たけのこの増やし方。 【あつ森】竹の入手方法と増やし方!離島ツアーで竹島に行く方法

たけのこの増やし方!家の庭に竹を植えるとよくない理由とは?

たけのこの増やし方

こんばんは。 竹も、種類によって、移植の適期があります。 孟宗竹のように、春から初夏に発芽するものは、2月下旬から3月中が適期。 真竹、薄竹、唐竹、笹類は、四月中旬頃が適期。 改良新品種の多くは、5月から9月頃、霜が降りるまで。 品種によって、確認の必要ありです。 芽の取り方は、孟宗竹は、根っこの先端に、小さな竹の子がついてますから、3月頃、根をたどって先端を確認して、少なくとも1m以上、支根がついている節を付けて、移植します。 移植時は、土は水吐けが良く、土壌が深いところへ30cm以上の深さに植え、毎日何回も、発芽まで水をあげます。 真竹、唐竹は、比較的植え替えし易く、竹の子(芽)と根が有る部分でしたら、根の先端、途中の芽と根がある部分で比較的細く、若い根っこの部分50cmあれば、地上に出た芽、地下の芽どちらも移植できます。 改良新品種(観音竹など)は、観賞用に改良されているものは、移植し易い品種が多く、芽と根があれば、何処を取っても活着し易いですし、植え替え時期は、5月から9月、つまり、霜が降らない時期ですが、品種により盛夏はさけます。 どの竹にも共通ですが、竹は、非常に水揚げが良いので、掘り起こしたらその日のうちに、出きるだけ手早く植えかえるのがコツで、水遣りも、芽(竹の子の元)を腐らせないよう、バケツ一杯の水も、一日何回も小分けにして与える積もりで、活着するまで(竹の子が成長し、地上に出るまで)、頻繁にみずをあげます。 先に回答なさった方々のご回答に併せて、ご参考になれば幸いです。 植え方については既にAno#1で述べておられますので、蛇足ながら一筆致します。 竹は地震の時竹藪に逃げればよいと言われるほど、地の利さえ有れば非常に成長力が旺盛で、一度根が付けば竹藪になってしまい、床下や、近隣にも影響を与えてしまう恐れもあります。 そのため予め竹の生育範囲をコントロールすることを忘れると後悔することになります。 具体的には地下茎の生育範囲を限定するため地中1m程度迄防根シートや波板をオバーラップも充分行い埋めておくことです。 竹は和風住宅に良くマッチするため予め60cmのプラスチック波板を地中に巡らし、孟宗竹や大名竹を植えましたが15年後それでも其れをくぐり抜けその不完全さに後悔しています。 近隣の庭に出てこないように祈っています。 季節 地面が凍らなくなった頃.又は地面が凍る前 竹の地下茎の先端1m程度. 人によっては.竹の表面に出ているところをつける人もいますし.竹の表面に出ていない部分だけ移植する人もいます。 どちらが良いのかわかりません。 地面が凍る深さを調べておいて.これよりも深く植えておきます(無肥料で)。 芽が出たら(タケノコが出たら).3種類はいっている化学肥料を.地下茎の先端方向の先に与えます(やりすぎに注意.地下茎の上にやらないこと.育たなくなります)。 翌年の2月のタケの地下茎が多分育っているであろう方向の先端に.3種類入っている化学肥料を与えます。 これで.10年もしていれば.立派な密林になります。 竹の地下茎は.なぜか肥料のある方向へ延びます。 ですから.最初に植える時に肥料を与えてしまうと.その付近に根が集まり.近い将来枯れてしまいます。 最初に植える時に.無肥料である必要があります。 肥料の分量は.私の場合には.坪30-100g(目見当なので)程度です。 A ベストアンサー 竹は地下茎があるとかなり強いのですが、根が少ないと心配です。 ホームセンターで挿し木の培養土として売っている物が良さそうです。 葉は数枚を残して大胆に切り落とします。 数時間水につけてから植えると良いです。 地下茎が無い場合はルートンという発根剤がホームセンターにあります。 樹木にはそれなりの効果がありますが、竹には如何でしょうか。 野菜や草花には効果があります。 再度採集できるなら地下茎の先端に芽のついた部分をとると間違いが無いです。 数節ある地下家を植えると春先に芽が出やすいので、その前に植えると確実です。 逆に竹を退治するのは大変なくらい勢力があるので秋口に地下茎のついた竹を植えてください。 A ベストアンサー 孟宗竹に限らずどのような種類の竹も繁殖力旺盛です。 竹は明るいところ明るいところと求めて根を伸ばしていきます。 大体地下30センチ~40センチのところを器用に障害物を避けながら根を横に伸ばして、節々から地上に竹の子を出します。 我が家でも新築時に数株植栽しました。 当然周りをコンクリートで60センチ深さで囲みましたが如何せん、地上部を10センチ程度かさ上げしなかった為に知らない間に四方に根を広げられました。 現在は土留めコンクリートの周りを地上まで砂利で幅1メートルほど囲んでしまいましたので根が回りに侵害することは無くなりました。 今でも毎年2本ほど竹が出ますので1本づつ更新しています。 また孟宗竹はその高さも結構あります。 横幅も中心から1.5メートル程度広がります。 ので葉の新旧交代時の落葉は当然隣家へ行きます。 相応の苦情は覚悟すべきです。 そこまでして植えるほどの価値は無いと思いますがいかがでしょうか。 設計士さんにその辺の趣旨をお聞きになられたらいかがでしょうか?。 美的なことよりも維持管理を優先すべきスペースに植栽しようとしていることに早く気づくべきです。 孟宗竹に限らずどのような種類の竹も繁殖力旺盛です。 竹は明るいところ明るいところと求めて根を伸ばしていきます。 大体地下30センチ~40センチのところを器用に障害物を避けながら根を横に伸ばして、節々から地上に竹の子を出します。 我が家でも新築時に数株植栽しました。 当然周りをコンクリートで60センチ深さで囲みましたが如何せん、地上部を10センチ程度かさ上げしなかった為に知らない間に四方に根を広げられました。 現在は土留めコンクリートの周りを地上まで砂利で幅1メー... A ベストアンサー 竹の種類がわかりませんので推測ですが。。。 根詰まりではないですか? 植え替えされたのはいつ頃でしょうか。 今の時期、毎日水やりする必要は無いように思います。 冬場でも土がすぐにカラカラになってしまうようですと、やはり鉢の中は根でいっぱいで土がほとんど無い状態なのかもしれません。 土が乾いていないのに毎日水やりしているのだとすれば、逆に根腐れしているとか。 剪定は特に必要ないと思います。 枯れている、という状態がどれ程のものなのか? 写真などを添付してもらえれば、より具体的にアドバイスできます。 ウチにも黒竹とシュロ竹の鉢植えがありますが、シュロ竹は冬場、葉色が悪くなります。 A ベストアンサー 種で増えたり風で飛ばされて増え、他の場所に生える事はありません。 他の方も言われていますが、竹や笹は50年後位に開花させ、その後に 寿命が尽きて枯れてしまいます。 問題は鉢のサイズでしょうね。 場所を考えて小さめにするのは良くあり ません。 竹はホフク性の根で増え続けますから、鉢が小さいと直ぐ一杯 になって根詰まりを起こします。 時には鉢が割れる事もあります。 それだけ竹の根は強いんです。 竹は直根ではなく、地表の浅い部分に四方八方に根を張り巡らせます。 以前に工事で竹を伐採し、竹の根も掘り起こして処分する仕事をしまし たが、孟宗竹や真竹の場合は地上には10m以上も伸びていましたが、 地中に張っている根は深くても50cm程度でした。 どのような種類か分かりませんが、苗が小さくても根の張りを考えて、 出来るだけ大きめの鉢にされる事を勧めさせて頂きます。 それと植付け時には根を絶対に乾かしては駄目ですよ。 乾燥させると 根付きが悪くなり枯れますよ。 A ベストアンサー 植え替え時期は2下~3月上旬です。 植え替え時は根が乾かないよう前後に水をたっぷりやり、植え替え後は毎日水やりをします。 時刻は特にありません。 注意、掘り出した竹の根を乾燥させてはいけません。 鉢は丈夫なもの、頑丈な木製、陶器、プラスチックがいいと思います。 竹は成長して地下茎が伸びるとプラスチック鉢の場合押し広げ鉢の形状によっては鉢から取り出せなくなることがあります。 そのときは鋸で鉢を割らなければなりません。 陶器は割れる恐れもあります。 肥料は化成肥料をほんの少し新しい土の上に置く程度でいいです。 肥料入り園芸用の土なら不要です。 タケノコが成長し、最初竹は緑で黒くなるのは1年後で5年間はきれいです。 普段は不要なタケノコは取り除き太くていい場所に生えた竹を残します。 出てくるタケノコが細くなった時が植え替え時で5~7年後です。 その時は古い竹の根は腐っているので株を半分くらいにします。 A ベストアンサー 竹林は難しいですが、竹の植栽可能です。 肝心なことは乾燥し過ぎないように出来等にマルチングしたほうが良いと思います。 周囲底面葉80センチ程度の深さがあれば特に何もしなくて良い できれば顎板?を付ける。 我が家の竹は父が60年以上前に数キロ先から移植した物です。 竹の移植方法などで検索すると良いかも知れません。 Q 3ヶ月前に家の坪庭に孟宗竹を2本植えました。 そのうちの1本の根に竹の子がついていたので、そのまま一緒に植えてもらいました。 その後、その竹の子もすくすくと成長し、2回の屋根くらいの高さまで成長したのですが、突然、その一本だけ気がついたら枯れてしまっていました。 本当に枯れてしまっているのかは素人なのでよく分かりませんが、残りの2本は青々とした葉をたくさんつけていますが、その竹の葉だけは全部枯れてしまっています。 この竹はすでに死んでしまっているんでしょうか?切らないとまずいですか?私としてはできれば何とか再生させてあげたいのですが。。。 またこうなってしまった原因も教えてください。 今後出てくる竹の子をちゃんと成長させてあげたいので。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 三ヶ月前に植木屋さんから購入して植えたのですね? 竹の子付きですが、掘り取りの際に竹の子の根を切ってると思います。 これは路地の商品としてはどうしても根を切断しなければならないので、最初から鉢に入ってるもの以外は根を切断し、お客様にお納めします。 ですから、新しい竹の子側の根が切断されてて、葉が出たときに、根が少なく根と葉のバランスが崩れて水を充分吸い上げることができなかったのでしょう。 植木屋さんのせいではありません。 ナゼ枯れたか 残念ながら6月に植えて7月8月と真夏を過ごしたので、竹の子生命力不足と、それを助けるオーナーの散水忘れ・もしくは不足ではないでしょうか… 枯れてるので伐採してください。 幹が青くても葉がすべて枯れてると竹は芽がでません。

次の

たけのこの簡単な茹で方と湯がき方。米ぬかがないときにもおすすめ。

たけのこの増やし方

たけのこの塩漬けの戻し方• 塩漬けされているたけのこを取り出し、たけのこを流水でよく洗い塩を流します。 たけのこをスライスし流水でよく洗い流し、たっぷりの水に2 日~3日ほど浸けたら、たけのこの塩漬けの戻し方は終わりです。 火も使わず、水に浸けるだけで塩漬けから戻すことが出来るので、簡単でいいですよね。 たけのこの塩漬けの塩抜きには呼び塩が効果的? 塩漬けから戻すのは、水に浸けておけば簡単に戻すことができますが、すぐに使いたいときときに3日も浸けて待つことはできないですよね。 そんなときに、もっと早くたけのこの塩漬けの塩抜きをする方法があるんですよ。 その方法は、 呼び塩といって浸透圧の性質を利用し、塩分の濃い物から塩気を抜くために薄い塩水に浸して塩分を移します。 塩抜きするのに、なんで塩水にいれるの?と思った人も居るかもしれませんが、 この方法を使うことによって、半日くらいでたけのこの塩を抜くことができるんですよ。 真水だったら3日もかかるのに、呼び塩なら本当に半日で塩抜きできるの? もし、そんなに時短できるなら試してみたいけど… 薄い塩水ってどれくらいの塩を入れた水なの?って思う人もいると思います。 そんな時は、 水500ccに対して、塩小さじ1~1. 5くらい入れて作ってみてください。 薄い塩水を使うことによって、簡単に、そしてあっという間に塩抜きをすることができるのでぜひ試してみてくださいね。 たけのこの塩漬けのおすすめの使い方やレシピをご紹介! 塩抜きしたけど、どう調理したらいいの? 美味しく食べるには、どんな料理がいいの?と頭を悩ませますよね。 塩漬けしたからといって、塩抜きをしていればしょっぱい訳でもなく、塩漬けする前のたけのこと食感や味は一緒なので、普通のたけのことして調理することが出来ます。 塩漬けした、たけのこを塩抜きし、美味しく食べられるレシピを紹介していきます。 米ともち米を洗い、炊飯器に入れ、360mlの水に浸しておく。 たけのこを2~3mmの厚さに切り、切ったものをさっと洗い、水気を切る。 炊き上がったら底の方から混ぜ合わせる。 もち米がない場合は、白米だけでも美味しく作ることができます。 仕上げに、小ねぎや三つ葉を乗せると彩りもよくなりますよ。 鍋に、ごま油を入れて馴染ませ、次にしょうがを炒める。 肉に火が通ったら、ピーマン、たけのこを加えて炒める。 まとめ 塩漬けしたけど、塩抜きするのが面倒でそのまま放置している人も居るかと思います。 確かに、真水で塩抜きすると日にちがかかってしまい、すぐ使いたいなと思うときに使えないから、なかなか塩抜きする気がおきないですよね。 でも、呼び塩なら簡単であっという間に塩抜きができるのでオススメですよ。 塩抜きしたたけのこは、食感や味も損なわれていないので調理しても美味しく食べることが出来ます。 塩漬けされたまま眠っているたけのこを、ぜひ参考にし塩抜きして使ってみてくださいね。

次の

竹の増やし方

たけのこの増やし方

たけのこの育ち方 たけのこも畑で育つ野菜と同じだと思うと少し不思議な気がします。 一年に一度だけ山のように出回るたけのこ。 年中見かけるキャベツやニンジンやジャガイモ。 それに、皮を剥けばすぐに料理したり食べたりできる他の野菜と違って、半日くらいをかけて灰汁抜きが必要なのに・・・・。 そうなんです。 たけのこはイネ科ですが、ちょっと変わった生態をしています。 地下茎があり、竹になるほんの少し前に出てきた芽をたけのことして食べているのです。 そんな不思議なたけのこはどんな風に栽培されているのでしょうか。 栽培方法は? 栽培方法は地方によって様々ですが、共通した栽培法を見てみたいと思います。 竹は地下茎によって繁殖します。 地上にでているのも立派な茎ですが、地下の根にあたる茎があり、その茎を栽培する感覚です。 地下に茎があるから日光とか関係ないのではと思いますが、そんなことはありません。 地上に出た茎(竹)が立派に育っていることで栄養が地下茎に回っていきます。 もちろん竹が大きくなりすぎると地下に栄養が行かなくなるので程度のいいところで切ってしまいます。 また、竹は5年程で地下茎が衰えて、いいたけのこを出さなくなるので、その竹は切ってしまうようです。 どの竹がいつ出てきたかが分かるように、農家の人は目印を付けておくのだそうです。 スポンサードリンク 肥料はどんなものがあるか 植物自体を大きくする肥料分は窒素です。 リン酸は花肥えや実肥えと呼ばれ、結実に必要な肥料です。 根を太らせる肥料はカリです。 農家の人はこれらを配合して独自の肥料を作っているようです。 地下茎は養分のある方向に伸びていくので、収穫に便利な場所に施すとよいようです。 肥料を与える時期 元肥、お礼肥、追肥があります。 竹の場合はお礼肥と追肥です。 たけのこが穫れたあと、弱っている竹にお礼の気持ちで撒くのがお礼肥。 追肥は、成長期に大きくなるように撒きます。 こうしてみてみるとたけのこでも、他の野菜と同じように肥料を与えたり、日当たり具合を考えたりと作業していきます。 山の中ですから、平地ではなく斜面での作業になるので農家の人の労働は大変だと思います。 竹林の管理 竹害という言葉があります。 竹はその生命力と地下茎によって繁殖する特性から、放っておくと近くの林に根を伸ばして浸食していきます。 たけのこ農家の人はそうならないように、浸食しそうな竹を伐採したり、伸びていってはいけないところには肥料を撒かないようにしたり、と管理をします。 裏の竹林で勝手に生えたたけのこを取りにいけばいい、というわけではありません。 たけのこ栽培は一年中仕事があると言われる所以です。 まとめ なにげなく春の訪れと嬉しいだけでいただいていたたけのこですが、栽培には他の野菜にない苦労もあるのだとわかりました。 次のたけのこの季節には農家の人の苦労と一緒に、おいしくたけのこを食べたいと思います。

次の