インスタ 1k。 1Kの部屋をおしゃれに!インスタグラマーのんさんのプチプラ×ガーリーな部屋作り

1Kとか1Mってなに? 何の略? 正しい数え方 や 単位の意味を詳しく調べてみました。

インスタ 1k

人気インスタグラマー8人の「#ひとり暮らし」を紹介する『わたしの「ひとり暮らし」ルール』を読みました。 狭くても、毎日を丁寧に暮らしている素敵な女性たちです。 ひとり暮らし歴7ヶ月〜13年という人までいろいろですが、どの人も整ったお部屋できちんと自炊している様子が美しい写真から伝わってきます。 お部屋は1R(洋10帖)・1K(キッチン+洋5. 2帖)・1K(キッチン3帖+洋8帖)・1K(キッチン+洋6帖)・1K(キッチン+洋10帖)・1K(キッチン1. 5帖+洋5. 4帖)・1LDK(リビング12帖+寝室6帖+キッチン3帖)・2LDKの8名です。 娘たちがいなくなり、古くて無駄に広い一軒家に一人で暮らしている私にとっては、なんだか別世界のようで憧れます。 「狭いアパートにひとり暮らし」に対して、モノが溢れていっぱいというイメージを持っていましたが、全然違いました。 それと「疲れて帰ってきて、家でだらしない」という自分の過去の姿とも全然違う世界でした。 部屋や食事、暮らしぶりそのものを写真で撮って公開するって良いことだと思えてきました。 誰も見ないところってつい手抜きしてしまいますが、誰に見られても恥ずかしくない、むしろ積極的に見てもらうくらい綺麗にしていくと自分自身が気持ちよく過ごせそうです。 素敵な写真を紹介しますね。 お料理編 美味しそうなご飯ですよね。 ランチを食べに行ってるみたいです。 自分のためにこんなにすごい料理を作るということ自体が素晴らしいです。 カフェのモーニングより豪華ですよ。 毎日こんな夕食作れたらいいなぁ・・・。 お部屋編 おしゃれなお部屋ですね-。 収納編 お楽しみ編 日頃頑張ってるから、ご褒美として、旅行に出かけるのが楽しみな人が多いようです。 この能登半島の端っこにある珠洲は、金沢から車で3時間もかかるところなんですよ。 私も数回しか行ったことないけど、とっても綺麗な場所です。 さいごに 人気インスタグラマーさんたちの暮らしを見せてもらって、私はとても参考になりました。 今まで外に向いていた目がますます内側に向いてきました。 自分の暮らしを大切にすることは、自分自身を大切にすることです。 長い間、家の中ではジャージで過ごすという生活をしてきた私でしたが、家の中こそいい気持ちで過ごしたいと思い始めています。 自分のために美味しいご飯を作るというのも大事ですよね。 子どもがいなくなったら、途端に作る気がしなくなったと同級生たちも言っています。 それくらい「他の人のために」頑張ってきたのです。 これからは「自分のために」頑張ってみたいですね。 他にも「ひとり暮らし」の参考になる本があります。 ブログランキングに参加しています。 下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

次の

1K・3K… 「K」って何ですか? お金の事だと思うのですが…

インスタ 1k

Instabase(インスタベース)とは? Instabase(インスタベース とは、スペースを求めている人とスペースを所有する人を結び付けるサービスです。 このサービスを通してスペースを貸し出すことの大きなメリットは、負担するコストが少ないことです。 具体的には、初期費用や掲載料、システム利用料が全て0円となっています。 そのため、インスタベースによって損をする可能性は基本的にありません。 また、貸出設定の自由度が高い点も特徴的です。 利用料金や定期利用の受付可否などを設定できますし、キャンセル日時によってキャンセル料金の額に差をつけることもできます。 このような柔軟に設定が可能という点についても、大きなメリットとして挙げることができるでしょう。 また、決済関係については運営側が代行してくれます。 したがって、金銭トラブルが起きるリスクは極めて低いと言えるでしょう。 Instabase(インスタベース)のおすすめポイント• 初期費用はゼロ!• スペースさえあれば短期間で収益化が可能!• 貸出設定の自由度が高い! Instabase(インスタベース)での副業方法 インスタベースを通して収益化を図るには、まずスペース掲載者登録、そしてスペース情報登録を行う必要があります。 その後審査を申請し、問題なければ公開設定へと移ります。 禁止設定やオプション設定などができますので、不本意なスペースの使われ方をされないよう、細かく設定することをおすすめします。 公開設定が完了すれば実際に掲載開始となります。 ここからは基本待つだけでOKです。 ただ、スペースを使いたいという人が現れた時に備え、利用当日における対応方法を決めておく必要があります。 入退室時の対応を現地担当者が行うという方法もあれば、無人で対応するという方法もあります。 ただ、後者の場合、鍵の管理方法を決めておく必要があります。

次の

フォロワーの1Kは何人?2Kや3Kや4Kは何人(いくらか)【インスタやティックトック】

インスタ 1k

Sponsored link 一人暮らし1Kのレイアウトはざっくり2つしかない 一人暮らしの部屋のレイアウトを決めるときは、空間の用途を分類します。 一人暮らしに最低限必要な空間は、キッチン、生活スペース(リビング)、寝室の3種類しかありません。 ここからは小難しい理論は不要! 特殊な部屋の間取りを除いて、 1Kでとれるレイアウトは大きく分けて2しかありません。 それはベッドを横に置くか、縦に置くかです。 ベッドを横(部屋の短辺)に置いたレイアウト ベッドを縦(部屋の長辺)に置いたレイアウト 1Kは1部屋に寝室と生活スペース(リビング)の役割を持たせる必要がある 1LDKや2K以上の間取りにしたときにもっとも恩恵に感じる点は、寝室で一部屋使うことができるため、生活スペースを分離できることです。 1Kの場合はリビング兼寝室として利用する必要があります。 ベッドに横になりながらテレビを見たいという方におすすめです。 お尻にクッションを敷いて、背もたれとしてベッドに寄り掛かれば、 ソファーを置かなくて済む分、大分スペースが節約できます。 もしくは、この画像のように低めのベッドをおいて、ベッドに腰掛けて生活するのもあり。 スペース自体の確保は横置きのほうが容易ですが、 ベッドとソファーを兼用することで、そもそも家具が占める面積を減らすことができるというのが縦置き最大のメリットです。 工夫次第で無限の可能性があるので、レイアウトを考えることを楽しめるタイプの人に向いています。 僕はセンスがないので苦手とするポイントです……レイアウトにあれこれ悩みたくない人は横置きのほうをおすすめします。 上記の画像はショートベッドでの画像です。 (画面手前が見切れてますが、左下がベッド) 奥のリビングスペースは、ベッドを横に置いた形にできる正方形の空間ですが、手前のベッドスペースは縦置きのレイアウトです。 これにより、手前の右側に大きなスペースを作ることができます。 また、 そもそもベットを持たずに布団で済ますという選択肢もありです。 (というか僕は引っ越しのタイミングでベットを捨てて布団生活をしています) 布団は敷きっぱなしだとカビてしまうので、朝畳まないといけませんが、スペースの確保が柔軟にできますし、引っ越しの時もらくちんなのでけっこうおすすめ。

次の