梅雨 明け 九州 2019。 近畿・北陸・四国・九州で梅雨明け…昨年より15日遅れ

梅雨入りと明けの予想2019年【九州北部】

梅雨 明け 九州 2019

6月7日ごろに東海、関東甲信、北陸、東北南部が一斉に梅雨入りし、15日ごろには東北北部も梅雨入りの発表がありました。 一方、九州北部、中国、四国、近畿の梅雨入りは6月26日ごろと統計開始以来、最も遅くなりました。 四国や近畿は1963年の特定しない年を除く 東日本や北日本では、湿った空気や上空の寒気の影響で、雨の降る日が多くなったものの、梅雨前線はなかなか本州付近まで北上せず、西日本では晴れ間の広がった日が多くなりました。 6月1日から28日までの降水量は、東京都心で216. 5ミリとこの期間の平年の降水量 154. 3ミリ の1. 4倍になりました。 一方で、福岡市は86. 0ミリと平年 227. 7ミリ の半分以下で少雨となりました。 沖縄の降水量は平年の2倍近く多く.

次の

梅雨の時期2019年入りと明け予想。地方ごとの一覧

梅雨 明け 九州 2019

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

梅雨 明け 九州 2019

気象庁の測定 春が過ぎて夏になる前に、雨が沢山ふってくる 梅雨の季節になりますが この季節の「梅雨入り」と「梅雨明け」は、 どちらも、平均して5日間の「 移り変わり」の 期間があります。 だいたい、この 5日間の真ん中あたりが、梅雨の 入りと明けとなります。 気象庁によると、2019年の梅雨の入りと明けは、 2010年までの 過去30年間の平均の日付として、 以下のように発表しています。 九州北部:山口県、福岡県、大分県、佐賀県 熊本県、長崎県• 梅雨入り:平年、 6月5日• 梅雨明け:平年、 7月19日• 九州南部:宮崎県、鹿児島県本土、 種子島・屋久島、奄美群島、トカラ列島南部• 梅雨入り:平年、 5月31日• 梅雨明け:平年、 7月14日 しかし、気象庁のデータを見たらわかりますが 梅雨入りと明けの日にちは、 毎年、激しく変わりますので、 平均値を出しても、そのとおりには なりません。 そこで、次の章では、 実際の 梅雨入りと明けの 表やグラフなどを見ながら 変化のパターンを分析し、予測していきます。 「昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):九州北部 山口県を含む 」 URL : 「九州北部の梅雨入りと梅雨明けのグラフ」の説明 このグラフをみると、 1951年〜2018年までの、 梅雨入りと梅雨明けのグラフになります。 その中で、梅雨期の変化の仕方で日数が短い時期が 定期的に繰り返されてるようなので、以下のように 色分けしました。 最も短い期間:赤• 赤の翌年の梅雨期:黄色• 赤の翌々年の梅雨期:緑色• それ以外:青色 ここで、特徴的なのは、 梅雨期が短い年の翌年は いつも梅雨期は長くなる、ということです。 そこで、梅雨期の短い年と、翌年の梅雨期だけを、 抽出したグラフを出してみました。 まず、以下のグラフは2018年の予測のときに 作成したものです。 すると、2018年の予測 上図 はだいたい当たって いたようです。 すると、今度は2019年の予測になります。 24で作成) そこで、2019年の梅雨期の始まりと終わりを、 予測したのが上の図の2019年の緑色の部分です。 24で作成) 年ごとの日数の変化は、1967年の赤色の梅雨期から 3年間の変化の仕方を参考にしました。 九州南部の梅雨入りと梅雨明けの予想 九州南部の梅雨入りと梅雨明けの折れ線グラフ 以下のグラフは、気象庁の出している情報 「」 をもとに作成したグラフです。 青い折れ線が、 梅雨入りのグラフ• グレーの折れ線が、 梅雨明けのグラフ• 破線は、 4日ごとの平均値の折れ線グラフです。 その結果、2019年の梅雨入りと梅雨明けは以下の ようになります。 梅雨期の日数: 47日前後 自然というのは、似たサイクルを繰り返しますので、 これも割と当たるかなと思いますね。 梅雨入りと明けの決め方は? 梅雨入りと梅雨明けは、そもそも、 どう言うふうに決めているのでしょう? 梅雨入りの決め方は? 梅雨期に入ると、その前と後の気候と比較して、 降雨量が多くなり、日照時間が少なくなりますが 決め方は、割と簡単で、 ごれまでの天候と、今後 一週間の天気予報を比較して、 雨や曇りの日数が 多くなり始める頃を、 梅雨入りとしているようです。 その時に、梅雨入りする日にちがいつ頃ですよ と各地の 中枢気象台から発表します。 九州で発表する中枢気象台は• 九州南部・・ 鹿児島地方気象台• 九州北部・山口県・・・ 福岡管区気象台 です。 梅雨明けの決め方は? 梅雨明けの決め方は、 梅雨前線が日本付近に出なく なり、晴れが続くようになり、気温も上昇して暑く なり、夏の季節に入った頃を「 梅雨明け」と 決めているようですね。 梅雨入り、梅雨明けの発表の時期は? 梅雨入りと梅雨明けは事前に予報するのではなく、 梅雨の季節が過ぎてしまい、春から夏にかけての 実際に測定した天気経過を振り返り、毎年、 9月に 発表しています。 これは、実際の 確定した統計値として利用すること を目的にしているからです。 ざっくばらんに言えば、梅雨期を事前に予測する のは、今の気象科学では不可能だと言うことでしょう。 梅雨入りと明けの 発表の期限は、「 立秋」の 2日先 まで。 今年は8月8日が立秋なので、今年の気象庁の 梅雨明けの発表は、 8月10日までにする、という ことになります。 「なぜ、梅雨入りと明けの検討期限の基準が立秋 なのか?」というと、多くの地域で 日最高気温や 日平均気温の平年のピークが、 8月第1〜2半旬であり、 それ以降は秋に季節が移行していくので、それ以上 先へ伸ばしても余り意味がないと言うことです。 九州の梅雨時期の降水量は? 九州の梅雨期の降水量は、九州の南北を走る 九州山地の東側と西側で変ります。 また、 南側と 北側でも変わります。 九州の中でも、 緯度が低い地域は、梅雨の季節に 梅雨前線や 低気圧の影響を強く受けます。 そのため、緯度が高い地域に位置している福岡市や 下関市、大分県などに比べて、 九州の南側や 西側は 降水量が多くなります。 県名でいうと、鹿児島県、宮崎県、熊本県、佐賀県 が、雨量が多いです。 特に 南側が顕著に雨が多くなります。 下の2つの表は、気象庁が出してるグラフをもとに 作ったものです。 24で作成) ちなみに、 九州山地の南側では、 梅雨の時期の降水量は、 年降水量の 約3割にも達します。 北部の集中豪雨による降水量 降水量の話になると、九州では 集中豪雨が話題に なりますが、2018年に発生した集中豪雨は、 実は、日本全国に及ぶ非常に大きな集中豪雨と なりました。 九州といえば、集中豪雨のことをたくさんの人たちが思い浮かべるでしょうが、平成30年の集中豪雨は、九州だけにとどまらず、西日本から北海道、中部地方を含む全国に広範囲に打撃を与えました。 名前も「平成30年7月九州集中豪雨」ではなく、単に「 平成30年7月豪雨」と命名されています。 しかし、一部のメディアでは「 西日本豪雨」と名付けているところもあるようです。 このように気象庁が豪雨に名称をつけるのは、「 平成29年7月九州北部豪雨」以来ですね。 この豪雨の主な要因はなにかと言うと• 6月28日以降、梅雨前線が、長期間日本付近に停滞したこと• 29日に台風7号が、南海上に発生したこと• 日本付近の梅雨前線に暖かく湿った空気が供給され続けていたこと• その結果、台風が去った後も雨が降り続けたこと この4つがあげられます。 この数日間、西日本の太平洋側の空気には、非常にたくさんの水蒸気量が含まれていました。 このため、7月6日〜8日にかけては、西日本から東日本にかけて、全国的に記録的な大雨がふり、各地で甚大な被害が発生。 前線や湿った空気の影響で、6月28日〜7月8日午前9時までの総降水量は• 四国地方で1800ミリ• 東海地方で1200ミリ• 九州北部地方で 900ミリ• 近畿地方で600ミリ• 中国地方で500ミリ を超えるところがありました。 7月の月降水量の平均の 2~4倍の大雨を各地で記録したことになります。 また多くの場所で、24時間、48時間、72時間降水量の値が、観測史上最高を更新しました。 人の被害は、大雨によって100人以上の死者行方不明者が出たようです。 台風が去った後も雨が降り続いた理由 通常は台風がさると、大雨は止むのですが、 今回は、7月3日〜4日まで、東シナ海から対馬海峡を経て、 日本海を北東に台風が進んだ後も、九州では大雨が降り続きました。 その原因は、沖縄の南海上で発生した台風7号が、全ての積乱雲を一緒につれていけなかったことにあります。 台風7号が、沖縄南海上で積乱雲をまとめられず北上したため、取り残された積乱雲は南海上にとどまり、ゆっくりと北上しました。 この取り残された積乱雲が、太平洋高気圧の張り出しの縁にあたり、 熱を帯びて水蒸気をたくさん含んだ積乱雲群の塊となり、その塊から梅雨前線に向けて、 大量の水蒸気が供給され続けたことが、広範囲で大きな被害を与える豪雨の発生の要因になります。 このような大災害に至る過程では、 いろんな警報があるので、自分の住んでいるところはまだ安心だと、つい思ってしまいますが、注意して、自治体の出す情報に注意を向けることが大切です。 2017年7月九州北部豪雨は? ここで参考までに、 平成29年7月 九州北部豪雨を 少し説明しますね。 この豪雨では、7月5日〜6日、福岡県と大分県で 集中豪雨が発生しました。 この時の雨量がどれくらいだったか、みてみると 24時間に降った雨の量を計測した結果から• 福岡県朝倉市朝倉: 545. 5mm(7月6日11時40分まで。 観測史上1位)• 大分県日田市日田: 370. 0mm(7月6日10時50分まで。 観測史上1位)• 福岡県朝倉市付近: 約1000mm(7月6日8時まで。 解析雨量)• 福岡県東峰村付近: 約600mm(7月6日8時まで。 解析雨量)• 福岡県大刀洗町付近: 約600mm(7月6日10時まで。 解析雨量)• 大分県日田市付近: 約600mm(7月6日8時まで。 解析雨量) 昨年の豪雨は、 6月28日〜7月8日午前9:00までの 総降水量が四国地方で1800ミリ、九州で900ミリ であったことを見ると、 2017年の24時間の 総降水量のほうが、一定時間内では遥かに凄まじい ように思えます。 しかし、昨年の豪雨は地域的・日数的に大規模 だったと言えます。 亡くなられた人たちの人数も非常に多数にのぼり、 とても無念でなりません。 近い将来、気候自体を簡単に人工的に操作して、 このような台風や豪雨をなくすことが可能になれば、 災害で人が死ぬことも避けられると思いますね。 九州は、梅雨期に集中豪雨が発生しやすい 平成24年7月九州北部豪雨の気象レーダー画像(11日21時~14時21時) 引用元: 九州北部地方では、 梅雨期には、 対馬海峡付近に 停滞する 梅雨前線に暖・湿気流が流れ込み、 線状降水帯が形成されやすいです。 さらに、 台風が、 日本の南西海上から西海上を 北上する時、 梅雨前線に 暖湿気流が流入し、 線状降水帯が強化される、ということがわかって います。 このために、九州が、日本の他地域と比較して 集中豪雨が発生しやすくなります。 今年の 梅雨期も、 集中豪雨が発生した場合の対応策を ねっておくべきでしょう。 まとめ 皆さんいかがでしたか? この記事では、 気象庁が出しているデータをもとに作成した グラフや 折れ線グラフの変化の仕方から、梅雨入りと 梅雨明けがいつ頃になるのか、予測してみました。 いろいろ調べてみると、 九州南部の降水量が最も 多くて、梅雨の季節は気をつけないといけないよう ですが 実は、短時間に 猛烈に降る「集中豪雨」の影響も、 気をつけなくてはいけません。 そういう意味では、今年の 九州の北部から南部まで 梅雨入りから明けまでは、気を抜かず、天気予報や 天気速報はくれぐれも気をつけて注意を向けるように しましょう。 人気記事一覧• 331,574件のビュー• 181,487件のビュー• 150,290件のビュー• 62,006件のビュー• 48,501件のビュー• 48,482件のビュー• 47,418件のビュー• 44,621件のビュー• 42,226件のビュー• 19,642件のビュー• 18,182件のビュー• 17,838件のビュー• 17,054件のビュー• 16,937件のビュー• 16,614件のビュー• 16,478件のビュー• 15,530件のビュー• 14,082件のビュー• 13,131件のビュー• 11,885件のビュー• 11,343件のビュー• 10,952件のビュー• 10,416件のビュー• 10,242件のビュー• 10,167件のビュー• 10,020件のビュー• 9,977件のビュー• 9,642件のビュー• 9,476件のビュー• 9,095件のビュー.

次の