メル ギブソン 映画。 メル・ギブソン、ハリウッドに大復活!

メル・ギブソン主演、不良刑事映画『ブルータル・ジャスティス』公開決定 ─ 「人命軽視・公共物破壊しまくり作品賞」候補作

メル ギブソン 映画

監督は、出演はとなど。 2002年で最も高い収益を上げた映画の一つで、全世界で4億800万ドルの収益を上げた。 「宇宙人の侵略」が描かれているが、人類対宇宙人といったマクロ的視点ではなく、あくまである一家から見たミクロ的視点で描かれている。 その過程で「家族の繋がり」や「信仰心」というテーマが浮き彫りになる構成になっている。 [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年2月)() 妻の事故死を境にを辞めたグラハムは、弟のメリル、そして二人の子供達と静かに暮らしていた。 しかしその家族の前に様々な兆候(サイン)が現れる。 愛犬の暴走、畑に出現した、家の周りに出没する姿の見えない謎の存在。 そしてサインは世界各地に現れるようになった。 登場人物 [ ] グラハム・ヘス 演 - 周囲からの信頼も厚い牧師。 しかし本人は妻の事故死があってから、その信仰を捨てている。 現在は子供2人、そして弟との4人暮らし。 所有する広大な畑で農作物を育てている。 メリル・ヘス 演 - グラハムの弟。 元は記録を5つも持つほどの有名なマイナーリーグ選手。 しかしその一方で2つのワースト記録を持っている。 現在はグラハムらとともに暮らしている。 モーガン・ヘス 演 - グラハムの長男。 喘息を持っており、発作が出たときの症状が酷い。 畑に現れたミステリーサークルをいち早く発見。 宇宙人の存在に、家族の中でもっとも関心を示す。 ボー・ヘス 演 - モーガンの妹。 口にする言葉、ひとつひとつが何か不思議めいている女の子。 その言葉からすると、どうやら彼女には何か特別な力があるようだ。 レイ・レディ 演 - 獣医。 グラハムの妻が交通事故で亡くなったとき、その原因となる自動車を運転していた張本人。 そのため、グラハムたちに負い目を感じている。 しかし、その彼から突然グラハムに電話が入る。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 機内上映版 グラハム メリル モーガン ボー パスキー コリーン () 教授 () ネイサン () ネイサン夫人 () トレーシー カニンガム () ライオネル () ヒューズ レイ その他 演出 翻訳 中島多恵子 松崎広幸 録音・調整 伊藤恭介 池田裕貴 効果 プロデューサー 中島良明 松永紀見子 監修 山本千絵子 制作 初回放送 『』 『』 配役 [ ] メリル・ヘス役は当初、が演じる予定だったが、良性の腫瘍が見つかり、手術のため降板した。 代役としてホアキン・フェニックスが演じることとなった。 評論 [ ] 映画評論家のによると、の映画『』の「鳥」を「宇宙人」に置き換えただけと指摘され、映画公開時にシャマラン本人が先にオマージュと認めたという。 脚注 [ ].

次の

町山智浩 メル・ギブソン監督 沖縄戦映画『ハクソー・リッジ』を語る

メル ギブソン 映画

第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉で武器を持たずに、 たった1人で75人の命を救った男の実話から生まれた衝撃作 銃も手榴弾もナイフさえも、何ひとつ武器を持たずに第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男がいた。 彼の名は、デズモンド・ドス。 重傷を負って倒れている敵の兵士に手当てを施したことさえある。 終戦後、良心的兵役拒否者としては、アメリカ史上初めての名誉勲章が授与された。 皆が殺し合う戦場で、僕は命を助けたい 今明かされる、デズモンド・ドスの知られざる真実 緑豊かなヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドスは、第2次世界大戦が激化する中、陸軍への志願を決める。 先の大戦で心に深い傷を負った父からは反対され、恋人のドロシーは別れを悲しむが、デズモンドの決意は固かった。 衛生兵として人を救いたいと願うデズモンドは、「生涯、武器には触らない」と固く心に誓っていたのだ。 上官と仲間の兵士たちから責められても、デズモンドは頑として銃をとらない。 とうとう軍法会議にかけられるが、思いがけない助けを得て、主張を認められたデズモンドは激戦地の〈ハクソー・リッジ〉へ赴く。 そこは、アメリカ軍が史上最大の苦戦を強いられている戦場だった。 1現在) 主人公のデズモンド・ドスを演じるのは、大ヒット作『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで人気を獲得し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』で演技派俳優としても高く評価されたアンドリュー・ガーフィールド。 デズモンドの人並外れた勇気と深い人間愛の源を理解するために、家族や生い立ちを徹底的にリサーチした。 恋人のドロシーには、オーストラリアの注目の新鋭女優、『聖杯たちの騎士』のテリーサ・パーマー。 その他、友を戦争で亡くした悲しみを酒で紛らわせる父親には、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのヒューゴ・ウィーヴィング、大尉役に『タイタンの戦い』のサム・ワーシントン、鬼軍曹役に『Mr. スミス』のヴィンス・ヴォーンら実力派俳優が顔を揃えた。 ヴァージニア州の豊かな緑に囲まれた町で生まれ育ったデズモンド・ドスは、元気に野山を駆け回る少年だったが、家族に問題を抱えていた。 父親のトム ヒューゴ・ウィーヴィング は、兵士として戦った第1次世界大戦で心に傷を負い、酒におぼれ、母バーサ(レイチェル・グリフィス)とのケンカがたえない日々を送っていた。 月日は流れ、成長したデズモンド アンドリュー・ガーフィールド は、看護師のドロシー・シュッテ テリーサ・パーマー と恋におち、心躍る時を過ごしていた。 だが、第2次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの弟も周りの友人たちも次々と出征する。 そんな中、子供時代の苦い経験から、「汝、殺すことなかれ」という教えを大切にしてきたデズモンドは、「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。 グローヴァー大尉 サム・ワーシントン の部隊に配属され、ジャクソン基地で上官のハウエル軍曹 ヴィンス・ヴォーン から厳しい訓練を受けるデズモンド。 体力には自信があり、戦場に見立てた泥道を這いずり回り、全速力で障害物によじ登るのは何の苦もなかった。 だが、狙撃の訓練が始まった時、デズモンドは静かにしかし断固として銃に触れることを拒絶する。 軍服や軍務には何の問題もなく「人を殺せないだけです」と主張するデズモンドは、「戦争は人を殺すことだ」と呆れるグローヴァー大尉から、命令に従えないのなら、除隊しろと宣告される。 その日から、上官と兵士たちの嫌がらせが始まるが、デズモンドの決意は微塵も揺るがなかった。 しかし、出征前に約束したドロシーとの結婚式の日、デズモンドはライフルの訓練を終えないと休暇は許可できないと言われ、命令拒否として軍法会議にかけられることになる。 「信念を曲げたら生きていけない」というデズモンドの深い想いに心を打たれたドロシーは、「何があろうと、あなたを愛し続けるわ」と励ますのだった。 ところが、意外な人物の尽力で、デズモンドの主張は認められる。 1945年5月、沖縄。 グローヴァー大尉に率いられて、「ハクソー・リッジ」に到着した第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たち。 先発部隊が6回登って6回撃退された末に壊滅した激戦地だ。 150mの絶壁を登ると、そこには百戦錬磨の軍曹さえ見たことのない異界が広がっていた。 前進した瞬間、四方八方からの攻撃で、秒速で倒れていく兵士たち。 他の衛生兵なら見捨てるほどの重傷の兵士たちの元へ駆け寄り、「俺が家に帰してやる」と声をかけ、応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中を走り抜けるデズモンド。 ひるむことなく何度でも、戦場に散らばった命を拾い続けるデズモンドに、感嘆の目を向け始める兵士たち。 1983年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。 舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、すぐに映画にも進出。 最初に高く評価されたのは、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた、デヴィッド・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』 10。 続いて、主人公のピーター・パーカーを演じた『アメイジング・スパイダーマン』 12 と『アメイジング・スパイダーマン2』 14 が、合計15億ドルの興行収入を上げ、世界中にその名を知られる。 その他の主な出演作は、トム・クルーズ共演、ロバート・レッドフォード監督の『大いなる陰謀』 07 、映画初主演を飾った『BOY A』 07 、テリー・ギリアム監督の『Dr. 最近では日本でも話題となったマーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』 16 でも主演を果たし、最新作『Under the Silver Lake』 17 が控える。 1976年、イギリス、サリー生まれ。 幼少時にオーストラリアに移り住み、オーストラリア国立演劇学院(NIDA)で演劇を学ぶ。 2000年、『タップ・ドックス』で映画デビュー。 その後、『ジャスティス』(02)や『グレート・レイド 史上最大の作戦』(05・未)、『マンイーター』(07)などの映画に出演して経験を重ねる。 2009年、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』の主役に大抜擢される。 同作は世界興行収入歴代1位の27億ドルを記録して社会現象を巻き起こし、一躍、時の人となる。 その後、『タイタンの戦い』(10)と続編の『タイタンの逆襲』(12)でアクションスターの座を不動のものとする。 その他の主な出演作は、『ターミネーター4』(09)、『恋と愛の測り方』 10 、『崖っぷちの男』(12)、『ドリフト』 13 、『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』(14・未)、『サボタージュ』 14 、『ハイネケン誘拐の代償』 15 、『エベレスト3D』(15)など。 最新作は、『アバター』の続編『Avatar2』 18 が控える。 1986年、オーストラリア、アデレード生まれ。 世界を舞台にその才能を発揮し、国際的に活躍している女優の一人。 初めて注目を集めたのは、主演を務めた『明日、君がいない』(06)。 その後、マイケル・ベイ製作の『アイ・アム・ナンバー4』(11)、ニコラス・ホルト、ジョン・マルコヴィッチ共演の『ウォーム・ボディーズ』(13)など、多くのメジャー作品に出演する。 近作には、クリスチャン・ベイル共演、テレンス・マリック監督の『聖杯たちの騎士』(15)、『X-ミッション』(15)、人気作家ニコラス・スパークス原作の『きみがくれた物語』(16)、ジェームズ・ワン製作の『ライト/オフ』 16 、ケイト・ウィンスレット、ケイシー・アフレック共演の『トリプル9 裏切りのコード』 16 などがある。 最新作は、『Berlin Syndrome』 17 がある。 1970年、アメリカ、ミネソタ州生まれ。 カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』 96 で注目される。 その他の主な出演作は、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』 97 、『ムーンライト・ドライブ』 98 、『サイコ』 98 、『クール・ドライ・プレイス』 98 、『ザ・セル』 00 、『ドメスティック・フィアー』 01 、『Mr. スミス』 05 、『サムサッカー』 05 、『イントゥ・ザ・ワイルド』 07 、『フォー・クリスマス』 08・未 、『南の島のリゾート式恋愛セラピー』 09・未 、『僕が結婚を決めたワケ』 11 、『インターンシップ』 13・未 などがある。 1989年、オーストラリア、シドニー生まれ。 ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び、演技の世界へ入る。 デビュー作であるオーストラリアのTVシリーズ「Home and Away」 09~10 で話題となってハリウッド関係者の目に留まり、セレーナ・ゴメス共演の『恋するモンテカルロ』(11)に出演する。 2013年には、人気シリーズ『G. ジョー バック2リベンジ』でコブラコマンダーの役を獲得する。 また2014年には、ピアース・ブロスナン共演の『スパイ・レジェンド』でCIA工作員を熱演し、ニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した『かけがえのない人』にも出演する。 2015年には、『ハートブルー』をリメイクした『X-ミッション』で注目される。 1960年、ナイジェリア生まれ。 『マトリックス』3部作 99・03 、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』3部作 01・02・03 などの世界的な大ヒット作で印象深い役柄を演じ、個性派俳優として広く知られている。 大ヒットシリーズ『トランフォーマー』 07 、『トランスフォーマー/リベンジ』 09 、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 11 ではメガトロンの声の出演をしている。 その他の主な出演作は、ナタリー・ポートマン共演の『Vフォー・ヴェンデッタ』 05 、『ウルフマン』 10 、『オレンジと太陽』 10 、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 11 、『クラウド アトラス』 12 、ピーター・ジャクソン監督の『ホビット 思いがけない冒険』 12 と『ホビット 決戦のゆくえ』 14 、『ブレイキング・ゴッド』 14 、ニコール・キッドマン共演の『虹蛇と眠る女』 15 など。 声の出演では、『ハッピーフィート』シリーズ 06・11 、『ガフールの伝説』 10 を担当している。 1956年、アメリカ、ニューヨーク州生まれ。 12歳で家族と共にオーストラリアへ移住する。 1979年、ジョージ・ミラー監督の目に留まり、『マッドマックス』に出演、世界中から一躍注目を浴びる最初の映画となる。 続編の『マッドマックス2』 81 と『マッドマックス/サンダードーム』 85 の大ヒットで名声を得る。 1984年、『ザ・リバー』でアメリカ映画への進出を果たす。 さらに全世界で破格のヒットを記録した『リーサル・ウェポン』シリーズ 87・89・92・98 により、ハリウッドでの確固たる地位を確立する。 その中でIcon Productionを設立し、『顔のない天使』 93 で監督デビューを果たす。 1995年、主演と監督を務めた『ブレイブハート』が興行的に大成功を収め、批評家からも絶賛される。 監督としての手腕も高い評価を獲得した。 メル・ギブソンとは『ブレイブハート』(95)に次ぐコンビとなるメカニック。 同社製作による作品には、ウォルター・サレス監督の『ダーク・ウォーター』(05)、テレンス・マリック監督の『ニュー・ワールド』(05)、オスカーにもノミネートされたヘンリー・セリック監督のアニメーション映画『コララインとボタンの魔女 3D』(09)などがある。 20世紀フォックス在任中に、『スピード』(94)、『トゥルーライズ』(94)、『ダイ・ハード3』(95)、『インディペンデンス・デイ』(96)、『スター・ウォーズ 特別篇』(97)、『タイタニック』(97)、『エントラップメント』(99)、『ボーイズ・ドント・クライ』(99)、『ビック・ママス・ハウス』(00)、『ホワット・ライズ・ビニース』(00)、『キャスト・アウェイ』(00)など数々のヒット映画を生み出している名プロデューサーの一人として知られる。 ピュリッツァー賞、トニー賞、全米脚本家組合賞の受賞者であり、エミー賞に2回ノミネートされた作家。 2014年のブロードウェイ作品「All The Way」では、ドラマ・デスク・アワードやアウター・クリティクス・サークル・アワード、ドラマ・リーグ賞やトニー賞など名だたる賞を独占し、歴代興行収入の記録を大幅に塗り変えた。 ミュージカル「The Twelve」(脚本、歌詞担当)では、2015年度のオー・ヘンリー賞を受賞する。 その他、TVでは、「スパルタカス」 04 、「アンドロメダストレイン」 08 、TVミニシリーズ「ザ・パシフィック」(10)、「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」 16 などを手掛ける。 オーストラリア屈指の実力ある作家、製作者。 30年以上に及ぶキャリアを持ち、コメディやドラマ、ミニシリーズやTVシリーズなど、あらゆるジャンルでヒット作を放っている。 1989年には自身の会社であるArtist Services Pty Ltdをスティーブ・バイザーと共に立ち上げ、同社はオーストラリアで最も業績を上げた会社の一つとなる。 主な作品は、『サイアム・サンセット』(99)、現在15シリーズ目に入っている「Rake」 10~16 、ラッセル・クロウ主演の『ディバイナー戦禍に光を求めて』(14)、「不良探偵ジャック・アイリッシュ」 16 などがある。 業界きっての尊敬を集める映像編集の第一人者。 ロジャー・ドナルドソン監督作品で知られ、『世界最速のインディアン』(05)、『バンク・ジョブ』(08)、『スパイ・レジェンド』(14)を手掛けている。 その他の作品は、『テラビシアにかける橋』(07)、『ブリッツ』 11 、『キラー・エリート』(11)、『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』(12)などがある。 オーストラリアのシドニーでCM監督として働きながら撮影のキャリアを積む。 バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』(13)でオーストラリア映画協会賞最優秀撮影賞を受賞する。 その他の作品は、アレックス・プロヤス監督の『ガレージ・デイズ』(02・未)、『アイ・ロボット』(04)、レン・ワイズマン監督の『アンダーワールド:エボルーション』(06)、ロブ・コーエン監督の『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08)、アレックス・プロヤス監督の『ノウイング』(09)、ゲイリー・マッケンドリー監督の『キラー・エリート』(11)、ノーム・ムーロ監督の『300 <スリー・ハンドレッド>~帝国の進撃~』(14)、ダンカン・ジョーンズ監督の『ウォークラフト』(16)などがある。 録音担当としてのキャリアは30年以上を誇り、200以上の映画に携わっている実力者。 『スティーブ・マーティンの 四つ数えろ』 82 で初めて録音としてクレジットされた後、『愛と追憶の日々』 83 にてオスカー候補となると、『トップガン』 86 、『ブラック・レイン』 89 、『アルマゲドン』 98 、『パールハーバー』 01 、『トランスフォーマー』 07 などを手掛けた。 メル・ギブソン監督作品では、『パッション』 04 、『アポカリプト』 06 でも共に仕事をしている。 オーストラリア出身。 『Clubland』 未・07 、『Red dog』 未・11 、『Burning Man』 未・11 、『キラー・エリート』 11 、『Only the Dead』 未・15 )などに携わり、オーストラリアの映画賞で音響部門の賞の受賞・ノミネートを重ねてきた。 オーストラリア出身。 『アニマル・キングダム』 10 や、『ハンター』 11 、『さよなら、アドルフ』 12 、『グランド・マスター』 13 、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 16 などを担当し、オーストラリア国内外で活躍している。 オーストラリア出身。 『DOWN UNDER BOYS』 98 や、ケイト・ブランシェット主演の『リトル・フィッシュ』 05 、『Jindabyne』 未・06 などでオーストラリア国内でのキャリアを築く一方、『ハッピーフィート』 06 、『ノウイング』 09 、『キング・オブ・エジプト』 16 、『エイリアン:コヴェナント』 17 など世界的なヒット作に参加している。

次の

ウィノナ・ライダーがメル・ギブソンの人種差別を告白、メルは反論も映画から解雇

メル ギブソン 映画

メル・ギブソン Getty ハリウッドに、文字どおりの「映画の刑務所」が存在するわけではないが、実際にはある。 俳優メル・ギブソンに聞いてみるといい。 10年前、大スターであり、アカデミー賞受賞監督でもあるメル・ギブソンは、カリフォルニアの高速道路において飲酒運転容疑で逮捕された。 こうした事件は彼にとって最初でも最後でもなかったが、パトカーに押し込められている時に口にした悪名高い、憎悪に満ちた怒号が、メディアにおける彼の自滅の原因となった。 「ユダヤ人め。 世界中の戦争はユダヤ人のせいだ」("Fucking Jews... Jews are responsible for all the wars in the world") 漏洩した録音の中で、その晩、酔っ払ったメル・ギブソンはクダを巻いていた。 彼は世間からこのコメントを非難された。 後に謝罪会見を開き、ユダヤ人の指導者たちに許しを求めた。 すべてが許されたわけではなかったが、事態はわりとよい方向に向かっていた。 ところが2010年、大手タレント・エージェンシーのウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント(WME)がメル・ギブソンとの契約を解除する。 元恋人に対する人種差別的な怒号と殺人の脅迫が録音されたテープが世に出たためだ。 多くのハリウッド関係者にとっては我慢の限界だった。 彼らはメル・ギブソンに背を向けた。 2006年以降、彼は『復讐捜査線』1作品にしか出演していない。 「彼は業界のブラックリストに載ったんだよ」と、『リーサル・ウェポン』の脚本家で、監督に転身したシェーン・ブラックは5月にBusiness Insiderに語った。 「みんな彼と働きたくなかったんだと思うよ」 2011年8月31日、元恋人との親権争いのために裁判所での審問に出席。 親しい友人であるジョディ・フォスターは、2011年の自身の監督作品『それでも、愛してる』にメル・ギブソンを起用したし、1990年代に薬物問題を抱え、メル・ギブソンに助けられたロバート・ダウニー Jrは『アイアンマン3』の監督にギブソンを起用するようマーベル・スタジオの説得を試みたりした。 しかし、それ以外、メル・ギブソンはハリウッドに見捨てられた人となってしまっていた。 その証拠に2006年の『アポカリプト』以降、監督業も干上がってしまっていた。 我々は(我々がそれを認めるかどうかはともかく)スターが鼻柱を折られるのを見るのは楽しみだが、彼らが復活を遂げると、さらに興奮を覚える。 そしてメル・ギブソンのキャリアにおいては、今がまさにその時なのだ。 2016年カンヌ映画祭でのメル・ギブソン Getty 2016年11月4日金曜日、メル・ギブソンが監督した映画『ハクソー・リッジ』が劇場公開された。 2006年以来初めてのメル・ギブソン監督作品であり、ここ10年で彼が受けた中で最高の報道がなされている。 メル・ギブソンはハリウッド・フィルム・アワードの監督賞を受賞する予定で、ビバリーヒルズで行われた試写会ではスタンディングオベーションを受けた(映画情報サイトRotten Tomatoesで、89%という高評価を得ている)。 エンターテインメント情報誌「Variety」のポッドキャスト番組「プレイバック」でメル・ギブソンは最近、2006年の逮捕について赤裸々に語った。 かなり言い訳がましかったが。 「10年が過ぎた。 気分はいい。 しらふだし、自分にとっては過去の小さなことなんだ。 でも、みんなはまだ話題にする。 それにはちょっとイラつくけど。 だって10年経っても、なぜ問題になるのかまるっきり理解できないんだ。 もちろん僕が、彼らが言うような憎悪に満ちた人間なのだとしたら、証拠がどこかにあるはずだ。 そんな証拠はどこにもないんだよ」 「自分を支持してくれる人に対して、僕は一度として差別的なことをしていない。 パトカーの後部座席で起きたたった1つのエピソード、テキーラをダブルショットで8杯飲んだ後の会話が、自分の仕事、一生分の仕事、自分が信じることや自分の人生を決める何もかも全てを左右するとしたら、それはあまりにも不公平じゃないか」 明らかにメル・ギブソンは傷を抱えている。 彼自身が認識していると願うばかりだが、ダブルショットのテキーラ8杯を飲んでから車を運転して、いい方向に向かうわけがない。 酔っていたからと言っても、発言や思想に対する言い訳にはならない。 メル・ギブソンはもう二度と大作の主役にはなれないのかもしれない。 そしておそらく最近の作品『ブラッド・ファーザー』のようなハチャメチャな映画が、自分に一番合うことに彼自身思いいたったのだろう。 彼のこれからの10年を形作るのは監督業の方だろう。 もしそうなら、ライオンズゲートから配給された『ハクソー・リッジ』はその基盤となるはずだ。 彼は沖縄戦で銃を手にすることを拒否しながら従軍した陸軍医デズモンド・T・ドスを演じている。 ドスは良心的参戦拒否者でありながら、アメリカ史上初めて名誉勲章を受けた人物だ。 そして、世間の反応から察するに、メル・ギブソンの監督業(1996年に『ブレイブ・ハート』でアカデミー監督賞と作品賞を受賞している)は、これまででもっとも感動的かつ過酷だったようだ。 ライオンズゲートでさえ、メル・ギブソンを売り出すことに問題がなくなってきているようにみえる。 最初の『ハクソー・リッジ』のポスターにメル・ギブソンの名前はなく、代わりに「『ブレイブハート』や『パッション』の有名映画監督が贈る」と書かれていた。 だが今週のテレビCMでは『ハクソー・リッジ』のことを「メル・ギブソン監督作品」と呼んでいる。 これらはすべて、メル・ギブソンが世界的なスポットライトに戻ってくるという最高の瞬間につながっている。 彼は今、大ヒット映画『パッション』の続編に取り掛かっている。 タイトルは『復活』で、メル・ギブソンによると、この映画は「とてつもない仕事」になるだろうとのことだ(脚本はいま書き進められている最中)。 『パッション』は多くの議論を呼んだ作品だが、誰1人として、あの映画の熱心なファン層と興行収入を否定できないだろう。 メル・ギブソンのゆっくりとしたカムバックへの足取りを思う時、続編である『復活』は、妙に合点のいく話のように思える。 (敬称略) [原文:] (翻訳: 日山加奈子 ).

次の