アフリカ アルビノ。 アフリカでの黒人アルビノ狩りが怖い…日本人や有名モデル、動物は?

アフリカ人と黒魔術(呪術)②アルビノ狩り/日本の元号との関係

アフリカ アルビノ

画像:YOUTUBE アフリカのアルビノの画像です。 肌と頭髪に色素がないのが確認できます。 このアルビノで生まれてしまった人には残酷な運命が待っていました。 アフリカの一部では 「アルビノの肉には魔術的な力があり幸運をもたらす」という迷信が残っています。 この迷信がある地域ではアルビノの肉を薬草などに混ぜて呪術に使われているという。 白い人肉は治療に最適であるため、アルビノの肉や臓器は闇のマーケットで高値で売られています。 また、体の一部を持ち歩くと 富、幸運、愛がもたらされると信じられています。 この人肉を求めてアルビノが襲われ、体の一部を切断される 「アルビノ狩り」という残酷な事件が古くから多発しています。 アルビノの割合が世界一のタンザニアでは 殺人、強姦、人体切断、誘拐、が相次いで起きていて、これに限らず遺体が墓から掘り起こされることもあるといいます。 強姦事件が起きている理由は 「アルビノと性行為をすることによってエイズが治る」という迷信からです。 全身が残っている遺体は 7万5000ドル(日本円で約900万円)で買い取りされるほどアルビノの体は闇の集団の大きな収入源になっているという。 画像:YOUTUBE 被害に遭った女性の画像です。 両腕が切断されていて、なんとも痛々しいです。 アルビノ狩りに関する事件 アルビノ狩りに関する実際に起きた事件を紹介します。 2015年1月、アフリカ南東部のマラウィで11歳の少女が男3人に誘拐されたが、運よくこの少女は逃げることに成功。 犯人グループは体の一部と引き換えに6500ドルの報酬を受け取る予定だったという。 驚くことに犯人の1人は少女の叔父でした。 近親者による犯行だっということです。 2017年9月、アフリカ南東部モザンビークでアルビノの17歳の少年が殺害される事件が発生しました。 残酷なことに遺体の頭は割られていて中の脳がとられていたという。 さらに脚や腕の骨、毛髪がない状態でした。 このモザンビークでは2014年以降100件ほどのアルビノ狩りが発生しているとのこと。 2018年の5月に西アフリカのマリでアルビノの5歳の女児が頭部を切断された状態で見つかりました。 自宅の庭で寝ていたところ武装集団に襲われて誘拐されたとのこと。 呪術に使用するために頭部を狙ったと考えられます。 2019年4月、アフリカ東部タンザニアでアルビノの遺体が掘り起こされる事件が発生。 夜中に数人によって行われた犯行ですが犯人は捕まっていないとのこと。

次の

アフリカで売買されるアルビノの人肉【アルビノ狩り】

アフリカ アルビノ

アルビノの アルビノ(albino)は、においては、のに関わる情報の欠損によりにメラニンが欠乏するがあるである。 正確には、疾患それ自体はアルビニズム albinism という。 ヒトの個体のことも、からは「アルビノ」より「アルビニズムの人 people with albinism 」の方が好ましいという主張もある。 アルビニズムの対義語(メラニン沈着症)は () である。 この遺伝子疾患に起因する症状は 先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、 先天性色素欠乏症、 白子症などの呼称がある。 また、この症状を伴う個体のことを 白化個体、 白子(しらこ・しろこ) などとも呼ぶ。 さらに、アルビノの個体を生じることは 白化(はくか・はっか)、あるいは 白化現象という。 一方、では、色素を合成できない個体のことである。 このような個体は独立が営めないため、中の栄養を使い切ってしまった時点で枯死することになる。 本稿では、主として動物学用語としてのアルビノについて解説する。 概要 [ ] 先天的なメラニンの欠乏によりやは白く、は毛細血管の透過により赤色を呈する。 劣性やによってする。 広く動物全般に見られ、シロウサギやが有名である。 ほとんどの場合、視覚的な障害を伴い、日光(特に紫外線)による皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高い。 また外部から発見されやすく自然界での生存は極めてまれである。 そのため、しばしば神聖なものやあるいは逆に凶兆とされ、信仰の対象として畏れられる。 また、観賞用としても人気がある。 なおアルビノは、正常な遺伝情報により白化したとは異なる。 のアルビノは医学的に 先天性白皮症と呼ばれる。 CHS 、 HPS 、 GS の合併症として起こる色素欠乏を白皮症に含める場合もある。 南東部()では、「アルビノ」の体には特別な力が宿る、その肉を食べると特別な力を与えられるという迷信から、臓器や体の一部など売却や食用とする目的で、アルビノの人々をターゲットにした殺人や誘拐が後を絶たない。 先天性白皮症 [ ] 症状 [ ] 先天性白皮症は、のに支障をきたすであり、その結果、メラニン沈着組織の色素欠乏およびそれに付随する、下記のような症状をにきたす。 ただしこれらには大きな個人差がある。 本来メラニン色素を有するはずの(体毛・皮膚・虹彩・脈絡膜・網膜色素上皮)にメラニン色素欠乏をきたす。 はメラニンの量によりプラチナブロンド(白金)からブロンド(金髪)である。 メラニンがほとんどない場合、により黄変していることもある。 は乳白色である。 あるいは皮下のにより薄紅色を呈する。 はメラニンの量により無色・淡青色・淡褐色などである。 メラニンのない場合は無色半透明で、眼底の血液の色が透け、瞳孔とともに淡紅色となる。 のメラニン欠乏により、は眼底部のの色が透け、淡紅色となる。 脈絡膜に少量のメラニンを持つ場合はとなる。 脈絡膜およびにおける色素欠乏のため上でのの受容が不十分で、が弱い。 ・・・・を伴うこともある。 一般に、色素量の多い人ほど視覚症状は軽い。 虹彩に色素がない(少ない)ため遮光性が不十分で、光を非常に眩しく感じる(という)。 皮膚でを遮断できず、紫外線に対する耐性が極めて低い。 これらは全て先天的症状で、非進行性である。 これら以外の点は、アルビノでない人と同じである。 治療・対策 [ ] 先天性白皮症の治療法は現在のところ見つかっていないため、処置は以下のとなる。 メラニンが不足しているので紫外線防御が常に必要な場合が多い。 視力障害など、眼科でのコントロールが必要な場合がある。 紫外線 [ ] メラニンには、やの破壊などの紫外線の害から身体を守る働きがあるが、アルビノの人にはこのメラニンが極めて少なく、あるいは全く欠如しているため、日差しの強い日には短時間でもに当たっていると、皮膚が赤くなる日焼け(サンバーン)をしてしまう。 皮膚発病のリスクは、メラニン量の少ない北ヨーロッパ系よりも遥かに高い。 従って、アルビノの人の紫外線対策は非常に重要である。 紫外線の影響を避けるためには日光に当たらないことが望ましいが、日常生活では不可能である。 そこで、野外に出るときは直射日光をなるべく避け、値が高く、UV-A・UV-B双方をカットできる日焼け止めクリームを塗り、長袖を着るなどの対策が必要である。 また、目の組織も紫外線におかされやすいため、UV-Aカット機能のあるサングラスを着用するとよい (UV-Bは眼鏡のレンズ、UV-Cは大気によってカットされる)。 建物の窓ガラス等、外の光を建物の内部に入れるものには、UVカットフィルターを貼るなどすると、さらに安心である。 しかし、これらの対策を取っていても、完全に紫外線を取り除くことは不可能であることを留意しておく必要がある。 視覚 [ ] 弱視 アルビノの人はに様々な障害が現れる。 それらのうち光の異常(・・など)は、やの着用により矯正が可能である。 しかし、(暗幕の役割をする)の色素欠乏により眼球内で光が散乱し、でのの受容が不十分で、またそれにより、の発達に必要な適切な光刺激が得られず視細胞が未熟であるため、眼鏡やコンタクトレンズでのの矯正には限界がある。 そのため、遠くを見るときはオペラグラス、近くを見るときはルーペなども用いてを大きくすれば、ある程度は視覚を補完できる。 また、像の境界線が不明瞭なため、による境界線の区別が重要になる。 従ってなどの黄色いはとても有用である。 眼球振盪 多くの人は水平方向のを伴うため、視界が細かく左右に振れてさらに物が見づらくなる。 視界が左右に振れるため、垂直方向より水平方向の線のほうが見やすい。 例えば定規を縦に使うと目盛線が水平方向に向くため、読みやすい。 また、縦書きの文章は読んでいる行を見失ってしまうので、横書きのほうが読みやすい。 羞明 虹彩で眼球に入る光量の調節ができず、必要以上の光が眼球内に入るため、必然的に光を嫌い、暗い場所を好む傾向がある。 明るい場所に出ると非常に眩しく、あまりに光が強いと網膜を傷めてしまうこともある。 それを防止するためにはサングラスが有用である。 ただし、サングラスをかけることによって色のコントラストが下がり、前述の色覚による境界線の区別がつきにくくなる場合もある。 パソコンや携帯電話などの画面は、白黒反転にすると、とても見やすくなる。 アルビノの種類とメカニズム [ ] の生成には、というが深く関係している。 メラニンは、以下の手順で生成される。 (色素細胞)中で、がメラノソームタンパク質によってメラノソーム(メラニン小体)に取り込まれる。 チロシナーゼの作用により、チロシンが、、次いでへと変換される。 ドーパキノンが、チロシナーゼ関連タンパク質-1の作用により、メラニンに変換される。 このように、チロシナーゼはメラニンを合成してゆく過程で不可欠だが、アルビノは遺伝情報の欠損により、チロシナーゼを生成できないか、あるいはチロシナーゼが不活性のため、メラニンを生成できない。 上記の第1段階・第2段階・第3段階の異常により、それぞれ下記のOCA2, OCA1, OCA3の現象が起こる。 眼皮膚白皮症 [ ] 眼皮膚白皮症は、色素の欠乏が全身に起こり、外見上、目と全身の皮膚(体毛も含む)に色素の欠乏が認められることからこう呼ばれる。 眼皮膚白皮症は、以下のいくつかの型に分かれる。 眼皮膚白皮症I型 [ ] OCA1; Oculocutaneous Albinism Type 1 11番常染色体上のチロシナーゼ遺伝子 TYR; Tyrosinase gene の変異により起こる。 1989年にのチームによって、白皮症としては初めて責任遺伝子が解明された。 全身に色素欠乏が起き、乳白色の皮膚に、プラチナブロンド(あるいはブロンド)、虹彩は無色(あるいは青や紫)である。 OCA1はさらに OCA1A、 OCA1B、 OCA1-TSの3種類に分類される。 OCA1A チロシナーゼ陰性型 Tyrosinase Negative とも呼ばれ、チロシナーゼの活性が全くなく、メラニンを全く生成することができない。 毛髪は白金で、虹彩にも色素がなく、赤目である。 一般にアルビノと認知されている人の多くが、この型である。 OCA1B チロシナーゼの活性はわずかにあるが、それが極めて低く、充分な量のメラニンの生成はできない。 生まれた直後はメラニンを持たず、外見的にはOCA1Aと同じであるが、成長と共に少しずつメラニンが沈着してくる。 毛髪はブロンドで、目は淡青色の場合が多い。 メラニンを持つため、わずかに(サンタン)もすることができる。 つまり、温度の高い部分は白く、低い部分には色が付く。 ()の独特の模様が生じるのは、これと同じメカニズムである。 眼皮膚白皮症II型 [ ] OCA2; Oculocutaneous Albinism Type 2 第15常染色体上のP遺伝子 P gene の変異により起こる。 チロシナーゼの活性はあるが、メラノソーム膜タンパク質の異常により、チロシン(メラニンの原料)がメラノソーム内に取り込まれず、メラニンを生成できない。 白皮症ではこのタイプが最も多い。 OCA1と比べてメラニンが多く、毛髪はブロンドやブラウンなど、虹彩は淡青色や灰色などであるが、OCA1Bのように日焼けをすることはできない。 眼皮膚白皮症III型 [ ] OCA3; Oculocutaneous Albinism Type 3 第9常染色体上のチロシナーゼ関連タンパク質-1遺伝子 TRP-1; Tyrosinase Related Protein gene の変異により起こる。 チロシナーゼによって生成されたドーパキノンをメラニンに変換する、チロシナーゼ関連タンパク質-1の異常によるもの。 Rufous =Red Albinism とも呼ばれ、毛髪は赤毛で、赤みがかった皮膚をしており、虹彩は褐色である。 アフリカ南部やニューギニアで報告されており、白人やアジア系の人種からは今のところ見つかっていない。 眼皮膚白皮症IV型 [ ] OCA4; Oculocutaneous Albinism Type 4 第5常染色体上の膜関連輸送タンパク質遺伝子 MATP gene; Membrane-Associated Transporter Protein gene の変異により起こる。 少量のメラニンを持ち、人によって色素沈着の度合いは様々である。 ほとんどの人種では極めてまれであるが、日本人では白皮症の4人に1人がこの型であり、日本人に特徴的な型である。 眼白皮症 [ ] Ocular Albinism; OA X性染色体上の-143遺伝子 GPR143 gene; G-Protein coupled receptor 143 gene の変異により起こる。 性染色体上の遺伝子の関連症状であるため、により遺伝する。 眼球だけに現れる白皮症で、皮膚や毛髪の色素沈着はほぼ正常である。 目の色も人によって様々であるため、網膜検査で診断する。 アフリカにおけるアルビノへの迷信 [ ] 「」も参照 アフリカではアルビノへの偏見は命の危機レベルである。 アルビノの人々の身体が切断され、殺害される。 切り取られた身体は、闇マーケットにおいて高値で取引されるら。 アルビノの身体を呪術に用いることで、幸福をもたらすとの迷信が信じられているからだ。 サブサハラではアルビノの人体は的なの道具に使用される。 その用途は富や豊穣、選挙に勝つ事だったり、病気の治療だったりと多岐にわたる。 アルビノの女性とするとが治ると信じられている地域もあり、それによる被害も深刻である。 先述のサブサハラにおける呪術に使用されるために殺される他にも、その外見などからアルビノの人に対し様々な差別や迷信を持つ地域や人が多い。 2014年11月18日、はを「国際アルビニズム(白皮症)啓発デー」と定めた。 2018年11月9日には、で「」(主催)が開かれた。 国連によると、2018年時点の集計で過去10年間にアフリカ28カ国で約700件のアルビノへの襲撃があった。 日本で生まれたアルビノ女性は「アルビノを理由に命を狙われる危険性は、もちろんない。 マンガやアニメで、髪色が真っ白なキャラクターが不思議な力を持った人物として描かれるくらいで、アルビノへのおかしな迷信もない。 」と当初から思っていたものの、今まで日本で生まれてよかったねと言われることに多少の違和感を思っていたが、アフリカで常に一人ぼっちの幼少期を過ごして、2008年に両手を切断されて6ヶ月のお腹の子を流産した女性の話を聞いて、日本で産まれたことを感謝したことは否めないと述べている。 の呪術ではアルビノの人体の一部を煮出したものが使われることからアルビノへの暴行や殺害が多発し、その遺体が高額で取引されている。 選挙で勝利するためなど、政治家の関与も疑われている。 ヒト以外のアルビノ [ ] 特別な呼び名があるもの [ ]• シロウサギ - のアルビノ。 という品種として認定されている。 - のうち、実験用ラットやペットとして飼われているもの。 アルビノでないものも含まれる。 ウーパールーパー - の(アホロートル)のアルビノで、この名は商標名である。 アルビノのとの人為的な交配により作られた。 - のアルビノ。 金鱒 - アルビノのの中国名。 サケ科のアルビノは優性遺伝のため養殖は容易。 中国ではとても珍重され、祝いの料理に出される。 養殖に於いては、成長度合いを簡単に判断するための標識魚として利用される。 シロコリ - 属のアルビノの通称。 飼育状態では通常個体よりも丈夫。 コリドラス・アエネウスなどが有名。 民間信仰 [ ] 古くから白い動物は、その希少性や見た目の美しさから、神の使いやの前ぶれなどとして畏れられてきた。 アルビノも例外ではなく、古くから信仰の対象として地元の人たちに大切にされてきた例がある。 - のアルビノ。 山口県では比較的シロヘビが多く、この地域のものは国のに指定されている。 他にも奈良県のでも白蛇が信仰心されており蛇が現れる杉の木を「巳の神杉」と呼んでいる。 - 琵琶湖で見られる・のアルビノの通称。 地元の猟師たちの間ではの(日本三大弁才天)の使いとされる。 タイのやヒマラヤのはアルビノではない。 飼育・観賞用のアルビノ [ ] ・・などのアルビノは、希少性から高価で取引される種もある。 元号との関わり [ ] 『』2年()9月11日条に、7月11日に 赤い眼の白い亀を得た記述があり、次の元号である「」は白亀が多く献上されたことに由来する。 この他、「」も白亀が出現したことにより、改元した元号であり、古代では度々アルビノの亀が元号の由来となっている。 アルビノと白変種の違い [ ] 白変種 [ ] の白変種、ホワイトライオン は劣性遺伝で生じた白い個体であるが、 アルビノとは別の遺伝形質で、発生のメカニズムや関係する色素が異なる。 アルビノの著名人 [ ]• - に登場するノアに関して『エチオピア語』には、「彼の身体は雪のように白く、またばらの花のように赤く、頭髪、(ことに)頭のてっぺんの髪は羊毛のように白く、眼は美しく(エチオピア語106:2) 」との記述がある。 - の王。 アルビノだったとされる。 、 - 兄弟ともアルビノのブルース・ロックミュージシャン。 - アルビノのミュージシャン。 の王スンジャータ・ケイタの末裔。 - アルビノのレゲエミュージシャン。 アルビノであることが芸名の由来である。 () - 世界初のアルビノ男性モデルで、アフリカ系のアルビノ。 の楽曲『 ()』のPVにも出演している。 - アルビノの日本人タレント。 植物のアルビノ [ ] 植物のアルビノでは、光合成色素以外の色素の合成が可能な個体ではと同じ原理で、それらの色が呈される。 よく知られる事例では球状のアルビノ個体である緋牡丹がある。 緋牡丹も、単独では枯死に至るが、柱サボテン台などに接ぎ木することで、台の光合成産物を受け、枯死することなく成長する。 なお、光合成色素を部分的に合成できない場合はとよばれ、これは単独でも独立栄養で成長する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「白子」という表現には差別的な意味合いが含まれているという見方もあり、近年では使用が避けられる傾向にある。 出典 [ ]• 『』1984• たとえば Sakamoto Wataru 2003-02-01. 2012年5月24日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年6月13日閲覧。 日本語版 2015. AFP, 2017年9月17日• 2018年11月12日(Mon)• 日本語HP 2015年6月13日発表• 『朝日新聞』夕刊2018年11月5日(社会面)2018年11月13日閲覧。 TOCANA 2015. 日本聖書学研究所編 『聖書外典偽典』第4巻 旧約聖書偽典II 教文館、1975年、288頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - - - 主たる症状ではないものの、色素欠乏を呈する先天的疾患。 外部リンク [ ]• (英語).

次の

アルビノ狩りはアフリカでなぜ多発する?隠されたヤバイ実態と真実は?

アフリカ アルビノ

タンザニアでの体験を話す伊藤さん。 今は、JICA職員として、途上国支援のため働いています 新聞を読んで、衝撃 アフリカでは、呪術に使う目的で、肌や体毛が白いアルビノの人々を襲い、身体を切断するアルビノ狩りが起きています。 切り取られた身体は、闇マーケットで高い値段で売買されているといいます。 国連の独立専門家によると、過去10年間で、アフリカ28カ国で約700件の襲撃がありました。 伊藤さんは2012年に、アルビノ狩りを伝える新聞記事を読み、衝撃を受けたといいます。 「僕もアフリカで生まれていたら、殺されていたかもしれません。 アフリカや途上国支援に興味を持つきっかけとなりました」 「当時は、自分がアルビノであることを受け入れきれていない時でした。 一緒に記事を読んだ母親からは『日本に生まれてラッキーだったね』と言われましたが、私は『別にアルビノに生まれたこと自体はラッキーではないだろう』と腑(ふ)に落ちない気持ちになりました」 伊藤さんがアルビノ狩りに関心をもつきっかけとなった2012年12月18日の朝日新聞の記事 出典: 2012年12月18日、朝日新聞朝刊 アフリカのタンザニアへ 伊藤さんは大学院に在籍中、スウェーデンに留学。 記事を思い出し、アフリカのアルビノ支援に参加することを思い立ちます。 2015年12月から、1カ月間、アフリカ東部のタンザニアにあるNGOにインターンシップ。 アルビノの子ども約100人が通う公立の学校でボランティアをしました。 「家から通えない子たちは、学校に併設された寄宿舎で暮らしていました。 寄宿舎は、子どもたちを襲撃から守るためなのか、塀で囲われ、ガードマンがいました。 中には、3歳のころから親から引き離され、ずっと暮らしている子も。 保護施設としての性格もあったと思います」 この学校に通う子どもたちの悩みは、伊藤さんが子ども時代に感じていた日々の悩みと変わりませんでした。 「アルビノに伴う視覚障害で黒板が見えないとか、日焼けが心配とか。 どこに生まれても、アルビノの人は同じことに困っています。 ただ、日焼け止めが普及していない分、日本よりも深刻で、アルビノの皮膚がんが問題になっています」 タンザニアのアルビノの子ども(前列)。 紫外線に弱いため帽子をかぶっている=2015年、日本財団提供 村を追い出されたアルビノの赤ちゃん 学校の近所にある孤児院で、生後6カ月のアルビノの赤ちゃんと出合います。 母親は、15歳の少女でした。 「彼女のパートナーである18歳の少年は、『自分と髪の毛も肌の色も違うこんな子が、僕の子であるはずがない』と言い、彼女のもとを去っていきました。 そして、家族も『そんな子どもを家においておくと家族が襲われる』との理由で、彼女と赤ちゃんを村から追い出したそうです」 「タンザニアでは、アルビノに対して『悪魔』『呪い』というイメージが存在しています。 大きな原因は、アルビノを知らないことです。 もしアルビノについて、彼女のパートナー、医者、両親、そして他の多くの人々が知っていれば、彼女たちの状況は変わったのではないでしょうか。 知っているだけで、誰かを守ることができると思います」 伊藤さんがタンザニアで出合った当時15歳の女性とアルビノの赤ちゃん=伊藤さん提供 「襲われたのは僕だったかも」 インターンシップ中、タンザニアの都市部で、日中にアルビノの人が襲撃に遭う事件が発生します。 「ニュースを聞いて、都市で、しかも日中にかかわらず、こんなことが起こるのかと恐怖を覚えました。 もしも僕がそのとき、その街を歩いていたら、襲われたのは僕だったかもしれません。 アフリカのアルビノの人たちは、僕が日本では体験したことのない恐怖を抱え、それを乗り越えて暮らしているのだと、感じました」 今月開かれる国際会議「東京アルビニズム会議」で、伊藤さんは自らの生い立ちや、タンザニアでの体験を語ります。 会議では、アルビノ狩りで襲われ、両腕を失ったタンザニアの女性も経験を語ります。 「アルビノ狩りは当事者だけの問題ではなく、解決に向け世界が協力して取り組むべき問題です。 日本では認知度が低い問題ですが、見て見ぬふりはできません」 大学院を卒業し、今はJICAで働く伊藤さん。 学部生時代の就職活動では、大手の民間企業を受けた際、「接客の時、毎回、お客さんにアルビノであることを説明するんですか? 髪の毛を黒く染めたほうがいいのでは?」と面接官に言われました。 「弱視について聞かれるならまだしも、生まれつきの見た目が問題にされるのかと驚きました。 子どものとき、『外国人だ』『不良だ』って言われたり、チラチラ見られたりという経験はありましたが、まさか就職活動でハードルになるのかと。 同じ能力の人が2人いたら、僕は落とされるだろうなって感じました。 だから、ほかの人よりも勉強や経験が必要だと思い、大学院に進み、海外留学やアフリカでの活動にも挑みました」 伊藤さんの弟(24)も妹(18)もアルビノです。 妹が生まれた時、伊藤さんは母親に「妹もアルビノでよかったね」と言ったそうです。 「僕は覚えていないのですが、その言葉を聞いて、母親は安心できたと言います。 僕は弟や妹のためにも、何事にもチャレンジしようと思って生きてきました。 兄である僕が、アルビノであることに悩んだり、困ったりしていたら、弟も妹も不安になってしまうでしょうから」 伊藤さんは今、で、アルビノの当事者を支援しています。 「僕もアフリカや日本で年上のアルビノの人々と出会い、経験を聞くことで、安心できました。 次は僕が若いアルビノの子たちに、自らの体験を伝える番です。 午前9時~午後5時半、東京都港区の日本財団ビルで。 8日午後6時まで参加者を募っています。 応募はから。

次の