日立 製作所 水戸 工場。 日立製作所水戸事業所の場所はどこ?茨城県ひたちなか市で新型コロナ感染確認

日立製作所水戸事業所の機関車たち(ED15

日立 製作所 水戸 工場

日立製作所 エネルギービジネスユニット 日立事業所 海岸工場、臨海工場• エネルギー 利用の効率化• 日立パワーソリューションズ 大沼工場• 再生可能 エネルギーの活用• 日立産業制御ソリューションズ 茨城本社 工場棟屋上に100kWの太陽光発電設備を導入し、ピークカットなどによって更なる省エネを推進しています。 再生可能 エネルギーの活用• 廃棄物等の 循環利用• 日立製作所 水戸事業所 建物の棟屋上に約100kWの太陽電池モジュールを設置。 年間約10万kWhの発電量が事業所の省エネに貢献します。 再生可能 エネルギーの活用• 高効率照明の 導入• 再生可能 エネルギーの活用• 廃棄物等の 循環利用• 日立製作所 ヘルスケア柏事業場、日立ヘルスケア・マニュファクチャリング 柏工場 廃棄物の削減および循環利用を促進することで、最終処分率0. 廃棄物等の 循環利用• 日立産機システム 習志野事業所 自社のエコ製品を活用して省エネモデル工場を構築しています。 エネルギー 利用の効率化• 再生可能 エネルギーの活用• 廃棄物等の 循環利用• 日立産機システム 相模事業所 自社の高効率な省エネ製品の積極導入や省エネ診断実施など、事業所全体でエネルギー効率の向上に努めています。 エネルギー 利用の効率化• 廃棄物等の 循環利用• 日立産機システム 勝田事業所 事業所内全照明LED化の実施や、自社製エネルギー監視・制御装置の導入など、利用エネルギーの最適化を図っています。 エネルギー 利用の効率化• 高効率照明の 導入• 廃棄物等の 循環利用• 日立オートモティブシステムズ 佐和事業所 太陽光パネルからの電力の自社内利用や、廃プラスチックを再利用するマテリアルリサイクルの推進を進めています。 再生可能 エネルギーの活用• 廃棄物等の 循環利用• 廃棄物等の 循環利用• 日立オートモティブシステムズ 厚木事業所 第一地区 高効率照明や電力見える化システムによる省エネと、製品の不良率低減による廃棄物の削減を推進しています。 エネルギー 利用の効率化• 高効率照明の 導入• 廃棄物等の 循環利用• 日立グローバルライフソリューションズ 栃木事業所 創業時の自然を活かした工場環境を維持。 廃棄物の分別化・再資源化を推進しています。 エネルギー 利用の効率化• 日立グローバルライフソリューションズ 多賀事業所 50種類にも及ぶ分類表で廃棄物を分別回収。 一部はリサイクルして製品づくりに利用しています。 廃棄物等の 循環利用• 日立ハイテク 那珂地区 従業員向けリサイクル啓発活動や、設備の効率的な運用など、様々な環境負荷削減に取り組んでいます。 エネルギー 利用の効率化• 廃棄物等の 循環利用• エネルギー 利用の効率化• 廃棄物等の 循環利用• 日立建機 霞ヶ浦工場 約50種に細分化した分別収集を進めるとともに、廃棄物削減のための啓発運動も実施。 産業廃棄物の適正処理を推進しています。 廃棄物等の 循環利用• 日立インダストリアルプロダクツ 土浦事業所 1974年の工場操業以来、環境管理体制を整備しISO14001認証、規格に基づく環境マネジメントシステム運用などによる環境改善を継続的に実施しています。 エネルギー 利用の効率化• 廃棄物等の 循環利用• 日立インダストリアルプロダクツ 日立事業所 工場全体の電力使用量の把握により効果の高い省エネルギー活動に取り組んでいます。 エネルギー 利用の効率化• 日立パワーデバイス 臨海工場• 廃棄物等の 循環利用• 日立製作所 エネルギービジネスユニット 日立事業所 国分工場 本館 LED照明や高効率空調の導入で省エネを実現しました。 高効率照明の 導入• 省エネルギーの 推進• 高効率照明の 導入• 再生可能 エネルギーの推進• 高効率照明の 導入• 省エネルギーの 推進• 日立ビルシステム 亀有総合センター 屋上緑化の推進ならびに太陽光発電の設置など、省エネに取り組むビルシステムの総合施設です。 再生可能 エネルギーの推進• 日立製作所 鉄道ビジネスユニット 水戸事業所 E棟• 高効率照明の 導入• 日立製作所 ディフェンスビジネスユニット 横浜事業所 設計棟 新設計棟に約4,000のLED照明を導入。 各種センサによる調光制御で節電を実現しています。 高効率照明の 導入• 日立製作所 中央研究所 研究開発のために太陽光発電システムを導入。 再生可能エネルギーの新たな可能性を拓きます。 高効率照明の 導入• 日立製作所 日立研究所 高効率設備の積極導入や電力使用状況の「見える化」など様々な省エネ施策を採用。 最先端の研究開発を支えています。 省エネルギーの 推進• 日立ハイテク 那珂地区• 再生可能 エネルギーの推進• 日立ハイテク 本社• 高効率照明の 導入• 日立オートモティブシステムズ 厚木事業所 第一地区 厚生棟 二重ガラスや採光窓など様々な省エネ設備を採用。 屋根には太陽光パネルを設置し、省エネオフィスで生産体制を支えています。 再生可能 エネルギーの推進• 日立グローバルライフソリューションズ 本社 非常灯を除く照明全てをLED照明へ交換するとともに、空調の温度管理を徹底するなどビル全体で省エネ活動を実施しています。 高効率照明の 導入• 省エネルギーの 推進.

次の

沿革

日立 製作所 水戸 工場

茨城県では、日立製作所水戸事業所に勤務する30歳代男性の感染が判明した。 男性はイタリア出張から2月28日に帰国。 3月5日以降、発熱やせきなどの症状を訴え、17日に陽性反応が出た。 同社は、男性が働いていた5階建ての建物を閉鎖。 同じ建物で働く約1000人を25日まで自宅待機させる。 香川県では、丸亀市の50歳代の自営業男性の感染を確認。 東京都内では12人の感染が明らかになり、都内での感染者数は100人を超えた。 海外からの帰国者の感染も相次いで確認された。 16日までの約1か月間、タイやフランスなど10か国を旅行していた大津市の20歳代女性が感染。 宮崎県では、海外勤務から県北地区の実家に帰省していた20歳代男性の感染もわかった。 相模原市によると、亡くなった80歳代の男性は消化器系の疾患で2月6日に市内の医療機関に入院後、肺炎と診断され、同18日に感染が判明した。 死因は持病の消化器系疾患だった。 一方、北海道では17日、新たな感染者の発表がなかった。 道内の感染者ゼロは2月18日以来、28日ぶり。 あわせて読みたい•

次の

会社概要/株式会社内原電機製作所

日立 製作所 水戸 工場

沿革データ 1924年 亀戸工場においてリフトを製作。 (日立製作所) 1932年 第1号エレベーターを東京電気に納入。 (日立製作所) 1937年 第1号エスカレーターを大鉄百貨店に納入。 (日立製作所) 1956年 当社の前身となる「日立ビルディングサービス株式会社」がエレベーターの保守及び修理事業を日立製作所から継承し、資本金1,000万円で設立。 1957年 パッケージ形エアコンディショナーの保守業務を開始。 1958年 日立製作所より冷暖房機器据付工事の業務移管を受ける。 1961年 エレベーター・エスカレーターの据付工事業務を開始。 資本金1億円に増資。 1963年 電気照明機器、その他ビル設備に必要な一切の機器の据付・保守・修理及び販売に業務を広げる。 1966年 日立エレベーターエンジニアリング(香港)社を設立。 (日立製作所) 1967年 水戸工場に高さ90mのエレベーター研究塔が完成。 (日立製作所) 1968年 資本金3億円に増資。 日本初の超高層ビルである霞が関ビルに分速300mのエレベーターを納入。 (日立製作所) 1972年 「日立ビルディングサービス株式会社」から「日立エレベータサービス株式会社」に社名変更。 日立エレベーターエンジニアリング(シンガポール)社を設立。 (日立製作所) 1973年 資本金6億円に増資。 1974年 新宿超高層ビル群に分速540mのエレベーターを納入。 (日立製作所) 1975年 資本金8億円に増資。 1979年 中央部品センターを開設。 1981年 東京研修所を開設。 1983年 ビル管理事業を開始。 資本金10億円に増資。 1984年 資本金12億円に増資。 1985年 管制センター(東京・大阪)を開設。 マーケティングブランド「BUILCARE」を制定。 1987年 資本金18億円に増資。 日立水戸エンジニアリング株式会社を設立。 (日立製作所) 1988年 日立ビルシステム研究センタを開設。 1989年 資本金36億円に増資。 1991年 「株式会社日立ビルシステムサービス」に社名変更。 タイにサイアム日立エレベーター社を設立。 (日立製作所) 1993年 資本金50億円に増資。 1995年 中国に広州日立電梯有限公司を設立。 (日立製作所) 1996年 東京研修所第二研修館が竣工。 「株式会社日立ビルシステムサービス」、「日立東ビルシステム販売株式会社」、「日立西ビルシステム販売株式会社」の3社を合併、社名を「株式会社日立ビルシステム」に変更。 資本金51億509万1千円に増資。 1999年 「日立ビル施設エンジニアリング株式会社」と合併。 2003年 日立ビルソリューション-ラボを開設。 2007年 広州日立電梯有限公司が日立電梯(中国)有限公司に社名変更。 日立ビルソリューション-ラボ関西を開設。 2008年 日立リフトインド社を設立。 (日立製作所) 上海環球金融中心に世界最大級の超高速ダブルデッキエレベーターを納入。 (日立製作所) 2009年 カンパニー制導入により都市開発システム社を新設。 (日立製作所) 2010年 水戸事業所に高さ213mのエレベーター研究塔「G1TOWER」が完成。 (日立製作所) シンガポールに日立エレベーターアジア社を設立。 (日立製作所) 日立電梯(上海)有限公司に高さ172mのエレベーター研究塔が完成。 (日立製作所) 2011年 日立エレベーターフィリピン社を設立。 (日立製作所) 2014年 日立製作所 都市開発システム社より昇降機製造事業の移管を受ける。 グローバル研修センター開設。 2015年 「株式会社エレテクノス」、「株式会社ビルテクノス」を合併し、社名を「株式会社日立ビルシステムエンジニアリング」に変更。 日立エレベーターミャンマー社を設立。 (日立製作所) 2016年 都市開発システム社がビルシステムビジネスユニットに改編。 (日立製作所) 日立エレベーターカンボジア社を設立。 (日立製作所) 日立エレベーターベトナム社を設立。 (日立製作所) 2017年 タイにアジアトレーニングセンターを開設 イギリスのテンプル社を買収。 (日立製作所) 日立エレベーターサウジアラビア社を設立。 (日立製作所) 2018年 日立エレベーターラオス社を設立。 (日立製作所).

次の