イチョウ 葉 効果 効能。 イチョウ葉エキスの効果・効能や副作用?相互作用?と摂取量のまとめ

「イチョウ葉茶」の効能・効果と注意点とは?

イチョウ 葉 効果 効能

頭が良くなる・血流改善など一般に言われている効果に関しては信頼できる医学研究は一つもありませんでした。 効果がないものについてや、実際に効果があるのか、どれくらいの信頼性があるのか興味がある方はでまとめてありますので、そちらを参照ください。 イチョウ葉エキスのサプリメントの選び方とおすすめサプリ イチョウ葉エキスのサプリを選ぶ際には気をつけるべきことが2つあります。 ギンコール酸の濃度が5ppm以下 この2つを満たすサプリメントはいくつかあります。 サプリを買おうとする場合には、その商品がこれら二つを満たすかチェックしましょう。 私のおすすめはアサヒの です。 信頼性の置ける大手企業が作っており、安全基準もしっかりとしたものだからです。 2-1. 健康のためにサプリを摂取するのに、健康被害が出てしまっては逆効果ではないでしょうか。 いくつか紹介します。 また、摂取量をその量に制限している商品が良いのではないかと思います。 2-2. ギンコール酸について ギンコール酸はイチョウ葉に多く含まれるアレルギー物質です。 ギンコール酸の濃度が5ppm以下の商品を選ぶようにするのが良いでしょう。 というのも、ドイツ連邦厚生省により安全として調査された結果が5ppmだからです。 ギンコール酸によって引き起こされるアレルギーとして、深刻なアレルギー性皮膚炎、粘膜刺激症状などがあります。 やっかいであるため気をつけましょう。 市場には濃度5ppmを超える粗悪品も数多く発売されています。 必ずギンコール酸の濃度が5ppm以下の製品を選びましょう。 サプリの選び方のポイント• ギンコール酸濃度が5ppm以下 3. 安全にイチョウ葉を活用するための2つの知識 イチョウ葉のサプリメントを安全に活用するために知っておいて欲しい2つの知識をご紹介します。 副作用について知っておく• 使ってはいけない人を知っておく これらの知識を持っておくだけで、何も知らないよりはるかに 副作用から身を守ることができるようになります。 3-1. イチョウ葉の副作用 イチョウ葉は適切な量を摂取する分においてはほとんど安全です。 しかし、一部の人で副作用が出ることが確認されています。 以下の 副作用が見られたらすぐに摂取をやめ、病院に行くようにしましょう。 一部の人でおこる副作用• 胸焼け• めまい• アレルギー性皮膚炎 過剰摂取で起こる副作用• 脳内出血• くも膜下出血• 硬膜下出血 イチョウ葉のサプリメントを利用していてこれらの副作用が出た場合には、必ず摂取を中止し、病院に行きましょう。 3-2. イチョウ葉を使ってはいけない人 一部の人ではイチョウ葉を摂取した場合、 命に関わるような危険な副作用が起きる可能性があります。 イチョウ葉を利用する前に、自分が該当しないかどうかチェックしましょう。 手術の予定がある人:手術中に出血が止まらないおそれがあります。 糖尿病:糖尿病の管理に影響を及ぼすおそれがあります。 けいれんを起こしたことがある人:痙攣が悪化するおそれがあります。 出血性疾患:出血が止まらず多量出血のおそれがあります。 不妊症:妊娠を妨げるおそれがあります。 妊婦:早産や分娩時に過剰出血のおそれがあります。 イチョウ葉を安全に利用するポイント• で紹介したような安全なサプリを利用する• 副作用について知っておき、症状が出たらすぐに病院に行く• 自分が使ってはいけない人に該当しないかチェックしておく 4. 効果の信頼性と科学的根拠 効果の可能性が科学的に考えられているが、 確実に効果があるとは言えない• アルツハイマー病で記憶力、認知機能の改善• 回転性のめまい• 糖尿病由来の目の病気の改善• 末梢の動脈閉鎖症の患者の歩行時の痛みの改善 効果がない可能性が高い• 健康な人での記憶力上昇• 高血圧• 耳鳴り• 高山病予防• ADHD そもそも信頼できる研究がない• 脳以外での血流改善• 心臓の病気• むくみ• 冷え性• 花粉症• 喘息 4-1. 効果の可能性が科学的に考えられているが、確実に効果があるとは言えない 上で紹介した4つの効果に関してはアメリカで最も信頼性の高い成分データベース Natural Medicines database により、効果の可能性が指摘されています。 しかし、効果がないとする医学論文もあり、確実に効果があるとは言えない現状にあります。 アルツハイマーについては研究途中とする論文 2013年7月までを対象にRCT8つについて検討したメタ分析を行った。 アルツハイマー患者によるイチョウ葉エキスの摂取は、6つの実験で認知機能の向上、4つの実験で日常生活活動の向上と関連が認められた。 しかし、試験によるばらつきが大きく、まだ研究段階である。 また、アルツハイマー症の進行リスクに影響は認められなかったという研究も2つあった。 結果:トレッドミル最長歩行時間、痛みを伴わない歩行時間、歩行障害に効果は認められなかった。 引用論文: 4つの効果については効果の可能性が科学的に指摘されていますが、効果がない可能性もあることを知っておきましょう。 4-2. 一般に信じられているが効果がない可能性の高いイチョウ葉の効果 以下の3つに関しては一般では効果があるとして信じられていますが、効果がない可能性が高いです。 健康な人での記憶力アップ• 高血圧• むくみや冷え性 それぞれの科学的根拠について説明していきます。 健康な人での記憶力アップへの影響 健康な人では記憶力アップの効果はない可能性が非常に高いです。 記憶力アップを目的にイチョウ葉のサプリメントを買うのはやめたほうが良いでしょう。 2007年1月までを対象にRCT15つについて検討したメタ分析を行った。 その結果、60歳以下の健常人によるイチョウ葉エキスの摂取 には、認知能を向上させる効果は認められなかった。 引用論文: 2012年3月までを対象にRCT13試験 について検討したメタ分析を行った。 その結果、健康な成人によるイチョウ葉エキスの摂取は、13試験全てで記憶力に影響を与えなかったという結果であり、実行機能や注意力にも影響を与えなかった。 引用論文: 記憶力アップを目的にイチョウ葉のサプリメントを買うのはやめたほうが良いでしょう。 高血圧への影響 イチョウ葉で高血圧は改善しなかったという大規模なデータがあります。 1年間摂取させるRCTを行った。 その結果、高血圧発症のリスク低減、高血圧者の血圧低下はともに認められなかった。 引用論文: 高血圧の改善ではイチョウ葉は利用しないようにしましょう。 むくみや冷え性への影響 むくみや冷え性に関しては信頼できる医学研究が一つも存在しませんでした。 私の意見としては、効果がない可能性が高いと思います。 イチョウ葉の効果と活用法のポイント イチョウ葉はアルツハイマー病の改善を始め、4つの効果が科学的に考えられています。 安全に利用すれば非常に有用な成分と言えるでしょう。 しかし、一般に信じられているものの、効果がない可能性の高いものもあります。 それらを目的としてイチョウ葉を利用しないよう注意しましょう。 あた、副作用を引き起こさないよう、摂取量やサプリメントの選び方には注意しましょう。 適切にイチョウ葉を摂取できるようになり、あなたの健康に役立てましょう。 スポンサードリンク•

次の

イチョウ葉エキスの効果・効能とは?注意点や副作用は…!?【死の危険も…】イチョウ葉エキスのサプリの摂取量・摂り方とは?

イチョウ 葉 効果 効能

イチョウの葉に驚くべき効能が?期待できる5大効能とは 1)イチョウの解説 (1)イチョウとは イチョウは落葉高木で、成長すると高さが30m近くにもなります。 晩秋に葉が黄色く色づき、冬には落葉します。 雄木と雌木があり、一つの木に雄花と雌花の両方は咲きません。 雄木は雄花のみ、雌木は雌花のみを咲かせるのが特徴です。 雌花は花が終わると種子を付け、秋になるとオレンジ色に熟して地面に落ち、悪臭を放ちますが、これがいわゆる「銀杏」です。 成長が早く、寒さや大気汚染にも強いため、全国のあちこちで街路樹や公園樹として植えられています。 2)イチョウの葉にも種類がある? 特徴の違いとは イチョウは1属1種ですが、中には葉や種子が通常と異なる種類がいます。 (1)オハツキイチョウ 葉の形は通常のイチョウと同じく扇形をしていますが、葉の縁に種子が付く特徴があります。 (2)オチョコバイチョウ 「オチョコ」という名の通り、葉の両端がくっついてラッパ状になっており、お猪口のような形をしている種類です。 (3)ミツカドギンナン タネの殻には通常2本の稜がありますが、この種類には3本あるのが特徴です。 (4)斑入りイチョウ 葉に白い筋状の斑が不規則に入るのが特徴の種類的な種類です。 3)イチョウの葉ってどうやって摂取するの? 通常イチョウの葉は、他の茶葉のように、自分で採取して水洗いと乾燥をさせて作るものではありません。 大抵は健康食品や、サプリメントとして摂取する形になります。 もし一からイチョウの葉で作ろうとすると、イチョウの葉に含まれるかぶれ成分や、アレルギー成分などを細かく取り除かなければならないため、素人には難しい作業になります。 4)要チェック!イチョウの葉に含まれる代表的な栄養素とは (1)フラボノイド フラボノイドはポリフェノールのひとつで、植物に含まれる色素や苦み、辛み成分をいいます。 種類によって作用や特徴は細かく異なりますが、強力な抗酸化作用を持つものが多いです。 主にサプリメントなどで摂取されることが多いです。 (2)ギンコライド ギンコライドは、イチョウの葉に特有の香り成分で、イチョウ葉エキスと言われるものです。 強力な抗酸化作用を持っており、日本ではサプリメントとして利用されるほか、ドイツやフランスなどのヨーロッパでは医薬品としても扱われています。 5)イチョウの葉に期待できる5大効能とは (1)全身の血流増加作用 イチョウの葉に含まれるフラボノイドには、血管拡張作用や血小板凝集抑制作用、また強い抗酸化作用があります。 これらの作用により、全身の血流が増加し、とくに脳血流を増加させる作用が期待されます。 (2)うつ病改善 フラボノイドに含まれる血管拡張作用によって、うつ病改善に効果があるとされています。 抗うつ薬の代替として使用されることもあり、抗生物質などの化学物質にアレルギーがある人にも効果的です。 (3)認知症予防 イチョウの葉に含まれるギンコライドの作用によって、記憶障害の改善に効果があるとされています。 そのため、アルツハイマーや認知症予防、または改善が期待されています。 (4)生活習慣病の予防 イチョウの葉に含まれるフラボノイドの抗酸化作用によって、体内の活性酸素を抑制・除去してくれます。 その働きにより高血圧や動脈硬化を防ぎ、血管の老化が原因で起こる生活習慣病の予防や改善効果があるとされています。 (5)貧血予防 イチョウの葉に含まれるフラボノイドの血管拡張作用によって、全身に血液と酸素が滞りなく循環することで、貧血の予防に効果的とされています。 6)オススメの食べ合わせって?一緒に摂取したい2つの食材 イチョウの葉は、基本的にはサプリメントの形で摂取することが多いと思います。 そのため、食事として一緒に摂取するよりも、食前や食後にサプリメントを摂取する方法がおすすめです。 (1)緑黄色野菜 カボチャやニンジンなどの色の濃い野菜は、強い抗酸化作用を持っています。 イチョウの葉と一緒に摂取することで、相乗効果が期待出来ます。 (2)大豆 大豆には食物繊維が多く含まれています。 食物繊維にはコレステロール値を下げたり、有害物質を排出する働きがあり、生活習慣病の予防になるといわれています。 一緒に摂取することによって、より生活習慣病の予防効果が期待されます。 7)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは? イチョウの葉は、基本的にはサプリメントの形で摂取することが多いです。 そのため、サプリメントに記載されている用法と容量に従って毎日摂取することで、持続的な効果が期待出来ます。 8)知っておこう!イチョウの葉の摂取での注意点とは? イチョウの葉を摂取する際には、健康食品やサプリメントとして摂る形が多いため、基本的には大きな問題はありません。 しかし、人によっては摂取した後で胃の不調や頭痛、めまいや便秘、出血量の増加などの副作用がある場合があります。 そのため、摂取後に異変がある時にはただちに飲むのを止めましょう。 また、もし自分でイチョウの葉を摂取して飲む際には、「ギンコール酸」という成分を取り除かないとアレルギー反応を起こす恐れがあります。 今回のまとめ 1)イチョウの解説 2)イチョウの葉にも種類がある? 特徴の違いとは 3)イチョウの葉ってどうやって摂取するの? 4)要チェック!イチョウの葉に含まれる代表的な栄養素とは 5)イチョウの葉に期待できる5大効能とは 6)オススメの食べ合わせって?一緒に摂取したい2つの食材 7)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは? 8)知っておこう!イチョウの葉の摂取での注意点とは?.

次の

イチョウ葉エキスの効果効能 血管拡張・血流改善し脳を活性化してくれるサプリ

イチョウ 葉 効果 効能

イチョウ葉エキスの効能 最初に、イチョウ葉エキスの効能について学びましょう。 イチョウ葉エキスの効能で注目すべき成分は、主に2つです。 フラボノイド• ギンコライド それぞれの成分について詳しく説明していきます。 黄色の色素にフラボノイドが含まれているため、イチョウ葉の黄色には、たくさんのフラボノイドが含まれていることになります。 イチョウ葉には、約30種類ものフラボノイドが含まれているといわれています。 このフラボノイドの効能には、次の4つがあります。 抗酸化作用 細胞の老朽化を防ぐ• 血流促進作用• 血管強化作用• 血糖値を改善する作用 フラボノイドは、 血管への良い作用がたくさんあるといわれています。 ギンコライド ギンコライドとは、イチョウ葉エキス特有の成分で、植物の中でもイチョウ葉にのみ含まれている、とても貴重なものです。 ギンコライドの効能には、次の2つがあります。 活性酸素などの有害物質から脳細胞を守る• 記憶力や集中力を高める ギンコライドの成分は、脳の細胞に直接働きかける作用があります。 これらフラボノイドとギンコライドの2つの成分により、イチョウ葉エキスには次の3つの効能があるといわれています。 脳機能障害の改善• 抗血液凝固作用• アレルギー性疾患の改善 それぞれの効能について詳しく説明していきます。 脳機能障害の改善 脳の病気、認知症やうつ病、アルツハイマー病などは、脳内の血流の低下や記憶力の低下などが問題とされています。 イチョウ葉エキスには、 脳内の血流を良くしたり、記憶力を改善する効果があるので、それぞれの病気の改善や予防につながるといわれています。 抗血液凝固作用 イチョウ葉エキスには、血小板を集めて血栓にする働きを抑制する効果があるといわれています。 これは、血小板活性化因子 PAF による作用です。 イチョウ葉エキスは、PAFの働きを抑制して、 血栓をできにくくしてくれます。 さらに、血流促進作用や血管を強化する作用があるため、 脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化の予防効果があるとされています。 アレルギー性疾患の改善 先の項で紹介したPAFは、アレルギーの際にも炎症を引き起こす因子となります。 イチョウ葉エキスには、PAFを抑制する働きがあるため、 アレルギー性疾患 アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症など を改善する効果があるといわれています。 イチョウ葉エキスには、認知症などの脳の病気を予防する効果があるなんて驚きですよね。 脳は人の体の中で、1つしかなく、色々な体の機能の中枢を担う存在です。 脳の病気をイチョウ葉エキスで予防できるならば、摂取してみようかなと思いますよね。 でも、ちょっと待ってください。 イチョウ葉エキスの効能は、ヨーロッパでは医薬品とされているものです。 つまり、イチョウ葉エキスの摂取を間違えると病気を悪化させてしまう可能性もあります。 イチョウ葉エキスの用法用量を守るのも大切ですが、次の項では特に注意しなくてはならないケースについて、具体的に説明していきます。 スポンサーリンク イチョウ葉エキスを取るときの注意点 何度も言いますが、イチョウ葉エキスは、ヨーロッパでは医薬品という扱いです。 日本では、食品というくくりでも、中身はヨーロッパのものと同じ場合もあるので、次の5つのケースの方は注意してください。 血液凝固防止薬を飲んでいる方• 解熱鎮痛薬を飲んでいる方• 血糖降下薬を飲んでいる方• 手術や抜歯の予定のある方• 胃腸が弱い方 イチョウ葉エキスには、血流を改善したり、抗血液凝固作用があることを説明しました。 そのため、これらの病気の治療で薬を飲んでいる方は、脳のためにと思ってイチョウ葉エキスを飲んでしまうと、 出血傾向が高まってしまいます。 血液凝固防止薬以外に、解熱鎮痛薬の飲んでいる方も注意が必要です。 解熱鎮痛効果を得るのに、 血液を固まらせる作用の部分を抑制する薬があるためです。 また、血糖値にもイチョウ葉エキスは影響するため、糖尿病治療中の方などは、血糖値が低下しすぎる場合があります。 血液凝固や血糖値へのイチョウ葉エキスの影響は、命に直結する場合もあるため、イチョウ葉エキスを服用したい場合は、医師や薬剤師に相談してからにしてくださいね。 さらに、イチョウ葉エキスは抗血液凝固作用があることから、手術や抜歯などの出血を伴う場合に、止血がしにくい状態になってしまいます。 イチョウ葉エキスは 服用を中止してから2週間程度は効果が持続するといわれているため、手術などの予定がある方は、早めにイチョウ葉エキスを飲んでいることを、医師や薬剤師に申告してくださいね。 最後に、イチョウ葉エキスは、胃に負担をかけやすく、胃のむかつきなどの不快感が現れます。 そのため、元々胃腸や弱い方は、イチョウ葉エキスによりさらにダメージを負う可能性もあるので、注意しましょう。 胃腸の不快感やめまいなどの症状は、イチョウ葉エキスに含まれるギンコール酸の仕業です。 サプリメントによっては、ギンコール酸が除去されているものもあるので、それを選んでみるのもおすすめです。 スポンサーリンク まとめ イチョウ葉エキスは、脳にうれしい効能がつまっています。 イチョウ葉エキスの嬉しい効能は、次の3つです。 脳機能障害の改善:認知症やうつ病の改善や予防• 抗血液凝固作用:脳梗塞などの予防• アレルギー性疾患の改善:花粉症や喘息などの改善や予防 イチョウ葉エキスのサプリメントを飲むだけで、大切な脳の病気を改善したり、予防してくれるのは、嬉しいですよね。 特に、脳の病気の治療は、根治に時間がかかる場合も多いのが現状です。 脳梗塞などが起きると、手術で一命をとりとめても、長い時間をかけてリハビリが必要な場合もあります。 また、うつ病についても、ストレス社会では、多い病気の一つですよね。 これらが、イチョウ葉エキスで予防できるとなれば、ぜひ取り入れたいものです。 しかし、イチョウ葉エキスの効果は優れている反面、元々、抗血液凝固薬などの薬物療法をされている方は、効果が倍増してしまい、結果体調を崩す場合もあるので、 服用には、医師や薬剤師に相談してからにしましょう。 私は、ギンコール酸除去のサプリメントと、除去されていないサプリメントを飲み比べてみました。 除去されていないものは、頑丈な胃腸の持ち主の私でも、胃がむかむかして、継続してサプリメントを飲むにつれ、症状が重たくなっていきました。 ギンコール酸除去については、イチョウ葉エキスとパッケージにあるものを選んでみましょう。 サプリメントの中には、イチョウ葉を粉砕したものも販売されており、イチョウ葉粉砕の場合、ギンコール酸を多く含むことがあります。 初めて試される方には、絶対にギンコール酸除去のイチョウ葉エキスをおすすめします。

次の