ドコモ 光 d アカウント。 dアカウントをわかりやすく解説!取得方法から使い道・確認方法など

dカードはdアカウントと連携できる!設定や注意点を解説|d系サービスなび

ドコモ 光 d アカウント

ペア回線を設定しない場合、ドコモオンライン手続きにて「ドコモ光」に関する契約内容の確認・変更はできません。 「ドコモ光」を新たにお申込みされる場合 (ドコモの携帯電話契約がないお客さま、またはドコモ光のペア回線を設定されないお客さまが「ドコモ光」のお申込みお手続きに必要なもの)• 個人名義での新規ご契約の場合は、契約者ご本人からのお申込みが必要です。 代理人(法定代理人・契約者のご家族を除く)からのお申込みは受付できません。 法定代理人によるお手続きの場合、下記の書類に加え、「同意書」、「法定代理人の本人確認書類」、「法定代理人であることが確認できる書類」が必要です。 契約者のご家族によるお手続きの場合、下記の書類に加え、「委任状」、「契約者のご家族の本人確認書類(下表の本人確認書類)」、「家族であることが確認できる書類(戸籍謄本、「マイナンバー」の印字がない住民票など)」が必要です。 契約者の本人確認書類 契約者の本人確認書類 本人確認書類(コピーでは受付できません) 毎月のお支払いの手続きに必要なもの 個人 運転免許証 (有効期限内のもので、各都道府県公安委員会発行のもの。 国際運転免許証除く)• 運転免許証をお持ちでない場合は、• キャッシュカード(一部ご利用になれない店舗・金融機関があります) のいずれか1点• 本人確認書類は氏名、生年月日、現住所が記載されており、すべて有効期限内のもの。 なお、現住所は、あらかじめ印字されているか、ボールペンなど消せないもので記入されているものに限ります。 また、上記表の本人確認書類をご提示された場合でも、他の本人確認書類のご提示をお願いする場合があります。 本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合はあらかじめ住所変更手続きをお願いします(運転免許証については、旧住所記載の場合でも、下記の補助書類を提示いただくことで受付ができます)。 口座振替申込書による申込みの場合、金融機関との手続き完了までの間、1~2回は、請求書をお送りしますので、ドコモ料金を取り扱っているコンビニエンスストア、金融機関、ドコモお客さま窓口でお支払いください。 必要な費用•

次の

【ドコモ光】契約ID&情報を確認する方法

ドコモ 光 d アカウント

Contents• dカード申込みには、dアカウントが必須 dカードを申し込む際は、ドコモが展開しているアカウント 「dアカウント」を手に入れる必要があります。 dアカウントはドコモユーザーに限らず誰でも無料で発行でき、dポイントを貯めたり、「dTV」「dマガジン」などのドコモが展開しているd系サービスを利用したりする際に使います。 ドコモユーザーなら、 dアカウントを携帯電話番号と紐付けることで、My docomoへログインし利用明細の確認や契約内容の変更手続きを行うこともできます。 申し込みを行ったdアカウントにカードが紐付けされる dカードを申し込む際は「dアカウント」へのログインが必要で、 手続き中にログインしたdアカウントへカードが紐付けされます。 例えば家族共用のPCでdカードを申し込む時、 間違えて家族のdアカウントへログインしてしまうと、自分のアカウントとは別のアカウントにdカードが紐付けられてしまうことになるので注意しましょう。 dカードのdポイントクラブ番号は、自動で登録される dカードにはdポイントを貯めるために必要な 「dポイントクラブ」の番号が記載されています。 dカードを申し込めば、自動的に申し込みに使ったdアカウントへ番号が登録されます。 コンビニ等で手に入れたdポイントカードの番号は手動で登録しなければdアカウントへ関連付けられませんが、 dカードの番号は設定不要です。 dカードとdアカウントが連携されるメリット dカードとdアカウントが紐付けられることで、主に 3つのメリットを得られます。 ここからは dカードとdアカウントの連携を行うメリットを解説するので、どう便利なのか知りたい人はご覧ください。 dポイントが連携しているアカウントへ貯まる dカードでは利用金額100円につき1ポイントのdポイントを貯められますが、 dアカウントがdカードと紐付けられていれば、自分のアカウントにしっかりポイントが反映されます。 dカードを使ってdポイントを貯めるには、 dアカウントが必要不可欠です。 カードの申し込み手続きがかんたんになる dアカウントに紐付けているドコモの携帯電話料金を口座振替で支払っている場合、dカードの支払い口座も同じ口座にすぐ設定できるので、 面倒な口座情報入力が必要ありません。 クレジットカードを申し込む際の面倒な入力手続きを一部省略できるのも、dアカウントを利用してdカードに申し込むことによるメリットと考えられますね。 IDやパスワードはそのままにdカード会員サイトへログインできる dカードの会員サイトへログインする際は、紐付けているdアカウントの情報を入力すればOKです。 インターネットにおける様々な会員サービスを利用していると、IDやパスワードが増えてきて管理が大変になってしまいますよね。 しかし ドコモの携帯電話関連情報を確認・変更できる「My docomo」や雑誌閲覧サービス「dマガジン」などのd系サービスとdカードは、 同じIDとパスワードでログインできます。 IDとパスワードの管理が楽なのは、dアカウントの魅力ですね。 dアカウントの発行手順を解説! dアカウントの発行手順は、以下の通りです。 dアカウント公式サイトの「無料のdアカウントを作成」をクリック• 希望するメールアドレスを登録する• 届いた認証メール内にあるワンタイムキーを、表示された入力フォームに入れる• 名前や性別などの必要事項を入力し、発行完了 メールアドレスはドコモメールだけでなく、Yahoo! メールやGmailなど 好きなアドレスに設定できます。 5分もあれば発行手続きを終えられるので、これからdカードを発行予定の方は先にdアカウントを発行しておきましょう。 dカードは紐つけるdアカウントを変更できる? 何らかの事情でdカードと紐付けるdアカウントを別のアカウントへ変更したい場合、後から切り替えられるのか不安がありますよね。 dカードに紐付けるdアカウントは、 変更可能です。 ここからは、 dカードに紐付けたdアカウントの変更方法について解説します。 登録解除をすれば、紐付け先は変更できる! dアカウントを変更するには、「 dアカウントの登録解除」手続きが必要です。 なおアカウントで使う メールアドレスやパスワードを変更したいだけならdアカウントの登録解除は必要なく、変更後のID・パスワードでログインするだけでdカードのマイページへログインできます。 アカウントの変更手順 dカードとdアカウントの紐付けを解除し、変更する手順は以下の通りです。 dカードのマイページへログインする• 「各種設定」内にある「dポイント利用者情報」を選択する• 「利用者情報の確認・変更・削除」から登録情報を削除する• これから使うdアカウントへログインし、紐付ける 手続きは5〜10分もあれば完了できるので、アカウントの変更をする際は上記の手順で手続きを行ってみてくださいね。

次の

いらなくなった dアカウント を解約する方法 【難易度:かんたん】

ドコモ 光 d アカウント

WEB申し込みの場合の契約内容確認の必要性 来店予約なしで土日祝日などに出向くと、ほとんどの店舗で何時間も待たされる可能性が高いドコモショップ。 わざわざ時間をとって出向いたのに待ち時間で貴重な時間を費やすのは、誰にとってもあまり好ましいことではないと思われます。 そこで、混雑を避けてすぐにドコモ光の申し込みができる、 WEB申し込みがクローズアップされます。 実に簡単に自宅で申し込みを完了させることができるため、時間も体力も無駄に浪費しません。 ただ、そうしたお手軽感はWEB申し込みの大きな魅力でもあるのですが、やはりその申し込み方法の特性上、開通後には 本当に契約内容が考えていた通りになっているのかどうかの確認はしておきたいところです。 基本的に、ドコモ光の契約書控えはドコモから送られてきますし、それを確認すれば間違いはないのですが、ドコモ光は申し込みから実際に開通して使えるようになるまでに半月から一ヶ月弱程度の期間が必ず発生しますので、 使えるようになった頃には、詳細な申し込み内容を忘れている、というケースがほとんどだったりするわけです。 そうなると、色んな注意点も一緒に忘れてしまっている可能性もあるので、念には念を入れて My docomoで確認をする、というわけです。 店頭申し込みの場合は有料オプション外し忘れ注意 後日の契約内容確認は、実はネット申し込みの場合よりも、店頭申し込みの場合の方が確実に実施した方がいいと言えます。 それは何故かというと、もちろん意図しない契約になっていないかのチェックもさることながら、 必要のない有料オプションがそのままになっていないかを確認する、という意味合いがあります。 31日無料を利用したオプション契約とその解約忘れは、ドコモに限らず携帯業界に昔からよくあることです。 当然店頭で説明はしてあるはずですが、多くの説明事項がある中で、細かい点はついつい聞き漏らしてしまったり、その時は覚えていたとしてもすぐに忘れてしまっているという可能性も非常に高いわけです。 そうすると、本来なら設定を完了させた段階で外しておきたかったサービスをそのまま放置してしまうことで、 気が付かないままに月額料金が発生していた、などというトラブルになってしまうのです。 現在ドコモ光において特に注意するべき項目としては、「 光リモートサポート」がパワーアップして名称を変えた「」の外し忘れです。 月額500円かかりますので、必要ないのに外し忘れたままにすると 年間6000円も損してしまいます。 要注意です。 My docomoでドコモ光の契約内容を確認する My docomoには、スマホからでもパソコンからでも、dアカウントとパスワードがわかれば簡単にログインすることができます。 dアカウント・パスワードがわからない場合には、「」を参考にされてください。 ログインができたなら、My docomoより「 ドコモオンライン手続き」を選択します。 その中に、「ドコモ光」という項目がありますので、ここを選択します。 するとすぐに、ドコモ光の契約内容が出てきます。 項目としては、「契約ID」、「契約者氏名」、「契約者住所」、「契約者電話番号」、「エリア」、「連絡先氏名」、「連絡先電話番号」、「利用者氏名」、「設置場所住所」、「請求形態」、「お申込書電子交付(ドコモ光)」などがあります。 サービスの中には、「料金プラン」、「最大通信速度」、「プロバイダ」、「光リモートサポート」、「光ルーターセキュリティ」、「ドコモ光テレビオプション」の枠があり、これとは別にドコモ光電話オプションの項目も別に用意してあります。 「光リモートサポート」は上記写真ではまだ「ネットトータルサポート」に変更されていませんが、現在は変更になっています。 ドコモ光電話オプションの中には、「契約プラン」、「通話中着信」、「転送でんわ」、「発信者番号表示」、「ナンバー・リクエスト」、「迷惑電話ストップサービス」、「着信お知らせメール」、「ダブルチャネル」、「料金明細サービス」の項目が確認できます。 それぞれ確かに内容に間違いはないか、必要ないオプションが契約中になっていないか、しっかり確認しましょう。 ドコモ光の請求はドコモのペア回線と合算 「そういえばドコモ光申し込み時に、支払い口座の設定などはしていないけれども、利用料金は一体どうやって請求されるのだろうか?」と不思議に感じている人もいるかもしれません。 しかしこの点は全く心配ありません。 基本的にドコモ光申し込み時には、必ずペアとなっているドコモの契約回線があるはずです。 その ドコモのペア回線の請求と、ドコモ光の請求は合算される形となります。 つまりドコモの回線が口座振替の場合にはドコモ光利用料金も口座振替、クレジットカード払いの場合はクレジットカード払い、というわけです。 さらに、ドコモ光の料金請求はドコモ回線と合算されることにより、 dポイントクラブのポイント付与対象にもなります。 この点も、ドコモユーザーがドコモ光とdカード GOLDをセットで利用する場合の大きなメリットの一つと言えます。 もしdカード GOLDによる定期クレジット設定している場合には、ドコモの請求は同じく当月利用分が月末締め、dカード GOLDは翌月15日締めで 翌々月10日の引き落としとなります。 契約内容が間違いないかの確認と一緒に、しっかり料金の支払い方法や振替タイミングなどまで確認ができればなお、安心です。 関連記事:「」 これからドコモ光契約予定なら覚えておきたい 以上の内容は、ドコモ光を既に契約した人向けの内容ではありますが、当然のことながらこれからドコモ光の新規契約を検討している人にとっても重要な内容です。 大枠としてはインターネットがとにかく使えれば問題ないはずなのですが、その中で無駄な料金が発生してしまうと非常にもったいないですし、申し込みした意図と異なる契約がなされていると問題です。 そんなおかしな展開にならないように、契約後はしっかり確認をとるように意識しておきましょう。 ドコモ光のWEB申し込みは、実際に私が利用しており、v6プラス対応で安定した通信速度で利用できるGMOとくとくBBがお勧めです。

次の