保険外交員 持続化給付金。 持続化給付金に関するよくあるお問合せ (METI/経済産業省)

持続化給付金とは?最新情報と申請書類 中小企業と個人事業主が対象

保険外交員 持続化給付金

よくよく見ると変な書類ですね。 本当に政府省庁が作ったものなんだろうか? 官僚(課長クラス)はチェックしていないんじゃないかと思います。 政務官が作ったのかな? それでもお粗末過ぎて外国の方を混乱させるレベルですね。 多分、連休明けには修正されていることでしょう。 ・まず、「外国人登録証明書」は全て有効期限切れですし、これを持っているとしたら在留カードに切り替えていない人(違反者)です。 ・「特別永住権証明書」という証明書はないです。 「特別永住者証明書」ならありますけど。 日本で事業を営む方は、必ずしも特別永住者とは限りません。 日本人の配偶者等、永住者、特別永住者、定住者、定住者の配偶者等は身分系の在留資格であり就労に制限はないので、これらの方が事業を営んでいることは別段珍しいものではありません。 「経営・管理」などは経営者そのものです。 あえて、事業を営むことに合致しない在留資格を挙げれば、以下のものです。 この辺は質問の趣旨から大きく外れますので、これ以上詳しくは書きません。

次の

持続化給付金は、外国籍で年単位の更新で在留カードをもっていますが、

保険外交員 持続化給付金

91 ID:zrOXWmBg9 2020年05月27日22時06分(不思議なことに3日前なんでスレたたない?) 日本郵政傘下の日本郵便とかんぽ生命保険の社員が新型コロナウイルスの影響を装い、収入が減った個人事業主らを救済する「持続化給付金」を悪用した疑いが浮上し、日本郵政は27日、社内調査を始めたと明らかにした。 販売不正を受け営業自粛中のかんぽ生命保険契約で得られたはずの収入減を給付金で補うのは制度の趣旨に反する。 日本郵政は不正を確認次第、申請を取り下げさせるか、受給した場合は返還させる。 日本郵政、前副社長側に「違法性なし」 総務次官の漏えい問題 調査はインターネットへの書き込みなどが端緒。 持続化給付金は、個人事業主の場合、確定申告する「事業所得」が1カ月でも前年の半分以下に減ると、減少分を上限に最大100万円の受給申請が可能。 かんぽ生命と、郵便局で保険を取り扱う日本郵便の営業担当社員は、自社の給与所得以外に、保険契約に伴う営業手当を事業所得として受け取り確定申告している。 「趣旨に多少ずれてる人に支給されるのも仕方ない、それよりもスピードだ」ってのがこの制度。 違法性がないなら貰ってもなんら問題ない。 だって申請基準がガバガバなんだから。 56 ID:hXAUlZoi0 郵便もかんぽも高卒現業職種だしな。 程度が低いのは致し方ない。 www. post. japanpost. 73 ID:J8E9GG5kO 税金泥棒の郵便局員がここでグチャグチャ言ってるのを見ると、本当に郵政民営化は正しかったんだなあ、と確信する。 03 ID:HinYbzZb0 うちに来る白色申告の保険外交員にあんたら持続化給付金受けれるんじゃない? って聞いたら、4月5月休んだ分は会社から休業補償が出てるから申請できない んだって言ってた。 外資系の保険会社だけど。 73 ID:c0qDJvBz0 腐っとる。 お母さんが泣いてるぞ。 )があること。 20 ID:ygEu7qBl0 無配に転落しそうだから、社長は株主に刺されるぞ.

次の

【Excel雛形あり】持続化給付金の申請に必要な売上台帳を解説!

保険外交員 持続化給付金

保険営業の持続化給付金請求の実態に迫る。 保険営業は保険外交員とも呼ばれています。 本サイトではもっぱら保険営業という言い方を主に使用しています。 多くの保険会社所属の保険営業の方は給与所得と事業所得という二重構造になっています。 サラリーマンの給与体系とは違って保険会社から固定給プラス成果給が支払われ、自分が使った経費を差し引き確定申告するという半事業主、半社員という中途半端な位置づけなのです。 そうすると果たして持続化給付金の請求はできるのでしょうか。 かんぽ生命の営業職員が持続化給付金請求を行い問題になりましたが、世間の多くの保険営業は持続化給付金の請求をしているのでしょうか。 保険の営業を生業とする方には2種類あります。 大きくは保険会社所属の営業職員と保険代理店の営業に分かれますが、それぞれ給与体系とコミッション(成果給)の割合が異なります。 保険会社所属の営業職員は食えない程度の基本給に成果給が上乗せされます。 保険代理店は多くの場合フルコミッションであり基本給があるわけではありません。 (すべてがフルコミッションではありませんが、一時的なコミッションの割合が高くなっています。 ) 一部銀行系の保険代理店は固定給を採用しているケースがありますが、ほとんどのケースではコミッション制が採用され事業所得として経費を差し引き確定申告されています。 ということは、持続化給付金の支給対象として、事業所得の要件を部分的に満たしていることになります。 緊急事態宣言は4月7日に発令されましたが、実際の保険営業の現場の情報では、それ以前の3月から新規営業活動や訪問は停止、契約者からの依頼がある保全活動のみとなっていたそうです。 営業部や支部では職員は午前と午後に分けて出勤し、朝礼などは10分程度に短縮され営業所長のデスクには刑務所の面会室のようなアクリル板が設置されるほどの厳戒態勢がとられているそうです。 万が一営業職員から感染者が出ようものならイメージダウンは計り知れないでしょうから緊張感があったと思います。 得意の決起集会などもすべて取りやめで、その営業所長は3月から今日まで外では一滴のアルコールも飲んでいないそうです。 持続化給付金を請求できるかどうか以前の問題として、保険会社が営業活動の自粛を指示した以上、その間の休業補償と資格維持は保障されるべきものです。 しかし保険会社が雇用継続給付金を申請したという話は聞きません。 保険会社は社会的な立場上、やはり慎重にならざるを得ないところだと思います。 生命保険ばかりは会わないとどうしようもないという特性があります。 それゆえ保険営業にとれば完全に開店休業です。 お客様に電話でアプローチしたところで保険が売れるわけではありませんから、なすすべはありません。 保険会社がどこまで営業職員を救済するかはわかりませんが、せめて持続化給付金を申請しなくても食いつなげる給与は保証すべきでしょう。 この状態が長引くと息が継げない保険営業が出てきます。 保険代理店は昨年と比べれば落ち込みは極端でしょうから持続化給付金は堂々と請求しています。 実際は営業自粛の影響かそれともバレンタインショックの後遺症かはわかりませんが、請求すべき条件はそろっているはずです。 いくつかの保険会社の営業に確認してみましたが、持続化給付金の請求を自粛するような指示は出ていないそうです。 営業活動ができない分、いくばくかの給与補填がありノルマ偏重主義は一切なしになっているそうです。 昨年のバレンタインショックの駆け込み契約がある保険営業の方は、営業活動を自粛しなくても昨年実績の半分以下は間違いないでしょうから持続化給付金請求の条件はそろっていることになります。 かんぽ生命の様に不適切販売で営業自粛した結果、成績が半分以下になったからと言って持続化給付金請求はさすがにないと思いますが、それ以外の保険営業の方が持続化給付金を請求する権利はあるのではないかと思います。 あくまでもhokenfpの私見ではありますが・・.

次の