トイレ 黒ずみ 原因。 簡単にできる! トイレの黒ずみを落とす6つの方法

トイレの黒ずみの原因と落とし方 水が出るところはどうする?

トイレ 黒ずみ 原因

目次 [] 1 トイレの黒ずみの正体とは? トイレの黒ずみは掃除をサボるとできやすいとされています。 しかし、トイレを長く使う間に、自然と黒ずみができてしまうこともあるのです。 そのため、トイレに黒ずみができてしまっても、自分を責める必要はありませんよ。 1 トイレの黒ずみの正体 トイレの黒ずみの正体は、次のようなものです。 カビ・雑菌・細菌• ホコリ・ゴミ トイレの黒ずみの正体は、必ずしも一つではありません。 トイレの使用状況によっても変わるのです。 例えば、トイレにできた水垢にカビが繁殖して黒ずみになったり、便器に付着したホコリやゴミから黒ずみになったりします。 また、水垢や尿石が時間をかけて黒く変色するという場合まであるのです。 尿石は主にトイレの黄ばみとして知られていますが、黒く変色することもあるので注意しておきましょう。 2 トイレの黒ずみができる原因は? トイレの黒ずみができる原因は、掃除が不十分という場合が多いと言えます。 つまり、トイレ掃除をサボったことで汚れが溜まったというのが原因。 また、掃除していないことが原因で、カビや雑菌などが繁殖したということも考えられます。 いずれにしても、比較的新しいトイレに黒ずみができた場合には、掃除が行き届いていなかったことが原因と考えるべきでしょう。 一方で、トイレの黒ずみには水垢が原因という場合があります。 水垢はシンクなどにもできやすく、白いうろこのような形が特徴的。 この水垢の原因は、水道水に含まれているミネラル分(カルシウムなど)ですが、酸化したり、鉄分によって変色したりして黒くなってしまうことがあります。 これがトイレの黒ずみができる原因でもあるのです。 このようなケースでは、長い間トイレを使っていたために水垢が蓄積したことも原因と考えらえます。 掃除をしていても水垢が溜まることはあるので、古いトイレが原因と言えなくもないでしょう。 それでも、十分にトイレ掃除をしていれば、ある程度は黒ずみを予防できますよ。 トイレの便器にホコリやゴミが溜まって黒ずみになる場合も同じです。 トイレが古くなれば、それだけホコリなども溜まりますが、掃除をしていれば問題ありません。 古いトイレのほうが水垢やホコリなどが溜まって黒ずみになりやすいので、よりトイレ掃除に精を出しましょう。 2 トイレの黒ずみの落とし方 トイレの黒ずみは掃除が行き届かなったことが原因となりやすいですが、トイレ掃除をしていても黒ずみができる場合もあるのです。 そこで、トイレに黒ずみができてしまったときにキレイする「黒ずみの落とし方」を紹介していきます。 1 トイレの洗剤で落とす トイレの黒ずみの落とし方の中で、最も簡単なのはトイレ用の洗剤を使う方法。 トイレ用の洗剤は、トイレの黒ずみの原因を様々な角度から分析して作られています。 そのため、水垢が原因の黒ずみでもカビが原因の黒ずみでも、スッキリと落としてくれます。 水垢を落とすには「酸性の洗剤」が効果的で、黒ずみを落とすには「塩素系のアルカリ性洗剤」が効果的とされています。 しかし、トイレの黒ずみの原因が何かは分からないですし、使い分けるのが難しいですよね。 そういう場合は「黒ずみ対策の洗剤」を使いましょう。 例えば、粉末状の洗剤をトイレに入れて、あとは流すだけという洗剤もあります。 黒ずみがひどいときは数回使えば良いだけですので、とても簡単ですよ。 2 塩素系漂白剤で落とす トイレの黒ずみを白くしたい場合は、トイレ用の漂白剤を使う落とし方もあります。 使い方も簡単で、トイレの黒ずみ部分に「塩素系漂白剤」をかけるだけです。 特に便器のふちなどの見えにくい場所にもしっかりとかけることがポイント。 あとは少し待って流すだけで、トイレの黒ずみを漂白できます。 また、トイレ用の漂白剤を使っても落ちないときは、使い古しの歯ブラシなどで黒ずみ部分を軽くこすってみましょう。 黒ずみがキレイになるはずです。 漂白剤を使っても黒ずみが落ちにくい場合は、漂白剤をつけたトイレットペーパーを黒ずみに貼りつけておくという落とし方も試してみましょう。 少し長めに待っても、トイレットペーパーが漂白剤を乾かないようにしてくれて黒ずみを落としやすくしてくれますよ。 3 重曹とクエン酸で落とす 小さな子どもがいる家庭の場合は、トイレの黒ずみの落とし方として「重曹」と「クエン酸」を使う方法が推奨されています。 重曹とクエン酸は品質によっては食用にもなりますよね。 掃除用の重曹とクエン酸も販売されていますが、食用の重曹とクエン酸を使えばより安心できますよ。 使い方も簡単です。 重曹はトイレの黒ずみを含めて便器全体にかけます。 次にクエン酸をトイレの水が溜まっている場所に入れて溶かしていきます。 その水を使ってトイレ掃除をすれば、黒ずみをキレイに落とせるのです。 4 プロに依頼してみる どうしてもトイレの黒ずみが落ちない場合には、プロにトイレ掃除を頼むという方法もあります。 換気扇や浴槽など、トイレ以外にも掃除が面倒なところがありますよね。 トイレの黒ずみに限らず、このような場所は掃除しても取れない汚れに困りやすいと言えるでしょう。 そういう場所こそ、まとめてプロの清掃業者に依頼。 お金はかかりますが、自分で掃除しても落ちない汚れがあっても、掃除のプロならキレイに落とせると言えます。 トイレ掃除の時間がない、どうしても黒ずみが落ちない、家中まとめて掃除してもらいたいという場合などは、いっそプロに掃除してもらうのも黒ずみをキレイにする落とし方の一つですよ。 5 最終手段は研磨・交換 トイレの黒ずみは、どんな方法で掃除をしても落ちないこともあります。 なぜなら、トイレの黒ずみを放っておいたことで落ちにくくなってしまうからです。 そこで、どうしてもトイレの黒ずみが落ちない場合には「便器を研磨する」という方法もあります。 しかし、便器のコーティングを傷めてしまったり、目立つ傷跡が残ってしまったりすることもあるので、あまりおすすめできません。 それよりも、落ちない黒ずみができたトイレを諦めて、新しいトイレに交換。 こちらのほうが良いでしょう。 トイレは長く使っている間に、どうしても水垢などが溜まって黒ずみができやすくなっていきます。 トイレ掃除をしっかりしていても、少しずつ水垢が溜まるケースも多いのです。 ですから、落ちない黒ずみができたときには「トイレを交換する」という方法で黒ずみをなくすことも良いと言えますよ。 3 トイレの黒ずみの日々の予防方法。 トイレの黒ずみを落とすことも大切ですが、黒ずみができないように予防することも大切です。 そこで、トイレの黒ずみの予防方法を紹介します。 トイレの黒ずみに困ったことがある方は実践してみてください。 1 トイレタンクの洗剤を使う トイレの黒ずみ予防で最も簡単なのが、トイレタンクの洗剤を使う方法。 トイレタンクの洗剤は置くだけやタンクに入れるだけという製品が多く、手軽に使える黒ずみの予防方法になります。 トイレタンクの洗剤を使えば、トイレの水を流すたびにトイレをキレイにしてくれたり、汚れを弾きやすくしてくれたりして、トイレに黒ずみができにくい状態を保ってくれます。 トイレの黒ずみを落としたあとに使えば、その状態をより長くキープしてくれるのです。 また、便器の中にジェル状の洗浄剤を入れる方法もあります。 トイレタンクの洗剤と同じような効果があるので、こちらを試すのも良いと言えますよ。 いずれにしても、トイレタンクの洗剤や便器の洗浄剤を使うところまでが、トイレの黒ずみの落とし方と思っておくほうが良いでしょう。 2 こまめに掃除をする トイレ掃除をする時間がある場合には、こまめにトイレ掃除をすることが黒ずみを予防する最善の方法となります。 トイレタンクの洗剤や便器の洗浄剤などを使うこととあわせて、こまめに掃除できれば最高ですね。 3 トイレ用の空気清浄機を置く トイレの黒ずみは「カビ」が原因ということもよくあります。 このカビ菌を排除するために、トイレ用の空気清浄機を置くというのも黒ずみの予防方法となるのです。 小さなホコリやゴミもトイレの黒ずみの原因になりますが、雑菌やカビが黒ずみの原因になることに比べると大きな問題ではないと言えます。 それだけカビや雑菌はトイレに黒ずみを作りやすいのです。 トイレ用の空気清浄機は消臭効果があることは言うまでもなく、カビや雑菌などの除菌効果もあるとされています。 これだけでトイレの黒ずみを抑えられる訳ではないですが、空気清浄機があるほうが良いのは分かりますよね。 消臭効果も考えて、トイレの黒ずみ予防に空気清浄機を検討してみましょう。 4 リフォームで最新の便器に トイレの黒ずみを予防する最新の手段がトイレのリフォーム。 黒ずみのない新しい便器にすることは当然ですが、黒ずみや汚れを予防する最新の便器にすれば、トイレの黒ずみは簡単に予防できますよ。 例えば、TOTOのネオレストは「きれい除菌水」という機能があり、便器に汚れがつきにくい状態にしてくれます。 リクシルのサティスはシャープが開発した「プラズマクラスター」が取り入れられていて、カビや付着菌の除菌ができるようになっています。 同時にニオイも抑えてくれるため、一石二鳥の機能と言えるでしょう。 最新のトイレはそれ自体に黒ずみや汚れを予防する効果があると言えます。 古くなって黒ずみができやすくなったトイレを最新のトイレにリフォームするというのも、最新の黒ずみの予防方法と言えるのではないでしょうか。

次の

トイレの黒ずみが落ちない!?掃除方法と予防方法を徹底解説します。

トイレ 黒ずみ 原因

もくじ• トイレの黒ずみの原因って何なの? トイレ掃除をさぼったりすると、すぐにトイレに黒ずみの輪っかができてしまいますが、あのトイレの黒ずみの原因って何なんでしょう? そんなにトイレを使わなくてもできる事がありますが、あの黒ずみは ホコリやカビ、微生物 これらが原因となっているのです。 ここに水の中に含まれる鉄分が酸化し黒ずむといったこともあり、水垢とカビが合わさって汚れができると、さらに取れにくくなってくるようなんですね。 やはりきちんと掃除をしていないと、トイレの黄ばみと同じく黒ずみもできてきます。 トイレの黒ずみと黄ばみ トイレの黒ずみができる原因には、トイレに残っていた黄ばみ部分に黒カビが付着し成長することも原因の一つとしてあるようです。 トイレ掃除をマメにしないと尿石が付着しますが、その 黄ばみの中にある成分を栄養として黒カビが生えるといったこともあるようなんですね。 だから、どちらにせよ黒ずみができる原因は、微生物やカビなどの発生も大きくかかわっていることがわかります。 やっぱりトイレが汚れているとあまり気分的にも良くないので、しっかりと掃除して黒ずみをとっておきたいですよね。 でも、長い間放置しているとなかなか取れなくなってしまうんです。 そんなしつこい トイレの黒ずみを掃除するには、いったいどうしたらいいんでしょうか? 水垢 ホコリ カビ こういった要素が絡まりあって汚れてくるので、この水垢やホコリに発生した黒カビをとるために塩素系洗剤が有効なんですね。 塩素系洗剤には、黒カビの胞子や菌を分解しタンパク質を分解する効果があります。 さきほどの除菌洗浄トイレハイターのように、原液を黒ずみにかけて数分放置してから水で流すことで、黒カビを分解してるんですね。 トイレの黄ばみ掃除には酸素系洗剤が効果的 一方の トイレの黄ばみもありますよね。 あれもずっと放置してると取れにくくなったり、見た目も悪いし早めに掃除したいところです。 でも、掃除してもなかなか黄ばみが取れない時ってありますよね。 そんな時には酸素系洗剤が有効です。 寝る前に重曹一杯! といった感じですね。 もしこれが面倒だったり忘れがちになってしまうのなら、置くだけでトイレ洗浄ができる商品を使うのが効果的です。 トイレ黒ずみ掃除の便利なアイテム トイレ掃除をさぼってしまうと黒ずみができて掃除も大変になることがありますが、そんな掃除を楽にするアイテムもたくさん販売されています。 そんな中で人気なのが 【トイレ洗浄中さぼったリング】 トイレの水溜りにこの「さぼったリング」の粉末をサッといれるだけで、ブラシがけもいりません。 「さぼったリング」の洗浄成分がトイレ内で強力に発泡して、洗浄成分の泡がトイレの水際の黒ずみ汚れを包み込み、強力に洗浄・除菌します 時間は30分~1時間程度(一晩おいても大丈夫)でそのままおいておき、あとは流すだけで水際の黒ずみ汚れが落ちています。 寝る前とか仕事や買い物に出かけるときなど、トイレを使わないときにこの洗剤を入れておくといいですね。 また、タンク内の黒ずみなども防ぐものとして便利な掃除アイテムは、 【液体ブルーレットおくだけ除菌EX】 ほとんどの人がご存知だとは思いますが、言われてみればこれを使ったらいいんだなと気づく方も多いのではないでしょうか。 トイレの黒ずみ除去のために、置いておくだけで大丈夫な便利な掃除グッズです。 これがタンク内の黒ずみ予防にも役立ってくれるし、それがトイレ内に流れて トイレ内の黒ずみ予防にもつながります。

次の

トイレの黒ずみは簡単に落ちる?!トイレの黒ずみ対処法

トイレ 黒ずみ 原因

酸性のトイレ用洗剤を何度も染み込ませたことによって、黒ずみヨゴレはかなり分解して掃除しやすくなっています。 ここまで来たら、あとひと押しです。 今度は、研磨剤が入ったトイレクレンザーを使用してみましょう。 ここで注意してほしいのが、各トイレメーカーは研磨剤が入った洗剤を推奨していない、ということです。 トイレは陶器でできており、研磨剤入りの洗剤を使うことで微細なキズができてしまうからです。 目に見えないほどの細かいキズですが、何度も繰り返し使用することで便器にダメージを与えてしまいます。 ひどい場合には、便器が割れてしまうことも考えられます。 そのため各社ともトイレメーカーは研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーを推奨していないのです。 研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーとしては、「トイレマジックリン強力クレンザー」が有名です。 便器の説明書をよく読んでから使用するようにしてください。 以上の方法でも落ちなければ、今度は重曹とクエン酸を一度に使ってみましょう。 通常、アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤は混ぜて使用することはオススメしません。 一緒になることでガスが出るため、場合によっては気分が悪くなるケースも考えられるからです。 そのため、重曹とクエン酸を一緒に使用する時には、念のために換気を良くしてから使ってください。 重曹とクエン酸で掃除をする前に、便器の水たまりの水は必ず抜いておきましょう。 水を抜いておかないと、黒ずみの輪の部分にせっかく重曹とクエン酸をふりかけても水に溶けてしまいます。 使用方法ですが、まず重曹の粉を気になる黒ずみ部分にふりかけます。 うまくペタッとくっつかないようでしたら、重曹の粉を水で少しだけ溶かして重曹ペーストを作ると良いでしょう。 重曹が黒ずみヨゴレの部分にくっつけることができたら、その上からクエン酸水をスプレーします。 すると、アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸が反応してシュワシュワと泡がたってきます。 この泡が黒ずみヨゴレを分解してくれるのです。 もしも重曹の量が多くて乾いてくるようでしたら、クエン酸水を多めにスプレーしてください。 ここまでしても黒ずみヨゴレが落ちない場合は、最後の手段です。 耐水性サンドペーパーや、陶器用の研磨パッドで、黒ずみヨゴレを削って落とします。 削って落とすので、必ずヨゴレは落ちますが、その分便器も削れてしまうので注意が必要です。 黒ずみが落ちたら削るのを止めておかないと、最悪の場合は便器が割れて使い物にならなくなってしまいます。 耐水性サンドペーパーは、100円ショップでも時々扱っています。 サンドペーパーには番号が書いてありますが、なるべく目の細かいものにしてください。 1500番以上が目が細かいのでオススメです。 トイレ掃除のプロが使用しているのが「陶器用研磨パッド」です。 これはホームセンターでもあまり見かけないので、近所で販売していない場合はインターネット通販などで購入すると良いでしょう。 こちらは耐水性サンドペーパーよりもやわらかく、水アカよりも硬い材質でできています。 陶器用研磨パッドでも陶器にキズがついてしまうことには変わりありませんが、ダメージの程度が低くなっているのです。 酸性のトイレ用洗剤や、研磨剤が入ったトイレ用洗剤でも落ちない黒ずみヨゴレには、アルカリ性の塩素系トイレ用洗剤を使用してみましょう。 アルカリ性の塩素系のトイレ用洗剤は、カビ菌やヨゴレの中のタンパク質を強力に分解してくれます。 商品としては、「花王 除菌洗浄トイレハイター」や「ドメスト」などがあります。 除菌の力も強く、ヨゴレが落ちるスピードも早いので、何をしても効果が無かったという場合に試してほしい洗剤です。 使用する時には、薄めずにそのまま黒ずみヨゴレが気になる部分にふりかけます。 そして、数分間放置して洗剤がヨゴレを分解するのを待ちます。 最後は水に流すだけなので、使い方もとても簡単です。 これらを使用する時の注意としては、酸性の洗剤と一緒に使わないようにしてください。 サンポールなどの酸性洗剤と一緒に使うと、有毒ガスが発生してしまうからです。 吸い込むと体調が悪化することもありますので、酸性の洗剤が残っていないか十分に気をつけてください。 トイレにサボったリングがあったり、まばらに黒ずみヨゴレがあったりすると、お客様が来た時にみっともないですよね。 トイレを少しでも落ち着いた場所にするためにも、日頃のお掃除が大切です。 トイレは家族で使うものなので、できればトイレ掃除は家族で役割分担して行いたいものです。 以前はトイレ掃除というと、汚物や排泄物が顔にかかるりそうで心配でした。 しかし最近は、手を汚さなくても短時間でできるお掃除グッズが販売されるようになっています。 ドラッグストアなどでもトイレ掃除グッズは広く扱われるようになったので、家族でも参加できるトイレグッズをチェックしてみると良いですよ。 どうしてもトイレの黒ずみヨゴレが自分では落とせなかったという場合は、トイレ掃除のプロに頼むのも一つの方法です。 料金的には5,000円前後が多いようです。 業者に頼む時には、出張代込みの値段なのかどうかといったことや、黒ずみヨゴレだけでなく黄色い尿石のヨゴレも完全に落としてくれるのか、便器以外のトイレの天井や壁、床も掃除するのかといったことも聞いてみましょう。 何となくキレイになったけれども、肝心のサボったリングは薄くなっただけ、というのでは何のためにプロに頼んだのかわかりませんよね。 そして、1社だけで決めるのではなく数社から見積もりをとりましょう。 水まわりの掃除や工事は、業者によっては非常に高額な請求をしてくるところがあります。 最低でも3社から見積もりをとって、それから業者に頼むかどうか決めましょう。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の