両生類。 両生類(りょうせいるい)とは何? Weblio辞書

広島大学両生類研究センター

両生類

: amfibi• : Amphibie• 英語: :amphibia• : anfibio• : amphibien• : amfibija , vodozemac• : anfibio• : 수륙양용비행기 suryukyangyongbihaenggi• : varliagyvis , amfibija• : amfibie•

次の

両生類研究センター・鈴木 厚 研究室

両生類

日本の両生類相の概観 [ ] 日本の両生類相 [ ] の『』及び『』 に基づいたを見ると、日本に生息する両生類は、定着したと判断されるを含み、210247681である。 内訳は、在来種が2目9科20属71種76亜種、外来種が2目5科5属5種である。 『日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)』より前の2014年9月に発刊された『レッドデータブック2014』(環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、2014、iii頁)でも両生類の約8割が日本固有種であるとしている。 目の単位では、(サンショウウオ目)が32種(外来種除く)、(カエル目)が38種(外来種除く)であるのに対し、世界における現生の両生類は、有尾目が約436種 、無尾目が約4383種 である。 後述するように、2014年現在においても新種が記載がされていることから単純には比較できないものの、世界に対する日本に分布する在来両生類の割合は、前者が約7. それを示唆するものとして、新種記載が進んでいない1980年代において、千石(1982)は、『(サンショウウオ類の)発生の地と考えられるユーラシア大陸の東部でも、その広大な地域を合わせてすら種類数が日本におよばない。 』 と説明している。 両生類は一般的に、移動性が低く、で、成体は皮膚が乾燥に弱いため水系から離れることが困難であり、や()の生息が水系に依存するという特徴を持つ。 これらの基本的な特徴を踏まえて、日本における多様な両生類相を概観する。 有尾目の中で、はが著しく 、ほとんどの種の分布域は非常に狭い。 これは、サンショウウオ類の移動能力の低さに加え、日本では山地が発達したことで、両生類の繁殖環境かつ幼生の生息環境となるが分断されることをあげている。 現に、サンショウウオ科28種のうちを除く27種が固有種である。 また、2012年から2014年にかけて、多くのが新記載されており、特にもともと1種であると考えられていたが6種に細分されている。 また、千石(1982)や上野(2000)は、の以南にサンショウウオ科が確認されていないことや、の側よりも日本海側でが著しいことなどから、サンショウウオ科の多くは、経由で西日本に侵入した祖先種に由来するのではないかと考察している。 また、最大の両生類であり、国のの や、両生類の中では珍しく、陸上に産卵するという特徴をもった などのが、中部やに生息することも日本の両生類相の特徴として挙げられる。 カエル類(無尾目)では、から、、にかけて生息するものは、分布域が広く 、アカガエル類等の北方起源のものが多いとされている。 個々の種を見てみると、本州から四国、九州に生息するものはのように広く分布する種もいれば、とアズマヒキガエルのように亜種で日本の東西に分かれる分布を示すものもいる。 また、カエルの代表格であるに注目すると、近縁なの2亜種のうち関東地方に分布する亜種とは異所的な分布を示すのに対し、瀬戸内地方に分布する亜種とは同所的に分布するという亜種間で異なった様相をみせる。 は、本州に広く分布する亜種タゴガエルと、固有のヤエヤマハラブチガエル、固有のヤクシマタゴガエルの3亜種に、島嶼間で区別される。 このように種によって独特なを示す。 一方でにおいては、より南の以南著しくしており、さらに、(とに挟まれた琉球列島中部。 や等が含まれる。 )にしか分布しておらず、琉球列島南端のにおいても近縁なものが確認されていない種が多いことが特徴的である。 他にも興味深い分布をする種としては、に広く分布するが最も近縁な群と考えられている固有亜種の や、、、、及びに分布し、隔離された島嶼間における()の結果であると考えられているハナサキガエル類 、 や などの八重山諸島とに分布する種などがあげられる。 海水を苦手とする両生類が移動・分散するためには、とのの形成が不可欠であり、琉球列島の成り立ちを検討する上では欠かせない。 その一例として、太田・高橋(2006)は、九州、琉球列島の島嶼群及び台湾、大陸に分布する両生類相の類似度をで求めているが、琉球諸島はまず「宮古諸島・八重山諸島グループ」と「奄美諸島・沖縄諸島グループ」にグルーピング化され、「宮古諸島・八重山諸島グループ」は「台湾」に類似し、ついで「宮古諸島・八重山諸島・台湾のグループ」と「大陸」が近似、さらに「宮古諸島・八重山諸島・台湾・大陸のグループ」と「奄美諸島・沖縄諸島」が近似し、最後に「奄美諸島から大陸のグループ」が「九州」と類似するという結果となった。 でも概ね同様な結果を得ており、この類似度が単純に地域間の歴史的関係を反映しているとの前提であれば、「九州」と「奄美諸島から大陸のグループ」の間が先に分断され、ついで上記と逆の順に、陸橋が分断されていった事を示唆している。 両生類と日本人との関わり [ ] 2015年6月現在で、及び、の3種の両生類が、種又はその生息地・繁殖地を対象に、国の又はに指定されている。 カジカガエルについては『玲瓏たる声音を発す(玲瓏タル聲音ヲ發ス)』と解説されており、千石(1995)は、『古来、日本人はカジカガエルの声を愛で』ていたことを紹介し、『カエルの声を楽しむという風流心は、(中略)日本人が世界に誇ってもよい』と指摘しており 、が両生類をの一部として捉えていることを示唆するものである。 この蛙はの で、がと詠んだことは有名であり、また、はを題材に、を著した。 はかつては食用とされており、近縁のも食用のために持ち込まれたとされている。 また、も食用のために日本に導入された。 両生類は身近な生き物であり、両生類一般はなどにおけるの対象に、また種によってはやでのの対象になり、観察時期や場所、見分け方等の一般向けの野外観察図鑑や器具・餌などの飼育方法を指南する図書が出版されている。 特にカエル類の学校飼育について、昭和初期には既に卵を採取し、幼生への変態の観察をすることが理科のに位置づけられている。 詳細は「」、「」、および「」を参照 日本産両生類への脅威と保護対策 [ ] 2012年8月に公表された第4次環境省レッドリストでは、66種(亜種を含む。 以下同じ。 )の評価対象種のうち、22種が絶滅のおそれのある種(絶滅危惧IA類、IB類、II類の合計)、20種が準絶滅危惧種、1種が情報不足と評価している。 第3次レッドリストでは、評価対象種62種のうち、絶滅のおそれのある種が21種、準絶滅危惧種が14種であったが、この増加した要因として、『レッドデータブック2014』では、の再検討による独立種の増加をあげるとともに、種が細分化されたことにより、細分化前よりも絶滅リスクが高まるおそれがあることも指摘している。 また、日本人にとってカエルの代表種とも言えるが、その生息環境である等の減少に伴い影響を受けているとして準絶滅危惧にランクインしている。 2000年に発行された『改訂版レッドデータブック』では、両生類の生息環境となる湿地や小川等の淡水環境や森林環境が開発され、あるいはペットブームによる密猟が絶滅の危機や個体数減少の要因であると述べているが 、2014年に刊行された『レッドデータブック2014』でも生息環境の急激な悪化と愛好家や業者の乱獲を指摘している。 さらには、徘徊性の両生類は道路の側溝に落ちると這い上がる事ができずにそのまま死亡することもある。 これらの影響の結果、した種は確認されていないものの や などでが消滅した例もある。 他にも、近年では、とし、を与えている やのように在来種と餌や繁殖環境を巡ってを行うもの 、のように在来種を直接捕食するもの など、様々なが確認されている。 もちろん同じ両生類のみならず や 、やを捕食する などの両生類を餌とする外来生物は多い。 これらの生息環境の変化や外来種の脅威によって、日本の両生類相は、その存続を脅かされていると言える。 詳細は「」を参照 具体的な両生類の保護対策の例として、1996年6月18日に環境省と(当時)は、を対象にに基づく「」を策定した。 本種の生息地であるで、重要な生息環境である小規模なや溝等の現状維持や拡大、その周辺にあるの保全、モニタリング調査、の防止、普及啓発などの対策が講じられている。 また、それを担保するために、との2箇所の生息地が、に指定されている。 また民間によるのの創出も成果をあげている。 その他、上記の天然記念物に指定されている3種もに基づく規制がかけられており(を参照。 )、国際的な商取引を規制する目的で、がに指定されている。 加えて、国の天然記念物等に指定されていなくても、都道府県や市町村の条例に基づく天然記念物や希少野生動植物種に指定され、保護されている種もいる。 2005年のの施行を契機に、外来両生類の駆除や調査なども進められており、例えば沖縄県においてはやを対象とした事業が行われており 、また、及びオオサンショウウオとの雑種個体の除去も実施されている。 また、2015年3月には、『我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)』が作成され、外来生物法に基づくの対象外や国内外来種の対策も進められている。 日本の両生類一覧 [ ] 、及びは、が公表した に基づき、一部の外来種について『』に従った。 そのため環境省レッドリスト等と学名が一致しないものがあることに留意されたい。 、、の右に、これに含まれるの数を記載した。 凡例 [ ] 該当するものには、下記の凡例を付記している。 凡例に関する出典は以下の通り。 それぞれの凡例の右に出典を記載した。 固有種・外来種の別及び分布情報 - や『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』、『』を主な出典とし、必要に応じてその他の文献・資料も活用した。 保全状況評価• カテゴリー -• レッドリストカテゴリー - 環境省「」及び『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』• - 事務局 The CITES Secretariat 『』• - 自然環境局野生生物課『』• その他• - 環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室「」及び「」『』 固有種・外来種の別• , - 1• , - 21• Nishikawa et Matsui, - 【固】; 【島()】• Nishikawa et Matsui, - 【固】; 【九】• Nishikawa et Matsui, - 【固】; 【九】• , - 6• Kuro-o, Poyarkov et Vieites, - 【固】; 【本】• Yoshikawa, Matsui, Tanabe et Okayama, - 【固】; 【本】・【四】• Yoshikawa et Matsui, - 【固】; 【本】・【四】• Yoshikawa et Matsui, - 【固】; 【本】• Yoshikawa et Matsui, - 【固】; 【本】 オオサンショウウオ科 [ ] , - 12、うち1種は• Nussbaum et Brodie, - 1• , - 2• , - 1• , - 23• , - 12• , - 1012• Okada, - 【LC】• タゴガエル Okada, - 【固】; 【本】・【四】・【九】• Ryuzaki, Hasegawa et Kuramoto, - 【固】; 【本】• , - 1• Fei, Ye et Huang, - 2• Sekiya, Miura et , - 【固】; 【島()】• , - 23• , - 【LC】• Fei, Ye et Huang, - 6• Thompson, - 2• Dubois, - 1• , - 1• Bolkay, - 2• Ye, Fei et Dubois in Fei, - 1• Kuhl et Van Hasselt, - 45• , - 【LC】• オキナワアオガエル , - 【固】; 【島(;、、)】• Inger, - 【固】; 【島(;、)】• , - 2• , - 1• , - 1• - 外来種1• - 【外】; 【本(・で定着。 九州産のものは2014年にアマクササンショウウオ、オオスミサンショウウオ及びソボサンショウウオに分けられた。 環境省レッドリスト2014では、祖母山地、天草諸島、大隅半島産の個体群もオオダイガハラサンショウウオとして掲載している。 本州と四国に分布する種であると考えられてきたが、2012年〜2014年にかけて本種を含み6種に分けられた。 日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)には掲載されていない。 奄美諸島産と沖縄諸島産を亜種に分ける場合がある。 基亜種 Bufo gargarizans gargarizans は、日本に分布していない。 『侵入生物データベース』によるとにも人為的に定着したものの、既に根絶されたとされている。 北米原産。 での定着した可能性が指摘されている。 本州の一部地域(神奈川県・千葉県)は、人為的な移入の可能性がある。 東南アジア原産。 ピパ科の位置は系統を反映させていない便宜上のものである。 アフリカ中南部原産。 日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)には掲載されていない。 出典 [ ]• 松井正文(2006、249頁)• 松井正文(2006、251頁)• を参照。 松井(2006、94-95頁)• 高田・大谷(2011、8、246頁)• - 環境省生物多様性センターホームページで確認。 (2015年5月5日閲覧)• (2015年5月5日閲覧)• 高田・大谷(2011、41頁)• 環境庁自然保護局野生生物課編(1993)• 」の各両生類の図面。 「」『 』• 「オオサンショウウオ」『日本の天然記念物』・・・監修、、1995年3月20日、683頁、。 環境庁自然保護局野生生物課編『日本産野生生物目録(9)脊椎動物門 両生類』『日本産野生動物目録 - 本邦産野生動植物の種の現状 - (脊椎動物編)』財団法人自然環境研究センター、1993年12月、。 財団法人自然環境研究センター編「」『自然環境保全基礎調査 動物分布調査 日本の動物分布図集 第2部 特徴を表している分布図』2010年3月31日、50頁。 (2015年5月5日閲覧)• 高田・大谷(2011、34頁)• 松井正文「両生類における種分化」『バイオディバーシティ・シリーズ1 生物の種多様性』岩槻邦男・馬渡峻輔編、裳華房、1996年8月10日(2005年6月20日第7版)、217-230頁、。 千石正一「モリアオガエルとカジカガエル」『日本の天然記念物』加藤陸奥雄・沼田眞・渡部景隆・畑正憲監修、講談社、1995年3月20日、756頁、。 NPO法人きごさい『』(2015年5月17日閲覧)• 例えば足立区生物園監修(2014)や高田・大谷(2011)、大谷監修・川添著(2014)、田中(2000)など• 鈴木哲也「」『東京未来大学研究紀要』第5号, 2012年、51-59頁。 高田・大谷(2011、246頁)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月10日閲覧)• 例えば、オキナワイシガエルやオオダイガハラサンショウウオ、ベッコウサンショウウオなど。 那覇自然環境事務所『」(2015年5月17日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 自然環境局野生生物課「 2012年6月20日, at the. 」『』(2015年5月17日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 岡田滋「カスミサンショウウオ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、106頁。 高田・大谷(2011、234-235頁)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 岡田滋「ベッコウサンショウウオ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、107頁。 (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 太田英利「シリケンイモリ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、104頁。 田中聡「シリケンイモリ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2005年、140-141頁。 (2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 」『』(2015年5月10日)• (2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 千木良芳範「ハロウエルアマガエル」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2005年、141-142頁。 財団法人自然環境研究センター編「」『 第3部 動物分布図(両生類・爬虫類)』2010年3月31日、290頁。 (2015年5月4日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• (2015年5月10日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 岡田茂「アマミアオガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。 岡田茂「シュレーゲルアオガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 岡田茂「カジカガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。 岡田茂「リュウキュウカジカガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧)• 国立研究開発法人「」『』(2015年5月3日閲覧) 参考文献 [ ]• (2015年5月10日閲覧)• 監修『水辺の生き物を飼おう! : ザリガニ・カニ・オタマジャクシ・ウーパールーパー・カメ』、2014年4月1日、55頁、• 上野俊一「」『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物3 爬虫類・両生類』環境庁自然環境局野生生物課編、2000年、。 - 環境省生物多様性センターホームページで確認。 (2015年5月5日閲覧)• 大谷勉・川添宣広『日本の爬虫類・両生類 観察図鑑 季節ごとの観察のコツ・種類の見分け方がわかる(フィールドガイド)』、2014年4月26日、158頁、。 ・高橋亮雄『琉球列島および周辺島嶼の陸生脊椎動物相 - 特徴とその成り立ち - 』『美ら島の自然史-サンゴ礁島嶼系の生物多様性』琉球大学21世紀COEプログラム編集委員会編、東海大学出版会、2006年7月20日、2-15頁、。 文化環境部自然保護課編『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-』、2005年。 環境生活部環境保護課編『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人、2003年、。 ・・・監修『日本の天然記念物』講談社、1995年3月20日、1101頁、。 環境省「」『報道発表資料 』、2012年8月28日。 自然環境局野生生物課『』(2015年5月17日閲覧)• 環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室「」及び「」『』• 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』ぎょうせい、2014年9月、153頁、。 国立研究開発法人『』(2015年5月3日閲覧)• 財団法人編『』2010年3月31日、275-322頁。 (2015年5月4日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• 鈴木哲也「」『東京未来大学研究紀要』第5号, 2012年、51-59頁。 ・大谷勉『原色爬虫類・両生類検索図鑑』、2011年7月1日、292頁、。 田中治「両生類(カエル、イモリの仲間)」『』社団法人、2000年10月、189頁。 (2015年5月3日閲覧)• 『』(2015年6月9日閲覧)• 『 』(2015年5月15日閲覧)• 編集『バイオディバーシティ・シリーズ7 脊椎動物の多様性と系統』岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2006年9月25日、403頁、。 (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年5月3日閲覧)• (2015年6月9日閲覧) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

広島大学両生類研究センター

両生類

陸上生活に適応した最初の脊椎動物群。 魚類と は 類の中間に位置する。 デボン紀末期に出現し,の後半に繁栄した。 初期の両生類は魚類に類似し,硬骨魚類のから生じたと考えられる。 は古生代末期に堅頭類から進化する。 化石種では堅頭類のイクチオステガ,,が代表的。 現生は無足目(アシナシイモリ),有尾目(イモリ,サンショウウオ類),無尾目(カエル類)の3目に分類される。 最大はの1. 2mで,は5〜20cmほどの小型。 体表には鱗がなく皮膚は裸出して,水を透過させる。 したがって体内の水分の消失を防ぐため,水辺やから離れることができない。 では肺呼吸を行うが,皮膚呼吸もでき,なかには肺を欠く種類もある。 卵は原則として水中に産みつけられ,幼生は水中で生活して変態を終わるまで鰓 えら 呼吸を行う。 約3000種が知られ,を除く世界各地に広く分布するが,熱帯地方にもっとも多い。 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて の解説 脊椎 せきつい 動物門両生綱に属する動物。 カエル、サンショウウオ(イモリを含む)、アシナシイモリ類が含まれる。 [倉本 満] 系統・形態脊椎動物で最初に陸上生活を始め、爬虫 はちゅう 類さらに鳥類、哺乳 ほにゅう 類へと発展する基礎となった動物群として、進化史で重要な位置を占める。 両生類は硬骨魚類の総鰭 そうき 類に由来し、最古の両生類イクチオステガ Ichthyostegaは古生代デボン紀の地層に発見されている。 総鰭類は筋肉質のじょうぶな対鰭をもち、これが両生類の四肢となった。 また、うきぶくろが肺となり、えらにかわって陸上で空気呼吸を行うようになった。 石炭紀には多様なグループを生じ、なかには全長3メートルを超す大形種もいたが、中生代になると爬虫類が発展して両生類は衰退した。 現生の両生類は3目約3400種を含み、脊椎動物で最小の綱である。 現生の両生類は比較的小形で、体表は分泌腺 せん に富む皮膚に覆われ、鱗 うろこ や毛はない。 頭は平たく、魚類より少ない骨で構成される。 椎骨とは2個の後頭突起で接合する。 脳に新皮質はなく、大脳は小さい。 脳神経は10対で爬虫類の12対より少ない。 耳骨は1個。 二次口蓋 こうがい はない。 胴部に四肢があるが、有尾類の一部では退化し、無足類では欠如している。 横隔膜はない。 心臓は2心房1心室で、体循環と肺循環の分離は不完全。 赤血球は楕円 だえん 形で有核である。 肺の構造は簡単で、肺を欠く種もある。 変温性。 [倉本 満] 分布・生態南極大陸と北極圏の大部分を除く全世界に分布する。 移入種を除き、洋島にはいない。 体表が水を透過しやすいため、主として湿った場所で生活し、地上性、地中性、樹上性、水中性など、さまざまな生活様式がある。 海水にすむ種はいない。 原則として小形動物を食べる。 卵は小形でゼリー層に包まれ、卵殻はない。 胚膜 はいまく も形成されない。 一般に水中に産卵し、孵化 ふか した胚はえらを備えた幼生となって水中生活を送り、変態して成体となる。 幼生の形態は多くの点で成体と異なる。 この典型的な生活史のほか、湿った地上や樹上に産卵するものがあり、体内受精をする種では胚が母体内で発育して幼生または変態を終了した幼体となって産まれるものもある。 硬骨を獲得した硬骨魚綱の中の 亜綱 Crossopterygiiから分かれ,四肢と肺を獲得したAmphibiaはデボン紀から石炭紀への移行期,両生綱から分かれ羊膜を獲得したReptiliaは石炭紀後期,爬虫類の祖竜亜綱Archosauriaから分かれ羽毛を獲得したAvesはジュラ紀前期,同じく爬虫綱の単弓亜綱Synapsidaから分かれ毛と乳腺および3個の中耳小骨を獲得したMammaliaは三畳紀後期に現れている。 無顎綱,板皮綱,軟骨魚綱,および硬骨魚綱を合わせてPisces,残りのものを四足動物Tetrapodaの2上綱とすることがある。

次の