東京 住みやすさ。 東京の住みやすい街ランキングTOP10!女性の一人暮らしにおすすめも ♬

【多摩エリア住みやすさ徹底ガイド】小平編

東京 住みやすさ

満足ポイント グルメ 京橋駅周辺にはおいしいラーメン屋が多く存在しています。 とんこつラーメンのお店から醤油ラーメンのお店まで多種多様なお店が軒を連ねているので飽きません。 個人的にはベジタブルラーメンのお店が好みです。 満足ポイント 買い物 京橋は買い物をするところが多く、駅の周辺で何でも揃うのがとてもいいです。 キラリトギンザという京橋から徒歩二分の商業施設はとても買い物をするには雰囲気がいいです。 不満ポイント 医療・介護 京橋はわりと都会なので老人介護施設やヘルパーが街中に少なく、老人と暮らしている方にとっては不満足だと思います。 また、薬局も少ないと思います。 不満ポイント 自然・環境 京橋はビルが多く、木や花などの自然がかなり少ないです。 もっと自然公園のような自然と触れ合える雄大な公園があればいいのにと思ってしまいます。 満足ポイント グルメ 昔からの老舗のレストランも多く、全体としては和食のレストランが多いです。 最近出来たレストランも数多くあり、歩いて行けるので便利です。 満足ポイント 電車・バス 東京駅まで徒歩で5分以内で行けます。 地下鉄の駅も、東京メトロ・銀座線・都営浅草線などが通っているので、大変便利な所です。 不満ポイント 子育て・教育 大企業の本社などが立ち並び、オフィス街としての特色があるので、子育てをする環境ではありません。 学校なども少ないです。 不満ポイント 自然・環境 ビル街なので、緑と言っても街路樹くらいなので、自然はほとんど感じられません。 細い路地などでも交通量は多いので、空気もあまり綺麗とは言えません。 満足ポイント グルメ 駅周辺には様々な飲食店があり、仕事の帰りにいつもお邪魔させていただいておりますが、中には凄くオシャレなお店もあり、毎日通っておりましても飽きが来ず、楽しめます。 満足ポイント 買い物 高級ブランドのお店が数多くあり、すごく気品があり地域であります。 またその場所を通るだけでも、色んなお店が見れますので凄く楽しめます。 不満ポイント グルメ 沢山のオシャレなお店がありますが、ここの場所を考えますとお値段の方が些か高めに設定されておりますので、普通に生活されている方には、少し厳しい地域かも知れません。 不満ポイント 車の便利さ この地域は人通りも多く道路自体も結構込み合うので、車でのお越しは、あまりお勧め出来ません。 なので、出来るだけ交通機関を使ってのお越しをお勧めいたします。

次の

「王子駅」周辺の住みやすさはどう?上野まで12分!

東京 住みやすさ

どんな街? 王子は東京都北区にある地域です。 明治初期に日本で最初の製紙工場が作られてからは工業の街として発展を続けました。 しかし戦後、そういった工場が撤退した後は、住宅や団地が作られ現在では以前の工業地帯の面影はほとんどありません。 高校や専門学校も多く、交通機関も発達しているため、駅前はいつも多くの利用客で賑わっています。 北区役所の本庁舎も王子にあり、コンサートや演劇などの公演が開催される文化複合施設である北とぴあも駅からすぐのところにあります。 京浜東北線で東京駅まで約20分という交通の便の良さと、整備の行き届いた公園や文化施設の充実から、北区の中でも若者やファミリー層に人気の街です。 住みやすい・住みにくい理由は? 23区の北部に位置するといっても、そこは東京です。 気候は都心と変わりません。 物価は高いということはないと思います。 私が住んでいたのは駅から徒歩8分、家賃8万の2Kのマンションでした。 築年数が古かったため比較的安かったと思います。 築浅や駅近の物件だとワンルームにしろファミリー向けにしろそれなりの家賃が必要でしょうが、都心に比べれば安いはずです。 駅から少し離れたり築年数が古ければお得な物件も見つかると思います。 王子の公園は充実しています。 飛鳥山公園は江戸時代からの桜の名所で春には大勢の人で賑わいます。 噴水や大型の遊具、都電荒川線や蒸気機関車の車両も展示され、子供達に大人気です。 また、飛鳥山公園には3つの博物館もあります。 他にも「音無親水公園」「名主の滝公園」とバラエティに富んだ公園があります。 あと「赤レンガ図書館」と呼ばれる中央図書館は、蔵書だけでなく2階の子供図書館など施設の充実度には目を見張るものあります。 喫茶室や、持ち込んだお弁当を飲食できるスペースもあり、思い思いの時間を過ごすことができます。 赤レンガの建物も素敵です。 こんな感じで、施設の充実度から言っても住み心地は非常に良かったです。 学生さんなど若い方からファミリー層まで暮らしやすい環境だと思います。 交通の便はいいですか? 王子駅には、• JR京浜東北線• 東京メトロ南北線• 都電荒川線 と、3つの路線が乗り入れています。 「京浜東北線」は本数が大変多く、東京駅まで20分弱、快速運転の時間帯は約16分と都心へのアクセスは抜群です。 「東京メトロ南北線」は赤羽岩渕と目黒を結ぶ地下鉄です。 京浜東北線に比べると混雑していません。 「都電荒川線」は東京で唯一残る路面電車で、早稲田と三ノ輪を結んでいますが、通勤通学で利用している人も多いです。 池袋方面へ行くときは、京浜東北線の田端で山手線に乗り換えるのが通常ですが、実は王子駅はバスも充実していて池袋駅行きのバスは駅前からどんどん出ています。 もし通勤通学先が赤羽や埼玉県の川口浦和方面など、京浜東北線の下り電車を利用できるのであればラッシュとは無縁の生活を送ることもできます。 実際そうしている方もいらっしゃいました。 交通機関が発達しているので、車が無くても全く問題ありません。 治安は良いですか? 王子は繁華街も大きくは無いので、治安が悪いといった印象はありません。 駅前の通りは夜遅くまで明るく賑やかです。 大通り以外は人通りも少なくなると思いますので、怖いと感じるかたもいらっしゃるでしょう。 夜遅くに女性が一人で歩く場合は、閑静な住宅街であれどこであれ、ある程度気をつけるべきだと思います。 王子の場合も同じです。 ただし、私が住んでいた時、何か怖い目にあったり事件があったりということはありませんでした。 駅周辺にあるお店は? 王子駅は線路の「西側」と「東側」に分けて考えるとわかりやすいです。 線路の「西側」は公園や学校、区役所があり、すぐに住宅街が広がっていてお店などは少ないです。 一方「東側」は商業地になります。 駅前には「サンスクエア」という商業施設があります。 ゴルフ練習場やボーリング、テニス、バッティングセンターなども楽しめて、漫画喫茶やゲームセンターも入っています。 ビルの中には東武ストアや居酒屋、ドトールもあります。 広場にはマクドナルドやすき屋、パン屋のリトルマーメイドもありいつも多くの人で賑わっています。 駅の周辺にはモスバーガーやスタバ、プロント、居酒屋や飲食店の入ったビルもあります。 東側のロータリーを渡ったところにはファミリーマートがあり、数分歩くとセブンイレブンも駅周辺だけでも2店舗あります。 スーパーは他にもイトーヨーカ堂の食品館が駅から数分のところにあります。 近隣地域にある、オススメのお店・娯楽施設は? 王子から2駅の赤羽は北区を代表する繁華街です。 漫画やドラマでも有名になりました。 朝から開いている老舗の飲み屋など、ディープな世界がお好きな人にはたまらない魅力の街です。 でも、決して怖い雰囲気では無いので女性でも楽しめます。 実際、商店街は家族連れや若い人達で賑わっています。 賑やかで楽しい赤羽を是非探検していただきたいです。 また、荒川河川敷はとても広くて気持ちの良い場所です。 岩淵水門のあるあたりの風景はとても穏やかで素敵です。 河川敷でサイクリングやジョギングを楽しんだり、散策するのもオススメです。 他にも、上野までは電車ですぐですので、私は頻繁に博物館や美術館に通っていました。 銀座方面へもしょっちゅう出かけていました。 やはり、電車でのアクセスの良さはとても魅力です。 この駅の周辺に住むか迷っている「あなた」にひとこと 私自身には縁もゆかりもなかった王子に結局11年も暮らしました。 最初は、家賃の安さで王子で部屋を探すことにしたのでした。 住めば住む程王子の良さに気付き、大好きな街になりました。 おしゃれタウンではないかもしれませんが、線路の東側の賑やかさと西側の落ち着いた雰囲気で、バランスのとれた魅力のある街だと思います。 都心に比べたら家賃や物価は比較的安く、生活しやすい街です。 交通の便の良さは本当に特筆すべきものがあります。 終電も遅くまでありますが、終電を逃した後池袋からタクシーに乗っても2,000円程だったと思います。 池袋からなら歩いて帰るという強者もいました。 私は現在は王子からは引越しましたが、今も北区在住です。 そして王子にも自転車でちょくちょく出かけて公園や図書館を利用したり、サンスクエアで買物をしたりしています。 若い人からファミリー層まで満足できる街だと思います。

次の

恵比寿って本当に住みたい街?一人暮らしの住みやすさを徹底検証

東京 住みやすさ

荒川区の治安犯罪発生件数 荒川区内で犯罪が多発しているのは、日暮里駅、西日暮里駅、三ノ輪橋駅、町屋駅、東尾久三丁目駅、南千住駅近辺。 中でも犯罪多発地帯となっているのが、日暮里駅東口を出た先の西日暮里2丁目。 その隣に位置し、西日暮里駅の東側の西日暮里5丁目も犯罪は多め、日暮里駅東口から西日暮里駅にかけての尾久橋通り沿いが区内で最も治安が悪い地域。 大型商業施設などは少ないですが小さな商店が集まっている地域。 日暮里駅を利用する際や駅周辺で日用品を買う場合に、ひったくりなどに合わないように注意しないといけません。 三ノ輪橋駅周辺も犯罪が多くなっています。 少し区の境界がややこしくなっていて、日比谷線の三ノ輪駅は台東区、都電荒川線の三ノ輪橋駅は荒川区に属しています。 二つの駅は少し離れているのですが、その間にスーパーなど買い物スポットが集まっています。 都電荒川線の三ノ輪橋駅のある南千住1丁目は、周辺には瑞光小学校、第六瑞光小学校などが立地しているのですが、犯罪件数がやや多め。 子供達には防犯対策が必須と言えます。 その北、荒川総合スポーツセンターのある南千住6丁目も周辺の住宅地に比べて犯罪件数が多いです。 南千住駅界隈は、三ノ輪橋駅周辺と繋がる形で犯罪が多くなっている地域。 駅周辺の南千住3丁目、4丁目、7丁目、8丁目は治安面で不安が残ります。 西日暮里2丁目のように極端に治安が悪化している場所はないですが、荒川の東端の地域はかなり広範囲に渡って犯罪件数が多くなっています。 住宅地、団地が多い地域で、自転車盗、侵入窃盗、車上荒らしなどに注意が必要です。 その他、治安の良好な地域に比べてやや犯罪が多くなっているのが、京成本線の町屋駅と都電荒川線の「町屋駅前駅」のある荒川7丁目、東京電力荒川電力所のある東尾久1丁目、住宅が密集し学校も多い町屋3丁目と町屋6丁目、都電荒川線東尾久三丁目駅のある東尾久6丁目、など。 1位:日暮里駅 特徴:日暮里駅周辺は非常に変則的な境界が台東区との間に出来ています。 荒川区に入るのは、日暮里駅の東口と、谷中銀座の北半分の西日暮里3丁目まで。 東口界隈は大型スーパーや家電量販店等はないですが、商業施設やファーストフード店が豊富で、普段使いにちょうど良い街。 駅の西口から広がる谷中銀座商店街は何でもそろう万能商店街で、各分野の名店も多くテレビでもよく取り上げられています。 昔ながらのお惣菜店もあれば、若者向けの飲食店もあり、老若男女問わず散策を楽しめる商店街ですね。 日暮里駅は交通の利便性も高く、山手線を使えば都内各所に行けますし、京浜東北線で埼玉方面、常磐線で千葉・松戸方面にも楽に行けます。 また成田空港まで直通で行くことができるのは、大きな魅力。 通勤・通学のみならず、レジャーや観光旅行に出かけるのにも便利な街だと言えます。 治安面では、東口から出てすぐの西日暮里2丁目が、荒川区で最も治安の悪い場所。 普段から東口を通って駅を使っている人は、犯罪に巻き込まれないように最大限の注意が必要です。 また2丁目周辺の西日暮里5丁目も犯罪件数が多め。 駅周辺を一人で歩く場合は、それなりに緊張感を持って移動することが求められますね。 2位:町家駅 特徴:荒川区のちょうど真ん中の辺りに立地する街。 京急本線、千代田線、小田急ロマンスカーの町屋駅と都電荒川線の「町屋駅前駅」を中心に街が形成され、さらに尾竹橋通りに沿って街が拡張されているという状況になっています。 駅近くには大型スーパー立地し、また小規模スーパーも各所に点在。 駅周辺に居を構えれば、買い物には困らないと言えそうです。 駅から少し東に行くと、荒川自然公園があります。 大きな野球場もあり、子供たちが伸び伸びと生活できる環境が整っていますね。 交通面では、やはり千代田線が通っているのは大きな魅力。 都心部まで直通で行けるので、都内通勤者にはベッドタウンとしても最適な街です。 治安面では、町屋駅の東側の荒川7丁目で犯罪が多発しています。 この辺は商業施設が多いので、買い物客で普段から賑わう場所です。 ひったくり、自転車盗、オートバイ盗などへの対策は十分にする必要があります。 ただ日暮里駅東口周辺に比べると、治安面はやや良いと言えそうです。 駅の西側は犯罪件数は少なめ。 第九峡田小学校のある荒川6丁目の治安は良いです。 3位:三ノ輪駅 特徴:都内の常磐線沿いの駅は昭和の雰囲気が色濃く残っていることが多いですが、三ノ輪もその一つ。 こちらも少し変則的な境界になっていて、千代田線の三ノ輪駅は台東区に属しますが、都電荒川線の三ノ輪橋駅は荒川区に属します。 昭和通り沿い(国道4号線)に商業施設が多く立地し、街の大半は荒川区の範疇に入ります。 駅周辺にはファミリーレストラン、オリンピックなどの大型スーパー、ベスト電気などの家電量販店も立地。 また昔ながらの商店街もあり、レトロな雰囲気が魅力です。 「昭和の香りが強い」というと、ともすると古びた感じ、汚らしい感じが強調されることもあるものですが、三ノ輪の町は繁華街ではないので、雑然とした感じがありません。 小学校が街のすぐ近くにあり、ファミリー層が安心して生活できる街だと言えます。 治安面では、三ノ輪橋駅のある南千住1丁目、その南の東日暮里1丁目、そして昭和通り東に位置する南千住5丁目で犯罪がやや多くなっています。 スーパーの駐輪場はいつも自転車でいっぱいですが、やはり気を付けたのは自転車盗。 都内どこでも自転車盗犯罪は多発していますが、荒川区も例外ではありません。 屋外駐輪場だとカギを掛けていても壊されて盗まれるので、自転車のカギをより堅固なものに変える、防犯カメラの付いた有料の駐輪場を利用するなど、然るべき対策が必要です。 荒川区っていう名前なのに、荒川に接していないという変な区。 どうせなら荒川に接する地域まで荒川区にすればよかったのに 荒川区が接しているのは隅田川で、荒川には接していません。 ただ隅田川と荒川にはやや複雑な歴史があります。 まず江戸時代に河川の氾濫を防ぐべく改修が行われ、それまで隅田川とされていた川に荒川を流入させ、両者合わせて「荒川本流」とした経緯があります。 別々だった川を一つにしてしまったわけです。 それが明治に入ってから、その荒川の安全性を高めるためにさらに河川改修が行われます。 当時の荒川は、現在の北区岩淵の辺りで大きく南にくねっていました。 河川はくねった場所で水害が起こりやすいので、そのくねりのエネルギーを分散させるべく、別途「荒川放水路」というものが作られます。 荒川放水路はかなり大規模な工事になりましたが、あくまで人口建造物なので、作られた当時は「放水路」という位置づけに過ぎませんでした。 しかし実際のところ、この「放水路」は幅が広く非常に立派なもので、河川敷には公園が整備され、都民に非常に親しまれていきました。 そして1965年に、東京都が「荒川放水路を、正式な荒川にする」との政令を発表。 放水路ではない方の本来の川を「隅田川」としたのです。 つまり荒川と隅田川が現在のような形で名称が規定されてから、まだ50年ほどしか経っていないということになります。 荒川区の歴史は1965年以前からありますから、現在の川の規定がされる前に名称が付けられ、現在の区域も定められています。 「荒川区」の名前よりも、実際の「荒川」の名前の規定の方が後だったわけで、それが「隅田川にしか接していないのになぜ荒川区なのか」ということの理由になります。 でも歴史的に見れば、現在の隅田川が江戸時代までの荒川の本流だったわけで、荒川区は「放水路ではない、かつての本来の荒川に接している」とも言えますね。 COMMENT 最新コメント• 一昔前は子連れの家族が多い街でしたが、やはり家賃の安さと都市部へのアクセスが魅力的なのか、モラルに欠…• 転勤により三ノ輪の南(千束)に住んで2年強になりますが 普通に街を歩いたり買い物したりする分には、危…• 買い物には困らないです。 市内へのアクセスも交通の便も良いので、不便さも感じ難いと思います。 天王寺…• 住吉の周りにはこれといって大したお店も無く、ライフと島忠位ですが実は住んでみるとすごくお得な立地だっ…• 20年ほど辰巳団地に住んでいました。 自転車と体力があれば超近場の東雲・豊洲・潮見はあっという間に行け…• 基本的にとても静かな街です。 スーパーも色々あるし、おいしいケーキ屋さん、レトロな駄菓子屋さんなどあり….

次の