雑記ブログ タイトル。 ブログ名が思いつかないセンスなしの私でもできる!雑記ブログ名5つの決め方│アナザードア

悪いブログタイトルの特徴。記事が読まれないたった2つの理由

雑記ブログ タイトル

1.「雑誌ブログ」とは? 雑誌ブログでは、 テーマを3~5個くらいにしぼってブログを運営していきます。 雑記ブログほどなんでも書けるわけではありません。 かといって、特化ブログのようにテーマを1つにしぼらなくてもいいのです。 これにより、 「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。 例えば、ある主婦向け雑誌の鉄板ネタは 「節約」「料理」「片づけ」の3テーマです。 この3つのテーマが繰り返し、手を替え品を替え登場します。 これをブログに応用するのです。 「節約」だけにしぼれば特化ブログですが、雑誌ブログではそこまで縛 しば りません。 テーマに「料理」や「片づけ」も含めると、楽にブログ運営をすることができます。 ただし、やるべきことはたくさんあります。 カテゴリーを整理する• メニューや関連記事表示を最適化する など、ごちゃごちゃしないようにしたり、過去の記事にも簡単にたどり着けるようにしたりする工夫は必要です。 例えるなら、• 雑記ブログ:「新聞」みたいなもの• 雑誌ブログ:「雑誌」みたいなもの• 特化ブログ:「書籍」みたいなもの といった感じです。 結論はここまでですが、もう少し詳しい説明を読みたい方は、続けてお読みください。 そうでない方は、下記の関連記事をお読みください。 雑記ブログのメリット 雑記ブログとは、テーマが定まっていない「なんでもあり」のブログです。 メリットは 自分の好きなことが自由に書ける点です。 縛 しば りがないのでどんなことでも書けるんですね。 今日の晩ごはん• ネコの話• 好きなゲームの紹介• たまにブログ論 などなど、なんでもOKです。 ブログ初心者でも簡単に運営できます。 2-2. 雑記ブログのデメリット 一方で、この自由さが雑記ブログのデメリットにもなります。 好きなように書いているので、1つ1つの記事が バラバラに存在し、ごちゃごちゃするんですね。 その結果、読者にとっては興味がある記事もあれば、そうでない記事も出てくるでしょう。 読者の属性がどうしても あいまいになりがちです。 アフィリエイトで稼ぐときにもターゲットがあいまいになるため、難易度が高くなります。 特化ブログのメリット 特化ブログとは、「ある1つのテーマ」だけを徹底的に書いているブログです。 メリットは、テーマがしぼられているので 読者が明確な点です。 例えば、ヨーロッパ旅行だけにテーマをしぼったブログを書くとします。 どんな人が訪れるでしょうか? そう、 ヨーロッパ旅行に興味がある人ですね。 余計な記事がないため、必要としている記事にすぐたどり着けるという読者側のメリットもあります。 アフィリエイトサイトはほとんどが何かに「特化」した形をとっています。 「紹介する商品ありき」なので自然とその商品を中心に特化したネタになるからです。 最近はブログ形式でアフィリエイトをしている方もたくさんいます。 なんでもかんでもアリの雑記ブログに比べるとターゲットがしぼられている分、アフィリエイトで稼ぎやすいと言えます。 3-2. 特化ブログのデメリット 一方でデメリットは、 ネタに困るという点です。 ヨーロッパ旅行に行くブログを書いたはいいけど、旅行記を書いたら終わりで放置という方もいることでしょう。 そして、選ぶテーマによっては 全く人が来ません。 その分野の専門家だったり、ある程度ブログをやっている方なら問題ありません。 しかし、初心者がいきなりマイナーなジャンルで特化ブログをやると、 続かない可能性が高いです。 ブログは続けることが重要なので、これではテーマをしぼって運営する意味がありません。 完全に特化するならそのテーマだけで50記事くらいは書ける見通しがある場合かなと思うところです。 4.「雑誌ブログ」というスタイル 今までいろいろなブログを見てきました。 するとある共通点がありました。 最初は「雑記ブログ」ではじめる。 この流れが1つの 成功モデルです。 というか、私がそのパターンでした。 もちろん、twitterやはてなブックマークを上手に活用する人は、いきなり雑記ブログで成功しているかもしれません。 また、最初から特化ブログで良いジャンルに巡り合っている人も結果が出ています。 ただ、すべての人がそうではないので1つのモデルとして提案するのが 雑誌ブログです。 4-1. 雑誌ブログの運営しやすさ 「新聞」や「書籍」と比較すると、雑記ブログが新聞寄りで、特化ブログは書籍寄りです。 雑誌ブログはその中間でそのまま 雑誌というイメージです。 3~5のテーマならネタに困ることもなく、安定して続けることができます。 ある程度テーマをしぼっているのでごちゃごちゃせず、専門性も出しやすくなるでしょう。 運営のしやすさという観点から、初心者におススメです。 「カテゴリーを3~5個にするということですか?」とよくご質問をいただきます。 例えばカテゴリーが10個あったときに、その中で 3~5個の記事数が他のカテゴリーよりも多ければ十分絞っているといます。 逆に言えば、10個のカテゴリーが全部同じくらいの記事数だと、雑記ブログを抜け出していないイメージです。 4-2. 雑誌ブログの稼ぎやすさ 稼ぎやすさについては「ターゲット(対象者)」の観点から分類してみます。 雑記ブログはテーマがばらばらなので「あいまい」、特化ブログはテーマが1つで「ピンポイント」、そして雑誌ブログはその中間で 「属性」です。 雑記ブログの読者のようにあいまいではないけれど、特化ブログほどピンポイントではない 「層」を読者にしていきます。 例えば、が• 30代関東在住• 子どもがいる• 専業主婦• 節約・料理・片づけに関心がある 層をターゲットにしているみたいな感じですね。 読者層というと難しく感じるかもしれませんが、 ブログを書いている自分の属性=読者層にするってことです。 自分が30代サラリーマンなら、「30代サラリーマン」という読者層を集めていくイメージです(本当はもう少し限定した方がいいですが)。 最後に この記事では雑誌ブログについて書きました。 要するに、 雑記ブログと特化ブログの良いとこどりをしようということです。 運営者で区別すると、• 雑記ブログ=プロブロガー• 雑誌ブログ=趣味ブロガー• 特化ブログ=アフィリエイター あたりが当てはまるかなと思うところです。 このブログは、趣味ブロガーとして雑誌ブログを運営し、月1万円稼ぐ自動販売機を作る方法をお伝えしているのです。 この記事は「考え方」を中心に書いたので、 「もやっ」とした方がほとんどだと思います。 他の「具体的な方法」について書いた記事を合わせて読んでいただくことで、ようやく「ああ、そういうことか」と分かるようにしているので、他の記事もぜひお読みください。

次の

ブログ名(ブログタイトル)とドメイン名はどうやって付けたらいいの?|クロネのブログ講座

雑記ブログ タイトル

この雑記ブログのメリットとは、やはり何らかのテーマに特化したブログというわけではないので、 記事のネタに困ることがないという点が大きいかと思われますが、同時に 専門性を高めることが難しいため、ジャンルによっては順位が付きにくい場合も十分考えられるということです。 だからといって雑記ブログがSEO的に弱い・ダメというわけではなく、雑記ならではの記事の構成によって戦略的にアクセスを伸ばしていくことも可能です。 つまり雑記は雑記でも、ある程度テーマを絞ってカテゴライズし、当然キーワードにもよりますが、その中で専門性を高めていけば十分同じジャンルの競合にも勝てるでしょう。 というのもキーワードによっては、ひとつの記事で上位化させることが非常に難しい場合も多く、そういったキーワードで上位にランクインさせるためには一定のコンテンツ群を作り込み、それらを内部リンクで繋いでいく方法が効果的です。 そして、書く内容に縛られることがないため、ネタに困ることはありませんが、そもそもブログとしてアクセスを伸ばしていくためには 何かしら役に立つ情報をコンテンツ化させることが必須ですので、雑記ブログとは言え…個人的な内容を好き勝手書くという意味ではなく、しっかりとキーワード選定を行い、そのキーワードに対する需要やニーズ、検索ユーザーが何を求めているのかを調査する必要があります。 また、先ほどもご説明した通り、テーマを決めることなく書くことができるといったメリットがありますが、例えば100カテゴリに各1記事ずつしかないブログ構築ではなく、ある程度カテゴリを絞った上で記事を量産し、関連性の高いコンテンツ同士を内部リンクで繋いでいくといった戦略を考える必要があります。 そのため、雑記は雑記でもある程度特化させることが必要となり、その中でも全く異なるカテゴリを共存させるなら別ドメインで管理した方が良い場合も考えられますので、投稿する記事数などを考慮した上で決めると良いでしょう。 あくまで今現在は記事数が多ければ良いというわけではないということです。 記事数が多いということは、それだけ記事同士のバッティングを考慮しなければいけませんし、キーワード選定を慎重に行うのはもちろん、全てのキーワードで順位を管理する必要があります。 雑記ブログをはじめるためには? ではまず初歩的な部分にはなりますが…ブログをはじめるには当然ブログそのものが必要となります。 FC2ブログ• Seesaa• Yahoo! ブログ• ライブドアブログ• 楽天ブログ といった無料からはじめられる様々なレンタルブログがありますが、長い目でブログを育てるとお考えでしたらWordPressを利用して運用することをおすすめします。 関連記事 【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選 サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など… 続きを見る レンタルブログのメリット・デメリット まずレンタルブログのメリットとしては、簡単な登録によってすぐに記事を書き始められたり、セキュリティ面に関して安心などのメリットがあり、他にも各サービスごとにコミュニティがあり、検索からの訪問以外からもページを閲覧しに来てくれるユーザーがいるため、ブログそのものを続けられるモチベーションにもつながることが考えられます。 一方で、各会社の収入となる広告が必須として貼られていたり、カスタマイズに限りがあり、柔軟な管理が難しいことがデメリットとして主に挙げられます。 また、何らかの規約違反となってしまった場合、アカウント削除によってこれまで書いてきた記事が削除されてしまう可能性も0ではないということです。 (そのため、こまめに記事データはバックアップしておいた方が良いです。 ) WordPressのメリット・デメリット 逆にWordPressの場合だと、極端な話通常のWebサイトの一部としてWordPressを運用することもできるため、デザイン面としても自由度は限りなく広がり、そもそもSEOにも強いとされていることもありますが、必ずしも1から作る必要もなく、無数にあるテンプレートを元に自分なりにカスタマイズすることも可能です。 もちろん、最初は無料レンタルブログを利用して記事を量産していき、多少面倒ですが…後々WordPressへ移行するケースも珍しくなく、他にも本格的にブログを通じてを運営するつもりでしたら、最初からWordPressの利用を目指すことををおすすめします。 ただしWordPressには現在、有料テーマといった内的SEOがすでに施され、デザイン面も十分なものが多く公開されているので、見た目に時間を費やすよりもこういった優れたテンプレートを購入して記事執筆に注力するのもひとつの手です。 \効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/ 雑記ブログのメリットについて では続いて雑記ブログとしてのメリットは、テーマは自由ですが…先ほどもご説明した通り カテゴリを広げすぎず複数のテーマに沿ったものにすることによって書く内容もある程度広がるかと思われます。 これによって、あまりにも特化しすぎたブログだとさすがにネタが付きてしまう…といったデメリットを回避することができます。 ただ、どちらにしても現在は 記事数が全てではありませんので、ある程度記事数を増やしていきたいのであれば、最終的な 目標(コンバージョンなど)を達成するために必要なキーワード選定を豊富に行えるテーマにすることが重要となります。 というのも…重要なキーワードは競合も強くなかなか順位が上がりません。 そのため、そのキーワード周辺の関連コンテンツで質の高い記事を量産し、内部リンクでそのページを上げていくといった考え方を重要視するべきであって、重複したキーワードでいくつもコンテンツを作っていっても良い結果にはなならないため、キーワード選定は記事を書きはじめる以前に最も重要な作業と言えます。 ということは、全ての記事ごとにキーワード選定は必要で、キーワードはもちろん、検索意図が重複しているようであればそれは集客用記事とは呼べません。 つまりブログのアクセスをどんどん増やしていきたい場合は、検索数やキーワードの豊富さも重要視するべきで、似たような記事を量産しても後々良い結果にはならないということです。 また、ブログ内でのCVページは別で用意するべきであって、この辺りに関して詳しくは、こちらの「」もぜひご覧ください。 中でも家電やガジェットを実際に購入・使用してみた感想・レビューをかなり詳しくコンテンツ化しているブログなどもあり、収益化にもうまくつなげている方も多く見受けられます。 そのため、雑記ブログとは日記ではありません。 ニッチな内容でも構いませんので、その検索キーワードに対する意味、キーワードによってはその場所への行き方・注意点、もっと〇〇になるにはどうしたら良いのか?といったキーワードごとの検索数に大小はあるものの、少なからず解決方法などを詳しく丁寧に提示してあげられるコンテンツを心がけましょう。 特に実体験を元にした記事は信憑性も高く、実際に撮影してきた写真を掲載することでオリジナリティにもなりますし、検索ユーザーにとってもわかりやすい内容に繋がります。 例えば…どこかに行った、何かを購入したといった行動体験は、少なくとも他にも知りたいと思っているユーザーがいるかもしれません。 こういった場合、そこまでの行き方やおすすめスポット、または購入して実際使ってみた感想メリット・デメリットなど…詳しくそれを知りたがっている方へ向けてコンテンツ化することによって、それはユーザーにとって立派な価値(コンテンツ)となります。 要は自己満足のための記事ではなく、 誰かに届ける(役に立つ)ためのコンテンツを意識してみることが重要というわけです。 \月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/ 雑記ブログのデメリット 上記のように雑記ブログとは言え、ある程度テーマを絞り、そこを中心に様々な記事を書いていきます。 これを回避するためにも、ある程度テーマを決めた上で記事を量産することで、関連する記事に対してもユーザーは興味を示し、ブログ内を回遊して他のページも読み進めてくれる可能性に期待できるでしょう。 このあたりは収益化にも影響してくるので、CVを目的としたページ(LP)の作り込みや各ページ下に設置するCTAをしっかりと用意して、導線の確保をしておくことも重要となります。 つまり集客・収益ともに目的とした雑記ブログを選ぶなら、 特化寄りの雑記ブログを目指す・意識するということです。 検索順位が付き、新規ユーザーが流入するようになった後はしっかりとリピーターになってもらうような工夫も必要です。 それは、ページが表示された時の適度な文字量はもちろん、画像や表などをうまく利用して視覚的にもわかりやすいコンテンツを目指すべきで、理想は検索ユーザーがスラスラと流れるように読み進められる内容です。 どうしてもコンテンツ内容として枝分かれして話が逸れてしまうようであれば、そのキーワードで別ページを用意し、内部リンクして必要なユーザーだけにページ遷移してもらうように内部リンクを添えてあげると良いでしょう。 そもそもリライトはすぐに効果が現れるわけではないため、検索数を考慮した上で優先順位を決めて効率良く新規記事とリライトを交互に作業し、ブログ全体のアクセスを底上げしていくイメージで進めていきます。 雑記ブログのアクセスを伸ばす方法 特化でもそうですが、雑記ブログでアクセスを伸ばしていきたいのであれば、まずは数をこなしましょう。 こうすることで、ある程度記事が溜まってきたら最初の頃に書いた記事の修正点が明らかになっていると思いますので、修正・削除・統合などの施策を行いましょう。 そのためにはまず記事を増やし、その中から…• 優秀な記事をさらに伸ばす• 順位の低い記事を改善する• 反響の良いカテゴリを独立させる(別ドメインで特化ブログにする)• 質の低い記事を徹底的に0にする• 関連するキーワードでさらにコンテンツを充実させる• 特化した雑記を目指す など、これまでご説明してきたような内容に気を使い、単順に記事数だけに頼ることなく全てのページにキーワードを設定し、それぞれが重複することなくしっかりと検索順位を付けていくことが大切です。 この場合、記事数が減る分アクセスも減るような気がするかもしれませんが、 サイト全体の質が上がることによるアクセスアップにも期待できます。 また、上記の一部のカテゴリを別ドメインにするというのは、301リダイレクトによる処理は必要となるものの一時的にアクセスが落ちることも考えられますので、慎重に判断したいところではあります。 (複数ブログをしっかりと管理できるのであればやってみる価値はあります。 ) こういった一部アクセスのあるカテゴリを独立させて特化ブログにするのも戦略としてはひとつの手で、今後の成長を考慮するとそちらで収益化を狙っても良いかもしれません。 このように、雑記ブログとは一見好き勝手なことを書く楽なブログ…とイメージするかもしれませんが、雑記とは言え目的を達成させるためにはキーワード選定、そしてそのキーワードで検索したユーザーがどういった気持ちで検索したのかを把握・調査して詳しくコンテンツ化する必要があり、キーワードによっては周辺キーワードで専門性を高めることも重要視するべきです。 そして記事数をどんどん増やしていきたいのであれば、なおさらキーワード選定をシビアに行い、重複したキーワード・コンテンツをしっかりと見極め、質の高いコンテンツに限り正しくインデックスしておくことを何よりも心がけましょう。

次の

ブログ名(ブログタイトル)とドメイン名はどうやって付けたらいいの?|クロネのブログ講座

雑記ブログ タイトル

雑記ブログの強み 始めに言っておくと、 雑記ブログはめちゃくちゃいいです。 よく 雑記ブログは特定の分野に特化していないので、お金を稼ぎにくいとか言いますよね。 確かに特化したほうが、 アフィリエイトでバンバンコンバージョンするかもしれませんが、雑記ブログの強みはそこではありません。 雑記ブログの強みは、 好きなことをなんでもかけることです。 一番サイト運営で辛いのは、 書くネタがなくなってしまうこと。 雑記ブログはその心配はありません。 なんでもかけますからね。 現にこの ブログもたくさんのカテゴリがあります。 しかも お金もしっかり稼げますしね。 問題はブログの 収益化のコツを知っているかだけなんです。 ブログなめんじゃねええええええ!! ブログは誰でも簡単に始められる分、ライバルが多いです。 その中で一番簡単な方法は活躍する人を真似することです。 雑記ブログを運営する土台が出来ていないのに、オリジナルもクソもありません。 ある程度 土台が出来てから、オリジナティを出していきましょう。 僕は、さん、さん、あたりを見て真似していました。 人それぞれ、運営方法やコンテンツも違います。 どんなに調べて、情報商材を買っても、結局は自分で トライ&エラーを繰り返すしかないんです。 さらに付随して、大事なのは継続することです。 ブログは継続が命です。 雑記ブログの強みは、なんでもネタにしてかけることです。 雑記ブログの強みを生かして、ブログは 継続して運営しましょう。 正直 継続せずして、収益をあげている人なんていません。 ブログの収益化で気をつけるべきこと 上記のことが出来てればいいのかというと、そんなことはありません。 ブログ初心者がよく陥る間違いがあります。 それが 下記の3つです。 そんな早く記事見られねーから!ブログ舐めんな! 控えめに言ってこんな感じです。 言い過ぎましたが、要は記事を書いてから、 流入がき始めるのにはタイムラグがあります。 記事投稿後、 3ヶ月ほどは流入はこないと思ってください。 つまり雑記ブログ運営で、3ヶ月続いてない人は、そもそも流入はこないってことです。 ブログカスタマイズにはこだわるな ブロガー初心者が陥りガチなのはブログの デザインにこだわる人が多いことです。 正直初心者で、デザインにこだわるとか、 時間の無駄です。 本当にブログからの流入を伸ばしたいのなら、とにかく記事を書きまくる!! これにつきます。 僕の場合は 100記事ほど書いてから、ブログのカスタマイズをし始めました。 オススメの記事.

次の