プリキュアのまとめ。 プリキュアの都市伝説まとめ!怖い話や怖いシーンも紹介!

ヒーリングっど♥プリキュア|朝日放送テレビ

プリキュアのまとめ

Contents• そのため、あまり怖いシーンを入れると、次回からは見てくれなくなりますよね。 それでも、プリキュアの中には怖い話や怖いシーンがいくつかあるのです。 例えば、 子供達のトラウマとして有名なのが、「映画ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだち」です。 この映画では、敵に洗脳されたキュアブラックとキュアホワイトが、ガチの戦闘を繰り広げます。 普段は力を合わせて一緒に戦っている二人が、巨大なスクリーンで仲間割れしている姿に子供たちがショックを受けたそうです。 泣き出す子までいて、クレームが来たという噂も… これがきっかけで、以降はプリキュア同士の戦闘はなくなったらしいです。 しかし、フレッシュプリキュアで、プリキュア同士で戦うシーンが復活しました。 スポンサーリンク プリキュア達は相手が敵だと思って戦っているのですが、実は幻覚を見せられていて、プリキュア同士が戦っていたんですね。 映像上では、プリキュア同士が直接ダメージを与えるシーンはないように作られています。 だから、雪空のともだちほどショッキングではないですね。 それから、他にも 怖いシーンとして有名なのが「Yes! プリキュア5 23話 大ピンチ! 悪夢の招待状」です。 こちらはプリキュアシリーズでトップクラスのホラー回として有名な怖い話です。 まず話の流れとしては、プリキュアメンバー5人がささいなことがきっかけで喧嘩をしてしまい、友情にひびが入るところから始まります。 そうして、次の日、のぞみ以外のプリキュアメンバー4人が黒い本音のようなものを突き付けられ、ひとり、またひとりと絶望していくのです… それぞれが絶望していくシーンも怖いのですが、中でも一番怖いと言われているのが、キュアミントことこまちのシーンです。 こまちの時には「こまちちゃん人形」が現れ、こまちに語り掛け絶望させたあと、こまちを飲み込んでしまうのです。 これはランダムなので、グーの時もあればパーの時もあるし、チョキの時もあります。 アニメでじゃんけんといえば、サザエさんが有名ですね。 「来週もまたみて下さいね~」と言って、番組の最後にじゃんけんをします。 これが、実は 二人はじゃんけんをして勝ち負けを争っているのではないかという都市伝説があったんです。 プリキュアは日曜の朝、サザエさんは日曜の夜と、同じ曜日に放送されていることから、こう言われたようですね。 ちまたでは「日曜じゃんけん戦争」なんて呼ばれていたようです。 製作サイドが意識しているといった公表はないので、視聴者側が勝手に言い始めただけと推測されます。 サザエさんは10時間後というかなり有利な状況ではありましたが、勝率としてはぎりぎりプリキュアの方が上だったようです。 実は、 プリキュアのOPやEDの歌詞に、次回作のタイトルが隠されていると言われているのです。 色々なサイトで検証されていますが、前作の歌詞の中に次回作のタイトルの単語がチラホラ出てきます。 毎回必ず見つかるというわけではありませんが、振り返ってみるとこれそうだったのかも…!と気づけるレベルですね。 ちょっとこじつけ感があるかもしれないですが、探してみると面白いですよ。 しかし、なんと 30代男性もターゲットになっていたのです。 画像を見ると、女性のコアターゲットが4歳~9歳の、幼児と小学校低学年になっています。 こちらは納得できますね。 一方、男性の方を見てみると、19歳~30歳がコアターゲットとなっていますね。 つまり、男性の場合は大学生から一般人がメインターゲットということになります。 さらにサブターゲットを見てみると、女性では10歳~12歳の小学校高学年も入っています。 これはプリキュア卒業せずに、好きでい続ける子ですね。 男性のサブターゲットは、16歳~18歳の高校生、31歳~35歳の一般の方になっています。 メインターゲットとサブターゲットを合わせると、女性の場合は4歳~12歳の9年分です。 男性の場合は16歳~35歳と20年分になります。 男性の方が、ターゲットの年齢層の幅が広いですね。 つまり、プリキュアの本当のターゲットは、30歳を中心とした男性ということになるんでしょうね… しかし一方では、あくまでこれはプリキュアDVDの購入層としてのターゲットという意見も。 実は、画像の出所がはっきりしていないため、そう言われているようです。 真相がはっきりしていないなんて、まさに都市伝説ですね。 中学生の女の子らしい、かわいい片思いですね。 一方、相方であるキュアホワイトこと雪城ほのかは、男性にあまり興味が無いという設定でした。 このことから、 キュアホワイトは同性愛者では?という都市伝説が広まりました。 公式で「男性に興味が無い」と設定されていたら、つまりはそういう事に解釈できますよね。 さらには、キュアブラックを狙っているのでは?という噂も。 しかしこれには理由がありました。 実は、敵がイケメンになって潜入した際に、キュアホワイトはそっけなく冷静な態度だったため、逆に敵の興味を引いたのです。 そして最終的には、その敵を改心させるまでにいたりました。 キュアホワイトが普通の女の子のように、男の子に興味をもったり態度が変わるようなら、このような展開にはなりません。 話の展開のために、男性には興味のない設定になっていたようです。 こんばんは。 について語りたいと思います。 センシティブ注意!! こういうタブー破りも、ハピが不評である一つの理由なのでしょうかね? 私はまあ、よく冒険したなぁとは思いましたが。 なお、プリアラでいちかちゃんとあおちゃんとシエルさん、そしてひまりちゃんがいわゆる「悪堕ち」状態になってしまいましたね 因みにゆかりさんは幼少期の闇。 特にあおちゃんが酷くて、「プリキュアが施設を破壊する」という、ある意味対決よりタチの悪い暴挙をさせられてました。 のちの彼女の扱いを考えると、いたたまれません。 まあ大勢の同類がいる「大きいお友達」はあまりとやかく云うのは野暮でしょうけど、絶対数が多そうなので色々とケチがつくのは、仕方のない話かもしれません こんな言い方もなんですが。 とはいえ、中々メイン、サブ共にウケる作品は難しいかもしれません。 例えば、姫プリは好評価だったのに売上が良くなかった、あれはハピの不評だけじゃなく、「アナ雪」で姫モノに女の子が飽きちゃったという指摘や、真面目すぎた、というのもあります。 逆にここ最近では売上好調で幅広い層に影響を与えたはぐプリは、大きいお友達に大悪評だった感じがします。 まとめサイトはもうその件については見られたものではありません。 無論、私は両者が大好きなんですけど、「アレってそんなに良かったかな? 」「キャラさえ好きならいいんじゃないかな? 」なんて自問自答してたりします。 逆に男性同性愛、異性愛は烈火の如く叩かれておったそうな まとめより、まあ男性同性愛は二次や妄想に過ぎないのですが。 段々、「プリキュア」って「女の子のもの」ではなく「『プリキュア』ファンのもの」になってないかなぁなんて時々思います。 それを裏付けるかのように「作品の評価を下すのはファン」という発言を耳にしました。 もっとも、制作陣はあまり意識してるようでしてないのかも 「売る」という立場なら話はまた別ですが。

次の

歴代プリキュアが変身する時の名乗り口上まとめ

プリキュアのまとめ

「かわいい女の子が悪と戦い世界を守る!」いつの時代も女児に人気のあるテーマですね。 この永遠のテーマで最近の子どもたちを魅了するのが、大人気テレビアニメ「プリキュアシリーズ」です。 2004年から続くプリキュアシリーズは、2016年の「魔法つかいプリキュア」で13作品目となりました。 シリーズごとに作られる映画も大好評です。 また、ゲームやミュージカルといった分野でも活躍中。 毎作品ごとに出される変身グッズやおもちゃも大人気です。 プリキュアとはプリティ(かわいい)とキュア(癒し)の造語です。 内容は、普通の女の子がプリキュアに変身して、悪と戦うストーリー。 パートナーとなるかわいいキャラクターがいるのも、シリーズに共通しています。 主に幼児~小学校低学年に人気があり、毎年2月から新しいシリーズが始まります。 子どもと一緒に見ていてプリキュアの決めポーズや必殺技の台詞、主題歌を覚えてしまったなんていう大人も多いはず!みなさんはどのプリキュアをご存知ですか? 今回は、プリキュアの歴代作品やキャラクターのまとめ、さらにはおすすめのおもちゃなどをご紹介します。 これであなたもプリキュア博士ですよ!! 女の子の憧れ「プリキュア」とは プリキュアは、幼稚園くらいの女の子の好きなキャラクターランキングで上位に入るアニメキャラクター。 「いつか私もプリキュアになりたい!」という憧れの存在のようです。 プリキュアは2004年に「ふたりはプリキュア」というタイトルで放送が始まりました。 その後は「ふたりはプリキュアMax Heart」、「Yes!プリキュア5」、「ハピネスチャージプリキュア!」などを経て2016年から始まった「魔法つかいプリキュア」に至ります。 男児向けのスーパー戦隊シリーズのように、毎年テーマや名前が変わりますが、必ず「プリキュア」の部分は入っています。 シリーズによって多少の違いはありますが、パートナーとなる妖精がプリキュアとなって世界を救ってくれる女の子を探します。 そして、プリキュアとなった女の子は悪と戦い平和を守る伝説の戦士となるというストーリーです。 シリーズによってプリキュアメンバーの人数は違いますが、プリキュアに変身したときの名前は全て「キュア〇〇」に統一されています。 テレビでは朝日放送系列で放送されています。 毎週日曜日の8時30分から放送されている地域が多いそうです。 魔法をテーマとしたプリキュアが人気! 出典: 2016年に放送されているプリキュアは、プリキュアシリーズとしては初めて「魔法、魔術」をテーマにしています。 そんな2人の敵は世界を闇の世界で覆うことを目的としたドクロシー一味。 彼らが仕掛けてくる悪事をプリキュアたちが悩みながら、時には対立しながら成長して倒していきます。 プリキュアたちの戦う姿は子どもたちの心をひきつけてやみません。 【4作目】Yes!プリキュア5 出典: 4作目は「Yes!プリキュア5」です。 3代目の新しいプリキュアが登場し、今まで2人だったプリキュアが5人になるという形でスタートしました。 夢原のぞみ(キュアドリーム)は通学途中でイケメンと出会い、その後そのイケメンを学校の図書館まで追いかけ、光る本を取り合いしていたところ、そのイケメンが妖精に。 怪物コワイナーが2人に襲いかかった時、変身アイテムが腕に装着され、夢原のぞみはプリキュアに。 その後幼馴染の夏木りん(キュアルージュ)、後輩の春日野うらら(キュアレモネード)、先輩の秋元こまち(キュアミント)、水無月かれん(キュアアクア)が加わり、5人が悪と戦うストーリーとなっています。 【6作目】フレッシュプリキュア 出典: 初代プリキュアシリーズから関わってきたスタッフが一新し、まさにフレッシュになったプリキュアです。 主人公の桃園ラブ(キュアピーチ)はダンスユニットに憧れを持つ中学生。 偶然入った占いの館で悪の幹部であるせつな(イース)と出会います。 その後ラブがダンスユニットのイベントに行った際に、せつな(イース)が悪の使者を送り込みピンチを迎えます。 その時ラブがキュアピーチに覚醒して悪の使者を倒します。 その後蒼乃美希(キュアベリー)と山吹祈里(キュアパイン)も加わって3人のプリキュアで悪に挑みますが、もう1人プリキュアがいることに気付きます。 悪と戦っている中、仲の良かったせつなが実は自分の敵であったと気づいたラブ(キュアピーチ)はとてもショックを受けます。 しかし、せつなを改心させるために戦います。 その結果、せつなはキュアパッションとして覚醒をし、ラブ(キュアピーチ)達とともに悪と戦うこととなったのです。 フレッシュプリキュアは敵がプリキュアに改心するという新しいストーリー。 今まで主な支持層であった幼稚園児だけでなく、小学生も楽しむことができるプリキュアへと変化しました。 【8作目】スイートプリキュア 出典: 音楽用語で「組曲」を意味する「スイート」がタイトルとなった音楽をテーマとしたプリキュアです。 音楽の国メイジャーランドの演奏会が悲しい音楽の国マイナーランドの王に襲われ、メイジャーランドの女王が人間世界に音符をばらまきます。 その音符を取り戻す争いに北条響(キュアメロディ)と南野奏(キュアリズム)が遭遇し、プリキュアへと覚醒をします。 敵対していた悪の刺客である黒川 エレンもキュアビートとして覚醒し、敵を撃退していきます。 スイートプリキュアには謎の仮面のプリキュア、キュアミューズも登場します。 そして、その正体が次第に明かされていくという新しい展開が繰り広げられるプリキュアシリーズです。 【10作品目】ドキドキ!プリキュア 出典: 中学生の相田マナは社会科見学の行先でアイドルの剣崎真琴と出会います。 そして直後にトランプ王国の妖精達と悪との戦いに遭遇し、マナはキュアハートに覚醒します。 幼馴染の菱川六花(キュアダイアモンド)と四葉ありす(キュアロゼッタ)もプリキュアとして覚醒し、3人で悪と戦います。 アイドルの剣崎真琴が悪と対決していたソードと同一人物であるということが判明して、彼女もキュアソードというプリキュアとして覚醒します。 その後、4人のプリキュアが瀕死の状態で戦っているときに、謎の切り札のキュアエースというプリキュアが登場し、共に戦います。 途中で2人新たにプリキュアが加入するという新しいスタイルのストーリーです。 【12作品目】Go!プリンセスプリキュア 出典: Go!プリンセスプリキュアは女の子の憧れのプリンセスをテーマとしたストーリー。 プリンセスになりたいと憧れる春野はるかは、幼稚園の時に夢をバカにされて落ち込んでいた際に出会った少年から夢のお守りをもらいます。 その後中学生となったはるかはルームメイトの七瀬ゆいと夢の話をしますが、過去にバカにされた出来事を思い出して逃げてしまいます。 その際にゆいが怪物にされてしまい、はるかはゆいの夢を守るべくキュアフローラに覚醒します。 同じ学園の海藤みなみ(キュアマーメイド)と天ノ川きらら(キュアトゥインクル)、さらには途中で「黒きプリンセス」トワイライトが浄化された紅城トワ(キュアスカーレット)とともに悪に戦いを挑みます。 レギュラーシリーズからオールスターまで 出典: プリキュアシリーズの映画はレギュラーシリーズとオールスターズの2種類に分けられています。 どちらの映画でも入場者特典がついてくるので、プリキュアファンの子どもと一緒に映画を見に行ったパパママも多いのではないでしょうか? レギュラーシリーズはその時にやっているプリキュアシリーズの映画版。 だいたい10月頃に公開されます。 新シリーズの魔法つかいプリキュアの映画は2016年の10月29日(土)ロードショーとなり、プレゼント付き前売り券は2016年7月16日(土)に発売が決定されました。 劇場版オリジナルのリンクストーンがプレゼントされる予定となっています。 オールスターズ映画では歴代のプリキュアが勢ぞろい。 だいたい3月頃に公開されます。

次の

ヒーリングっど♥プリキュア|朝日放送テレビ

プリキュアのまとめ

Contents• そのため、あまり怖いシーンを入れると、次回からは見てくれなくなりますよね。 それでも、プリキュアの中には怖い話や怖いシーンがいくつかあるのです。 例えば、 子供達のトラウマとして有名なのが、「映画ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだち」です。 この映画では、敵に洗脳されたキュアブラックとキュアホワイトが、ガチの戦闘を繰り広げます。 普段は力を合わせて一緒に戦っている二人が、巨大なスクリーンで仲間割れしている姿に子供たちがショックを受けたそうです。 泣き出す子までいて、クレームが来たという噂も… これがきっかけで、以降はプリキュア同士の戦闘はなくなったらしいです。 しかし、フレッシュプリキュアで、プリキュア同士で戦うシーンが復活しました。 スポンサーリンク プリキュア達は相手が敵だと思って戦っているのですが、実は幻覚を見せられていて、プリキュア同士が戦っていたんですね。 映像上では、プリキュア同士が直接ダメージを与えるシーンはないように作られています。 だから、雪空のともだちほどショッキングではないですね。 それから、他にも 怖いシーンとして有名なのが「Yes! プリキュア5 23話 大ピンチ! 悪夢の招待状」です。 こちらはプリキュアシリーズでトップクラスのホラー回として有名な怖い話です。 まず話の流れとしては、プリキュアメンバー5人がささいなことがきっかけで喧嘩をしてしまい、友情にひびが入るところから始まります。 そうして、次の日、のぞみ以外のプリキュアメンバー4人が黒い本音のようなものを突き付けられ、ひとり、またひとりと絶望していくのです… それぞれが絶望していくシーンも怖いのですが、中でも一番怖いと言われているのが、キュアミントことこまちのシーンです。 こまちの時には「こまちちゃん人形」が現れ、こまちに語り掛け絶望させたあと、こまちを飲み込んでしまうのです。 これはランダムなので、グーの時もあればパーの時もあるし、チョキの時もあります。 アニメでじゃんけんといえば、サザエさんが有名ですね。 「来週もまたみて下さいね~」と言って、番組の最後にじゃんけんをします。 これが、実は 二人はじゃんけんをして勝ち負けを争っているのではないかという都市伝説があったんです。 プリキュアは日曜の朝、サザエさんは日曜の夜と、同じ曜日に放送されていることから、こう言われたようですね。 ちまたでは「日曜じゃんけん戦争」なんて呼ばれていたようです。 製作サイドが意識しているといった公表はないので、視聴者側が勝手に言い始めただけと推測されます。 サザエさんは10時間後というかなり有利な状況ではありましたが、勝率としてはぎりぎりプリキュアの方が上だったようです。 実は、 プリキュアのOPやEDの歌詞に、次回作のタイトルが隠されていると言われているのです。 色々なサイトで検証されていますが、前作の歌詞の中に次回作のタイトルの単語がチラホラ出てきます。 毎回必ず見つかるというわけではありませんが、振り返ってみるとこれそうだったのかも…!と気づけるレベルですね。 ちょっとこじつけ感があるかもしれないですが、探してみると面白いですよ。 しかし、なんと 30代男性もターゲットになっていたのです。 画像を見ると、女性のコアターゲットが4歳~9歳の、幼児と小学校低学年になっています。 こちらは納得できますね。 一方、男性の方を見てみると、19歳~30歳がコアターゲットとなっていますね。 つまり、男性の場合は大学生から一般人がメインターゲットということになります。 さらにサブターゲットを見てみると、女性では10歳~12歳の小学校高学年も入っています。 これはプリキュア卒業せずに、好きでい続ける子ですね。 男性のサブターゲットは、16歳~18歳の高校生、31歳~35歳の一般の方になっています。 メインターゲットとサブターゲットを合わせると、女性の場合は4歳~12歳の9年分です。 男性の場合は16歳~35歳と20年分になります。 男性の方が、ターゲットの年齢層の幅が広いですね。 つまり、プリキュアの本当のターゲットは、30歳を中心とした男性ということになるんでしょうね… しかし一方では、あくまでこれはプリキュアDVDの購入層としてのターゲットという意見も。 実は、画像の出所がはっきりしていないため、そう言われているようです。 真相がはっきりしていないなんて、まさに都市伝説ですね。 中学生の女の子らしい、かわいい片思いですね。 一方、相方であるキュアホワイトこと雪城ほのかは、男性にあまり興味が無いという設定でした。 このことから、 キュアホワイトは同性愛者では?という都市伝説が広まりました。 公式で「男性に興味が無い」と設定されていたら、つまりはそういう事に解釈できますよね。 さらには、キュアブラックを狙っているのでは?という噂も。 しかしこれには理由がありました。 実は、敵がイケメンになって潜入した際に、キュアホワイトはそっけなく冷静な態度だったため、逆に敵の興味を引いたのです。 そして最終的には、その敵を改心させるまでにいたりました。 キュアホワイトが普通の女の子のように、男の子に興味をもったり態度が変わるようなら、このような展開にはなりません。 話の展開のために、男性には興味のない設定になっていたようです。 こんばんは。 について語りたいと思います。 センシティブ注意!! こういうタブー破りも、ハピが不評である一つの理由なのでしょうかね? 私はまあ、よく冒険したなぁとは思いましたが。 なお、プリアラでいちかちゃんとあおちゃんとシエルさん、そしてひまりちゃんがいわゆる「悪堕ち」状態になってしまいましたね 因みにゆかりさんは幼少期の闇。 特にあおちゃんが酷くて、「プリキュアが施設を破壊する」という、ある意味対決よりタチの悪い暴挙をさせられてました。 のちの彼女の扱いを考えると、いたたまれません。 まあ大勢の同類がいる「大きいお友達」はあまりとやかく云うのは野暮でしょうけど、絶対数が多そうなので色々とケチがつくのは、仕方のない話かもしれません こんな言い方もなんですが。 とはいえ、中々メイン、サブ共にウケる作品は難しいかもしれません。 例えば、姫プリは好評価だったのに売上が良くなかった、あれはハピの不評だけじゃなく、「アナ雪」で姫モノに女の子が飽きちゃったという指摘や、真面目すぎた、というのもあります。 逆にここ最近では売上好調で幅広い層に影響を与えたはぐプリは、大きいお友達に大悪評だった感じがします。 まとめサイトはもうその件については見られたものではありません。 無論、私は両者が大好きなんですけど、「アレってそんなに良かったかな? 」「キャラさえ好きならいいんじゃないかな? 」なんて自問自答してたりします。 逆に男性同性愛、異性愛は烈火の如く叩かれておったそうな まとめより、まあ男性同性愛は二次や妄想に過ぎないのですが。 段々、「プリキュア」って「女の子のもの」ではなく「『プリキュア』ファンのもの」になってないかなぁなんて時々思います。 それを裏付けるかのように「作品の評価を下すのはファン」という発言を耳にしました。 もっとも、制作陣はあまり意識してるようでしてないのかも 「売る」という立場なら話はまた別ですが。

次の