首無し sekiro。 【SEKIRO】首無しの出現場所・倒し方のコツと入手アイテム【隻狼】

【SEKIRO】首無しの攻略と倒し方|行き方も解説【隻狼】

首無し sekiro

首から上が無い青白い肌の巨漢であり、手には大太刀を持っている。 元は護国に目覚めた勇者たちだったもののいつしか護国に狂い、乱を企て首を刎ねられてしまった。 彼らの霊を鎮める首塚もあるが参る者もおらず、結果として各地に怨霊として出現してしまっている。 戦闘 SEKIROにおける トラウマボスの一体に数えられている。 恐ろしい外見もさる事ながら 女性の金切り声のようなBGMや攻撃方法、そして後述の特性もあいまって多くのプレイヤーにトラウマを植え付けた。 まず首無しに対しては 通常の攻撃がほとんど通用しない。 彼らに効果的なダメージを与えるには神ふぶきというエンチャントアイテムでエンチャントするか、鳳凰の紫紺傘、瑠璃の浄火という忍具を使用しなければならない。 攻撃方法は追尾性の高い髪の毛飛ばしと剣戟、後述の掴み攻撃の3種類だけであるが、髪の毛飛ばしと剣戟には怖気属性という属性がついている。 怖気属性のついた攻撃を食らうと属性が蓄積し、ゲージが満タンになると怖気を発症、 現在の残りHPに関係なく強制的に即死してしまう。 さらに例え攻撃を弾いてもゲージは蓄積されてしまう。 その為事前に怖気消しなどを飲むなどして怖気体制を高めておかなければならない。 更に首無しがいる場所には瘴気のような黒い靄が立ちこめており、それがあると 走ることが出来なくなる。 その為攻撃を食らってはならないのに回避行動が著しく制限されてしまう 一定ダメージを与えて怯ませれば靄は消えるがしばらくすると復活する そして特筆すべきが掴み攻撃。 大太刀を振り回して掲げるような動作の後にその場から消失、 狼の背後から現れて尻に手を突っ込み、尻子玉を抜き取るというえげつない技となっている 抜き取った尻子玉は首無しの尻に仕舞われる この掴み攻撃は凄まじい威力であり、彼らと初めて闘える段階であれば即死、例え体力ゲージを最大まで伸ばしても半分が吹き飛ぶ。 しかし後ろから迫ってくる時に首無しに体を向けると攻撃を中断させることが出来る。 効果的な戦闘の進め方としては前述の鳳凰の紫紺傘でガードした状態から使える「派生攻撃・放ち斬り」によって疑似神ふぶきエンチャントでガードと攻撃を両立させて戦うか、エンチャントした上で怨霊を苦悶させる義手忍具「泣き虫」を使い出来た6~7秒ほどの隙に一気にラッシュを叩き込むのが有効。 しかし「泣き虫」は3回までしか効かないため3回の隙にできる限り首無しのHPを削りきろう。 そしてこの首無し、あろうことか水中にも登場する。 水中で一部アイテムが使えない関係上、神ふぶきを使わずともダメージを与えることが出来るが同時に狼も怖気消しを使えず まだら紫の曲がり瓢箪は使用可 、義手忍具も使えない為注意。 水中では斬撃が水の刃となって飛んでくる他、掴み攻撃がバキュームにより狼を吸い寄せて尻子玉を抜くモーションとなっている。 なお、源の宮に登場する水中首無しは幻影が同時に出現しており、2対1となってしまう。 とても闘いづらいが幻影は比較的弱いためさっさと倒してしまうと良い。 なお本体を先に倒せば幻影も共に消える。 余談 一部の首無しにはちょっとしたバックストーリーが存在する。

次の

【SEKIRO】首無しの攻略と倒し方|行き方も解説【隻狼】

首無し sekiro

首無しの戦い方のコツ 挑む前の前提として、首無しは通常の攻撃ではまともにダメージを与えることができません。 怨霊系に有効なダメージを与えるアイテム「神ふぶき」を用意して挑みましょう。 また、首無しの攻撃には、怖気が付与されており、一定量溜まることで致死ダメージを受けます。 対策としては、「怖気消し」を用意するか、弾きや攻撃を完全に回避するなどでそもそも怖気の蓄積を防ぐしかありません。 通常は、攻撃を完璧に防ぐのは困難なので、有効にダメージを与える「神ふぶき」と、「怖気消し」は事実上必須アイテムといっていいでしょう。 首無しの耐久力はそれほど高くないので、一気にたたみかければそれほど脅威となる敵ではありません。 対策アイテムの準備が重要です。 首無しの攻撃パターンと対処法• 振り回し• 刀を大きく反時計まわりに回転させる攻撃。 首無しの周囲は移動が制限されるため、弾きでしっかりと対処する。 振り下ろし• 刀を縦に大きく振り下ろす攻撃。 予備動作がわかりやすいため、弾きで対処。 ガードになると一気に体幹と怖気ゲージが溜まってしまいます。 背後に回り込む• 首無しが姿を消し、主人公の背後に現れます。 不意をつかれやすいので、姿が消えたと思ったらすぐに後ろにカメラを回してロックオンしましょう。 尻子玉を抜く【危】• 背後に回り込んだ後に行ってくる危険攻撃。 掴み攻撃なのでガード不可能。 食らってしまうとほぼ一撃死の威力なので警戒すべきですが、足場が悪く回避が極めて困難です。 ボス(強敵)一覧.

次の

【隻狼】首無しの倒し方 弱点・倒すコツ・攻撃パターンまとめ【隻狼(SEKIRO/せきろ) 公認攻略Wiki】

首無し sekiro

首無しの戦い方のコツ 挑む前の前提として、首無しは通常の攻撃ではまともにダメージを与えることができません。 怨霊系に有効なダメージを与えるアイテム「神ふぶき」を用意して挑みましょう。 また、首無しの攻撃には、怖気が付与されており、一定量溜まることで致死ダメージを受けます。 対策としては、「怖気消し」を用意するか、弾きや攻撃を完全に回避するなどでそもそも怖気の蓄積を防ぐしかありません。 通常は、攻撃を完璧に防ぐのは困難なので、有効にダメージを与える「神ふぶき」と、「怖気消し」は事実上必須アイテムといっていいでしょう。 首無しの耐久力はそれほど高くないので、一気にたたみかければそれほど脅威となる敵ではありません。 対策アイテムの準備が重要です。 首無しの攻撃パターンと対処法• 振り回し• 刀を大きく反時計まわりに回転させる攻撃。 首無しの周囲は移動が制限されるため、弾きでしっかりと対処する。 振り下ろし• 刀を縦に大きく振り下ろす攻撃。 予備動作がわかりやすいため、弾きで対処。 ガードになると一気に体幹と怖気ゲージが溜まってしまいます。 背後に回り込む• 首無しが姿を消し、主人公の背後に現れます。 不意をつかれやすいので、姿が消えたと思ったらすぐに後ろにカメラを回してロックオンしましょう。 尻子玉を抜く【危】• 背後に回り込んだ後に行ってくる危険攻撃。 掴み攻撃なのでガード不可能。 食らってしまうとほぼ一撃死の威力なので警戒すべきですが、足場が悪く回避が極めて困難です。 ボス(強敵)一覧.

次の