを採用し、幅広いタイプの弱点を突ける技構成にしている。 ニョロボンはレジスチルなどの対策が可能 弱点が多いニョロボンだが、マッドショットでゲージを素早くためてゲージ技を連続で使うことができる。 デオキシスでもレジスチルの対策は可能だが、控えにレジスチルがいた場合なども考えてニョロボンでの対応も覚えておこう。 でんきタイプには注意 このパーティの場合、でんきタイプに対しての耐性がないため、デオキシスで対応しなければならない。 でんきタイプが環境で多い場合はニョロボンをナマズンやラグラージ、ガマゲロゲなどに変更しよう。 耐久力も高く使いやすいポケモンとなっているぞ。 デオキシスは交代先として活躍 いわなだれや10まんボルトなど汎用性の高い技を覚える。 また、防御が高く安定して戦えるため不利な相手のとき交代先として活躍する。 マリルリはチルタリス対策 メガニウムとデオキシスでは環境に多いチルタリスに勝てない場合があるのでマリルリを採用。 マリルリはくさタイプが弱点だが デオキシスのいわなだれやマリルリのれいとうビームでカバーしよう。 マリルリを軸にしたパーティ マリルリを軸にしたパーティ1 ポケモン 技 解放技 1匹目はマリルリを採用 初手にマリルリを置くことで、環境に多い チルタリスやレジスチル、ブラッキーを対策。 技構成はチルタリスやくさタイプに有効な「れいとうビーム」とはがねタイプや等倍以上の相手に大ダメージを与えられる「ハイドロポンプ」を採用。 チェリム・エアームドを控えに採用 2、3匹目はエアームドとチェリム。 ひこうタイプのエアームド・ほのお技が打てるチェリムをがいるため、 マリルリが弱いくさタイプへの対策がしっかりとできるパーティとなっている。 チェリムの強みを活かす 1. 苦手なポケモンを出されてもタネマシンガン、ウェザーボールの技構成で交代の時間を稼ぐこともできる。 ゲージ技は使い分け可能 技構成はウェザーボール ほのお と チルタリスやブラッキーに効果抜群なマジカルシャインを採用。 相手の2. 3匹目にみずタイプのポケモンが増えた場合は、マジカルシャインをソーラービームに変えるなど使い分けも可能。 弱点が少なく安定して戦える。 開放する技はでんきやはがねの弱点をつけるじしんを採用している。 ハイドロカノンがない場合はなみのりを採用しよう。 ラグラージの相性を補完するエアームド ラグラージとエアームドはお互いの弱点を補うことができるのも魅力。 ラグラージ唯一の弱点であるくさタイプに対してひこう技で対応しよう。 マリルリに対してはアローラベトベトン スーパーリーグでの使用率が高いマリルリに対してはアローラベトベトンで対策。 ラグラージのゲージ技でヘドロウェーブを覚えさせるとマリルリの弱点をつけるが、ラグラージの役割が多くなり、1体では対応しきれないのでアローラベトベトンを採用している。 アローラベトベトンは交換が必要 タマゴから入手したアローラベトベターを進化させるとCPが1500をこえてしまう。 スーパーリーグで使用する場合、 アローラベトベトンは交換での個体値下げが必須なので作る場合は注意しよう。 ポケモン 技 解放技 1匹目にマッギョを採用 ゲージ技の発動が早く、レジスチルやマリルリの弱点をつけるマッギョを1匹目に採用したパーティ。 通常技はでんきショックを採用し、マリルリやエアームドの弱点をつけるようにしている。 2匹目はチルタリス 2匹目はマッギョと相性補完が優れたチルタリスを採用。 通常技のダメージが高く、アタッカーとして優秀。 マッギョ・チルタリスともにこおり技が弱点となっているので マリルリなどのれいとうビームには注意しよう。 耐久力が高く、ゲージ技の種類が豊富なポケモン。 今回はくさ・はがねタイプに対応できるほのおのパンチ、チルタリスやひこうタイプに効果抜群のれいとうパンチを採用しているぞ。

次の

【ポケモンGO】レジスチルのおすすめ技や入手方法

レジスチル スーパー リーグ 個体 値

スーパーリーグにおける長所と短所 長所 タイプが「水&電気」と珍しいタイプとなっており、ほとんどの「水タイプ」のポケモンに強く出ることができます。 また、エアームドやチルタリスなどの「飛行タイプ」のポケモンは、ゲージ技の「ゴッドバード」をメインウェポンにしていることが多いのですが、ランターンは「電気タイプ」が入っているため、「飛行技」を軽減できるというメリットがあります。 短所 HPが199と非常に高いのですが、防御が106となっており、油断していると思ったより相手の技によるダメージを受けてしまうことがあります。 また、「スパーク」を覚えるようになったことで、多少は改善されましたが、ランターンのゲージ技「10まんボルト」「かみなり」「ハイドロポンプ」は、どの技もゲージ消費量が多いため、ゲージを貯めている間に相手の大技を受けてしまうことも少なくありません。 相手の攻撃に注意を払いつつ、絶妙なタイミングで「技を撃つ」ことが勝利のカギとなるため、少々扱いが難しいポケモンです。 主な立ち回り 他に類を見ない「水&電気タイプ」のため、「水タイプ」の最大の弱点である「電気技」を「等倍」で受けることができるのが魅力です。 バトルのポイントとしては、消費量が多いゲージ技ばかりなので、できるだけ「効果ばつぐん」の相手にゲージ技を当てていくのがポイントです。 交代受けでかわされたり、無駄撃ちをしないように注意しましょう。 因みに、スーパーリーグ1位の個体は「攻撃0・防御13・HP14」になります。 進化前のチョンチーは巣があるので比較的厳選がしやすいです。 もし近場で良い巣ができたら、ぜひ厳選しに行きましょう。 特に「水ポケモン」をメインに戦うつもりで相手がパーティーを組んでいる場合、ランターンがいるだけでかなり優勢になります。 また、ランターンは個体値100%をフル強化しても、CPが2085までしか上がらないのですが、ハイパーリーグでも意外に強く、そこそこ戦えます。 GOバトルリーグにおいても、使い勝手が良いポケモンなので、おススメのポケモンの1匹です。 ランターンの覚える技と特徴 技1(通常技) 技名 威力 時間 増量 みずでっぽう DPT 3. 6 EPT 3 3. 6 1 3 スパーク DPT 2. 4 EPT 4 4. 8 2 8 チャージビーム DPT 2 EPT 3. ランターンは「水&電気タイプ」のポケモンなので、「水技」をメインに使いたい時に採用しましょう。 EPTが「チャージビーム」より優れているので、ゲージ技をメインに「電気タイプ」としてランターンを使いたい時におススメです。 ですが、技1をメインに「電気タイプ」としてランターンを使いたい場合は、採用の余地はあります。 14 10 70 約24回 約9回 約7回 おんがえし DPE 1. 86 130 70 約24回 約9回 約7回 ハイドロポンプ DPE 1. 47 156 75 約25回 約9. 4回 約6. 9回 10まんボルト DPE 2. 4 108 55 約18. 4回 約6. 9回 約5回 かみなり DPE 1. 38 120 60 約20回 約7. 5回 約5. 大技なのでゲージを貯めるのが大変ですが、タイプ一致で放たれる「ハイドドロポンプ」のプレッシャーは計り知れません。 なので、必ず覚えさせておきたい技と言えます。 もう1つの「電気技(かみなり)」よりも小回りが利くので、採用している人が多いです。 個人的には小回りが利くので「かみなり」より、こちらをおススメします。 消費ゲージが「10まんボルト」よりも多いため敬遠されがちですが、実のところ「10まんボルト」と比べてみても、消費ゲージは「5」しか違いません。 なので、場合によっては「10まんボルト」に見せかけた「かみなり」を撃つ人もいます。 ただし、シールドで防がれた際のリスクも高いので一長一短の技と言えます。 例えば「鋼タイプ」のトリデプスを倒したい場合は、相手が「岩タイプ」のため、技1は「みずでっぽう」の採用がおススメです(基本的には「みずでっぽう」じゃないと勝てません)。 ですが、同じ「鋼タイプ」でもレジスチルを倒したい場合は「スパーク」を採用した方が効率が良くなります。 仮想敵によって「ハッキリと採用すべき技が異なるポケモン」なので、「みずでっぽう型」と「スパーク型」の両方を用意しておくと良いでしょう。 ただし、「水タイプ」に加え「地面タイプ」が入っているナマズンやラグラージは苦手です。 もちろん「ハイドロポンプ」を当てれば大ダメージを与えることはできますが、勝つのは難しいです。 仮想敵や自分の他のポケモンとの組み合わせを考えて、役割を決めて「どちらの型を採用するのか」を決めると良いでしょう。 基本的には「みずでっぽう型」は、トリデプス・ダイノーズ・メルメタル、「スパーク型」は、レジスチルに当てるのがおススメです。 特にトリデプスは「みずでっぽう」を採用しないと勝てません。 シミュレーションを叩いて確認してみてください。 デオキシスDやアローラガラガラは、「みずでっぽう型」ならば勝てますが、「スパーク型」だと勝てません。 ランターンは、どちらの型を採用するかによって「全く別のポケモンになる」と言っても過言ではないでしょう。 ランターン側の技は全てとおりが悪いですが、相手の「草技」は「効果ばつぐん」で入ってしまいます。 特に「はっぱカッター」を使ってくるポケモンには、ゴリゴリHPを削られ、ゲージを貯める起点にされてしまうので、注意が必要です。 特に、ナマズンやマッギョは、技1の「マッドショット」のゲージ増加が優秀なため、「どろばくだん」を連発されてしまい、こちらのゲージ技を撃つ頃には、シールドもHPも残っていないことが、よくあります。 なので、対戦は避けるのが無難です。 ただし、ランターンの水技のとおりも悪くないので、こちらの「ハイドロポンプ」を当てることができれば、ワンチャンありますが、希望は薄いです。 デオキシスDやアローラガラガラは、「みずでっぽう型」ならば勝てますが、「スパーク型」だと勝てません。 ランターンは、どちらの型を採用するかによって「全く別のポケモンになる」と言っても過言ではないでしょう。 意外ですが、「電気技」で弱点を突いているのに、トゲキッスに負けてしまいます。 原因は「防御の低さ」にあり、技1の「あまえる」だけで、HPがゴリゴリ削られてしまうので、きつい対面です。 また、ブラッキーやチャーレムには「回転率の速さ」で負けてしまいますし、スリーパー「ほのおパンチ(効果はいまひとつ)」を覚えている個体にさえ負けます(おそらく「ねんりき」の火力の高さのせい)。 なんか、めちゃくちゃ強く感じる時もありますし、すごく弱く感じる時もあります。 なので、ランターンを使う前には、しっかりとシミュレーションをして「出し負け」や「出し勝ち」を確認しておくのがポイントです。 ただ、タイプが面白いポケモンなので、マリルリがのさばっているスーパーリーグの環境では刺さりやすい相手も多いので、ぜひ育てて使ってみてくださいね。 ランターンの厳選とブレイクポイント ランターンは、スーパーリーグで人気のチルタリスに対してブレイクポイントを持っています。 よく当たる対面なのですが、「チルタリスの攻撃の個体値」と「ランターンの防御の個体値」の微妙なバランスによって、細かい厳選が必要になるので、そこまで考えて選ぶと厳選が難しいです。 (そもそもランターンはチルタリス以外にも当たるしね) なので、基本的にはSCPランキング通りの個体厳選で良いと思います。 ランターン vs チルタリス ランターンのブレイクポイントは、チルタリスの「りゅうのいぶき」のダメージを4から3に下げられる個体です。 4096通りのうち、243通りと少ないですが、基本的にはSCPランキング通り(0-13-14)でOKです。 ただし、チルタリスの攻撃の個体値が上がると、SCPランキング1位の個体でも、4のダメージを受けてしまいます。 理想個体のダーテングと結果に大差はない 尚、「相手のチルタリスの個体値が理想個体値(0-14-15)より」だと、「ランターンの防御個体値12と13の間」にブレイクポイントがあります。 つまり、基本的には、防御が12以下だと「りゅうのいぶき」のダメージが4になり、防御が13以上だと「りゅうのいぶき」のダメージが3になります。 ただし、これはあくまで「相手のチルタリスが理想個体値(0-14-15)よりの話」で、「相手のチルタリスが攻撃の個体値に振っている場合」は意味がありません。 因みに「防御に特化したランターン(0-15-0」)は、「攻撃に特化したチルタリス(攻撃の個体値が7)」になるまでは、「りゅうのいぶき」のダメージを3のままで抑えることができるそうです(みをつくしさん談)。 もし、他に何かブレイクポイントを見つけたら、ぜひ、コメントよろしくお願いします。 スーパーリーグでおすすめのパーティー構築 ランターン・チルタリス・デオキシス ランターンは、初手に「地面タイプ」「草タイプ」「格闘タイプ」に当たらなければ、基本的には五分で戦うことができまるので、比較的出し負けが少ないです。 また、「水タイプ」「飛行タイプ」が初手できた場合は、かなり有利な対面を取ることができます。 ランターンが苦手な「草タイプ」「格闘タイプ」のケアはデオキシス、「格闘タイプ」のケアはチルタリスっていう感じです。 基本的な動きとしては、出し勝ちの場合はそのまま、出し負けた場合は、デオキシスDに引くと良いと思います。 出し負けで、デオキシスDに引いた後は、シールドを駆使して何とか対面を奪い取りましょう。 ランターンが使うゲージ技は「10まんボルト」「かみなり」「ハイドロポンプ」と重い技ばかりなので、仮想敵に逃げられないように、撃つタイミングは注意が必要です。 因みに「ランターンを出した際に相手が嫌がっているなぁ」と私が感じる場合、相手はなかなかゲージ技を撃ってきません。 おそらくですが「ゲージを貯めて引こうかどうか迷っている」「相手の裏のポケモンがランターンに弱い(裏にマリルリがいるなど)」、そんな印象を受けます。 あくまで直感です。 ゲージが貯まっているはずなのに、相手が技1を撃ったままの場合は、直感も便りにランターンを大事にしてみるのも良いかもしれません。 ダーテングを使った対戦動画(その2) 対人戦で相手のポケモンに対する勝敗、ダメージ効率の良いチャージ技、被ダメージ量などを確認するためのツールです。 主にパーティーを構築する際に使います。 対人戦およびロケット団バトルのシミュレータです。 2種類のゲージ技の使い分けやシールドやバフのタイミングを自由に設定し、シミュレーションを行うことができます。 個々のポケモンの勝敗を確認する際に使います。 ポケモン毎の個体値ランク SCPランク、CPランク を進化先も含め一度に表示できるツールです。 CPを入れることでレベルや育成コストの確認もできます。 対人戦向けの個体を厳選する際に使います。 トレーナーバトル(対人戦、PVP、GOバトル)について、個体値をSCP(ステータスの勝つ力)順にランキング形式で表示・検索できるツールです。 ステータスや特定のポケモン・技を指定したダメージで絞り込むこともできます!主にブレイクポイントを調べる際に使います。

次の