信号無視話法とは。 信号無視の罰金と点数~赤信号と点滅信号の違いも確認!

[B! 小池百合子] 遂に実現した候補者討論会。小池都知事は質問にどう答えたか? 信号無視話法で分析してみた

信号無視話法とは

全く関係ない話、質問内容の繰り返しを色分け 当サイトスタッフが『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説 安倍政権が不信任に足る7つの理由』の作成で文字起こしに取り掛かったのが、立憲民主党の枝野幸男代表が不信任決議案の趣旨弁明を行った20日の夜のことだった。 時を同じくして、文字起こしに挑み、なんと22日までの間に完成させ、webにアップした人物がいた。 それが、枝野演説の中でも登場する「信号無視話法」の名付け親である、一会社員である犬飼淳氏だ。 前回、彼がなぜ「文字起こし」をするのかに焦点を当てたが、今回は、枝野演説の中でも触れられていた「信号無視話法」について、犬飼氏に伺ってみた。 (前回参照:「優れた演説が埋もれるのはもったいない」。 あのとき、引用以前に「色分けで見せる方法とはやられた!」と思ったことを覚えています。 そもそも、なぜああした可視化を思いついたのでしょうか? 犬飼:実は「可視化」するということは以前からやっていたんです。 今年の2月頃、統計学の専門知識を活かして、Twitterやnoteで政治情勢分析の情報を発信している「はる/みらい選挙プロジェクト」さんの活動を知り、私も直感的に「何か」を分かりやすく視覚化することで、国民の政治への関心を高められないかと考え始めていました。 ただ、私には「統計学」のような確固たる専門分野が無く、何ができるのか分からずに悶々と過ごしていました。 そんな中、森友問題の公文書改ざんが発覚して、官邸前などでデモが連日行われるようになった3月中旬、人生で初めてデモに行ってみました。 が、コールを叫ぶのはちょっと攻撃的な感じがしてデモに加わる気にはなれないので、何をしていいのかわからず、現場をただウロウロしているだけでした。 まぁ、せっかく現場に来たんだからと思い、現場の空気感を伝えるために群衆の動画や写真をTwitterにアップしているうちに、あることに気づきました。 デモの参加人数が警察発表や一部メディアの報道では、実際よりも大幅に少なく公表されていたのです。 そこで、まずはデモの参加人数試算を始めました。 (参照:「2018年3月25日緊急新宿大街宣の人数試算」、「2018年4月14日国会前デモの人数試算」) ただ、数万人が集まった4月14日の国会デモの帰り道、このままでは何も変わらないと気付きました。 国会から目と鼻の先の日比谷では、まるでデモなんて無かったかのように休日を楽しんでいる人たちで溢れていたんです。 その日の国会前と日比谷は、物理的には徒歩15分ほどの距離なのに、まるで別の国かと錯覚するほどに遠く感じました。 この時、政治に無関心な人たちに関心を持たせること、これが最も重要だと悟りました。 そのために何ができるかを考え始めた折、5月30日の党首討論で枝野さんの質問に全く答えずにダラダラと喋り続ける総理答弁を見て、「質問と全く関係ない話」と「質問内容の繰り返し」が回答の大半を占めていることに気付きました。 私は現在、コンサルに近い仕事をしており、2色程度で問題点の原因を色分けしながら資料を作成することがよくあります。 それを応用して、この不誠実答弁をパッと一目で分かるように色分けすることを閃き、翌5月31日にはパイロット版のような形で信号無視話法の分析結果を公開しました。 全く関係ない話、質問内容の繰り返しを色分け 犬飼:質問と全く関係ない話をする、質問内容を繰り返す、等のルール違反を繰り返す答弁をそう名付けました。 「信号無視話法」という名前をつけたことには明確な意図があリます。 私が最もアプローチしたいと考えている「政治に関心のない人たち」が長い国会答弁を読むことはありえません。 そのため、パッと見ただけで内容を理解できるように一定の配色ルールに従った色分けが有効だろうと考えたのです。 そこで、以下2つの条件を満たす色の組み合わせを探しました。 ・質問と関係ない内容、質問内容の繰り返し、質問に対する回答の3つを色分けしたいので、最低でも3色は必要 ・説明なしでも日本人が直感的にその3色の意味を理解できる この条件を満たす色の組み合わせは、私が知る限り、信号機の赤黄青しかありません。 赤はダメ、黄は要注意、青はOK。 老若男女だれもが知っています。 しかも、海外でも通用するので、いずれ海外に向けて発信することになっても、そのまま使えます。 実は、配色にはもう1つ案がありました。 それはサッカーのレッドカード、イエローカードです。 赤は1発退場、黄色は2回で退場になるくらい悪いこと、という概念がピッタリだし、ちょうどロシアワールドカップ直前の時期でサッカーへの感心も高まっていたし、政治に関心はないけどサッカーには興味がある人たちに伝わりやすい点も魅力的でした。 しかし、重大な問題があって、この概念は2色しかないので、回答にあてる3色目の色が無かったのです。 そのため、泣く泣くボツにしました。 もしサッカーにフェアプレーやファインプレーに特定の色のカードを出して褒め称えるという謎のルールがあれば、間違いなくサッカーの配色を採用していたと思います。 犬飼:はい。 5月31日にパイロット版のような形で部分的に公開した信号無視話法のnote記事は大変な反響を呼び、立憲民主党の公式、東京新聞・望月衣塑子記者、タレントの松尾貴史さん、などの著名人にも拡散して頂き、note記事の閲覧数も7万PVほどになりました。 また、朝日新聞さんには信号無視話法と私の視覚化による情報発信の取り組みを記事にして頂きています。 (参照:『「信号無視」のモリカケ答弁』朝日新聞デジタル6月18日) そして、7月20日の枝野代表の2時間43分に及んだ国会での大演説では、不誠実答弁の一例として、信号無視話法を引用して頂き、ついに国会デビューも果たしました。 犬飼:ありがとうございます。 ただ、すでに国会は閉会したので、今後どのような活動をするかは試行錯誤しています。 今後も「政治に無関心な層」に政治に関心を持ってもらうことを目的に、パッと見て分かるような「視覚化」に取り組んでいくつもりです。 Harbor Business Online, 2018. 04 安倍首相や閣僚の答弁は「赤信号だらけ」。 党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」や、7月豪雨時の官邸の対応の遅れについて可視化した「空白の66時間」がSNSで話題に。 編集部とは「信号無視話法」の記事のときに当サイトの書き起こしを転載したことが縁でやり取りをすることになった。 犬飼淳氏のnote().

次の

・アベ流「信号無視話法」とは…

信号無視話法とは

(参照:首相官邸 令和2年2月26日 新型コロナウイルス感染症対策本部 第14回 ) 周知の通り、この「2週間」という期間はズルズルと2か月以上も引き延ばされている。 こうした事態を受けて、複数のクラウドファンディングが始まり、一般からの寄付を募り始めている。 特にイベント関係者は2月末の自粛要請の後、真っ先に自粛に応じて感染拡大防止に貢献した業界である。 それにもかかわらず、その貢献に見合った補償を受けていない。 こうした背景を受けて、2020年4月29日の衆議院予算委員会で共産党・志位和夫委員長は安倍晋三首相にこの問題について質問。 イベント関係者の陳情や海外事例を紹介しながら、政府による補償の必要性を強く訴えた。 本記事では、この質疑を信号機で直感的に視覚化していく。 具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化する。 色で確認する場合は本体サイトでご確認ください) 質問に対する安倍総理の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。 いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。 実際の映像は筆者のYoutubeチャンネル視聴できる。 自粛に協力したのに補償も労いの言葉もない 本記事冒頭でも紹介したように政府が打ち出している支援策(持続化給付金等)では、今後も終わりの見えない自粛を続けざるを得ないイベント関係者を救うには不十分。 志位議員はイベント関係者の声を紹介しながら、まずは総理の現状認識を確認した。 その質疑は以下の通り。 志位議員:「あの、イベント中止とういことを先ほど総理も言われました。 それによる損失の補填の問題です。 イベントの開催自粛は総理自身が2月の段階から繰り返し名指しで行ってきたことです。 それによってライブ、エンターテイメント、音楽コンサート、演劇、ミュージカル、スポーツ、その他イベントがどれだけのダメージを被っているか。 ぴあ総研の調べでは、5月末までの推計で、えー、中止・延期等した公演・試合が15万3000本。 入場できなくなった観客総数延べ1億900万人。 入場料金の減少額3300億円と言います。 逆に言いますとね、延べ1億900万人もの人々の移動を止めてるんですよ。 これ、巨大な社会的貢献じゃありませんか。 ホリプロ社長で日本音楽事業者協会会長の堀義貴さんは私どものしんぶん赤旗のインタビューで次のように語っておられる。 『私たちは感染拡大防止のため国に協力しました。 大手も小さな劇団も人によっては倒産・解散も覚悟しながら中止を決断し、多くの人々の移動を止めたと言われています。 それなのに補償どころか労いの言葉さえありません。 』 総理、この声をどう受け止めますか?」 安倍総理:「あのー、おー、ま、これは、あのー、私も記者会見等で申し上げてきたところでございますが、そうした、あー、えー、イベント関係の皆様を初めですね、大変多くの、方々の、あー、皆様に、えー、我々の、お、えー、要請を受けて頂き、え、ご協力を頂いたことに本当に心から感謝申し上げたいと、えー、思います。 その中で、えー、我々そういう皆様方に対しましてできる限り幅広く支援をさせて頂きたい。 という中において、先ほど申し上げました、あー、えー、持続化、あー、給付金という仕組みを創設をして、えー、いたしまして、できるだけ早くお手元にお届けをしたいと思っております。 あと、様々な、あー、えー、この流動性を、おー、の確保のためのですね、えー、対策についてもですね、しっかりと対応していきたいとこう思っています。 (青信号」 志位議員: 「あのー、持続化給付金と言われるんですが、これだけでは到底対応できない、あのー、方がたくさんいらっしゃいます」 志位議員は「現場の声をどう受け止めるか」という聞き方をしているため、受け止めた結果を述べている総理の答弁は全て青信号 と判定した。 この答弁で総理はイベント関係者への協力に感謝を述べ、幅広く支援すると表明したにもかかわらず、その支援策として出てきたのは持続化給付金。 この持続化給付金は上限(個人事業主は上限100万円、法人は上限200万円)が設定されている上に1回限りのため、今後も続くであろう自粛期間を耐え抜くには不十分であることは明らかである。 総理はイベント関係者の窮状をまるで理解できていないと言わざるを得ない。 聞こえのいい言葉で誤魔化し、現在の補償から逃げる安倍総理 続いて志位議員は別の関係者の声や海外の動きにも触れながら、イベント関係者への補償を約束するように総理に迫る。 その質疑は以下の通り。 志位議員:「エンタメ関係者からこういう訴えもありました。 イベント中止によって最も苦しい状態に陥っているのは、舞台を裏で支えている人々です。 音響、照明、舞台装置、衣装、メイク、グッズを製作、会場警備など裏方の方々です。 そういう方々の暮らしが立ち行かなくなれば日本の芸術文化は土台から崩壊し、いったん崩壊したら再生できません。 文化芸術を壊さないための補償がどうしても必要です。 指揮者の沼尻竜典さんはこう訴えておられます。 『文化芸術は水道の蛇口ではありません。 いったん止めてしまうと次にひねっても水が出ないことがあります。 今が公演を止めるべき時期だということは分かっています。 ただ文化芸術の蛇口に手をかけている政治家の方々には芸術の営みを止めることへの痛みを感じる想像力を持って頂きたく思います。 』 総理、この声に応えるべきであります。 ドイツの文化大臣は芸術家・フリーランスへの無制限の支援を約束しています。 文化芸術スポーツは私は人間にとって贅沢なものではないと思います。 人間として生きていくために必要不可欠な酸素のような貴重なものだと思います。 総理、日本の文化芸術スポーツを守り抜くために補償をきちんと行うとこの場で約束してください」 安倍総理:「えー、我々のこの人生においてもですね、えー、生活においても、おー、文化、あー、芸術、これは必要不可欠な存在だろうと思っております。 (赤信号) あのー、おー、ま、この中におきましてですね、えー、我々はどのような対応をしていくかということでございますが、あのー、先ほども申し上げたことでございますが、あー、この持続化給付金につきましてはですね、いわば、あー、こうした分野で、えー、頑張っておられる皆さんに多いフリーランスを含む個人事業主に対しましてもですね、あのー、給付をするということに、えー、しておりますし、(黄信号) また、これに加えまして、えー、雇用調整助成金を、ま、大幅に拡充しまして、特に休業要請に応じた中小企業については、え、休業手当の全額をですね、えー、日額上限の範囲で国が肩代わりすることとしておりますし、(黄信号) また、スポーツ文化イベント中止の際のチケット代の税制特例。 税や社会保険料の猶予。 実質無利子無担保最大5年間元本返済不要の、えー、融資制度などあらゆる手段で事業の継続と雇用の維持を図ってまいります。 (黄信号) えー、またですね、えー、まあ、こういう、うー、国難とも呼ぶべき事態にありますが、こういう時こそ人々の心を癒す文化や芸術の力が、ま、必要であり、そして、困難にあっても文化の灯は絶対に絶やしてはならないと考えております。 えー、今般の経済対策においても、えー、事態収束後においてイベント実施に対する新たな支援制度の創設や各地の公演・展示・展覧会の開催など文化芸術に携わる人々の活躍の場を提供するための施策を講じて、えー、いく方針で、えー、ございます。 えー、ま、その、いわば、その段階になってさらにそういう皆様方に対してですね、えー、我々、支援策を厚く講じて参りますが、それまでの間、大変厳しいわけでございますが、我々もできる限りですね灯を絶やさないように全力を尽くしていきたいと思っています。 (赤信号」 志位議員:「あの、このイベント分野というのは総理が名指しでね、自粛を要請したわけですから特別の補償があってしかるべきだということを重ねて申し上げておきます」 見ての通り、「文化芸術スポーツへの補償を約束して欲しい」という志位議員の訴えに対して、安倍総理は全く答えていない。 1段落目で「文化芸術は必要不可欠である」と明言し、その後も長々と答弁してはいるが、質問には一言も回答していないのだ。 では、一体何を話していたのかといえば、既に補償としては不十分だと明らかになっている既存制度の再説明、論点すり替えに終始している。 まず、2段落目、3段落目、4段落目は周知の事実であり、黄信号 と判定した。 2段落目:持続化給付金の再説明 3段落目:雇用調整助成金の再説明 4段落目:その他の既存制度の再説明 持続化給付金は本記事でも何度も説明した通り、支給条件や上限を加味すると補償としては不十分。 雇用調整助成金は労働者に必ずしも渡るものではない。 その他の既存制度として無利子無担保の融資制度も説明しているが、借金であることに変わりはない。 先が全く見通せない中、借金に手を出すことは難しいだろう。 そして、1段落目と5段落目は論点をすり替えており、赤信号とした。 「人々の心を癒す文化や芸術の力が必要」「文化の灯は絶対に絶やしてはならない」などなど、聞こえの良い言葉を並べてはいるが、具体的な対策としては事態終息後の方針を述べているに過ぎない。 今現在の生活すでに危うい中、いつになるのか誰も知らないコロナ収束後の話を持ち出されても、視点が完全にズレているとしか言いようがない。 この答弁で分かったのは、総理の眼中には今現在苦しんでいるイベント関係者の生活は全く見えていないということだけだ。 収束後のGoToキャンペーンに1. 7兆円使い、現在の国民の危機は無視 最後に志位議員が指摘したのは、今回の補正予算で批判の的となったGoToキャンペーン事業の1. 7兆円。 その質疑は以下の通り。 志位議員:「最後に1問だけ。 あの、直ちに補償を求める皆さんから共通して出された政府の補正予算案に対する批判があります。 それはGoToキャンペーン事業。 新型コロナが収束した後に官民一体型の消費喚起キャンペーンを実施するという事業に1. 7兆円ものお金をつけていることです。 この非常事態のもとで収束後の事業にのんきにお金をつけている場合かという怒りが広がっております。 収束の目処がつかないもとで収束後の事業に注ぎ込む予算が1. 7兆もあるのなら、まずは目の前の感染爆発、医療崩壊を止め、一刻も早い収束のために使うべきじゃありませんか。 総理、どうでしょうか」 安倍総理:「あのー、おー、ま、例えば、今申し上げました文化芸術振興のための予算もですね、このGoToキャンペーンの中には入っているわけでありまして、こういうまさに文化芸術に触れようというキャンペーンも行っていくわけでございます。 で、えー、ありますから、今まさにこの厳しい状況ではございますが、あー、この、おー、収束後、おー、について、いつ収束するのかということについてはまだ確たることは残念ながらお答えできませんが、その後にですね、しっかりと、今大変苦しい思いをしている、うー、中の皆さんにとって、え、将来の、とも、灯火となるような政策もしっかり示していく必要があるとこう考えているところでございます。 (赤信号」 志位議員:「あの、文化のお金もね、GoToキャンペーンに入ってるとおっしゃいましたけど、収束ができたらね、そんなプレミア付けなくたって、みんな行きますよ。 早く収束させることが重要なんです。 補正予算案が感染爆発と医療崩壊を止め、暮らしと営業を守り抜く内容となるよう抜本的な組み替えを強く求めて質問を終わります」 この総理答弁は、あからさまに論点をすり替えており、赤信号とした。 当然、そんなことは政府も認識しているはずで、いま物議を醸しているアベノマスクと同様にこのGoToキャンペーンもやはり利権が絡んでいるのではないかと疑わざるを得ない。 残念ながら、この緊急事態にあってもなお政府は国民への補償ではなく自らの私腹を肥やすという観点で動いているように見える。 本記事の冒頭で私が2つのクラウドファンディングを紹介した際、本来は個人の寄付に頼るのではなく、政府がイベント関係者に補償すべきだと述べた。 だが、この総理答弁からは政府は補償する気がさらさら無いように見受けられる。 残念ながらドイツとは異なり、文化芸術の灯火を絶やさぬためには個人の善意(寄付)に頼らざるを得ないのがこの国の実情だ。 党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。 noteのサークルでは読者からのフィードバックや分析のリクエストを受け付け、読者との交流を図っている。 また、日英仏3ヶ国語のYouTubeチャンネル(日本語版/ 英語版/ 仏語版)で国会答弁の視覚化を全世界に発信している。

次の

蓮舫議員「時代はクラウド」発言を騒ぎ立てる人が覆い隠したい「重大な問題」。信号無視話法分析で明らかに

信号無視話法とは

2020年5月9日〜10日にかけて急速に拡散された「」のハッシュタグを用いたTwitterデモ。 これまで政治的話題には言及してこなかった著名人もこのハッシュタグを用いてTwitterデモに参加し、ツイートは異例の500万件を記録した。 このデモによって、コロナ禍のどさくさに紛れて検察人事に介入しようとする内閣の姿勢に多くの国民が疑問と怒りを感じていることが明らかになった。 こうした動きを受けて、翌日の5月11日に 共産党・宮本徹議員は衆議院予算委員会で 安倍晋三総理に早速このTwitterデモについて質問し、約4分間にわたって質疑。 本記事では、この質疑を 信号機で直感的に視覚化していく。 具体的には、信号機のように3色( 青はOK、 黄は注意、 赤はダメ)で直感的に視覚化する。 色で確認する場合は本体サイトでご確認ください) 質問に対する安倍総理の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。 つまり、 質問には一言も答えていない。 いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。 実際の映像はで視聴できる。 まず、宮本徹議員は著名人(演出家・宮本亞門氏、俳優・井浦新氏など)のツイートを引用しながら、検察庁法改正に疑問を持っている国民がいかに多いのかを示し、総理の受け止めを確認する。 その質疑は以下の通り。 宮本徹議員:「検察庁法の、 えー、問題であります。 この週末にですね、 検察庁法改正案に抗議します このハッシュタグをつけて ですね、Twitter上でデモが行われました。 えー、この週末2日間で 約500万のツイート。 えー、キョンキョンや、きゃりーぱみゅぱみゅ。 あるいは西郷輝彦さん、浅野、 あー、忠信さん、いきものがかりの水野良樹さんなど著名なです ね、えー、方々、芸能人の皆さんも多数が ですね、参加されておられました。 時の総理をも起訴することができるのが検察官の 、あー、職務であります。 だからこそ、 政治的中立性と独立性が不可欠であります。 ところが安倍政権はこの間、これまでの 法解釈をひっくり返して、黒川氏の 、えー、勤務延長を閣議決定致しました。 さらに今度は法改正までして、政権の判断で検察幹部の勤務延長ができ、時の政権が恒常的に検察官人事に介入できる仕組みを制度化しようとしています。 私、はっきり言って 三権分立を揺るがす独裁者の発想だと言わなければならないと思っております。 演出家の 宮本亞門さんはツイートの中で 『 このコロナ禍の中、集中すべきは人の命。 どう見ても民主主義とはかけ離れた法案を強引に決めることは日本にとって悲劇です。 』 こうツイートされています。 俳優の 井浦新さんは、 あー、こうツイートされています。 『 もうこれ以上、保身のために都合よく法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい。 』 こうツイートされています。 国民みんなで ですね、自粛をして、新型コロナと戦って、戦っている最中に自らの権力を守るために ですね、悪法を押し通す火事場泥棒だと国民に映っているわけであります。 総理 ね、この国民の怒り、どう受け止めていますか?」 安倍総理:「 えー、 検察官もですね、一般職の国家公務員であり、 えー、 国家公務員法の勤務延長に関する規定が 、えー、 適用されるとの今回の 、えー、 解釈変更は 、え、 検察庁法を所管する法務省において 、えー、 適切に行ったものと承知をしています。 ( 黄信号) ま、 その上で、 えー、 今般の 、おー、 国家公務、公務員法等の 、えー、 改正法案の趣旨目的は 、え、 高齢期の職員の豊富な知識 、えー、 経験等を最大限に活用する点 が、 などに 、えー、 あるところ 、おー、 検察庁法の改正部分の趣旨目的もこれと同じであります。 ( 黄信号) また、今回の法改正においては、検察官の定年延長に当たって、その要件となる 、えー、 事由を事前に明確化 、あー、 することしており、 えー、 内閣の恣意的な人事が今後行われるといった、ご懸念は全く当たらないと、はっきりと申し上げておきたいと思います。 ( 赤信号)」 宮本徹議員:「いや、 国家公務員並みにしちゃダメなんですよね。 国家公務員と区別をして、 政治が、 時の政権が人事に介入できないように今まで検察官の仕組みはやってきたわけですよ。 定年延長の制度。 そこになぜ ですね、手をつけて検察官の人事にまで 時の政権が介入できるようにしようと言うんですか。 」 1段落目と2段落目は周知の事実であり、 黄信号と判定した。 1段落目:検察官の勤務延長を解釈変更した経緯 2段落目:検察庁法改正の表向きの目的 また、3段落目は論点をすり替えており、 赤信号とした。

次の