ダイヤモンド ブリザード ナーフ。 ブリザードのダイヤモンド・ナーフ・デュエプレが話題

《ダイヤモンド・ブリザード》

ダイヤモンド ブリザード ナーフ

ナーフ後は使ってた人達が荒れまくる。 どうも、サトミです。 で ダイヤモンド・ブリザードデッキの構築を紹介しましたが、環境に蔓延りまくり 案の定ナーフ(弱体)されましたね。 その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。 その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。 ナーフのお陰でインチキ紛いなマナブーストが出来なくなりました。 まぁ、それでも強いんですけど。 最強から 強になっただけです。 ブリザードデッキは使用率が60%を越えていたそうですが、 現在は20%程に減ったそうです。 ( それでも使用率はトップ) それと同時に、 一つ下の位置に居たデッキ構築達が目立ってきました。 中でも多く見掛けるのは「 ガルザーク」をキーにしたデッキです。 注目の強デッキ「ザークthaザーク」 以前は最強を独占していた「ブリザードデッキ」ですが、ナーフされた事で並んだデッキがあります。 それが、「 ガルザークデッキ」 ガルザークを使った色んな種類のデッキがありますが、 ・コスト減&マナブーストで早期ガルザーク(火闇自然文明) ・除去&ドローのガルザーク(火闇水文明) 上記が多く使われているので、今回紹介するのはその2種類です。 単純な強さで言うなら 早期ガルザーク>除去ガルザーク です。 しかし、除去ガルザークの方はハンデスや水文明によるドローで回転率が高いので一長一短。 好み&環境で使い分けましょう。 ガルザークを早期召喚で一気に! まずは火&闇&自然を使ったデッキ。 コッコ・ルピアでコスト減してドラゴンを召喚していきます。 幻想妖精カチュア タップスキル:自分の山札からドラゴンを探索し、1枚をバトルゾーンに出す。 その後、山札をシャッフルする。 そのクリーチャーはこのターン、「スピードアタッカー」と「このターンの終了時、このクリーチャーを破壊する。 」を得る。 ガルザークを探索してコンボを狙う事が可能です。 他にも、「ガルクライフ・ドラゴン」を入れて光のカードを全除去など出来ます。 SRなので枚数集めが大変なのが難点です。 緑神龍アーク・デラセルナ W・ブレイカー 相手のターンに自分の手札から捨てられる時、かわりにバトルゾーンに出す。 バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。 環境に多くいる「ハンデスデッキ」対策です。 「ブリザードデッキ」「ガルザークデッキ」の次に多いのがハンデスなので、現環境ではかなり有効です。 二角の超人 W・ブレイカー バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。 その後、自分のマナゾーンからクリーチャーを探索し、2枚を手札に戻す。 こちらもハンデス対策です。 ガルザークなどのキーになるカードを早めにマナへと隠すのが強い。 7コストですが、フェアリーライフなどのブースト&自身の効果で更にマナ加速。 実質5マナで強力なカードです。 他のオススメでSR以下のカードは、 ・緑神龍ジオブリード ・龍の呼び声 ・誕生の祈り ・黒神龍ジャグラヴィーン ・バーストショット バトルの流れ~ 序盤~ 青銅の鎧やコッコ・ルピアなどで マナコストを軽くします。 速攻&低パワーの相手には、 ゾルヴェールが最速3マナで出せるのでブロックしていきましょう。 中盤~ 大型の ドラゴンを早めに召喚して一気に攻めます。 まだ 手札にガルザークが無いなら、ゾルヴェールやバルキリードラゴンでサーチしましょう。 終盤~ 場に コッコ・ルピアが一体いるなら、バルキリードラゴンは5マナ。 ガルザークは4マナです。 更にゾルヴェールなどの闇ドラゴンを破壊すれば、相手の除去も可能。 除去しきれないなら、 ドルザークでマナ送りにも出来ます。 このデッキは大抵が7~9ターンで終了しますが、もし 10ターン以上長引いたらボルバルザークでフィニッシュ。 キーカードは 「ガルザーク」「ドルザーク」「ボルバルザーク」 これが 「ザークthaザーク」のデッキ構成です。 除去&ドローでじっくりザーク コチラは自然を抜いて水文明を入れたデッキです。 マナブーストは無くなりましたが、ドローで手札を揃えて相手の手札を捨てていく形です。 最初に紹介した早期ザークよりも動きは遅いですが、相手の手札や盤面を多く除去できます。 バトルの流れ~ 序盤~ ブラッディ・イヤリングやジルコンなどで、シールドを守りながら手札補充していきます。 中盤~ メルニア&ガチャックやファントムバイツなどで相手クリーチャーを除去しながら、アクアンなどの効果で手札補充。 速攻で低パワーを並べる相手には「根絶のデクロワゾー」のタップスキルで一気に除去&ハンデスが出来ます。 ( デクロワゾーの効果:タップスキル:相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。 その後、相手は自身の手札にあるパワー3000以下のクリーチャーをすべて捨てる。 ) 終盤~ ガルザークを引けたら盤面処理が楽になります。 「ゾルヴェール」「マルドゥクス」などと組み合わせて相手のクリーチャーを綺麗に掃除できます。 注意このデッキのガルザークは 「火文明のドラゴン」が無いので「パワーアタッカーとTブレイカー」の効果がありません。 まとめ ダイヤモンド・ブリザードのナーフで、 強さ的に一つ下の位置にいたデッキ達が環境に増えました。 色々なデッキが見れるようになったので良いことです。 …でも、代わりに ガルザークを始めとした「ドラゴンデッキ」が蔓延るようになったような…。 頭押さえりゃ尻上がる。 ってな! カードゲームの辛い所です。 あ、 今ならダイヤモンド・ブリザード解体ポイントがSR1枚分なので「もう使わねぇ!」って人はガルザークなどに交換するのがオススメ! 以上、サトミでした。 Advertisement• 2020. 27 かりだるーくす!(挨拶)どうも、サトミです。 白猫プロジェクトの3周年記念イベント【ZERO CHRONICLE~はじまりの罪】 ゲームのイベントスト[…]• 2019. 18 サトミです。 タイトル通り、グラブルを始めました。 正しくは復帰なんですが、新規と変わらないランクなので・・・。 同時期に始めた友人が、いつの間にかガチ[…]• 2020. 25 ぶっ壊れカード実装はサービス終了を加速させる可能性大。 どうも、サトミです。 先日「第三弾」のパックがリリースされましたね。 その中で注目するのは、やはり[…]• 2019. 05 ヒャーハッハッハァ!どうも、笑い声が脳内にこびり付いて取れないサトミです。 今日、地元の映画館で「Joker」を観てきました。 予告を観てからずっと楽し[…].

次の

ブリザードのダイヤモンド・ナーフ・デュエプレが話題

ダイヤモンド ブリザード ナーフ

ダイヤモンドブリザードがナーフ前する前の結論は、 デラセルナを切ったエマタイ入りの青緑ブリザードです。 コントロールに対して序盤は、エマタイ連打ができるなど、 臨機応変に攻められるのが特徴です。 イニシエートなどのコントロールを見るならテレポーテーションで、 ブリザードミラーをみるなら、ソーサーヘッドシャークになります。 ナーフ後にバウンスパーツを軸にしたコンセプトを活かし、 ダイブリの苦手なイニシエートやボルバルに強くしたデッキを使いました。 ガルクライフドラゴン入りの青赤リーフです。 これで、ガルザークカップはマスターに行きました。 ガルクライフドラゴンは3枚つくったんですが2枚で良かったです。 2ターン目、ランプ(キャンドル)で3ターン目にリーフに進化した後の、 4ターン目の動きとして2枚いれたマーチングスプライトが良かったです。 デッキを圧縮できるのでガルクライフが引きやすかったです。 このデッキでレート1600ぐらいまで行きました。 ドロマーイニシエートのハンデスの当たり具合や事故が起きると勝てないのでブリザードの方がいいですね。 こちらは、カチュアでドラゴンを召喚するブリザードですね。 無課金なのでボルメテウスを砕きました。 なので、グラディアンレッドドラゴンで代用していました。 クワキリを入れた青緑ブリザードです。 クワキリブンブン丸はデーモンハンドでたくさんやられました。 そして、こちらがリーフブリザードですね。 火力、スピードがトップクラスでした。 パラディンをいれたブリザードです。 緑が28枚ぐらいなのがポイントです。 スライダーとサーファーはチェンジで良かったのかもしれません。 ガルザークカップ終盤のマスター帯は、ドラゴンはいなかったんで^ー^ 3弾環境は楽しめたので、数年後にデュエプレルールでキモオタと紙を使ってやるかもしれません。

次の

【デュエプレ】公式がブリザードを調査していると言及したことに対する一考察

ダイヤモンド ブリザード ナーフ

《ダイヤモンド・ブリザード》について 《ダイヤモンド・ブリザード》はデュエプレ第3弾「英雄の時空」に実装された新規SRカードである。 これまで非常に強力なリソース源となるカードは《アストラル・リーフ》や《アクアン》といった水文明のみのカードであったが、前者は進化元の脆弱性、後者は手札補充枚数の不安定さといった問題をそれぞれ抱えていた。 対して《ダイヤモンド・ブリザード》は豊富な進化元や安定したスノーフェアリー回収、そしてこれまであらゆるカードに許されていなかったビッグブーストなど、既存のカードと比べて破格のスペックであることは間違いない。 リリース翌日には「《ダイヤモンド・ブリザード》が非常に強いらしい」というのが、デュエプレユーザーの共通認識になりつつあった。 本サイトでも、リリース日の翌日に《ダイヤモンド・ブリザード》を軸としたデッキに関する記事を執筆している。 参考: そうした状況を鑑みて、デュエプレ公式側も調査を行っている旨のツイートをしたものと思われる。 以下ナーフと記載する)を行う場合があり、これを念頭に置いた調査であると思われる。 では調査とは一体具体的に何の調査を行っているのだろうか。 これは推測になるが、恐らくは「使用率」「勝率」といった数字の調査を行っているのではないだろうか。 例えば先述したシャドウバースに於いてはこの2つの数字を根拠にナーフを実施している。 以下、より引用。 また、勝率3位以下のデッキタイプに大きな問題はないと確認いたしました。 以上のことから、『機械エルフ』『ディスカードドラゴン』の中心となるカードを変更する必要があると判断いたしました。 各デッキタイプでの採用カード枚数と勝率への寄与度を参考に、下記の変更を行います。 シャドウバースが高ランクユーザーのデータを元にしているのは、RAGEなどの競技性を指向しているからだろう。 ところで最初に引用したツイートには数多くのリプライが付いており、その中にはナーフを求める声は非常に多かった。 仮に調査の結果、《ダイヤモンド・ブリザード》は環境相応のカードという結論が出た場合、ナーフを求める声に対する説得力のある説明が求められることになるだろう。 だがこの説得力のある説明とは非常に難しく、そういう意味ではナーフされる可能性は比較的高いのではないだろうか。 ナーフについて ナーフは何故行われるのか? ではそもそも何故ナーフとは実行されるのだろうか。 基本ではあるが、ここで一旦立ち返っておきたい。 環境上に非常に高い「勝率」を誇るデッキが存在し、それに対抗する手段が非常に少ない場合• 特定のカードが使用率を高めることで、何かしらの弊害を発生する場合• ユーザー側からの強い要望がある場合 1については、一番にイメージしやすい事柄だろう。 強いデッキが明確である場合、対策を施しやすいからだ。 問題は一強デッキに対して対策する手段が少ない場合や、余りに勝率が高すぎる場合である。 例えば先日、ハースストーンでは特定カードのナーフが発表された。 リリースの翌日のことである。 この時それを使用するデッキの勝率は7割にも登り、勝つためにはそのデッキを使うしかないという状況であった。 ナーフは妥当と判断すべきだろう。 参考: 《ダイヤモンド・ブリザード》がこの1に該当すると判断された場合、ナーフが行われることになる。 2については、少々特殊である。 例えば「このデッキが流行ると、ゲームスピードが猛烈に遅くなる」「このデッキに対応できるカードはAしかないため、Aを使えるデッキを使うしかない」といった場合が、これに該当する。 また「このカードが生きている限り、他のカードがその劣化になってしまう」という場合も、ここに該当するだろう。 ちなみに、これについては1と合わせてアウトと判断されるケースも多いだろう。 例えば紙のデュエマの【赤白ジョバンニ】は1であり、2でもあった。 デッキそのものが強力な上に、ブーストのないデッキを環境から一切排除してしまったのだ。 歴代の凶悪デッキは、だいたいこの1+2の合わせ技である場合が多い。 3については、少々判断の分かれるところである。 基本的にユーザーの不満が溜まればユーザーをゲームを離れていくので、ユーザーの希望をある程度聞く必要がある。 ただしユーザーがゲームを作っている訳ではないので、当然ながら全ての要望に応じる訳ではない。 またデュエプレがどのようなゲームを目指しているのか、という点も重要だろう。 即ちデュエプレは競技的なDCGを目指しているのか、それともライトユーザー向けのDCGを目指しているのか、で対応が変わってくる。 前者であればより競技的な(つまりマスター以上の高ランク帯)の情報をメインに調査をせねばならないだろうし、後者であればある程度下のランクも含めて調査を行うことになるだろう。 ブリザードのナーフに対する懸案事項 一方で、今回のナーフに当たっての懸案事項もいくつかある。 上記のツイートがリリースからわずか4日後の出来事であること• マスター帯では非ブリザードデッキも多く、またオンライン大会などではブリザード以外のデッキが結果を残していること• 《ダイヤモンド・ブリザード》を前提として環境を構築していた場合、ブリザードのナーフによって他のカード(具体的に言えば《無双竜機ボルバルザーク》)が強くなりすぎる事態にならないかということ 1については「時期尚早」という観点である。 調整段階で開発側が期待しているデッキタイプが登場していないかもしれないし、そもそもリリースからわずか一週間程度でナーフを実施した場合、開発側の手腕に疑問符が投げかけられることになる。 ただこれに関しては前述したシャドウバースもハースストーンも直近で短期でのナーフを実施している(もっともシャドバにはプレリリース的なのが存在するが)ため、それほど考慮されない場合はあるだろう。 2については私の主観を含んでしまうが、マスター帯で数十戦こなしたがブリザードデッキは3割ほどであった。 環境トップのデッキが全体の3割ほどというのは比較的妥当な数字と私は考えているが、これは開発側の判断だろう。 勿論この数字は私の対戦した相手であるので、実数値を反映しているとは限らないので、予めご留意いただきたい。 ただ聞いた話によるとゴールド帯やプラチナ帯はブリザードが非常に多いという。 様々な要因があると思うが、「とにかく早く勝利を積み重ねたい」と判断した場合、ブリザードを選択しやすい傾向はありそうである。 また、マスター帯プレイヤーのように環境に合わせてデッキを変えるような資産的余裕がない場合は、どうしても一番強いカードであるブリザードを作成し、そのデッキを選択せざるを得ないのかもしれない。 そういった意味では、ブリザードしかいない、という状況は生まれやすくなる。 3に関しては、もう少し別な観点を含んでいる。 要するに「ブリザードというデッキがある程度流行ることで、特定のカードの大流行を抑制している」と開発段階で考えていた可能性が否定できないという点だ。 より具体的に言えば、《無双竜機ボルバルザーク》の脅威である。 《ダイヤモンド・ブリザード》の速度によって《無双竜機ボルバルザーク》のデッキをある程度抑制している可能性は高く、ブリザードの再調整を誤った場合、今度はボルバル一強環境になる危険性を孕んでいるだろう。 デュエプレ固有の問題点 また、デュエプレにはデュエプレ固有の問題点がある。 それが、カード生成コストの異常な高さである。 仮にブリザードを4枚生成する場合、SRを16枚砕く必要が生じる。 そのSRの輩出率はわずか1. 単純計算するならば、1624枚のカードを剥く必要があり、イコールで324パックになる。 ちなみに1パックは基本料金が150ジェムなので48600ジェムになり、つまり5万円である。 もちろんこれは直にブリザードを当てる可能性や、他のレアリティのカードを砕くことを一切考慮していない数字ではあるのだが、極めて高いというイメージは共有できた筈だ。 つまりSRを安易にナーフすると、それだけユーザーの資産は目減りし不満は高まる可能性を孕んでいる。 ある程度月日を経て上でなら納得も出来るが、わずか一週間でなると減価償却出来たとは言えないだろう。 ちなみに補償については「分解コストを生成コストと同等にする」といったようにシャドウバースに倣う可能性が考えられるが、生成コストをシャドウバースに倣ってはいない以上は筋が通っているかと言われるとやや疑問である。 この際カード生成コストに関しても見直して欲しいところだが、本記事の趣旨とはそぐわないためここでは省略する。 おわりに 最後になるが、仮にブリザードをナーフするとなった場合、どういった対処になるだろうか。 まず前提として、前述の懸案事項を鑑みるに「全く使えないカード」には出来ないだろう。 環境である程度の強さを保った上で、弱くなるというのが理想だ。 具体的にはマナをタップインにする、回収出来るゾーンを調整する、回収やブーストの上限を設定するなどの対処は考えられる。 或いは、ブリザードそのもののコストを上げるケースもあるだろう。 ここについては開発側の調整力に期待するしかない。 本文は以上となる。 本記事の内容が、各人の考察の一助になれば幸いである。

次の