引っ越し 見積もり おすすめ。 【2020年最新】引っ越し業者おすすめ比較ランキング!人気業者の口コミ・評判や見積もりを徹底検証 ‐ 不動産売却プラザ

引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2020年最新版

引っ越し 見積もり おすすめ

どうして料金が安くなるの? どうして引越料金が安くなるかですが、同時に見積もりしている他社の見積もりを伝えると、 他社より安くなるからです。 過去に1社ずつ電話して見積りをしたことがあるのですが、同じ業者でも一括見積りの方が最初から安かったです。 評判がいい業者を選ぶ方法 オリコンのランキングと比較したいのが、引越価格ガイドの 上位トップ3です。 最近は、引っ越し業界の老舗、アート引越センターを、アーク引越センターが抜く状況が続いてます。 アート引越センターと、サカイ引越センターは、どこでもランクインですね。 客観的なランキングで上位の業者にはやっぱりおすすめ評価されるだけの理由があります。 長距離・短距離などの移動距離があるので一概には言えませんが、引っ越し繁忙期の差額で• 単身や小規模の引越しでも1.5~2.5万円• 家族の引越しで3万円~ これだけの差が出るなら、費用の負担が減っていいと思います。 見方を変えると、 比較しないで適当に引っ越し業者を選ぶとこれだけ損をしてしまうかも?ということですね。 少しの手間なら、一括見積もりを使う価値があると思います。 >>イチオシの一括見積もり 引っ越しの一括見積もりでよく聞かれること ある業者にねばられて根負けしちゃいました(><) 私も、昔は、1社ずつ見積もりをとっていたのですが 、1対1の方が断然押しが強いです。 結局、根負けして高い料金払ってしまったことがあります。 その時は、ダンボールとか多めにもらいましたが、やっぱり、高いものは、高かったです。。 一括見積もりの方が楽に断れますよー。 「見積もりが出揃うまで決めません!」って言い切れば、業者によっては もっと安くなることもありますよー。 主婦の1万、2万、3万・・・って大きいですよね(><) だから、おすすめ。 がんばりましょう。。 おすすめの見積もりサイトはどこ? 何回もご紹介してるので、「またか。。 」と思われてしまうかもしれませんが、引っ越し価格ガイドが私のイチオシです。 見積もりと同時に相場がわかるので、 1社目から問い合わせが入った時に、相場の最安値を言えるからです。 あとはダンボールの追加が無料になったり、お皿が楽に梱包できるBOXがついたり。 細々としたものが多いですが主婦にとっては嬉しかったりします。 値引きしてもらいながら、特典とか無料サービスのチェックも忘れないようにして下さいね。 荷造りの手間が省けるのも、割引と同じくらい大事なことですから。 私のおすすめ!最安値の更新リレーができる 引っ越し価格ガイド いろいろ調べたところ「引っ越しの業界」は、料金の基準はあるようですが、それだけで引っ越し費用が決まるわけではないようです。 繁忙期には値段を釣り上げようとするので、さらに不透明になって要注意です! 他社に見積りなどを出させる前に、即決させようと圧力をかけてきたりすることもあるので、 引っ越し業者から連絡が来る前に平均相場が分かっていると、確実に損しないので本当におすすめですよ。 繰り返しになりますが、引っ越し業者選びなら相場がわかる引っ越し価格ガイドがおすすめです。 引っ越し価格ガイドのご確認はこちら 引っ越し料金を安くする準備のコツ 引っ越し業者の料金をさらに安くするなら、一括見積もりをすることに加えて準備も抜かりなくするのがおすすめです。 引っ越し慣れしてるので、私にはごく普通のことなのですが、友達に話したら喜ばれたのでここでもシェアしていきますね。

次の

引越し見積もりのおすすめはこちら概算がすぐにわかる

引っ越し 見積もり おすすめ

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。 一括見積サイトを利用すれば、 あなたの引越し条件における費用や相場が把握できる上、料金が55%安くなるケースも。 また、その結果は、 訪問見積り時の値下げ交渉の武器にもなるため、賢く引越しする人にとって「一括見積もりの活用」は、もはや常識です。 そこで今回、 私の10回の引越し経験に基づき、引越し一括見積もり比較でおすすめサイトを7つ、口コミ評判ともに、最新情報をご紹介します。 なお、 一括見積もりサイト利用者の不安は、主に、 ・『入力に時間がかかり面倒くさい』 ・『しつこい営業電話がかかってくる』 ですが、 これらの不安を解消できる秀逸なおすすめサービスといえば、以下2つです。 一括見積おすすめ1位 引越し達人 画像引用;suumo公式サイト 営業電話なし!電話番号入力が不要。 営業電話がイヤな方にもってこいの一括見積もり。 業者からの営業電話が、とにかくイヤな場合、SUUMOを活用すると良いです。 なぜなら、 電話番号の入力が任意であり、空欄で申込みすれば、業者からの営業電話が無くなるからです。 画像引用;SUUMOの公式サイト これにより、業者からのメールを1つ1つチェックしながら、自分に合いそうな業者を、ジックリと検討することができます。 あとは、 1回で見積もれる業者数が最大30社であり業界最大級です。 より多くの選択肢から引越し業者を選ぶことができますね。 電話番号の入力がなくても一括見積もりできて安心でした。 口コミが見れて信憑性が高いのでここを利用しました。 SUUMO限定の割引特典があってお得でした。 こちらがSUUMOで引越しをした人の口コミです。 やはり電話番号の入力が任意であるというのは大きなポイントとなっています。 その2 引越し達人 画像引用;引越し達人公式サイト 30秒で引越し料金がすぐに分かる。 引越し見積もり料金が 55%安くなるかも。 最大の特徴は、荷物量を入力する欄が圧倒的に楽であること。 入力完了までの所要時間はPCであれば最速30秒程度で完了するレベルで、 私の知る限り、すべての一括見積サイトの中で、最も入力が簡単です。 スマホからでも、サクサク入力完了できるため、LINEの着信など、途中で入力を遮られる可能性が、他サイトと比較して低くなりますね。 他サイトと比較すると一目瞭然です。 他サイトとの比較 『引越し価格ガイド』の荷物量の入力項目の実際 引越し価格ガイドの荷物量の入力欄引越し価格ガイドの場合、図のように、『家具』『家電』の種別ごとに、ベッド、ソファー、棚、タンス、テーブル、こたつ、テレビ、パソコン、ストーブ・・・などなど、延々と入力していかなければなりません。 このほか、バイク、自転車から、仏壇まで、なんと35項目も詳細入力する必要があり、 『うわぁ・・・めんどくさい。。。 』となってしまいそうです。 スマホで入力中、LINEの着信があって、中途半端のままどこまで入力したか分からなくなり、最初からやり直し・・・という事になりかねません。 引越し達人の荷物量の入力項目の実際 引越し達人の荷物量入力欄 荷物量の入力は、『引越し人数』を3択で回答するだけ。 簡単すぎて、 正確な見積もり料金がでるの?という不安になってしまいそうです。 これについて、引越し会社のマーケティング部門で働いている知人に直接話を伺ったところ、 『統計的に、引越し人数別の荷物量はほぼ一定であることと、結局、訪問見積もりで正確に見積もるので、確かに、この段階では人数だけで必要十分』 との回答を得ており、自信をもっておすすめ致します。 サイト内で引越し業者の口コミを比較できるので便利だと思います。 複数の業者でまとめて見積もりできて、手間がかからず助かりました。 その3 引越し価格ガイド 【画像引用】引越し価格ガイドの公式サイト 引越し価格ガイドも提携している引っ越し業者の数が220以上とかなり多く取り扱っているのが特徴で、比較結果によっては引越し料金が50%安くなる可能性があります。 アート引越センターやアリさんマークの引越社など大手の引越し業者はもちろんですが、 クロネコヤマトとも提携しているのが最大の特徴となります。 クロネコヤマトは、実は引越し業も行っていて、 特に単身者にお得なプランを多数用意しています。 クロネコヤマト自体は大手の会社ですが、こういった一括見積サイトで提携しているのは少なく、その中のひとつが、「引越し価格ガイド」なのです。 引越し価格ガイドのサイトの内容は、他の一括見積もりサイトと似ている部分もありますが、「クロネコヤマトの見積もりが知りたい!」という場合であれば、引越し価格ガイドは必須です。 一括見積もりをしたらその日のうちに引越し業者から連絡がありました。 スピーディーで助かります。 一括見積もりだけでなく、色んな口コミを見る事が出来て凄く参考になります。 初めての引越しでしたが、見積もりをすると貰えるガイドブックが凄く勉強になりました。 口コミを見ると、引越し価格ガイドは対応が早いという評判があり、サポート力も重視するならこちらもおすすめです。 その4 ズバッと引越し 画像引用;ズバッと引越し公式ページ ズバッと引越しは、取り扱い引っ越し業者の数が220社と、かなり多めであると言えます。 取り扱い引っ越し業者の多さも特徴ですが、ズバッと引越しは他のどの引っ越し業者比較サイトと比べて、 比較的入力が簡単という点があります。 【画像引用】ズバッと引越しの公式サイト 実際に一括見積サイトを使用してみるとわかりやすいですが、入力項目は結構多く、今住んでいる住所、新住所、引越したい日程、間取り、家の構造、荷物など入力項目が多いです。 ですが、ズバッと引越しはその名の通り入力は1分で完結するほど、入力が簡単になっています。 引越しの人数を選択するだけで、標準的な量の荷物を自動的に入力してくれるのです。 今の住所と引越し先の都道府県、引越をする大人と子供の人数といったように細かい入力の手間がないために、時間がない時でも簡単に入力ができます。 とにかくすぐにでも一括見積を請求したいという場合には、入力しやすいのでとても手軽にできます。 さらにズバッと引越しのサイトには、 引越し料金相場シミュレーターというものがありすごく簡単に大体の料金の相場を出してくれるのもうれしいサービスです。 登録数が多く、大手に感じられたのでここにしました。 一括見積もりを依頼してからの反応が早く、すぐに連絡がありました。 サイトが見やすく、口コミも参考に出来て良かったです。 登録数が多くて使いやすいサイトは口コミでも評判です。 その5 LIFULL引越し 画像引用;LIFULL公式ページ 先ほどご紹介した引越し価格ガイドやズバッと引越しと比較して扱っている会社は少なく、 LIFULL引越しでは130社ほどの取り扱いになっています。 100社以上も違うため、引越し価格ガイドとかの方がいいんじゃないか、と思うかもしれませんがLIFULL引越しには独自のサービスがあるのです。 それが、 LIFULL引越しを利用したことによる、特別なサービスを受けられるということです。 もちろん登録して130社すべてが特典を出してくれるわけではなく、130社のうちの数社が不定期で「LIFULL引越しから見積もりをとると、特別なサービスがつく」としているのです。 例えば、LIFULL引越しから見積もりをとって訪問見積もりまでつながったら、 お米やミネラルウォーターをプレゼント、梱包に使うダンボールをプレゼントなどその会社ごとで特典は違ってきます。 これは、LIFULL独自のものだからこそお得に引越しをしたい場合には利用してみるのがおすすめですよ。 引越し価格ガイドや、ズバッと引越しで一括見積もりしつつ、LIFULLでは、特典狙いでピンポイントで情報収集する、という事もできます。 【画像引用】LIFULLの公式サイト そしてIFULLは入力が簡単であるという特徴もあります。 「単身・標準荷物」「家族等・荷物少なめ」「家族等・荷物多め」の3つの中から選ぶだけで、標準的な荷物量を自動的に選択。 すぐに一括見積もりする事が出来るのです。 もちろん細かく見積もりたい場合は自分で入力する事も出来るようになっています。 サイトが使いやすいので、スムーズに一括見積もり出来て良かったです。 10万円のキャッシュバックキャンペーンをやっていてお得だと思い選びました。 口コミでも「お得」「使いやすい」という評判が多いようです。 その6 引越し侍 画像引用;引越し侍公式ページ CMが特徴的なことでも注目されている引越し侍。 引越し侍の最大の特徴は、料金だけではなく引越し業者ごとのサービス内容などもわかるようになっているので、より見積もりを比較しやすくなっている点です。 引越しにまつわることをまとめたページなどもわかりやすくなっているというのも引っ越しの知識がない人にとってはありがたいものになっているため、引越しが初めての方におすすめです。 引越し侍のサイトを利用した人のアンケートからわかった、引越し業者ランキングや口コミをまとめたページは、これから引越しをしようと思っている人の参考になりますね。 また、提携している引っ越し業者の数も比較的多く、210社以上。 その中から最大で10社に絞って見積もりをもらうことができますよ。 なお入力内容に関しては、引越し侍は引越し価格ガイド関連会社となっていて、引越し価格ガイドとほぼ同じとなっています。 【画像引用】引越し侍の公式サイト 一括見積もりの他に「引越し予約サービス」というサービスがあるのも特徴です。 引越し予約サービスは現在の住所と引越し先の住所、人数、希望日、荷物などを入力すると引越し料金が表示されます。 そして対応可能な引越し業者の一覧が表示され、そのまま気に入った業者を予約する事が出来るのです。 電話・メールの煩わしさの無い、「業界初」のサービスとしてサイトでもオススメされています。 CMで見た事があったので安心して利用出来ました。 思っていたよりも安い価格でお願いできて、非常に良かったです。 インターネットを契約するとキャッシュバックがあってお得です。 やはり安心感があると利用しやすいですよね。 という訳で、もうホントに引っ越しを本気で考えないといけない感じになってきたので、今さっき、引越し侍とか言う一括見積もりサイトで見積もり依頼をしてみた。 その7 価格. com 【画像引用】価格. comの公式サイト 価格. comといえば国内最大級の比較サイトですが、引越し料金も比較する事ができます。 登録業者数は100社以上です。 数は少し少なめですが、アート引越センターやハトのマークの引越社など大手引越し業者はもちろん、引越本部長など地域密着型の業者もしっかり抑えています。 【画像引用】価格. comの公式サイト 住所や間取りの他、以下の項目を入力していきます。 ・引越し人数 ・引越し日 ・作業開始時間 ・荷物量 荷物量に関しては、素早く見積もりたい場合は省略する事が可能ですので、用途に合わせて上手く使い分けましょう。 【画像引用】価格. comの公式サイト 「入力する」を選択すれば入力項目が表示されます。 ここまで入力すると3分で見積もりとはいかないかも知れませんが、細かく見積もりたい場合はこちらを入力しましょう。 また、価格. comは一括見積もりだけでなく、引越し料金の相場を調べたり、引越し業者ランキングが紹介されていたり、様々な引越しに役立つ「引越し手続き完全ガイド」があります。 実際に引越した人の口コミを見て参考にする事も出来ますのでおすすめです。 引越しレポートを投稿すると現金が当たるキャンペーンもやっていますので、経済的にもいいですよね。

次の

おすすめ引越し業者TOP5|単身・家族別口コミランキング

引っ越し 見積もり おすすめ

時間がないときにおすすめ!一括見積もりサイト3選• とにかく時間がない!選択肢がありすぎてどこの引越業者に頼んでよいかわからない…。 そんなときは インターネットでの一括見積もりサービスが便利です。 情報を入力すれば一度に複数社の見積もりを取ることができ、自分にぴったりの業者を探すことができます。 第3位 引越し料金まとめて比較【LIFULL引越し見積もり】 引越し料金まとめて比較【LIFULL引越し見積もり】公式HP: いちどの入力で 複数の引越し業者へまとめて見積もりを依頼できる一括見積もりサービスです。 複数の引っ越し業者の料金を比較することで、 最大50%も費用を抑えることが可能だそう。 一括見積もりサービスでは珍しい、赤帽への見積もりサービスも取り扱いがあります。 引っ越しが決まったら準備すること・必要な手続きは? 引っ越しにあたっては、やるべきことが山ほどあります。 引っ越しが決まったらまず 準備すべきことや必要な手続きを確認してみましょう! 引っ越し日を決める 引越し先が決まったら、まずは 引っ越しする日を決めましょう。 引越し日が決まらなければ、引っ越し業者を決めたり、諸々の手続きのスケジュールを立てたりすることができません。 ただし、引っ越しの時期や日時によって引っ越し料金は大きく異なるため、 何日か候補日を用意しておくとよいでしょう。 見積もりを取って引っ越し業者を決める 引っ越し日が決まったら、見積もりを取って 引っ越し業者を決めましょう。 引越しする距離や荷物の量は個人によってさまざま。 そのため引っ越し業者に依頼するとほとんどの場合、 見積もりを取ります。 引っ越し業者によってもその規模やサービス内容はまちまちなので、早めに検討を始めて自分に合った業者を見つけましょう。 電気や水道など各種手続きをする 引っ越しに伴い、各種手続きをする必要があります。 手続きの内容は多岐にわたりますが、ここでは代表的なものをご紹介します。 【ライフラインの手続き】 電気、ガス、水道はそれぞれ引っ越し前に使用停止手続き、引っ越し後には使用開始手続きが必要です。 ガスは入居者の立会いが必要となります。 【役所関係の手続き】 引っ越し前• 転出届の提出(他の市町村に引っ越す場合)• 国民健康保険の資格喪失(加入している場合)• 印鑑登録廃止届の提出 引っ越し後• 転入届の提出(他の市町村から引っ越した場合)• 転居届の提出(同一市内で引っ越しした場合)• 国民健康保険の加入• 国民年金の住所変更• 印鑑登録• マイナンバーカードの住所変更 お子さんがいる場合は、児童手当の住所変更手続きや転園・転校に関する手続きが必要です。 また、65歳以上の方や要介護者の家族がいる場合は、介護保険の引越し手続きが必要となります。 人により必要な手続きの内容が変わりますので注意が必要です。 平日しか手続きできない場合があるので、スケジュールはしっかりと調整しましょう。 【その他】 郵便局では届出日から1年間、 旧住所あての郵便物等を新住所に転送してくれるサービスがあるので、 転居届を提出しておきましょう。 インターネットの引っ越し手続きは工事等で時間がかかる場合があるため、早めに対応しましょう。 そのほか、固定電話・新聞・携帯電話・各種配達・運転免許証・NHK受信料・保険関連・銀行・クレジットカード・車関連など住所が変わることで変更する必要が生じます。 不用品・粗大ごみを処分する 引っ越し前に 不要なものはなるべく処分して荷物を減らしておきましょう。 荷物が少ないほど引っ越しも楽に済みますし、費用も抑えられます。 自治体に依頼する粗大ごみは、引き取りを依頼してから引き取ってもらえるまでに数日かかる場合があるため早めに対処しましょう。 引っ越し作業と同時に不用品を引き取ってくれるオプションを用意している引っ越し業者も多数ありますが、その分料金はかかります。 買い取り業者やフリマアプリを活用して 「売る」という選択肢もありかもしれませんね。 安い時期はいつ?引っ越し費用の相場 引っ越し料金は、繁忙期ほど高くなる傾向があります。 では安い時期はいつなのでしょうか? ここでは、引っ越し料金の時期別の相場をお伝えします。 3月と4月は高くなる 新年度が始まる前、 3月と4月は1年間でもっとも引っ越しが多い時期で、引っ越し料金も通常期に比べ、 1. 3倍から1. 5倍も料金が高くなる傾向があります。 3月と4月の、単身とファミリー、それぞれの料金目安は次のとおりです。 単身の引越し料金相場 荷物が少ない場合 荷物が多い場合 同一都道府県程度(50km未満) 2万5千円~3万円程度 3万5千円~4万5千円程度 別の都道府県 4万6千円~8万円程度 6万3千円~10万5千円程度 ファミリーの引越し料金相場 2~3人家族 4~5人家族 同一都道府県程度(50km未満) 7万円~12万円程度 9万円~12万円程度 別の都道府県 10万円~30万円程度 16万円~35万円程度 5月~2月が狙い目 繁忙期に比べて 引っ越し料金が低いのは、 5月から2月です。 引っ越し時期を選べるのであれば、この時期がおすすめです。 この時期、1人暮らしの引っ越しと、ファミリーでの引っ越し料金の目安は次のとおりです。 単身の引越し料金相場 荷物が少ない場合 荷物が多い場合 同一都道府県程度(50km未満) 1万5千円~2万円程度 2万5千円~3万円程度 別の都道府県 3万円~5万円程度 4万2千円~7万5千円程度 ファミリーの引越し料金相場 2~3人家族 4~5人家族 同一都道府県程度(50km未満) 5万~7万円程度 6万円~9万円程度 別の都道府県 7万円~18万円程度 9万円~22万円程度 上記でご紹介した料金相場はあくまでも目安です。 同じ荷物量、同じ距離でも時期や時間帯等の条件により引っ越し料金は変化します。 なるべく引っ越し料金を抑えたい場合は、繁忙期を避けたり、複数社から見積もりを取ったりして比較検討してみましょう。 見積もりの取り方は2種類 引っ越し業者を決めるために、見積もりを取りましょう。 見積もりを取り方には、もっとも一般的な 訪問見積もりと電話やネットによる見積もりの2パターンがあります。 それぞれの メリット・デメリットをご紹介します。 訪問見積もり 訪問見積もりとは、引っ越し業者の営業担当者が自宅に訪問し、実際の荷物量や状況などから見積もり金額を計算してくれる方法です。 訪問見積もりのメリット・デメリットは次のとおりです。 【メリット】• プロの視点から荷物の量を把握し、道路の幅などの周辺環境を踏まえたうえで正確な見積もり金額を算出してもらえる• 大物家電の搬出の方法なども確認してもらえるため、引っ越し当日に想定外の事態が発生するリスクも低い 【デメリット】• 訪問のためにスケジュールを確保する必要がある• 第三者を自宅に入れる必要がある 荷物の多いファミリーでの引っ越しの場合、訪問見積もりが安心です。 しかし、一人暮らしの女性など、自宅に他人を入れることに抵抗がある人には不向きかもしれません。 電話・ネットによる見積もり 見積もりは、電話やネットで取る方法もあります。 メリット・デメリットは次のとおりです。 【メリット】• 訪問がないぶん、時間短縮になる• 引っ越し業者による過度な営業を避けられる 【デメリット】• 荷物が想定より多いと、トラックに乗りきらない場合がある• 家の前の道が狭くてトラックを止められない場合がある 電話やネットのみの見積もりは荷物が少ない単身の引っ越しや、忙しいビジネスパーソン、女性など家に人を入れたくない人に向いています。 デメリットで挙げたリスクを避けるためには、情報の伝え漏れがないよう注意が必要です。 引っ越し業者によっては電話やネットのみの見積もりに対応していない場合や、単身者のみといった条件をつけている場合があります。 見積もりを依頼するときに伝えること 引っ越し料金は、 「基本運賃」「実費」「オプション料金」の合計で決まります。 そのうち、基本運賃はトラックの大きさと距離または時間によって変わります。 実費は交通費や人件費などのことで、作業担当者の人数により変動します。 見積もりの際には、必要なトラックの大きさや作業担当者の人数を割り出すため、家具や家電の個数や大きさ、荷物を詰めたあとの段ボールの個数目安を伝えます。 注意したいのは、 オプションです。 例えば運ぶのに技術を要するピアノやバイクなどは、オプション扱いになる場合が多くなります。 また、工事が必要になるエアコンの取り外しもオプションの場合がほとんどです。 訪問見積もりの場合は、担当者が荷物の量などを直接確認してくれます。 電話やネット見積もりの場合は、 家具の個数やオプションの有無など正確な引越し情報を伝えることが大切です。 引っ越し費用を安くする5つのポイント ここでは、 引越し費用を抑えるために知っておきたいポイントを5つご紹介します。 安い時期・時間帯を選ぶ 繁忙期である3月と4月は料金が高くなるため、費用を抑えたいなら閑散期である 5月から2月を選びましょう。 また、同じ日でも 午前中より午後の作業が安い傾向があります。 時間を指定しない 「フリー便」という選択肢もあります。 オプションを最低限に留める 引っ越しには、さまざまなオプションがあります。 ピアノや車・バイクの運搬などの特殊作業をはじめ、梱包・開梱作業、家電・家具の設置、荷物を一時預かってもらう留置(とめおき)・保管、作業員の指名、立ち寄りなど多岐にわたります。 引越し料金を抑えるためには オプション利用を最低限に留めることがポイントです。 不要なものは事前に処分したり、荷造り・荷解きは自分で行ったりするなど工夫してみましょう。 一人暮らしは単身パックを利用 荷物が少ない一人暮らしの人は、 「単身パック」を利用する方法もあります。 「単身パック」とは、引っ越し業者が用意している決まったサイズの専用コンテナボックスに梱包するパッケージサービスのことです。 (サービス名は会社により異なります。 ) 通常の単身引っ越しに比べてぐっと安くなり、 料金は1万円代からが主流です。 業者によりボックスのサイズやサービスの内容が異なるため、ホームページなどで比較しましょう。 格安な「混載便」や「帰り便」を利用する また、荷物が少ない単身の引っ越しの場合、同じ地域へ向かう他の客の荷物と一緒に運んでもらう 「混載便」や荷物を降ろして戻ってくるトラックに積んでもらう 「帰り便」という選択肢もあります。 混載便だと、通常の引越し料金の 6割から半額程度で済む場合があるとのこと。 ただし、デメリットは、混載便、帰り便ともに、トラックの空き次第のため引っ越し会社の都合に合わせる必要があり、 日程を指定できないことです。 引っ越し業者の種類と選び方 引っ越し業者といっても、その種類はさまざま。 提供しているサービスにも差があります。 ここでは、引っ越しタイプに合った会社を選ぶポイントをご紹介します。 自分にぴったりの業者はどれ? 引っ越し業者は大きく分けて 大手引っ越し業者、地域密着型の業者、軽貨物運送業(赤帽など)の3種類に分けられます。 大手引っ越し業者 全国展開している 大手引っ越し業者は、研修を行っているため作業員対応がしっかりしている、養生をしっかりと行うなど、なんといっても 安心が売りです。 スタッフは女性のみというレディースパックやシニア向けなど引っ越しプラン、オプションが充実しているなど選択肢が豊富。 ダンボールや食器用、洋服をハンガーにかけたまま吊るせるタイプの梱包など、荷造り荷解きがしやすいオリジナル引越資材といった、きめ細やかなサービスが期待できます。 ただ、その分 料金が割高になりがちです。 地域密着型の業者 地域密着型の引っ越し業者は、例えば群馬県内なら定額など、 近~中距離の引っ越しでのリーズナブルさが魅力です。 地元の道路事情に詳しいなどメリットも。 ただ、専用の引越資材など、大手ほどの手厚いサービスは期待できません。 赤帽 なるべく安く引っ越し料金を抑えたいなら、 赤帽という選択肢もあります。 赤帽の軽トラック1台と作業員1名を貸切ります。 料金は距離制か時間制で選べます。 乗用車では運べない、けれど大きなトラックまでは必要ないといった荷物量に適しています。 また 夜間にも対応可能という身軽さがあります。 ただ、トラック1台につき作業員は1名のため、洗濯機などの家電の積み卸しは一緒に作業する必要があります。 「安いから」だけで選ばないこと 引っ越し業者を選ぶうえで、 「安さ」だけで決めるのはあまりおすすめできません。 業者によりサービスに違いがあるため、 自分の希望するポイントが抑えられているかしっかりチェックしましょう。 また、電話での受付対応や訪問見積もりときの担当者の対応や補償関係など料金だけではない部分もしっかり確認しておきたいですね。 口コミもチェックしよう 気になる引越業者を見つけたら、 口コミもチェックして、実際の評判を確認してみましょう。 一括見積もりサービスのサイトや比較サイトでチェックすることができます。 限られた時間の中で、多数の引っ越し業者からなるべく安いプランを選ぶのはとても大変な作業ですよね。 とはいえ選び方によってはぐっと引越し費用を抑えられるのも事実です。 今回は、群馬でおすすめの引っ越し業者と、引っ越し費用の相場や見積もりを取る際のコツをお伝えしました。 引っ越し料金の相場や安く抑えるためのポイントなどをあらかじめ知っておくと、業者選びの判断も速くなります。 一括見積もりサービスといった便利なサービスを活用しながら自分にとってベストな引っ越し業者を選んでくださいね。

次の