結膜炎 ロキソニン。 結膜炎による目の痛み。不快な症状を早く和らげるには?

ロキソニンによる副作用

結膜炎 ロキソニン

目のかゆみや充血を感じたら、結膜炎が原因である可能性が考えられます。 結膜炎は白目やまぶたの裏側を覆う結膜が炎症を起こす病気です。 原因はさまざまありますが、治療すれば数週間で治ることが多い病気です。 しかし、目薬を使用しても一向に良くなる気配が無い、という場合は、アレルギーが原因となっている可能性があります。 今回はアレルギー性結膜炎が治らない原因と対処法、治療法や目薬について解説します。 結膜炎が治らない原因は? 結膜炎は主に「感染性結膜炎」と「非感染性結膜炎」の2種類に分類されます。 感染性結膜炎は細菌やウイルスなどが原因で発症し、治療をすれば数日〜数週間で治ることが特徴です。 一方、非感染性結膜炎は、アレルギーが主な原因となる結膜炎です。 花粉やハウスダストなどに目がアレルギー反応を出すことにより、かゆみや充血が起こります。 アレルギー性結膜炎は、原因となるアレルゲンに触れなければ症状は発生しませんが、日常生活でアレルゲンを完全に避けることは難しいのが現状です。 そのため、目薬をさしていても症状が治らない場合は、アレルギー性結膜炎である可能性が高くなります。 関連記事 コンタクトが結膜炎の原因になることも アレルギー性結膜炎の主な原因は花粉やハウスダストですが、コンタクトの汚れが原因で発症する場合があります。 コンタクトレンズの汚れが原因となっている場合、コンタクトを装着し続けていると症状が悪化する可能性があるため、眼鏡に切り替えることが望ましいです。 また、花粉やハウスダストが原因で結膜炎を発症している場合でも、コンタクトを装着していると、レンズに原因となる物質が溜まりやすいためメガネへの切り替えを検討しましょう。 アレルギー性結膜炎の治療 アレルギー性結膜炎では、基本的に目薬を使用した対症療法となります。 アレルギー性結膜炎の治療でまず使用されるのが、抗アレルギー点眼薬です。 抗アレルギー点眼薬には、かゆみの原因となるヒスタミンの働きを阻止するヒスタミンH1拮抗(きっこう)点眼薬と、ヒスタミンの放出を抑えるメディエーター遊離抑制(ゆうりよくせい)点眼薬があります。 市販薬の活用 抗アレルギー点眼薬は市販薬でも販売されています。 自分の結膜炎の症状がアレルギー性結膜炎だと判明している場合は、市販薬も活用できます。 関連記事 目薬にプラスアルファのセルフケア 冷たいタオルや保冷剤で目を冷やすことでも、一時的に目のかゆみや炎症を抑えることが可能です。 また目薬の効果をより発揮させるために、防腐剤の入っていない人工涙液で目を洗い流してから点眼することも効果が期待できます。 目をこすったり叩くのは危険! なかなか症状が治らないからといって、目を直接こすったり叩くのは絶対にやめましょう。 症状が悪化するだけでなく、他の病気を誘発する可能性もあります。 目薬でも症状が治らない場合は、病院を受診して自分の結膜炎の原因を特定させることが治療の近道です。 アレルギー性結膜炎であることが確定したら、アレルギーの原因物質を防ぐ対策を行いましょう。 ・室内の清掃をこまめに行う ・布団を常に清潔に保つ ・空気清浄機を使用する ・部屋の換気をこまめに行う ・花粉の時期は外出する時にマスクや帽子をつける ・家に入る前に衣服についた花粉を払い落とす ・コンタクトは正しく使用する.

次の

咽頭結膜熱はロキソニンで抑えられるよ!

結膜炎 ロキソニン

咽頭結膜熱の特徴 咽頭結膜熱は アデノウイルスによる感染症であり、アデノウイルスは1年を通して存在しますが、 7月8月の頃にその感染の ピークを迎えます。 なぜ夏に多く感染するのか?というとプールを介して感染したり、 タオルを共有する事で感染したりするからと言われています。 アデノウイルスは感染力が高く、その感染源は 保菌者の唾などの体液で、 感染を避ける為にはプールの後の流水による洗浄と、 タオルなどの共有を避ける事が大切とされています。 アデノウイルスも一度 抗体が出来れば同じウイルスに感染する事はありませんが、 その種類が 51種にも及ぶ為、1つの種類に抗体が出来ても また別の種類に感染する事は起こり得るのです。 また、 感染力が強い為、家族に感染者が出ると 大人でもそのウイルスの抗体を持たなければ感染してしまいます。 咽頭結膜熱の治療法 咽頭結膜熱は感染後 3~7日の潜伏期間を置いて発病します。 その症状は 発熱、喉の痛み、結膜炎が3大症状です。 熱は 39度から40度という高熱になり、扁桃腺が腫れて、目も充血して真っ赤になります。 しかし、この病気には治療薬が存在しません。 抗生物質は効かず、 対症療法を行うのみです。 その為、子供の場合は アセトアミノフェンなどで 解熱鎮痛治療を行います。 また、熱による脱水症状に注意して水分補給を十分に行う必要があります。 目の充血が酷い場合は 専用の目薬を処方される事になります。 アセトアミノフェンは効果の弱い薬ですが、胃に優しく、体に負担が少ない薬です。 その一方で、大人が咽頭結膜熱に罹った場合は その症状を抑えるのに ロキソニンが即効性があります。 ただ、副作用として稀に アナフィラキシー症状や 急性腎不全、呼吸困難、溶血性貧血、頭痛や 嘔吐、 再生不良性貧血など、非常に重大な副作用を起こす場合がありその服用には注意が必要です。 更にロキソニンの子供への影響はまだはっきりしていない為 子供への投与は危険とされています ロキソニンの効果 ロキソニンは病気による発熱や痛み、生理痛、 手術や抜歯の後の 鎮痛などに高い効果があるとして使用される薬です。 炎症や痛みの原因である プロスタグランジンの生成に関与する酵素 である シクロオキシゲナーゼを阻害する事によって 痛みや炎症を抑える事が出来ます。 ロキソニンは病院などで処方される薬ですが第一三共ヘルスケアより、 市販薬として ロキソニンSが販売されていて解熱鎮痛薬として家庭でストック服用が出来る薬でもあります。 但し、 15歳未満は 使用不可となっていて子供の解熱鎮痛には使えません。 また、妊婦にも悪影響が考えられるとして妊婦の服用も避けるようにと指導されています。 他には血液に障害がある人や、腎臓や肝臓に問題がある人、 アレルギーがある人や高齢者も避けるべきとされています。 ロキソニンは効果が高い為、人気がある鎮痛剤です。 しかし、子供や妊婦、お年寄りには絶対に使用しないようにしてください。 常用するのも危険があるとされているので、なるべく短期の服用で抑えるようにしましょう。 プールとプール熱 プールはあの独特の匂いで分かるように強力な消毒薬が使われています。 それなのになぜ プール熱、咽頭結膜熱になってしまうのでしょう? 実はこの アデノウイルスには 消毒薬は効きづらいのです。 なので保菌者の体液によってプールが汚染されてしまい そこから感染するという事が起きてしまいます。 消毒薬が効き辛いという事は当然ながら手指の消毒だけで安心は出来ないという事になります。 なので、プールのシーズンはプールの後は必ずシャワーで体を洗い 目を流水で洗うという事が大切になるのです。 家庭でも、外出から帰ったら、 石鹸で手を洗いうがいをする事がとても大切です。 また、家族内であってもタオルの共有は出来るだけ避けるようにしましょう。 全員が 発病してしまうと誰かが無理をして動かなければならないので 負担が掛かる人が病気を悪化させてしまう可能性があります。 そんな時は ロキソニンで症状を抑えれば大丈夫と思うでしょうが、 前述したようにあまり薬に頼るのも危険なのです。 なるべく病気に罹らないように注意する事がまず大切です。

次の

《医師直筆》ドライアイとは違う?乾燥性角結膜炎の症状対策

結膜炎 ロキソニン

左目が充血してたので三週間ほど前に眼科に行ったのですが上強膜炎と診断されました。 先生に処方していただいた2種類の目薬(クラビット点眼液0.5%、オドメール点眼液0,02%) を言われた通り使用していたのですが良くなるどころか逆に悪くなってる気がしたので1週間後に再度眼科に行きました。 そしたら2種類のうち1種類の目薬オドメール点眼液を強くしましょうということでオドメール点眼液1%に変更してネオメドロールEE軟膏というものを新しく処方していただきました。 そして言われた通り薬を使用していたのですがやはり良くならないのでまた1週間後に眼科に行ってきました。 そしたら今度は目薬を2種類とも中止して新しく処方していただいたリンデロン点眼液0.01%と涙タイプの目薬をただ今使用中なのですがやはりあまり良くなっているとは言い難い状況です。 行くたびに薬を変えていただいているのですがあまり調子が良くならないので心配になってきました…。 現在の症状は目の充血。 コメカミ付近の痛み。 上マブタの奥の方の痛み。 目が乾いてる感じです。 詳しい方いらしたらどうか教えてください。 あと上強膜炎にかかった事のある方はどの位の期間で完治したなどの状況を教えていただけたら とても助かります。 どうかよろしくお願いいたします Q 子どもの話です。 2年前から、花粉症になり、1年目・2年目は眼の症状がひどかったので、眼科に行き、眼圧など測定の上で、ピトス点眼薬が処方され使用していました。 今年は、鼻症状もひどくなったので、小児科を受診し、血液検査によるアレルギー検査をしてもらい、 内服薬、点鼻薬、フルメトロン点眼薬0. 02%処方され、使用中です。 色々調べてみると、ステロイド点眼薬の長期使用は避けたほうが良いらしいのですが、毎日、朝晩2回、1ヶ月近く使用し続けています。 6月初め(中旬?)位まで、花粉の時期が続きますが、 このステロイド点眼薬をこのまま使用し続けてもいいのでしょうか。 朝1回使用し忘れたら、3時くらいにはとても目を痒がりました。 A ベストアンサー 眼科に勤務しております。 確かにステロイド点眼薬の長期使用は あまり良くないと思います。 ステロイド点眼薬の副作用としては 眼圧上昇や緑内障・白内障などがよく言われていますので 定期的に眼圧を測ってもらい上昇していないかアレルギーの症状に変化はあるかなど 様子ををみてもらいつつ使い続けても良いか医師に判断を委ねるべきだと思います。 副作用にしてもアレルギー症状にしても個人差はありますから、 「これくらいの期間なら使用を続けても平気」などこの場で断言するのは 危険だと思いますので、今お使いの点眼薬をお持ちになり ぜひお近くの眼科を受診される事をおすすめします。 特にお子様なので何かあってからでは遅いですからネ お大事にしてください。 A ベストアンサー コンタクト長期使用者では、質問文にあるような充血(時計の針に見立てて、9時-3時の方向に充血が走る)が見られやすく、この充血はコンタクトを外していてもなかなか引きません。 コンタクトは酸素不足になるほか、機械的刺激も加わるので、どうしても充血しやすくなります。 ドライアイの傾向がある方では特に充血しやすくなり、角膜にもキズがつきやすいので、気になる時、痛む時は外して様子を見る他は無いといった感じです。 また、アレルギー症状が見られる場合は、コンタクトはやはり外して生活する方が目には負担になりません。 ムコファジンはビタミンを含んだ角膜保護のお薬で、充血を取るのを目的としたものではありません。 ですが、ドライアイのために結膜炎様の症状があり、これを防ぐ目的として処方されていると思われますので、用法・用量を守り、点眼し、それでも痒み等が出るのであれば、薬に対してのアレルギーも考えられるのでもう一度眼科受診してください。 Q 結膜下出血時の「ケア」「してはならないこと」について教えて下さい。 昨日午後、自覚症状がないのに左目(目元から黒目まで)が異様に充血していることに気づき、今日医師から「結膜下出血」を 診断されました。 厳密には、「大丈夫です。 出血を早く吸収する薬はないので、放っておきましょう。 」 とだけ言われ、看護士より「結膜下出血」のブックレットを渡されました。 医師が病名を口頭で言わない ことに不信感を感じざるを得ませんが、それは別として…。 A・自然治癒に頼らない方法がありますか? B・自然治癒を応援するためのケアの方法、 C・悪化させないためのケア(してはならないこと)を教えて下さい。 また、 D・本当に原因が判らないのです。 発症前前日に仕事で午前中いっぱいプール指導(晴天下、濃い目の塩素)をし、また、当日にいきなり逆立ちの練習(逆立ちの状態で歯をくいしばるような状態をしばらく維持)したのですが、これが原因でしょうか? 診察時に、これらのことも全て相談したのですが、医師はスルーしてしまい、うやむやにされてしまいました。 A ベストアンサー こんにちは。 診断は結膜下出血で間違いはないと思います。 渡されたブックレットはお読みになりましたでしょうか。 おそらくその中に原因はいろいろあるが、原因不明のことも多いと書いてあると思います。 目をついたなどの怪我や、結膜炎に伴う出血でなければ、心配はないのでそのまま様子見てよいと思います。 出血の量にもよりますが1~3週間程度で吸収されます。 さて、A~Cに対する答えですが、結膜下出血に出来ることはなにもなく、自然に吸収されるのを待つしかありません。 しいて言うならば、出血が固まるまでは、飲酒をしないことくらいでしょうか。 必ず治りますので、様子見てください(ただし出血が増えるなら、念のためもう一度眼科受診をお勧めします)。 お大事に Q 眼球に注射する場合とは? 数日前より、左目が痛くて充血しており、今日眼科に行きました。 眼科で見てもらったところ、角膜にばい菌が入って、軽く炎症を起こしているとのことで、しばらくコンタクトの装用はやめとくように言われ、病院ではばい菌を殺す目薬をしてもらい、ドライアイ用の目薬と、ばい菌を殺す目薬、そして、ばい菌を殺すのと炎症を抑える効果のある眼軟膏をもらい、多分しばらく通院になると思いますが、「眼球に注射するのでは」という心配があります。 今まで、一回流行り目になったことがありましたが、そのときも目薬の治療で、注射にはならなかった(といいますか、眼科の注射というイメージがなかっただけだと思います)ですが、一度、コンタクトの定期健診にいったときに、前の患者さんが何の病気だったかは知りませんが、眼球に注射されていて、痛そうで怖い印象がありました。 そこで、お聞きしたいのですが、 1:眼球に注射されたことはありますか?(ある場合は、どんな状況でされましたか?) 2:私のような症例の場合は、注射される可能性はありますか? ちなみに、まぶたや眼球にぶつぶつが出来ているだとか、腫れているということはありません。 眼球に注射する場合とは? 数日前より、左目が痛くて充血しており、今日眼科に行きました。 眼科で見てもらったところ、角膜にばい菌が入って、軽く炎症を起こしているとのことで、しばらくコンタクトの装用はやめとくように言われ、病院ではばい菌を殺す目薬をしてもらい、ドライアイ用の目薬と、ばい菌を殺す目薬、そして、ばい菌を殺すのと炎症を抑える効果のある眼軟膏をもらい、多分しばらく通院になると思いますが、「眼球に注射するのでは」という心配があります。 今まで、一回流行り目になったことがあ... Q 一ヶ月前に結膜炎になりました。 目の充血、かゆみ、まぶしさ、ゴロゴロ、涙 市販の抗菌目薬を使っていましたが 結膜炎になって一週間後に白目が充血でなく 内出血して真っ赤になってしまいました。 白目全部が血の色でした。 ビックリして夜間診療の大学病院に駆け込みまして クラビットとフルメトロンという点眼薬を頂きましたが 二週間点眼しても出血以外の症状は治まらず 近くの眼科でクラビットとオドメールという薬をもらいました。 ステロイド系の目薬をさし始めてから視力が落ち始め 0. 8あった視力はものすごく下がりました。 目の検査のワッカの一番上も見えず 新聞の大文字の2センチ四方の文字も見えません。 車の運転にも支障があります。 ガチャ目なので歩いててフラフラしますし頭も痛いです。 耳の前にグリグリがあって痛いです。 ステロイド系の薬の長期連用は副作用も怖いですが 勝手にやめてしまうのもダメと医者には言われました。 視力低下も後遺症として残るかもと言われ不安です。 遠くも見えないしむ10センチぐらいの近くも見えません。 医者は薬を出すだけでその他のことは何もしてくれません。 たぶんウィルスのせいなので(細菌検査は陰性でした) 薬は無いといいますが 結膜炎って長期化することはあるのでしょうか? まだ目は充血して少し痒いし、まぶたには違和感もあります。 重たいような・・・。 視力はこのままなのでしょうか・・・? ステロイドをこのまま使い続けて失明とかしないのでしょうか? 一ヶ月前に結膜炎になりました。 目の充血、かゆみ、まぶしさ、ゴロゴロ、涙 市販の抗菌目薬を使っていましたが 結膜炎になって一週間後に白目が充血でなく 内出血して真っ赤になってしまいました。 白目全部が血の色でした。 ビックリして夜間診療の大学病院に駆け込みまして クラビットとフルメトロンという点眼薬を頂きましたが 二週間点眼しても出血以外の症状は治まらず 近くの眼科でクラビットとオドメールという薬をもらいました。 ステロイド系の目薬をさし始めてから視力が落ち始め 0. 8あった... A ベストアンサー 大阪の眼科医です。 まずはやりめといわれる流行性角結膜炎(EKC であると仮定してお話させて頂きます。 EKCの場合はウイルス感染であるので、治療薬はなく、クラビットなどの抗菌薬で二次感染を予防し、ステロイドで炎症を抑えます。 通常EKCは点眼薬などで様子をみて2週間もすれば沈静化します。 ただ時々EKC後のアレルギー反応のようなものがおきて角膜に混濁が怒ってくることがあります。 これを点状表層角膜炎といって、ステロイドで消炎することで対応します。 ただ、点状表層角膜炎はステロイドによく反応する疾患であるのですが、再発が多いのです。 人によっては延々とステロイドをし続けなくてはならない場合があります。 もちろんステロイドの副作用として眼圧上昇や感染がありますので、合併症の状態に応じて休薬したりしながら様子を見ていかねばなりません。 眼科で必ずフォローしていただかなくてはいけないのは眼圧です。 その場合、空気がポンと飛ぶようなのではなく、目に直接眼圧計があたるタイプの眼圧計(アプラネーション)が必要です。 次にはやり目でない可能性についてお話します。 結膜炎のように高度の充血をおこすが、ウイルスではない疾患もあります。 たとえばブドウ膜炎や上強膜炎などです。 今かかっておられる眼科は恐らく開業医だと思いますが、そのあたりのことは何か言われていませんか?眼圧はちゃんと測っていただいてますでしょうか? ステロイドを点眼していることで鑑別診断が困難になる場合もあるので、一度大きな病院の眼科で相談する必要があるかもしれません。 追加で不明点があるようであればまたお答えするようにいたします。 大阪の眼科医です。 まずはやりめといわれる流行性角結膜炎(EKC であると仮定してお話させて頂きます。 EKCの場合はウイルス感染であるので、治療薬はなく、クラビットなどの抗菌薬で二次感染を予防し、ステロイドで炎症を抑えます。 通常EKCは点眼薬などで様子をみて2週間もすれば沈静化します。 ただ時々EKC後のアレルギー反応のようなものがおきて角膜に混濁が怒ってくることがあります。 これを点状表層角膜炎といって、ステロイドで消炎することで対応します。 ただ、点状表層角膜炎はステロイドによく反応す... Q 私の母が、眼球に変な『できもの』がある言うのでよく見てみると、瞳(黒目の部分)と白目の境目に、水ぶくれのような『できもの』がありました。 母は、数ヶ月前に、古くなったシャッターを下ろすとき、目に鉄の欠片が入ったのですが、レントゲン検査した結果、結局、鉄の欠片は見つかりませんでした。 本人は、目に違和感が残ったままでしたが、目薬を毎日するしかないとのコトでした。 それから、今日まで来たのですが、この間、朝、起きると目が真っ赤に充血したり、目が痒かったりするコトも多かったのですが、母は、家族に心配させたくなかったようで、この『できもの』ができるまで何も言いませんでした。 数ヶ月前の鉄の欠片と、今回の『できもの』は関連性が無いかもしれませんが、この『できもの』が緊急を要するモノなのかどうかも分からず、とても心配です。 どうか、知識ある皆様方のお声をお聞かせ下さい。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私も先日、白目の部分に同様の出来物が出来ました。 痛みなどは特になかったのですが、まばたきする時などに引っ掛かるような違和感があってうっとうしかったので病院に行ったところ、 (正式な病名は忘れましたが)白目の膜の下に水が溜まっている、とのことでした。 (特に珍しい症状ではないようでした) 小さいものなら点眼でも治すことが出来るようでしたが、私の場合は少し大きいものだったのでその場で中の水分を抜いてもらいました。 (点眼麻酔後、注射器のようなもので吸い出す) 初診で行った病院でそのまま処置してもらい約10分ほどで終了しました。 終了後少し(痛みというより)痒いような違和感がありましたが、病院で出してもらった目薬をさしているうちに1~2日で治りました。 病院には最初の1回しか行っていません。 同じ症状かどうかは判りませんので緊急性についてはお答えできませんが、 お母さまも目に違和感があるのは間違いないと思いますのでそれを取り除くためにも一度眼科を受診するといいのではないでしょうか。 以上、ご参考まで。 Q コンタクトレンズ使用者ですが、目に違和感があり眼科を訪れました。 1月7日のことです。 キズが入っているということで目薬を2種類処方されました。 3日後に改めて受診し、順調に回復していると言われ、 1週間後にまた来てくださいと言われました。 目がコロコロするような違和感も収まり、もう治ったかと思っていた 1月14日の夜に、突然、両目ともに、 大量の目ヤニと涙が出続ける症状が発生しました。 休みあけの月曜17日に慌てて同じ眼科に行くと、 アデノウイルスというウイルス性結膜炎ですと診断されました。 しかも、「うちの患者さんからの院内感染です」と告白されました。 あまりのアッサリとした告白に、医療の知識もない当方は戸惑いながらも 「それってひどくないですか?」と言うと 「大きな病院に行って風邪をもらってくるのと同じです」と言われました。 前回の処方された目薬を使い続けてくれということでした。 納得いかないまま治療費を払い、それにも腹が立ちましたが。 それから目ヤニと涙と格闘し、1週間経過したころからはだいぶ目ヤニの量も減りましたが、 依然として症状がなくなることなありませんでした。 本日で2週間と3日経過しております。 目ヤニもほとんどなくなりました。 が、しかし。 1週間前ほどからの新たな症状に悩まされています。 それは視力の低下と視界の白濁です。 キズが入ったと言われた1月7日からずっとメガネで生活しております。 目ヤニが収まってくると同時にかわりに 視力が低下して視界が白濁しているような曇っているような症状を自覚していき、 ここ数日に至ってはそれがとてもひどくて困っています。 これは想定内の症状なのでしょうか。 それとも何か不安が的中するような新たな症状を発症しているのでしょうか。 別の眼科に行くにしても、眼科に行くととてもお金がかかって仕方がないので、 知識を得てから、行くべき時に行きたいと考えております。 どなたか、詳しい方、教えていただけますか? 何卒、宜しくお願いいたします。 コンタクトレンズ使用者ですが、目に違和感があり眼科を訪れました。 1月7日のことです。 キズが入っているということで目薬を2種類処方されました。 3日後に改めて受診し、順調に回復していると言われ、 1週間後にまた来てくださいと言われました。 目がコロコロするような違和感も収まり、もう治ったかと思っていた 1月14日の夜に、突然、両目ともに、 大量の目ヤニと涙が出続ける症状が発生しました。 休みあけの月曜17日に慌てて同じ眼科に行くと、 アデノウイルスというウイルス性結膜炎ですと診... A ベストアンサー 結膜炎が角膜に及ぶと最悪、失明の危険性もあります。 症状を拝見しておりませんし文面だけからは状況が不明ですが、 視界が白濁してきたとなるとすぐに眼科医を受診される事を強くお勧めします。 しかし、眼科に掛かる事でまた別な病気をもらってしまう事が心配なのですね? アデノウイルスによる結膜炎は、 夏場にプールで感染する(プールのような大量かつ塩素殺菌されている水であっても ウイルスが死なずに感染する)ことでよく知られているように大変感染力が強く、 容易に手指感染します。 つまり、感染者が触れたもの、例えばドアノブとか椅子の手すりとかに触れて その手(指)で身体のどこかの粘膜(眼、鼻、口含む)に触れてしまうと 簡単に感染してしまいます。 従って、手指が清潔だと確認できる状況でない限り粘膜には絶対に触れない、 また、外出から帰宅時には正しい手洗いを行うことを励行さえすれば大丈夫です。 youtube. その眼科の医師は「院内感染」とお話しされたとのことですが、 電車やバスの手すりなどから感染した可能性も否定できないのに、 ご自分の責任の可能性を伝えられたのですから、むしろ、とても正直で信頼できる 医師なのではないでしょうか? 結膜炎が角膜に及ぶと最悪、失明の危険性もあります。 症状を拝見しておりませんし文面だけからは状況が不明ですが、 視界が白濁してきたとなるとすぐに眼科医を受診される事を強くお勧めします。 しかし、眼科に掛かる事でまた別な病気をもらってしまう事が心配なのですね? アデノウイルスによる結膜炎は、 夏場にプールで感染する(プールのような大量かつ塩素殺菌されている水であっても ウイルスが死なずに感染する)ことでよく知られているように大変感染力が強く、 容易に手指感染します。 つまり、感染... Q 3日前くらいから唇に 小さいぶつぶつができました。 リップ...

次の