ヒルトン 瀬底。 ヒルトン沖縄瀬底リゾート(沖縄県) 航空券付きホテル公式予約

ヒルトン沖縄瀬底リゾート、7月1日の開業に向け宿泊予約受付を開始

ヒルトン 瀬底

【2020年6月19日】ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区(所在地:東京都新宿区、運営最高責任者:ティモシー・ソーパー)は、沖縄県瀬底島の「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」を、一部の施設(2020年10月頃営業開始予定)を除いて、2020年7月1日に開業いたします。 000033161. html)」を導入します。 チェックインからチェックアウトまで、お客様にこれまで以上に清潔で安全な滞在をお楽しみいただくために、高度な衛生環境で運営してまいります。 「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」は森トラスト株式会社(東京都港区、代表取締役社長:伊達 美和子)が開発を担当し、ヒルトンがホテルの運営を行います。 森トラスト株式会社とヒルトンが手掛ける国内のホテルは、コンラッド東京とヒルトン小田原リゾート&スパに続き3軒目です。 またヒルトンにとっては沖縄県で5軒目のホテル開業となり、ヒルトンブランドとしては日本初のビーチリゾートホテルです。 ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区運営最高責任者であるティモシー・ソーパーは、次のように述べています。 「このたび国内外から人気のリゾート地である沖縄県内で5軒目となる『ヒルトン沖縄瀬底リゾート』を開業できることを大変嬉しく思います。 沖縄県を訪れるお客様および県内のお客様にもヒルトンの魅力を体験いただける環境を提供し、沖縄の観光産業の成長、復興の一助となれるようスタッフ一同努力してまいります。 ヒルトンは常にお客様とチームメンバー(従業員)の安全を何よりも優先しています。 6月中旬より、世界中のホテルで『ヒルトン・クリーンステイ』を順次導入しています。 お客様に安心・安全な滞在を提供し、心置きなく旅をお楽しみいただくために衛生管理を徹底します。 ヒルトンブランドがここ沖縄でさらに成長し、近い将来様々な目的で沖縄を訪問される国内外のお客様をお迎えできるようになることを楽しみにしております」 「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」は、沖縄本島の本部町から瀬底大橋でつながる瀬底島の西端に位置し、国内屈指の透明度を誇る瀬底ビーチに面しています。 人気観光スポットとして知られる沖縄美ら海水族館へは車で約15分でアクセスすることができ、世界遺産の今帰仁城跡、やんばる国立公園、水納島、古宇利島など、美しい自然が広がる沖縄本島北部を巡る拠点としても最適です。 地上9階建て全298室の「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」には、瀬底島の美しい海や自然が見渡せる客室の他、屋内外プール、スパ、料飲施設、ロビーラウンジ&バー、フィットネスセンターに宴会場が備わり、お客様それぞれのニーズに合ったリゾートライフを満喫いただけます。 オールデイダイニング「アマハジ」 地元食材をはじめとする新鮮な魚介や滋味あふれる旬の野菜を贅沢に使用し、沖縄地元の伝統料理だけでなく国際的な料理の数々をビュッフェ形式で提供。 朝食では地元やんばるの食材を使用した、ヘルシーな料理をお楽しみいただけます。 サンセットの美しい時間帯にプールサイドでバーベキュー プールや隣接するビーチにアクセスの良い立地。 夕日が美しい午後5時から小さいお子様も一緒に県産食材や旬の食材をお楽しみいただけます。 ロビーラウンジ&バー「ハナリ」 窓際のソファー席では美しい瀬底の海を見渡すことができ、夕日を眺めながらコーヒーやカクテルをお楽しみいただけます。 最高のロケーションで、日常のストレスや疲れから解放される空間を提供いたします。 この他、エグゼクティブラウンジ、屋外プール、スパ、フィットネスセンター、宴会場も7月1日からオープンします。 なお、以下の施設は2020年10月頃の営業開始を予定しております。 ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。 「2019年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2019年世界的業界リーダーにも選出されました。 また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億600万人以上を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。 最新の情報はこちらをご覧ください。 hilton. facebook. linkedin. instagram. youtube.

次の

ヒルトン沖縄瀬底リゾート(沖縄県) 航空券付きホテル公式予約

ヒルトン 瀬底

未就学のお子様は添い寝無料。 また朝食付きプランをご利用時、添い寝のお子様は保護者同伴に限り無料でご朝食をお召し上がり頂けます。 ルームサービス ご利用いただけます。 共通アメニティ• シャンプー・リンス• ボディソープ・石鹸• タオル・バスタオル• ボディタオル・スポンジ• ハミガキセット• くし・ブラシ• シャワーキャップ• ドライヤー• 髭剃り• シェービングジェル・フォーム• 入浴剤• ナイトウェア• バスローブ• スリッパ• 洗顔料• 化粧水• メイク落とし• コットン• 衣類の消臭スプレー• 冷蔵庫• ミニバー• 湯沸しポット• お茶セット(無料)• テレビ• 体重計• ズボンプレッサー• 朝刊無料• 有料放送• 衛星放送• ビデオ・オン・デマンド• ラジオ• CDプレイヤー• DVDプレイヤー• Blu-rayプレイヤー• ポータブルオーディオ用スピーカー• 客室備付PC・タブレット端末 設備・特徴• フィットネス• バリアフリー• ルームサービス24H対応• ペットOK• 託児サービス• コンビニまで徒歩5分以内• 駅徒歩5分以内• 無料送迎• 源泉かけ流し• 露天風呂• 露天風呂付客室あり• 大浴場• 貸切風呂• 屋内プール• 屋外プール•

次の

「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」を2020年7月1日に開業|ヒルトンのプレスリリース

ヒルトン 瀬底

2017年11月13日にHGVよりうれしい発表がありました! 2021年、沖縄県の瀬底島にHGVが完成予定だそうです! 予定施設は地上10階、タイムシェア132室(1ベットルーム、2ベットルーム、3ベットルーム)全室オーシャンビュー、付属施設としては屋外プールやラウンジが予定されています。 また、2020年には先立ってヒルトンが同じく瀬底島に300室のホテルを開業予定です。 HGV宿泊者はリゾート内の全施設使用可能とのことです。 ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ の様にホテルとHGVのタイムシェアが隣接する複合施設のイメージでしょうか。 では、瀬底島とはどこでしょうか。 調べてみました。 那覇空港より北です。 さらに詳しく見ていくと、 本部町の西に位置する離島で、瀬底大橋で本島とつながっています。 所要時間は那覇空港から車で約1時間半ほど。 距離としては約90km離れています。 那覇空港からは離れていますが、瀬底ビーチの美しさ、水の透明度は定評があるそうで、素晴らしいリゾートが出来上がりそうな予感ですね。 また、近くには有名な「美ら海水族館」(地図上のイルカ)や世界遺産である「今帰仁城」、日本一早い桜が見れる「八重岳」など観光名所も多く、時期を選ばず楽しめそうです。 「もとぶ市場」や有名な「きしもと食堂」に代表される沖縄そば屋さんも多く、グルメも充実してそうです。 これは人気施設になること間違いなしですね。 海外に行くほどの長期休暇が取れない場合や、子どもが小さくて海外に行くのは不安、3泊分程度のポイントしか残ってない場合など、とても使い勝手が良さそう! 提携リゾートのポイントに変えれば、今までだって沖縄のリゾート泊まれたよね? と思う方もいらっしゃるかと思います。 その通りです。 ただ、提携リゾートのポイントに変えての宿泊はタイムシェアより割高なため、絶対HGVでの使用がお得なんです。 それに飛行機だって、ハワイ便は特典航空券がなかなか取れないけど、那覇行きなら本数も多いし、国内線のため片道からマイルが使えるから集めたマイルも有効活用出来そうですね。 しかも更にオーナーにとって嬉しいことは、オープン予約出来るリゾートが国内に出来るってとこですよね! もし、ぽろっとお休みがとれたら、ささっと遊びにいけますよね。 今から、大人気になるのが目に見えている瀬底リゾート! ということは、予約が取りにくくなりそうですね。 アジア初となるHGVを日本に建設したことからも分かる様に、HGVの日本人オーナーはとても多く、現在56000組だそうです。 さらに、新しく出来るこの瀬底リゾートで日本人オーナーは更に増加することでしょう。 数字だけを見るとかなりの競争率ですが、日本国内に新たな選択肢ができた事は本当に喜ばしいことです。 今からもうオープンが待ち遠しいです! より多くの方にタイムシェアの魅力を知っていただきたく、ランキングに参加しております。 応援していただけると励みになります。 よろしくお願いいたします。

次の