唐沢弁護士。 唐澤貴洋って弁護士は何故(悪い意味で)ネタにされているのでし...

唐澤 洋祐弁護士(唐澤洋祐法律事務所)

唐沢弁護士

常盤貴子 が 『 Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』 以来、 19年 ぶりの TBS 日曜劇場主演!! 夫がスキャンダルで逮捕 され、 16年ぶりに弁護士に復帰する妻 を演じる。 共演に 小泉孝太郎、 水原希子、 北村匠海、 賀来千香子、 滝藤賢一、 吉田鋼太郎 そして、新たに 唐沢寿明の出演が決定! 2019年の幕開けにふさわしい 豪華出演陣でお送りする 目が離せない痛快な リーガルヒューマン エンターテインメント が 日曜劇場に誕生!! TBS では2019年1月期の日曜劇場枠で 『 グッドワイフ』 日曜よる9時 を放送する。 主演は、 常盤貴子。 社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ 『 Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』 2000年 以来、19年ぶりの日曜劇場主演。 常盤が演じるのは、16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子 はすみきょうこ。 杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。 ところがある日、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。 夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。 そして司法修習生時代の同期・多田の助けで、多田が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。 しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。 苦しむ杏子に手を差し伸べる、同期の弁護士・多田征大 ただまさひろ を演じるのは 小泉孝太郎。 多田は司法修習生時代に、密かに杏子に想いを寄せていた。 今回、夫に裏切られた杏子の姿を目の当たりにし、再び杏子への想いに火がつく。 また、杏子の夫に立ちはだかる最大の敵で、夫に代わり、東京地検特捜部長の席に座る脇坂博道 わきさかひろみち 役に 吉田鋼太郎が決定。 杏子の夫のライバルとして、また検察内部での出世のために夫を尋問して汚職事件を暴く。 そして杏子の夫の部下だった特捜部員・佐々木達也 ささきたつや 役を 滝藤賢一が演じる。 果たして、汚職事件の真相はどこにあるのか?事件を巡る攻防も大きな見どころとなる。 毎回、神山多田法律事務所に持ち込まれるやっかいな案件をチームで追い、真相に迫っていく様子もみどころの一つ。 そんな事務所のパラリーガル・円香みちる まどかみちる 役には 水原希子。 優秀なパラリーガルで、豊富な交友関係を駆使して重要な情報や証言を手に入れる、弁護士たちの右腕となっているミステリアスな女性。 杏子に対して決して好意的ではなさそうで …。 また、新人弁護士・朝飛光太郎 あさひこうたろう 役には 北村匠海が決定。 上司にズバズバ意見するが、抑えるべきところは抑える愛されキャラ。 杏子と同じく仮採用だが、実は事務所の雇用枠はひとつ。 その席を巡って杏子と競争することになる。 さらに神山多田法律事務所で多田と共同代表を務める神山佳恵 かみやまよしえ 役に 賀来千香子。 やり手の弁護士で、仕事に全てを捧げてきたため、16年ぶりに弁護士に復帰した杏子には厳しい態度を見せる。 表現の自由、過重労働、集団訴訟など、彼らが扱うのは 「いつ、誰が巻き込まれてもおかしくない」 事件。 どんな糸口を見つけて解決していくのか? また今回、杏子の夫であり、次期検事総長としても期待されていた、元東京地検特捜部長・蓮見壮一郎 はすみそういちろう 役に 唐沢寿明の出演が新たに決定した。 杏子の人生の歯車を大きく狂わせ、その後も杏子を翻弄していく。 ストーリーが進むにつれて、壮一郎はクロなのか、シロなのか … 疑惑は深まっていく、その予測のつかないスリリングなストーリー展開もお楽しみください。 このドラマの原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された 「 The Good Wife」。 テレビ版のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞。 法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を鋭く描き、そのリアリティーと劇的な展開から全米で大人気を博した。 また、韓国でもリメイクされ、ロシアでも2019年のリメイクが決定している。 まさに全世界で注目を集めている作品だ。 プロデュースは、『99. 9-刑事専門弁護士-』 でリーガルドラマを大ヒットさせた 瀬戸口克陽と 東仲恵吾。 脚本を担当するのは、社会派をテーマにした作品に定評がある 篠﨑絵里子。 演出は 『アンナチュラル』『リバース』 などを手がけ、今大注目の 塚原あゆ子が担当する。 夫の裏切りと逮捕という最悪な出来事で人生が一変してしまった杏子が、弁護士という仕事を通して自らの困難に果敢に立ち向かっていく姿を、時に鋭く、時にユーモラスに描いていくリーガルヒューマンエンターテインメント。 人生の岐路に立たされた登場人物たちが信念やプライドを武器に 運命を切り拓いていく、 2019年最初の日曜劇場をお楽しみに。 撮影前コメント 主演・常盤貴子さん 19年ぶりに日曜劇場に主演として戻って来られた意気込みをお願いします 自分では19年も経った気がしないのですが、元々私は TBS に育てていただいたようなものなので、「ただいま」 と帰ってきた感じがあります。 でも久しぶりだからこそ変わったと感じる部分も沢山あると思うので、これからが楽しみでもあり、また新人女優として頑張ります!という清々しい気持ちでもあります。 今回のドラマ『グッドワイフ』の見どころは? 普通に子どもを育て、夫を支えてきた主婦が、夫のスキャンダルによって、16年ぶりに弁護士に復帰する事になります。 彼女の立ち向かっていく姿が爽快なドラマです。 今回演じる杏子の役柄について 普通の主婦だった女性が弁護士に復帰する事になるのですが、 私が演じる杏子は 本当に普通の主婦だと思うんです。 でもだからこそ、子どもたちを守るという母親としての想いや、夫を支えるという想い、そういうものも普通に兼ね備えているし、特別変わった事をするような弁護士ではないと思っています。 視聴者へメッセージをお願いします 杏子同様、私も久しぶりにこの日曜劇場に主演で帰って来て、やる気に燃えています。 しかも個性豊かな素敵な俳優さんたちとの共演は、楽しみで仕方ありません。 全ての出演者が主役のようなドラマで、色んなストーリーに溢れています。 その中にはきっと見ている方々の生活に関係してくるような裁判やストーリーが出てくるので、「これは使える!」 とか、「まさに今自分に起こった状況だ!」 と思えることもあると思います 安心してください。 解決していきます!。 このドラマを見て、前向きな気持ちになっていただけたらと思います。 時には自分の弱みも逆手にとって、がむしゃらに立ち向かう主人公の姿は清々しさを感じます。 その主人公を演じるのは、芯の強さとたおやかさを兼ね備えた常盤貴子さんしかいないと感じて、今回お願いしました。 主人公を通して 「どんな試練でも、諦めないで、まずは挑んでみよう」 という、前向きな気持ちを持っていただけたらと思っています。 扱う案件は、どこで起こってもおかしくないようなリアルな題材であり、主人公たちに立ちはだかる相手も曲者ばかりです。 そんな曲者たちとの痛快な芝居合戦も見どころです。 原作は、ハリウッドの巨匠、リドリー・スコットが総製作を務めたリーガルヒューマンエンターテインメント。 世界中で愛されている作品ですが、今回日本版として、夫の事件に隠された真相を、原作とは違うオリジナルの展開や結末としてお届けします。 ぜひ、楽しみにしていてください。

次の

【悲報】唐沢貴洋弁護士「自死寸前だった。酒も手放せない」木村花さんの一件で語る

唐沢弁護士

ネット掲示板・2ちゃんねるの「なんでも実況J板」に、「八神太一」と名乗るユーザーがいました。 「八神太一」は、出身地や学歴で人を激しく差別する投稿や、執拗な自分語りでとても迷惑がられていました。 くわえて、東日本大震災の被災者を嘲笑し侮辱する発言や、児童ポルノの「オススメ作品」を挙げるなど、誹謗中傷や犯罪自慢の悪質な書き込みでも知られていました。 そのうえ「自分を特定して追い込んでみろ。 それが出来ないお前らは怖くもなんともない」「俺は嫌な思いしてないからお前らが嫌な思いをしようと関係ない」などと、他のユーザーを挑発する発言を繰り返していました。 そんなある日、掲示板上の言い合いにカッとなった「八神太一」は、自分の合格した大学の合格証を自らネット上に公開してしまいます。 これをきっかけに、日頃から彼の書き込みを不愉快に思っていたユーザー達により、彼の本名や住所などの個人情報が次々に特定されてしまいました。 以下、この高校生を H君と呼びます。 (別名 チンフェ。 本名は有名ですがこのサイトには掲載しません) H君は特定された直後も、その状況を楽しんでいるかのような余裕の発言を繰り返し、「有名人になった」などとはしゃいでいました。 しかし、過去の悪質な書き込みと自分の個人情報が紐づけられることの重大さに気づくと、一転して自分の個人情報などを書かないように要請しはじめます。 とはいえ、H君自身過去に炎上したユーザーの個人情報をばらまいていたこともあり、掲示板ユーザーはまったく聞く耳を持ちません。 追い詰められ八方塞がりになったH君は、ここで最終手段に出ます。 「ネットの誹謗中傷対策に詳しい」と称する弁護士 唐澤貴洋に依頼し、法的措置をちらつかせて鎮火を試みたのです。 まさかの弁護士の登場に、H君の本名などを書き込んでいた多くの掲示板ユーザーは驚き、震え上がりました。 このとき、H君に対する反感はさらに高まりましたが、唐澤貴洋弁護士を逆恨みして攻撃する者はほとんどいませんでした。 むしろ、自業自得で炎上したクソガキの弁護をしなければならない唐澤先生が可哀想だとか、こんなくだらない案件でも業務の一環として真摯に対応する唐澤さんは立派だ、という意見さえみられました。 しかし、唐澤弁護士の過去の職務上の不手際や、非常識な言動が次々に発見されてしまい、次第に彼の弁護士としての能力や人間性に疑問符がつくようになります。 そのうえ、唐澤弁護士のとった法的措置(IP開示請求)には実際にはほとんど意味がなく、こけおどしにすぎない、という見解がユーザー間で多数を占めるようになります。 こうして、掲示板上には唐澤弁護士を小馬鹿にする書き込みや「無能弁護士」などと評価する書き込みが次第に目立つようになっていきました。 この時点で唐澤弁護士の受けた被害といえば、「ひょんなことから掲示板ユーザーに注目され、茶化されたり馬鹿にされたりした」だけでした。 このような炎上騒ぎはネット上ではままあることですが、たいていは黙っていれば自然に鎮火し、忘れ去られていくものです。 しかし、プライドを大いに傷つけられた唐澤貴洋弁護士は、掲示板ユーザーからの悪口や茶化し、さらには純粋な批判にさえ、いちいち過剰反応してしまいました。 特に、自らを話題にした書き込み239件に片っ端から法的措置(IP開示請求)をとったことは有名です。 このとき法的措置をとられた書き込みの中には、「うんこたれ弁護士」などの小学生レベルの悪口や、「唐澤貴洋さんを犯罪者呼ばわりするのはやめようよ」などの擁護意見すら含まれていました。 この「無差別開示」は、唐澤弁護士に対する掲示板ユーザーの心証を決定的に悪化させてしまいました。 その後も、唐澤弁護士は突如Twitterでポエムを披露したり、Facebookで演説を始めたりします。 これらの発言は、掲示板ユーザーの目には「奇行」と映り、面白がられたり、ふざけて真似されたりしました。 こうして、唐澤弁護士を茶化せば茶化すほど、普通なら見られないような反応が返ってきたことから、「唐澤貴洋弁護士をもっと馬鹿にして、もっと面白い反応を見たい」という機運が高まってしまいました。 唐澤弁護士の反応を引き出すために、嫌がらせやおちょくりはエスカレートし続け、唐澤貴洋弁護士は「ネット上の玩具」のような扱いになってしまいます。 ついには、ネット上の空気に乗せられて、半ば冗談のつもりで唐澤弁護士への殺害予告をする者まで現れてしまいます。 こうした流れの一方で、掲示板ユーザーたちは唐澤弁護士のルーツや弁護士としての活動実績について着々と検証・考察を進めてゆきました。 その結果、唐澤弁護士は勝ち目のない裁判を受任したり依頼を放置したりする悪徳弁護士であるとか、上流階級の世間知らずなお坊ちゃまであると結論づける者も現れました。 (もご覧ください。 ) もともと、唐澤弁護士はH君の炎上騒動を解決するために登場した人物でした。 しかし、自己顕示欲のきわめて強いH君がネット上で活動をやめた後も、唐澤弁護士は「面白い反応」を続け、ネットユーザーとバトルを繰り広げてしまいました。 そのため「ハセカラ騒動」はまったく鎮火することなく、H君への攻撃も止むことなく延々と続いてしまいました。 このことから、唐澤弁護士はインターネット上の誹謗中傷を解決するどころか、唐澤弁護士のせいで炎上規模が拡大し、騒動が長期化してしまった、との見方さえあります。 事実、同時期に炎上していたユーザーは弁護士など雇わなかったため、今ではすっかり忘れ去られています。 こうして騒動が長期化した結果、唐澤貴洋弁護士とH君は、発端の「2ちゃんねる・なんでも実況J板」だけでなく「Twitter」や「ニコニコ動画」など、ネット上の他のコミュニティでも次第に知名度を上げていきます。 その結果、普段は他のコミュニティに所属する多くのネットユーザーが、騒動に興味をもち集まってきてしまいました。 良くも悪くも多様なユーザーが集結してしまったことにより、次々に新しい茶化し方・嫌がらせが考案され、実行に移されていきます。 訴求力のあるコンテンツは騒動をさらに広め、ネットユーザーをさらに呼び寄せます。 こうして騒動はひとり歩きし、「自給自足」の時代に突入します。 ここまで膨れ上がると、もはや誰にも鎮火できません。 H君と唐澤弁護士への茶化し・いじり・嫌がらせは「不謹慎で面白いネットコンテンツ」の一種と化してしまったのです。 例えば、 唐澤貴洋弁護士を「尊師」と呼んで崇拝する新興宗教( 恒心教)が成立したり、 唐澤貴洋やH君を茶化す歌が多数作曲されたり、 唐澤貴洋やH君のCGアニメーションが作られたり、 唐澤貴洋をモチーフにしたシールが街中いたるところに貼り付けられたり、 唐澤貴洋の法律事務所を勝手に宣伝する10円硬貨が流通したり、 唐澤貴洋と同僚や父親との倒錯的な官能小説が多数投稿されたり、 唐澤貴洋を名乗って多数のウェブサイトがハッキングされたり、 H君の実家の玄関マットや傘立てや置物が盗難されたり、 H君や唐澤貴洋が凶悪事件の犯人であるというデマが拡散されたり、 H君や唐澤貴洋の誕生日を記念する競馬の協賛レースが行われたり、 H君の父親の自動車が汚損されてGPSを取り付けられたり、 H君や唐澤貴洋になりすまして近所に年賀状が送られ、電子書籍が勝手に出版され、 爆破予告のメールが公的機関に送りつけられたりしました。 こうして「インターネットに強い弁護士」唐澤貴洋弁護士は、日本のインターネット史上類を見ない規模の炎上の爆心地になってしまいました。 ネットユーザーのおふざけ・嫌がらせと、それに対する唐澤貴洋弁護士の反応によって長年続いてきた「ハセカラ騒動」ですが、2017年頃から事態は大きく動き始めます。 唐澤貴洋弁護士が、一連の騒動を自身の営業に利用し始めたのです。 唐澤弁護士は「インターネットの炎上事件に詳しい弁護士」兼「国内最大のインターネット炎上被害者」として、数々のメディアに精力的に出演。 「ネット炎上の被害者である高校生の依頼を受けた瞬間から誹謗中傷の被害を受けるようになった」 「弁護士として活動しただけなのに100万回殺害予告を受けた」などと騒動の原因を分析したうえ、 「私のような炎上被害者に対する法整備は不十分だ、発信者をもっと容易に特定できるような法改正が必要だ」と主張しはじめます。 特にNHKでは1時間近いドキュメンタリー番組が制作され、一連の騒動についての詳しい紹介が唐澤弁護士に寄り添った視点でなされました。 さらに唐澤弁護士は、「炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか」 「そのツイート炎上します! 100万回の殺害予告を受けた弁護士が教える危機管理」と題する書籍を上梓。 バラエティ番組に出演した際は、サイン本のプレゼント企画まで行っています。 「炎上弁護士」というアンデンティティを得た唐澤貴洋は、ついにはYouTubeチャンネル『弁護士唐澤貴洋のCALL IN SHOW』を開設し、YouTuberデビュー。 こうした動きに対してネットユーザーの間では「100万回空き巣に入られた人の防犯術を誰が欲しがるのか」と呆れる声や、「H君の炎上を解決できなかったことに何の罪悪感もないのか」と批判する声もみられました。 その一方で、唐澤貴洋は政治活動団体「しばき隊」や「NHKから国民を守る党」などと親交を深め、政治的発言を繰り返すようになります。 さらに、AV監督とコラボした「おっさんずラボ。 」なる企画や「唐澤貴洋のゲーム実況」など、面白コンテンツとして自らを売り出し始めます。 こうして「ハセカラ騒動」は、今日では唐澤貴洋弁護士を中心とした炎上事件として知られるようになりました。

次の

人気配信者・ゆゆうた、唐澤弁護士ネタに「再生数や知名度を稼いでいた」と反省 関連曲は「今後一切歌わない」: J

唐沢弁護士

目の前のお客様のために。 自分自身を見つめ、高い志を持ち続ける弁護士でありたい 生まれ育った土地で独立開業 長野県上伊那郡辰野町で生まれました。 高校は伊那北高校出身です。 大学は東京に行きましたが、弁護士になってすぐに長野に戻りました。 長野市の事務所で3年間経験を積み、その後、生まれ育ったここ伊那市で独立開業して今に至ります。 社会は法律でできている。 その面白味に気づいて弁護士を目指した 弁護士を目指したきっかけは、大学受験に一度失敗し、理系から文系に進路変更したことでした。 ちょうどその頃ロースクール制度ができたことを知り、弁護士という道もありかなと、ぼんやりとしたイメージで法学部に進学しました。 もっとも、大学で法律討論サークルに入ったことで、思いがけず法律の勉強がとても面白いことに気づきました。 社会のすべてが法律に基づいてできている、社会の仕組みが言葉でできているということが分かり、俄然興味が湧いたのです。 これは自分のやりたい分野だと思いました。 サークル活動も熱心に取り組みましたよ。 朝から晩まで部員同士で議論をしていましたね。 その甲斐あってか、大学対抗の大会で関東1位になったこともあります。 法律を知らないことで理不尽な目に遭って欲しくない。 地域の人たちをサポートするする弁護士として 生まれ育った伊那市で独立開業して、地元の方々から多くの相談をいただいています。 もともと、司法修習生の頃から、地域に密着して個人や中小企業をサポートする弁護士になりたいと思っていましたが、今それができつつあります。 大企業なら顧問弁護士もいるでしょうが、中小企業や個人商店、一般個人の人たちはそうではありません。 法律を知らないが故にトラブルに巻き込まれたり、泣き寝入りしているケースもあるでしょう。 そういった方々のお力になれればと思っています。 最近は、高齢者の方が、詐欺などの被害に遭っているケースも少なくありません。 騙されて必要のない墓石を買わされてしまったケースや、所有していた土地建物について、知らない間に売買契約が結ばれていたケースなど、私もご依頼を受けて解決した経験があります。 私は、地域の人たちが、法律を知らないことで理不尽な目に逢わないよう、あるいは理不尽な目に遭った時に、その権利を回復するために尽力する弁護士でありたいと思っています。 登山の魅力は、日常にない不便さを味わうこと 休みの日には、よく登山に行きます。 登山の面白さは、日常を離れて、まったく違う世界に行けること、普段見られない景色が見られることでしょうか。 とても不便ではあるのです。 重い荷物を背負って行かないといけませんし、テントで眠るのも決して快適ではありません。 しかし、大自然の中という、普段の生活とは異なる状況に敢えて身を置くと、「自分で何とかしないといけない」という積極的な気持ちが自然と湧いてきます。 快適な生活が当たり前になっていて、忘れがちになっている人間の本能みたいなものが思い出されるようです。 普段できない体験をして、日常にない不便さを味わうことが、登山の魅力ですね。 人に喜んでもらいたい。 ダイエット経験も笑いにしていた学生時代 子供の時から明るい性格だったと思います。 ずっと肥満体型だったのですが、太っていることをネタにして、クラスで笑いをとるような子供でした。 しかし、大学生の時に111キロにもなっていて、一念発起してダイエットする決意をしました。 これまで自分は何かを成し遂げたこともないし、ダイエットぐらいやってみるかと。 また、最も太っている時の自分の写真と洋服を残しておいて、ダイエットが成功したあかつきには、そのギャップでみんなを笑わせてやろうと、そんな密かな計画もありました。 あるダイエット本の通りに、毎日自炊しました。 おかげで、約2年で70キロにまで体重を落とすことに成功しました。 やればできるんですね。 人生一番の成功体験です(笑)。 もちろん、友人たちには、太っていた頃の自分の写真と、痩せた自分を比べてもらって笑ってもらいましたよ。 痩せたおかげで、スノーボードも始めることができました。 仕事でも目の前のお客様に喜んでいただくこと、それがやりがい 人に喜んでもらいたいというのは、仕事の上でも同じです。 弁護士の仕事をしていて、やりがいを感じるのは、お客様が抱える問題を解決するために、自分が直接お手伝いできること、そしてお客様から直接ありがとうと言っていただける、喜んでいただけるということに尽きます。 同じ弁護士でも、たくさんお金を稼ぎたい人、ある分野で突出した実績を残したい人、自分なりの研究をして後世に残る理論を打ち立てたいという人、色々なタイプがいると思います。 ですが、私自身は、とにかく目の前のお客様と関わりながら、その方に喜んでもらいたい、それがいつも一番にあります。 開眼立志(かいげんりっし)。 目を見開いて物事を判断し、自分を見つめ、高い志を忘れない弁護士でありたい 出身校である伊那北高校に、卒業生が残したという伝説の言葉があります。 造語だと思いますが、「開眼立志(かいげんりっし)」というもので、この言葉を、いま弁護士をする上でもとても大切にしています。 弁護士は士業であり、個人の裁量に任された責任の大きな仕事です。 どこまで仕事をするか、どのような仕事をするか、誰も見てくれているわけではありません。 ですから、自分自身が、きちんと目を見開いて物事を観察し、また自分自身を見つめることを忘れず、単に儲けだけではなく、弁護士として良い仕事をする志を常に持たなくてはいけないと思っています。 「開眼立志」は私にとってこういった意味があるのです。 目の前のお客様に喜んでいただける仕事ができるように、高い志を忘れない弁護士でありたいと思っています。 【このようなご相談は弁護士にお任せください】 ・保険会社からの提示額が適正なのか知りたい。 ・交通事故の加害者になってしまったが、これからどうなるのか知りたい。 ・後遺障害が認められなかったが結果に納得がいかないなど、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。 その他 実費として、郵便切手代、収入印紙代、調査費用等をいただく場合があります。 備考 ご加入の保険に「弁護士費用特約」がついている場合には、上記費用を保険で賄うことができます。 相談前にお手持ちの保険証券等でご確認ください。 【このようなご相談は弁護士にお任せください】 ・離婚したが子供の親権だけはとりたい。 ・相手が不貞をしたので、相手と不貞相手に慰謝料を請求したい。 ・夫からDV受けているので、離婚したい。 ・熟年離婚したいなど、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。 ご心情に配慮して、急かさずに答えを見つけていけるように努めます。 ・相続人間で争いの起きないような内容の遺言を書きたい。 ・遺言書のせいで、法定相続人なのに自分の取り分がないなど、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。 その他 実費として、郵便切手代、収入印紙代、調査費用等がかかる場合があります。

次の