ヌード撮影。 【WEEKDAYはグラドル日記(245)】フレッシュ感満載で、ひそかにヌードまで?!撮影していた崎川みずき

(4ページ目)広河隆一氏の「性暴力」を認定 性行為要求、ヌード撮影……7人の女性による核心証言

ヌード撮影

麻子さんは指示に従ってベッドに横になった。 すると少しの間を置いて、広河氏はおもむろにセックスをし始めたという。 「私はセックスする気はありませんでした。 高熱でフラフラだったうえ、当時は抗うつ剤を飲んでいた。 そのことは広河さんも知っていました。 意識がもうろうとした中でセックスをさせられたんです」(麻子さん) その翌年、後述する智子さんの被害を知ったことで、「私も性被害を受けていたんだ」と麻子さんは気づき、広河氏と完全に決別したという。 杏子さん、麻子さんの証言に、そんな疑問を覚える人もいるだろう。 齋藤梓・目白大専任講師(被害者心理学)はこう語る。 「当事者に上下関係がある場合、上位の人の誘いを下位の人が断ることは、その後にその世界での生活を失うリスクなどを考えると難しく、かなりのエネルギーが必要です。 そのため、同意はしていないが明確に断れない場合もある。 また、一度関係をもつと断ることがさらに難しくなりますし、『性的被害にあった』ことを受け入れがたい心理から、本心とは裏腹に関係が続く場合もあります。 米メディア大手CBSの会長だったムーンベス氏も MeTooで辞職 性暴力被害者は自分を責める気持ちが強く、PTSDや抑うつ感などの苦しみが長期にわたって続く傾向もある。 人生への影響が非常に深刻な被害です」 じつは、杏子さんと麻子さんには、広河氏と望まないセックスをしたこと以外にも共通点がある。 裸の写真を広河氏に撮られているのだ。 杏子さんが広河氏に全裸の姿を撮影されたのは、ホテルでセックスをした後だったという。 「とくに断りもなく何枚か撮られました。 広河さんはカメラの液晶画面を見て、『大人っぽいねえ』などと言っていました。 嫌悪感を覚えましたし、あとになってどう使われるかわからない恐怖を感じました」 一方、麻子さんが裸身を撮られたのは、成田空港近くのホテルだった。 広河氏は次の日、海外へ渡航する予定だったという。 浴室で服を脱いでシャワーを浴びるところや、ベッドの上で裸で寝転がっているところを広河氏にシャッターを切られたと麻子さんは語る。 「以前から『ライティングを教えてあげるから、君のヌードを撮りたい』と言われていました。 そのときは撮影の勉強になると思っていましたが、あとから、立場を利用されて裸を撮られたんじゃないかと疑問を感じました」 この2人の他にも、広河氏にヌード撮影をされたと証言する女性がいる。 12年春に広河氏のアシスタントをつとめた智子さんだ。 採用時、広河氏から「これはアシスタント祝いだ」と、シグマのレンズを手渡された。 そして、「このレンズで撮影しよう。 撮り方を教えてあげるから、僕にも君を撮影させてほしい」と言われたという。 その後、智子さんには以下の文言のメールが広河氏から届いた。 すると広河氏から「変なことはしないし、どこにも公表しないから君のヌードを撮りたい」と言われたという。 「これからお世話になる師匠なので断りにくかったですし、どういうふうに撮られるのか興味もありました。 それで裸になると、髪を濡らしてほしいとか、いろいろ指示されました。 途中で広河さんの鼻息が荒くなってきて、気持ち悪くなりました」(智子さん) 広河氏からは「今夜は部屋を取ってあるから」と言われたが、智子さんは「家族が心配しているので」と言って電車で帰宅した。 智子さんは後日、このとき撮影された写真のデータが入ったCDを、都内の漫画喫茶で広河氏から受け取ったという。

次の

(4ページ目)広河隆一氏の「性暴力」を認定 性行為要求、ヌード撮影……7人の女性による核心証言

ヌード撮影

こんにちは。 エロスメイク+ヌード撮影 問い合わせの多かったこちらの撮影、いよいよ始動です。 ビジョンボードとは、あなたの心にスポットを当てるツールです。 あ、いいなと思った写真やイラストを一枚のボードにコラージュしてつくり、視覚化することで本来のあなたが見えてきます。 それを元に、へアメイク・撮影イメージ、撮影場所などをプランニングいたします。 そして私が、あなたの美しさ、かわいさ、大人っぽさ、ゴージャスさ、エレガンスさ… 様々な表情、しぐさ、纏っている空気、アングルや言葉がけを変えながらお撮りさせていただきます。 リラックスして楽しんでください。 撮影後はモニターにてお好きなお写真をお選びいただきます。 画像修正付きです。 気になるお肌のことやボディラインのことがあれば ご相談下さいませ。 ————————————————— 私も10代から今まで、自分の記念のためにヌード撮影してきました。 自分だけが見て楽しむものです。 10代の頃、一度母親に見つかって、激しく責められたことがあり 言葉が足りなくてうまく説明できませんでしたが… 笑 今なら、自分のために、芸術的な1枚を残すのは、一生の宝物になると言えますね。 ご興味をお持ちになられた方は一度お問い合わせくださいませ。 —————————————————————— 「ようこそ写真の世界へ。 1回レッスン約60分 個人レッスンなので、あなたのはてな? を徹底的にわかるまでサポートします! 撮りたいイメージは人によってさまざま。 あなたが思い描いたビジョンを写真に写しましょう。 時にカメラは、あなたの想像を超えた美しい世界を写し出してくれます。 一緒に美しくて楽しい! 写真の世界を旅しましょう。 hirose. 35 facebook. プロフィール写真やブログ、SNSにどうぞ。 セラピーメイク + フォトシューティング 13,000円 関東圏の方は、横浜のハウススタジオか、出張OK! 交通費別途 札幌は4名様以上お集まりで、出張致します。 ——————————————— お問い合わせ・ご予約は info naokohirose. com まで直接ご連絡下さい。 セルフィー 自撮り を学べるコース。 約60分 撮影アングルや、超優秀アプリのカンタンなステップで 今日からあなたのセルフィーはビューティー度MAX! 関東圏の方は、横浜のハウススタジオか、出張OK! 交通費別途 ——————————————— お問い合わせ・ご予約は info naokohirose. com まで直接ご連絡下さい。 フルメイクと、セルフィーををセットで学べる3時間コース。 心が豊かになるメイクと、撮影アングルや、超優秀アプリの カンタンなステップで今日からあなたのセルフィーはビューティー度MAX! 交通費別途 ——————————————— お問い合わせ・ご予約は info naokohirose. com まで直接ご連絡下さい。 ———————————————.

次の

石田えり(56歳)が豪華ヘアヌード写真集「56」遂に発売。週刊現代、FRaU/フラウで袋とじ先行グラビア画像!撮影ピーター・リンドバーグ ライザップ美熟女は何を表現するか?amazon予約が殺到!NHKニュースウォッチ9動画

ヌード撮影

麻子さんは指示に従ってベッドに横になった。 すると少しの間を置いて、広河氏はおもむろにセックスをし始めたという。 「私はセックスする気はありませんでした。 高熱でフラフラだったうえ、当時は抗うつ剤を飲んでいた。 そのことは広河さんも知っていました。 意識がもうろうとした中でセックスをさせられたんです」(麻子さん) その翌年、後述する智子さんの被害を知ったことで、「私も性被害を受けていたんだ」と麻子さんは気づき、広河氏と完全に決別したという。 杏子さん、麻子さんの証言に、そんな疑問を覚える人もいるだろう。 齋藤梓・目白大専任講師(被害者心理学)はこう語る。 「当事者に上下関係がある場合、上位の人の誘いを下位の人が断ることは、その後にその世界での生活を失うリスクなどを考えると難しく、かなりのエネルギーが必要です。 そのため、同意はしていないが明確に断れない場合もある。 また、一度関係をもつと断ることがさらに難しくなりますし、『性的被害にあった』ことを受け入れがたい心理から、本心とは裏腹に関係が続く場合もあります。 米メディア大手CBSの会長だったムーンベス氏も MeTooで辞職 性暴力被害者は自分を責める気持ちが強く、PTSDや抑うつ感などの苦しみが長期にわたって続く傾向もある。 人生への影響が非常に深刻な被害です」 じつは、杏子さんと麻子さんには、広河氏と望まないセックスをしたこと以外にも共通点がある。 裸の写真を広河氏に撮られているのだ。 杏子さんが広河氏に全裸の姿を撮影されたのは、ホテルでセックスをした後だったという。 「とくに断りもなく何枚か撮られました。 広河さんはカメラの液晶画面を見て、『大人っぽいねえ』などと言っていました。 嫌悪感を覚えましたし、あとになってどう使われるかわからない恐怖を感じました」 一方、麻子さんが裸身を撮られたのは、成田空港近くのホテルだった。 広河氏は次の日、海外へ渡航する予定だったという。 浴室で服を脱いでシャワーを浴びるところや、ベッドの上で裸で寝転がっているところを広河氏にシャッターを切られたと麻子さんは語る。 「以前から『ライティングを教えてあげるから、君のヌードを撮りたい』と言われていました。 そのときは撮影の勉強になると思っていましたが、あとから、立場を利用されて裸を撮られたんじゃないかと疑問を感じました」 この2人の他にも、広河氏にヌード撮影をされたと証言する女性がいる。 12年春に広河氏のアシスタントをつとめた智子さんだ。 採用時、広河氏から「これはアシスタント祝いだ」と、シグマのレンズを手渡された。 そして、「このレンズで撮影しよう。 撮り方を教えてあげるから、僕にも君を撮影させてほしい」と言われたという。 その後、智子さんには以下の文言のメールが広河氏から届いた。 すると広河氏から「変なことはしないし、どこにも公表しないから君のヌードを撮りたい」と言われたという。 「これからお世話になる師匠なので断りにくかったですし、どういうふうに撮られるのか興味もありました。 それで裸になると、髪を濡らしてほしいとか、いろいろ指示されました。 途中で広河さんの鼻息が荒くなってきて、気持ち悪くなりました」(智子さん) 広河氏からは「今夜は部屋を取ってあるから」と言われたが、智子さんは「家族が心配しているので」と言って電車で帰宅した。 智子さんは後日、このとき撮影された写真のデータが入ったCDを、都内の漫画喫茶で広河氏から受け取ったという。

次の