津久井 教生。 「ニャンちゅう」声優がALSを公表 津久井教生さん:朝日新聞デジタル

津久井教生(声優)が病気=ALSで入院?顔写真や家族(妻)について

津久井 教生

スポニチアネックスでは次の通りに報じています。 人気声優でミュージシャンの津久井教生(58)が1日に自身のSNSを更新。 病院で検査を受けて「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断されたと報告した。 「4週間における検査と検査治療入院の結果、『筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)ALS』と診断されました」と病名を明かした。 「症状も個人差が激しく、かなりきつい病気ですが…なんと今のところ『声』だけは無事の状態でいます」と声優として大切な発声が可能だといい、「事務所と話を重ねて、家族の力も借りて『出来る限り前に進む』感じで歩き出すことにしました」とつづった。 出典: 報道によると、津久井教生さんは4週間の検査入院の結果筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)ALSと診断されたようで、自力での歩行が難しい状態まで症状が進行し両腕に杖や車いすでの移動をされているようですが、声優の命でもある「声だけは今の所大丈夫」とファンを安心させるメッセージを伝えています。 ALSとは筋力や委縮により、神経変性疾患の病であり、運動ニューロン病の一種と考えられています。 現時点では治癒のための有効な治療法が確立されていない病気です。 10月3日のツイッターの投稿では 「退院して10日、外来受診のスタートです」と綴られており、自宅での療養が始まった様子を伝えています。 同時に投薬治療も始まったようで、自分の病状の進行をファンに伝えています。 津久井教生の顔写真 ブログを更新しました、たくさんの皆さんにご心配をおかけしていますが、私(津久井教生)の病気のことについて書いてあります。 — 津久井《工房や》教生 koubouya 声優の津久井教生さんは顔を自身のツイッターやブログに顔出しされてお仕事をされています。 2012年「キンダー・フィルムフェスティバル」の時の顔写真です。 とてもお優しい表情の方ですね。 2019年10月3日のブログではこんな事を綴っています。 神がかりとかあまり信じない方だけれど、声だけは大丈夫というのが津久井さんの声を必要としている人が多いからこそのようにも思えるので、病気に負けずにいい声を聞かせ続けてほしいです。 ALSって最近ドラマになったり漫画で出てたりホーキング博士とかでよく耳にするようになったけど、結構いるものなんだな。 58歳で発症とか年齢も性別も関係なく誰でもなる可能性があることなんだと思いました。 胸中を思うとやるせない気持ちになりますが、前を向く姿勢素敵です。 周りの環境に感謝して大切に過ごしたいなと思いました。 前向きな考え方に感動しました。 大好きな声優さんで、厳しいかもしれないが頑張ってほしい。 同じ病気で苦しんでいる人たちに勇気を与えてほしい。 ニャンちゅう懐かしい。 しかし自分の知っている声の方が、重病と知ると感慨深いものが有る。 他人事になったゃうのだろうけど、頑張ってくださいとしか言えない。 応援したいと思う。 おんねぃさぁ~ん。

次の

津久井教生(ニャンちゅう)の妻や息子の名前や年齢は?顔写真はあるの?

津久井 教生

ニャンちゅうだニャー!このセリフ、一度は耳にしたことがあるでしょう。 幼児向け番組を見る時期にニャンちゅうを身近に感じていた人、そして子育て中にお子さんと一緒にニャンちゅうに癒されていた人。 どの世代でも知らない人の方が少ないニャンちゅう。 放送開始は1992年からでした。 そんなニャンちゅうの声優役、津久井教生さんは放送開始から現在までずっとニャンちゅうの声優役を務めています。 声優役が変わると「あれ?なんだか違和感」と少しガッカリすることもありますが、ニャンちゅうの声はずっと津久井教生さん。 小さい頃にニャンちゅうを見ていて、いまお子さんと一緒にニャンちゅうを見てもどこか懐かしさを感じるのは声優役の津久井教生さんの声もあるのでしょう。 そんな津久井教生さん、自身のSNSで難病を公表しました。 どのような病気なのか?津久井教生さんの今度はどうなるのか?今回この記事でまとめます。 津久井教生のプロフィール• 本名:津久井 教生(つくい のりお)• 生年月日:1961年3月27日• 出身地:東京都• 本人の言うことなので少し疑いたくなりますが、津久井教生さんら海外留学の経験もあり、趣味の料理がきっかけで調理師免許を取得すると自分のお店を開いた時期もありました。 ただ、当時開いていた津久井教生さんのお店の常連は役者仲間。 なかなか勘定を払ってもらえずにお店は約3年で閉めています。 津久井教生さんの「いいとこのボンボン」というのも嘘ではなさそうですね。 津久井教生さんのジャンルに目を向けるとマルチに活躍されていることが分かりますが、津久井教生さんは埼玉県立朝霞高等学校卒業後、日本大学芸術学部放送学科に進学しています。 大学は中退していますが、在学中に多くの技術を学ぶ、いまの仕事に生かしていることが分かりますよね。 津久井教生の経歴が凄い!人気アニメほとんどに出演している 津久井教生さんと言えばニャンちゅうですが、津久井教生さんはニャンちゅう役だけでなく、さまざまな人気アニメの声優として活躍しています。 タッチ• それいけ! アンパンマン• ちびまる子ちゃん• クレヨンしんちゃん• ドラえもん• ツヨシしっかりしなさい• あずきちゃん• 金田一少年の事件簿• おジャ魔女どれみ• 名探偵コナン• ゲゲゲの鬼太郎• ケロロ軍曹• 忍たま乱太郎• またニャンちゅうシリーズでは番組内で流れる楽曲のほとんどは津久井教生さんが手がけています。 津久井教生を襲う「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)・ALS」とは? ニャンちゅう役声優・津久井教生、難病ALSを公表「出来る限り前に進む」 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 津久井教生さんは以前から体調不良をツイッターでも呟いており、今回病名を公表する前も数日の入院生活を送っていました。 退院時もまだ病名が特定されておらず、津久井教生さんは「名無しのごんべぇ病名」なんてツイートしていましたが、今回病名が確定しました。 今回、津久井教生さんの受けた診断名というのが「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)・ALS」というあまり聞きなれない病気です。 筋萎縮性側索硬化症・ALSとは? 津久井教生さんの体を襲った筋萎縮性側索硬化症・ALSはあまり認知されていない病気で、平成25年の患者数が約9,200人だったそうです。 また症状の表れ方も個人差の大きい病気で特定までに時間がかかるのもこの病気の特徴です。 今回、津久井教生さんが公表している症状というのが「自力で歩けない」という生活に大きな支障をきたす症状を公表していますが、筋萎縮性側索硬化症・ALSは筋肉を動かすために働きかける神経に障害が起こることで発症します。 筋肉を動かすための神経が正常に機能しないので手足やのど、舌の筋肉がやせて力がなくなっていくのが大きな特徴と言われています。 のどや舌、つまり声優である津久井教生さんにとっては致命的な病気でもあります。 現在は、歩行のみに影響が出ているそうです、事務所と相談しながら活動を続けるとしていますが、体を十分大事にして欲しいですね。 また筋萎縮性側索硬化症・ALSは女性より男性の患者数が多いということ、60〜70歳での発症が多いそうです。 現在、治療中の津久井教生さんですが、筋萎縮性側索硬化症・ALSははっきりとした原因が解明されているわけではなく、決定的な治療法がないというのも不安の声が上がる理由。 真っ先に筋肉に影響が出てくる筋萎縮性側索硬化症・ALS、次第に話しにくさや食べ物が飲み込みづらいなどの症状が出てくると考えられます。 日本では現在症状を遅らせる作用のある薬を使い、投薬治療が基本と言われていますが、毎日のリハビリが進行を食い止めるための有効な方法なんだとか。 実際に津久井教生さんのツイッターでも度々リハビリの文字が出てきています。 津久井教生さんは今できる治療法の中で可能な限り病気に向き合い、過ごしているのだと思います。 今回、名無しのごんべぇ病名として体調が優れない日をツイッター上で共有していましたが、病名が分かったことで津久井教生さんもどこか気持ちが軽くなったそうです。 教生さんの心中をお察しするとたまらないものがありますが、前を向く姿勢に、勇気をいただきました。 徐々に身体の自由が…。 辛すぎる…。 — 苑希 osnoka0043 津久井教生、放送開始から務めているニャンちゅうはどうなる? 津久井教生さんが声優として務めるニャンちゅう、放送開始は1992年です。 実は当時からニャンちゅうは津久井教生さん。 1992年:母と子のテレビタイム土曜版• 1993年:母と子のテレビタイム日曜版• 1997年:あつまれ! わんパーク• 2003年:ニャンちゅうといっしょ• 2005年:ニャンちゅうワールド放送局 約60分の放送時間、お姉さん役は歴代12人います。 お姉さん役は変わっても、ニャンちゅうは今も津久井教生さん一人です。 これまでずっとニャンちゅうとして活躍している津久井教生さんの今回の難病報告にニャンちゅうがどうなるのか?不安視する声もありますが、今は治療に専念して欲しいですね。

次の

津久井教生とは

津久井 教生

【思い綴る】「ニャンちゅう」声優・津久井教生、難病ALSを公表 「なんと今のところ『声』だけは無事の状態でいます」「事務所と話を重ねて、家族の力も借りて『出来る限り前に進む』感じで歩き出すことにしました」と記した。 — ライブドアニュース livedoornews 津久井教生さんは自身のブログで、今は家族に助けられて生活をしているとコメントしていました。 さらに現在の症状としては、立つことが難しく車椅子での生活を余儀なくされていますが、声優として最も大切な「声」は問題ないとのことです。 ではここで気になるのが、• 津久井教生さんに結婚している嫁 妻 や子供の情報があるのか?• 津久井教生さんが患ったALSは声に影響が出てくるのか? この辺りについて調査してみたいと思います。 スポンサーリンク 津久井教生さんに結婚した嫁 妻 や子供はいる? まず気になるのが、津久井教生さんは結婚しているのか?すなわち嫁さんや子供さんはいるのか?という疑問。 冒頭でも述べたように、津久井教生さんは家族に支えられながら闘病しています。 では、この家族とは、• 嫁さんや子供さんなのか?• もしくは自身の親や兄弟なのか? ここが気になるところではないでしょうか? 結婚しているかの答えは、津久井教生さんのブログにありました。 しかし子供さんがいるかまでは、分かりませんでした。 仮に子供さんがいたとすれば、年齢的にお孫さんがいてもおかしくないですよね。 因みに母親は、9月1日にお亡くなりになっているようです。 スポンサーリンク 津久井教生さんが患った筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状で声が心配… 10月1日にブログでALSを公表した津久井教生さん。 実は3月くらいから体調に違和感を覚えたと言い、4月から5月くらいには体調不良がはっきりと分かるくらいになったようです。 こういった経緯で病院に行き、8月23日から検査入院をしていました。 この影響で、「絵空事計画・朗読ライブ」もお休みしています。 9月20日に退院するものの、10月1日に病名を公表した。 という流れです。 では、ALSとはどんな病気なのか?見てみましょう。 筋萎縮性側索硬化症 ALS は、運動神経系(運動ニューロン)が選択的に障害される進行性の神経疾患です。 運動神経系は、脳から脊髄(あるいは延髄)につながる上位運動ニューロンと、脊髄(あるいは延髄)から末梢へつながる下位運動ニューロンに大別されます。 ALSではこの上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの両方が障害されるという特徴があります。 日本における患者数は1万人弱にのぼると報告されており、10万人あたり5人程度の有病率であるといわれています。 好発年齢は50~70歳くらいですが、非常にまれではあるものの若い年代で発症することもあります。 発症に関連する遺伝子異常がいくつか報告されているものの、その詳細な原因は不明なままで、研究が進められています。 原因 19世紀にフランスの神経内科医シャルコーによって発見された筋萎縮性側索硬化症(ALS)ですが、発症に至る詳細なメカニズムはわかっていません。 ほとんどの場合は遺伝と関係なく発症しますが、約5~15パーセントは遺伝性の「家族性ALS」であるといわれています。 家族性ALSの解析により、発症に関わると考えられる遺伝子が続々と発見されており、家族性ALSの場合には、主にSOD1、FUS、TARBDP 、C9orf72といった遺伝子に異常が認められることが報告されています。 ALSの原因はひとつだと考えられていましたが、多数の遺伝子異常が見つかっていることから、発症に至る過程には複数のメカニズムが存在していると考えられています。 一方で、一部の遺伝子異常をもつ患者さんを除く大部分の方で、TDP-43というタンパク質の異常な凝集が認められることから、発症への関連性が指摘されています。 症状 筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの両方が障害されます。 下位運動ニューロンが障害されると、筋肉がやせて力が入らなくなり、クランプや筋線維束性収縮といった症状が認められます。 クランプは、神経が障害された筋肉が痛みを伴ってつってしまう状態で、筋線維束性収縮は筋肉がピクピクと動いてしまう状態です。 上位運動ニューロンが障害されると、腱反射の亢進やバビンスキー反射が認められます。 初期症状は手に現れることが多いですが、患者さんによっては口や足に症状が現れることもあります。 進行すると徐々に自分の意思で身体を動かすことが難しくなり、歩行が困難になります。 口や喉が動かなくなると、話す、食べるといった行為が困難になり、誤嚥する可能性も高くなります。 さらに進行すると、自身で呼吸することができなくなり、人工呼吸器が必要な状態となります。 また、ALSでは運動ニューロンのみが障害されるため、意識ははっきりしており、精神的なはたらきはまったく障害されないことも大きな特徴です。 治療 ALSは原因が明らかになっていないために根治を目指すことが難しい病気です。 そのためALSの治療は進行を遅らせることを目的に行います。 進行を遅らせるために、神経細胞の変性に関係しているといわれる興奮性アミノ酸やフリーラジカルを抑えるような薬を使用します。 興奮性アミノ酸の毒性は神経細胞を死なせてしまい、フリーラジカルは過剰に発生すると神経細胞を障害してしまうと考えられています。 日本では、1999年からリルゾールという薬が用いられています。 この薬によって、2~3か月程度、進行を遅らせることができるといわれています。 また、フリーラジカルの働きを抑える薬として脳梗塞の薬として使用されていたエダラボンが2015年に認可されています。 また、薬物療法に加えて、機能維持を目的としたリハビリも行われます。 津久井教生さんは現在、歩行が難しい状態とのことですが、この説明をみる限り、症状が進行したことで考えられることは、 ALSとは…。 声が無事なのは、かなり大きいです。 あまり体に負担はかけて欲しくはないものの、 今のうちに、出来る限りの声を残していただきたい…。 親が多発性硬化症で、症状等を間近に見ているので、複雑な心境です。 少しでも、進行が遅れてくれることを祈ります。 頑張ってください、クーガーのアニキ。 かなり重い病気なのにそれでも前へ進もうとする辺り、クーガーの兄貴みたいだな。 身体を大事にして頑張って欲しい。 原因が不明な点や治療法がないので、とても怖い病気ですよね…。 ツイッターのコメントにあったクーガー兄貴とは、とはアニメ「スクライド」で津久井教生さんが担当し他キャラです。 その理由の1つが津久井教生さんの得意技でる早口言葉だったそうですよ。 スクライドが放送していた当時、リアルタイムで自身のホームページのアクセス数が激増するくらい人気だったそうです。 まとめ 難病を公表するのはとても勇気がいる行動だと思います。 しかし、津久井教生さんはそれでも公表し、前向きに治療に専念しています。 本人が一番辛いでしょうけど、なるべく進行を遅らせることで病気に負けないでほしいですね。

次の