混沌 の 再来。 【グラブル】混沌の再来・後編【火マグナ編成】

第119話 混沌の再来(2)

混沌 の 再来

ゾーイから「作戦成功」の合図が届いて俺たちは普段通りの生活を送っているふりをした。 ミーナの協力でへんげの術を解除する粉も増産することができたし。 「なぁ、混沌ってのはどんなもんなんだよ」 「極東では、ごくごく最近ギルドなんてものができたのは知っているであろう?」 ヒメの言葉にソラがフォローを入れる。 「極東は西洋との交流が始まってからダンジョンポートを作成し、ギルドを編成、今のダンジョンと我々の生活圏が確立されました。 この国に比べると非常に小規模なのはご存知ですよね」 極東は未知の域なんて言ってたのは俺が子供の頃だ。 「あぁ、俺が子供の頃はギルドのない大きな国があるって話題になってたような」 「最近まで極東ではダンションと共生していたんです」 ソラ曰く、ダンションの入り口から外に出てきたモンスターだけを狩猟していた。 採集目的で入ることはあったがモンスターも自然の一部として命を刈り取ることはほとんどなかったそうだ。 そのため、ダンジョンの入り口を塞いがなくても人間とモンスターはお互いの領地を守って生活をできていたのだ。 「それは混沌っていうのか?」 「私が話したのはあくまでも文献の話。 ギルドを設立してダンジョンの入り口を塞いだことで極東での《神隠し》やモンスターによる被害は激減したと言います」 神隠しというのは失踪事件のことだ。 極東では子供が突然姿を消すことを「神隠し」と呼ぶらしい。 ソラの話ではこの神隠しはモンスターの仕業でダンジョンの中に引き摺り込まれたのが原因だという。 「ツクヨミ兄様の目指す世界はダンジョンと我々の共生によって互いに食い合う混沌の世界なのではないか……と私たちは思っています」 「その根拠は?」 ゾーイの鋭い指摘にソラは咳払いをした。 「幼い頃、私たちはツクヨミ兄様の和歌の会に呼んでいただきました。 そこで兄様は遠き昔に思いを馳せ、魔物と我々が営む共生の美しさを歌っておいででした」 「未来へ進もうとするイザナギ様と古き良きを愛するツクヨミ兄様の衝突は自然だったのかもしれません」 ソラは小さく頷くと 「私も、どちらが正しいのかわかりません。 ダンジョンの入り口を塞ぎ、安全圏から強い人間が魔物たちを狩りに行く。 魔物たちは2度と外の世界を見ることはできない。 それは我々のエゴではないか」 それがツクヨミ兄様の主張です。 と言ってソラはヒメの後ろに下がった。 「そして、この国でツクヨミ兄様が動いておるのはヒミコ様の監視を逃れるためだけではないのじゃ」 フィオーネは首を傾げているが多分こいつは何にも頭に入っていない。 まぁ、計画に参加させるわけだしなんとなくわかってくれていてればいいや。 「西洋諸国最大のこの国で混沌を起こすことで……世界中にその波を起こそうというのがおそらくツクヨミ兄様のねらい」 「確かに、世界最古のギルド設立はこの国だ。 並びにうちの国のギルドは世界最大の規模を誇り、冒険者の数もだ。 そこで革命が起これば……いや王様に成り代わっているんだから革命じゃないけど。 方針転換をすれば世界中が変わるかもしれない」 「まだ準備の段階じゃ。 ヒメの予想じゃ、資金源になっておる上流階級たちが次のターゲットになるはずじゃぞ。 王権を握った今、もう資金は必要ないのじゃ」 絶対安全な場所にいることを望み、差別が大好きな上流階級など金のために使っていたにすぎない……か。 「それはそうと、どうしてうちの国で冒険者をしていた鑑定士と薬師がツクヨミと手を組んでいるのかしら」 リアの疑問に俺は答えることはできなかった。 彼らはもともと世界中を旅してダンジョンポートを立てるのが仕事だった。 彼らが何か、魔物を愛するようになった理由でもあるのだろうか。 「それなら……なんとなく予想がつくわ」 サングリエは険しい顔で言った。 「私たちが所属していた迷宮捜索人のチーム長……戦士だったの。 彼は戦うのが大好きで魔物とあれば誰彼構わず切るような男だったわ。 きっと私が入り口で待機していた……そう。 彼ら以外が全滅したあの日。 何か魔物と彼らの間にあったんだわ」 俺はその戦士を知らない。 だが、サングリエを引退までさせた迷宮捜索人での経験を考えればなんとなく想像がついた。 「まぁ、まだ確定しないほうがいいわ。 あくまでも私たちの仮説なんだから。 ただ……魔物愛護団体の連中も同じような話をしていたのは確かよ。 ギルドを解体してポートを解放し本来のあるべき姿に戻すことが世界のためになるって」 シューがリアの膝の上に飛び乗ると丸くなった。 「さっさと懲らしめて今まで通りに戻すにゃ。 ダンジョンに閉じ込められてストレスの溜まった魔物たちがこっちに侵攻してきたら冒険者はまだしも一般人は全滅するにゃ。 シューはそんなのいやにゃ」 シューの言う通りだ。 「引き続き、情報集めと作戦の準備を頼むぞ」 おー! 元気だけいいフィオーネに励まされて俺たちはそれぞれの職場へと向かう。

次の

【グラブル】ベルゼバブHL実装!キングス・レリジョンの本質

混沌 の 再来

新型コロナウィルス許すまじ というわけでこんばんは、です。 今月より新社会人となった私は、現在社有寮生活を送っております。 そして勿論インターネット環境なんてないので、の工事を依頼している状況です。 GW中に1回目の工事があり、その後いつか2回目の工事があってようやくインターネット環境が整うわけです。 つまり今は携帯と、リンクスメイトsimのポケットしかインターネットにつなぐ手段がないのです。 そしてブログ記事を更新する際には大量の画像データをアップロードします。 これにより、私の使用可能データ量は月末になって遂に限界を迎えてしまいました。 わずか1週間ですが、折角私のブログを読んでくださってる方がいるのに何も報告しないのはいかがなものかと思いましたので、今回の記事を書かせていただきました。 新型コロナウィルスが無ければ、土日は実家に帰ってPC弄ってブログ更新とか実況動画の編集とか出来たのに…。 以上からの報告でした。 ばいばーい! KoshianFOB.

次の

【鬼畜】混沌の再来・後編を攻略してきた【ベルゼバブソロ】

混沌 の 再来

【フリクエ】ベルゼバブ戦クリア編成 『キャラ編成』 「主人公」…ジョブはランバージャック。 ドクターと行ったり来たりしましたが結局ランバー強し。 アビリティもダメ回数稼げるアビ入れてみたりと試行錯誤するもこの形に落ち着きました。 グラビはずっと有効なので確定枠。 「リミイオ」…1000万試練と30回ダメ試練を担ってくれるパーフェクトレディ。 断トツのMVP。 レディの力恐るべし。 「リミノア」…2アビ無敵による流し性能の高さ。 3アビ奥義バーストで1000万試練を楽に突破。 便利すぎるキャラ。 「ガイゼンボーガ」…1アビで30回ダメ担当。 不死身かばう受け。 不死身のターン切れによる落ちは回復されなかったので使いっ走りみたいな役割。 「フュンフ」…ガイゼン落ち後から活躍。 回復と奥義のデバフが強い。 4アビの立て直しとガッツ効果も最強。 「水着ハルマル」…使わない。 今思えばサブで効果を発揮するキャラを入れた方が良かった 『武器編成』 ファラ無効なのでHPは盛れるだけ盛る。 HPは4万中~後半程。 メイン武器はサティフィケイトがあればそっちの方が良さそう。 欲しい。 『召喚石』 「黒麒麟」…最強なので1枚は確定。 筆者は1枚しか持ってないのであれですが、やってて2枚欲しいと思う場面が多かったです。 「テュポーン」…CT遅延目的。 「ティアマト」…トランスLvが上がった時の通常攻撃が痛いので幻影目的で。 C」…入れるのが無かったので入れてますが、4凸サテュロスや黒麒麟2枚目を持っていたらそっちの方が絶対良い。 あと、スロウが効くのでミカエルとかでも良かったかなと思いました。 解除出来ない場合はノア2アビorガイゼンかばうorガードを使って流し、その次に備えるのも〇。 流しすぎるとトランスLvが上がってどんどん追い込まれていくので、2回に1回は無理やりにでも解除しにいく。 HP80・60・30のカルマはCB温存して必ず解除。 味方が1人落ちる毎に2000万回復して戦意喪失させてくるので絶対に落とさない。 30回ダメも1000万ダメもイオの条件さえ整えていれば比較的楽に解除出来ます。 特殊技を解除出来るかが一番のカギとなるので、 とにかく殴って削るというより 「次の特殊技を解除するためにしっかり準備して動いていく」のが大切。 HP80・60・30のカルマ CB発生で解除 を受けると召喚不可 9T が付くので、CB発生する状態で奥義を温存して必ず解除。 30だけ解除出来ませんでしたが、かなり余裕があってあとは押し切るだけだったのでいけましたね(笑) 後半の怒涛の攻めはフュンフ4アビを切って立て直したりして気合いで押します。 落としたら駄目なのでガッツ効果もかなり強かったです。 そして無事討伐完了👏 最後の方は特殊技を解除出来ずにどんどん崩されて危なかったですが、ギリギリ倒しきれました。 最後まで気が抜けない戦いでしたね。 何度も書いてるように、 30回ダメと1000万ダメの試練をいかにこなせるかが攻略のカギ。 試練をこなせる編成と立ち回りが大切になってくるボスだと感じました。 光の場合はリミイオがとにかく強すぎましたね(笑) ちゃんとゲームしてる感があって個人的にはめちゃくちゃ楽しいボスでした。 もうやりたくないけど 6人マルチの方はまだ戦力不足感は否めないので目標の1つにして頑張っていこうと思います。 神石くれくれ状態は継続中、下がってたモチベは完全に取り戻しました。 では今回はこの辺で終わります。 最後まで見ていただきありがとうございました。 それではまたお会いしましょう👋 スポンサーリンク.

次の