アップルミュージック 比較。 Apple Musicを無料で3カ月使って気づいた特徴・感想と使い方

Apple Watch

アップルミュージック 比較

(信頼性という面では最強ではないでしょうか) 迷ってるならアップルミュージックにしておけばまず間違いありません。 定額制音楽聴き放題サービス比較レビュー あらかじめお伝えしたいのは、これからあげるサービスの他にも聴き放題サービスは沢山あります。 ですが、 人気のストリーミングサービスというのはやはり限られてきます。 人気の分かれ目は、• その他の機能 この辺りですが、そう考えるとサービス内容と人気はやはり比例しており、 有名どころを選ぶのが自然と正解になってきます。 よって、マイナーなサービスは混乱するだけだと思いますので比較対象に入れていません。 では人気ストリーミングサービスの、料金、曲数、お試し期間などの比較を御覧ください。 特徴としましては、圧倒的な曲数の差がありますので、 色々な音楽を聞きたいなら「Music Umlimited」一択です。 Music Umlimitedの「Echoプラン」というのは、をお持ちの方なら使用できるプランで、「プライム会員プラン」とは、という会員制サービスを利用の方専用プランになります。 各聴き放題サービスの詳細解説 肝心な登録楽曲の傾向はそれぞれ違いますので、そこを解説していきますね。 【一押し!】アップル好きなら「Apple Music」 個人的に一押しなのはやっぱり「Apple Music」です! やはり重要になってくるのは「デバイス(スマホやPC)との相性、操作性」や「知名度」、今後の曲リストの追加などのアップデートに対する「信頼性」だと思います。 そう考えると やはりアップルミュージックが非常にバランス良く、頭一つ抜きん出ているんですよね。 それに扱っている楽曲ジャンルのバランスが非常にいいので、どんな方でも満足できると思います。 また他の聴き放題サービスでは見られない、アップルウオッチや単体での再生も可能。 圧倒的な曲数• なら月額780円(通常980円)• 「」というスピーカーを使用すると月額380円で利用可能 このようにAmazonサービスを絡めた割引が適応されることでしょう。 特にこだわりがなければ、曲数も多いですし、 30日間の無料お試しもありますので試してみるのいいかもしれませんね。 オンデマンド再生• プレイリストの作成・公開• 広告なし• 複数のデバイスで同期可能• 歌詞表示• ハイライト再生• フル尺再生• オフライン再生• 再生時間制限なし 無料プランで利用できないのは横線で消してある3つの機能だけ。 しかもアプリをインストールした時に、アカウント登録なしで使い始めれるという太っ腹ぶり。 ただ、 無料プランでは一曲通して聞けませんので注意が必要です。 まあそれを踏まえても、無料お試しもありますので、使い勝手も含め検討する価値はあると思います。 解説 学生さんは「LINEミュージック」がおすすめ! サービスな内容だけで言えば、トップクラスのLINEミュージック。 個人的には学生さんに非常にオススメできるサービスだと思っています。 ラインの着信音と呼出音を好きな歌にカスタマイズ可能• 曲を保存することで通信量を気にせず楽曲を再生可能(オフライン再生)• お気に入りの曲やナイスなプレイリストを見つけたら、LINEでシェアOK• 学生限定で、定額聴き放題サービスが480円~利用できる。 アンドロイド端末のみ利用できる格安プランがある パット見ても、LINEが日常に浸透しきっている学生さんにとってはかなり使えるサービスではないでしょうか? LINEと連携できて、プレイリストのシェアも出来て、学生なら半額で利用できる。 LINEミュージックは、学生さんのためのような聴き放題サービスだと思います。 解説 音質にこだわらないなら「YoutubeMusic」もいいかも 比較的最近始まったYoutubeの公式サブスク「YouTube Music」というものもあります 主な特徴としては、• MVなどの動画も再生できる• リミックス、ライブ動画、カバー、ミュージックビデオなど、他では探せないかもしれないコンテンツもある• 手持ちの曲は聴けない• 音質が一定ではない(悪いものもたくさんある) といった感じで、他の聴き放題サービスとは微妙に違った立ち位置になります。 音質や曲数にこだわらず、ラフな感じで音楽をお楽しみたい方には結構いいかもしれませんね。 逆に音楽や音質にこだわりがある方は他のストリーミングサービスにした方がいいと思います。 解説 まとめ 参考までに私が今まで課金して登録してきたのは、アップルミュージック、AWA、Spotify、Amazon Music Unlimited、の5つ。 そして最終的に生き残ったのは、 「アップルミュージック」と、家用にEchoプラン(月額380円)を使った 「Amazon Music Unlimited」です。

次の

楽天ミュージックとは?評判と口コミ、料金や使い方について

アップルミュージック 比較

「Apple Music アップル ミュージック 」 「Apple Music アップル ミュージック 」を以下の切り口からレビューしていきましょう。 月額料金は980円 税込• 曲数は5,000万曲以上• オフラインで再生する場合は容量が最低でも64GB欲しい• 解約したらデータはすべて削除• 他のApple製品との相性が良い それぞれ簡単に解説します。 月額980円は音楽配信サービスの中では、安くも高くもありません。 CDをレンタルしてくるよりはるかに、価値があるのは言うまでもないでしょう。 曲数は5,000万曲以上 曲数 5,000万曲以上 曲数に関しては一切不満ありません。 洋楽であれば、基本的にどんなマイナーな曲であれ収録されているでしょう。 実際、マイナーなアメリカの女性アーディストも収録されていました。 5,000万以上の楽曲数なら、あらゆる音楽を発見することができます。 オフラインで再生する場合は容量が最低でも64GB欲しい 「オフラインで再生可能にする」機能は容量が取られるので使ってません。 「オフラインで再生可能にする」に期待している方は、まず自分のスマホの容量を確認する必要があるでしょう。 体感的に32GBあっても不十分です。 最低64GBの容量は欲しいところです。 128GBあれば安心でしょう。 解約したらデータはすべて削除 「オフラインで再生可能にする」機能を使っても解約したらデータは残りません。 よってまとめてダウンロードして、解約して音楽を聴くことは不可能です。 ご利用の間は常に会員であり続ける必要があります。 他のApple製品との相性が良い 当然ですが、Appleデバイスを数多く所有している方は「Apple Music アップル ミュージック 」がおすすめです。 基本的に、Appleデバイスは直接「Apple Music アップル ミュージック 」を直接操作できます。 Androidデバイスで「Apple Music アップル ミュージック 」を利用することは不可能ではありませんが、そこまでして使う必要はありません。 「Amazon Music アマゾンミュージック 」 Amazonの音楽サービスが多いのでまとめておきましょう。 アマゾンミュージック Amazonの音楽サービスの総称 アプリ名 プライムミュージック プライム会員向け音楽聴き放題サービス プライム会員限定 プライムラジオ プライムミュージックの機能のひとつ アマゾンミュージックアンリミテッド Amazonの音楽配信サービス プライム会員以外も利用可 アマゾンミュージックHD アンリミテッドの音質をさらに高品質に 「アマゾンミュージック」のサービス アプリ で「プライムミュージック」も「アマゾンミュージックアンリミテッド」もお楽しみいただけます。 楽曲数の少ない「プライムミュージック」に満足できない方は「アマゾンミュージックアンリミテッド」を利用するといいでしょう。 「 Prime Music プライムミュージック 」と「 Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」の違いについて解説します。 また「プライムミュージック」の機能のひとつでもある「プライムラジオ」、新登場の「Amazon Music HD」についても見ていきましょう。 「Prime Music プライムミュージック 」は最安の月額500円、曲数は最も少ない 「Prime Music プライムミュージック 」のメリットは以下の通りです。 年額4,900円か月額500円で映画も見放題• 低価格なのに百万曲収録• 曲のダウンロード可 それぞれ見ていきましょう。 年額4,900円か月額500円で音楽聴き放題 まずは料金の安さです。 年会費4,900円 税込 で、音楽 も聴き放題となります。 「音楽も」と言ったのは、特典は音楽だけでなく例えば映画も見放題になるからです。 これを安くないと言わなかったら、もはや他のどんなサービスも利用できなくなってしまうでしょう。 また年会費制が嫌な方は、月額500円 税込 のプランもあります。 どっちにしろ安いです。 低価格なのに百万曲収録 安い上に曲数が百万曲というボリュームです。 基本的にメジャーな曲は大抵入っています。 人気の曲だけが聞ければ問題ないという方は「Prime Music プライムミュージック 」で十分でしょう。 曲のダウンロード可能 「Prime Music プライムミュージック 」は曲をダウンロードすることができます。 自宅のWi-Fiで曲をダウンロードし、端末に保存しておけば速度制限に引っかかる心配もありません。 ただし、端末の容量はたくさん必要です。 またプライム会員を解約したらダウンロード済みでも音楽は聴けません。 これは「Apple Music アップルミュージック 」も同様です。 「Prime Music プライムミュージック 」のデメリット 「Prime Music プライムミュージック 」のデメリットは以下の通りです。 音楽好きには物足りない• CDを取り込むのが面倒 それぞれ詳しく見て行きましょう。 音楽好きには物足りない 価格相応の曲数なのは確かです。 しかし、「音楽が好き」という人にとっては確実に物足りなさは感じるでしょう。 邦楽は本当に少ないです。 よって、邦楽に関してはあまり期待しないことをおすすめします。 一方で洋楽に関しては現代の人気アーティストなら揃っています。 そこまでコアな洋楽ファンでない限り、満足できるはずです。 CDを取り込むのが面倒 「Prime Music プライムミュージック 」は曲数が少ないからこそ、CDを取り込みたいと考える方も多いでしょう。 しかし CDを取り込みたい方は一度「iTunes」を経由して、お使いの端末に楽曲をダウンロードする必要があります。 端末内にダウンロードした音楽があれば、「Prime Music プライムミュージック 」でも聴くことが可能です。 どうせならAmazonのサービスだけで完結したいところでした。 また、クラウドライブラリとオフラインライブラリをシャッフルして聴くことはできません。 つまり「Prime Music プライム ミュージック 」で配信されている曲とCDから取り込んだ曲を合わせて聞きたい場合は「Prime Music プライムミュージック 」の曲をダウンロードしてオフラインライブラリに入れる必要があります。 したがって、端末の容量はかなり必要です。 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」は月額980円で最多曲数 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」を実際に使ってみて以下のように感じました。 Amazonをよく利用される方におすすめ• ファミリーにおすすめ• Amazon Echoと使える• 6,500万曲以の曲数に満足• デメリット• 「Prime Music プライムミュージック 」との比較 いい点も悪い点も含めて全部みていきましょう。 Amazonをよく利用される方におすすめ 個人プラン プライム会員 非プライム会員 月額 税込 780円 980円 年額 税込 7,800円 — ファミリーにおすすめ ファミリープラン プライム会員 非プライム会員 Apple Music 月額 税込 1,480円 1,480円 1,480円 年額 税込 14,800円 — — 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」はファミリーの方におすすめです。 たしかに「Apple Music アップルミュージック 」にもファミリープランはあります。 しかし ファミリーで利用かつ、年間契約をする余裕のある方は「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」の方がいいでしょう。 Apple Musicのファミリープランには年間プランがありません。 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」のファミリープランは6名まで利用することができます。 「Echoプラン」がある Echoプラン 月額 税込 380円 「Amazon Echo」をお持ちの方は、「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」をお得に利用することができます。 現在「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」に対応しているのは「Amazon Echo」だけです。 「アレクサ、音楽をかけて」 「アレクサ、ジャズをかけて」 このように人工知能の「Alexa」があなたの声を認識して、曲を流してくれます。 新しい音楽体験が広がりますので、この機会にぜひ「Amazon Echo」も手に入れましょう。 6,500万曲以の曲数に満足 Prime Music Amazon Music Unlimited 曲数 100万曲以上 6,500万曲以上 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」の満足度は非常に高いです。 それはやはり曲数の豊富さにあります。 多少不満があっても、料金が安くて曲数がたくさんあれば問題ありません。 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」は定額制音楽配信サービス最多の6,500万曲以上が配信されています。 もちろん月額780円は最安値です。 料金が安くて、最大級の曲数を誇る「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」は非常におすすめできます。 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」のデメリット 一方のデメリットは以下の通りです。 洋楽のタイトルが日本語で探しづらい• プレイリストがまとまってない それぞれ確認していきましょう。 洋楽のタイトルが日本語で探しづらい 洋楽を聞かない方はスルーで構いません。 しかし、洋楽好きにとってはちょっと気になります。 それは 洋楽のタイトルがたまにカタカナ表記になっていることです。 カタカナ表記だと、曲の認識に時間がかかります。 また目当ての音楽が探しづらいです。 洋楽好きの方は英語表記に慣れているでしょう。 曲数が多い「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」だからこそ、いつも慣れている英語表記を望みます。 プレイリストがまとまってない 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」はおすすめのプレイリストも最初から豊富に用意されています。 しかしよくわからないプレイリストが多く、ゴチャゴチャでまとまっていません。 プレイリストがたくさんあることは構いませんが、よくわからないプレイリストをデカデカと「おすすめ」に表示されるのは思いのほか厄介です。 ユーザーはプロが選曲したプレイリストを多く求めるでしょう。 「Prime Music プライムミュージック 」と「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」の比較 「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」単体で利用するのはおすすめできません。 金銭面に焦点をあてて比較していきましょう。 年間単位でみると「Unlimitedのみ」が1番損 「とにかく安く使いたい」という方はどにかく年間プランにしましょう。 Amazon Music HD 新たに登場したAmazonの高音質音楽ストリーミングサービスです。 Unlimitedの6,500万もの楽曲がすべて高音質で配信されています。 そのなかでも数百万曲がハイレゾです。 ハイレゾはCDよりも音の情報量が多く、原音に近いクオリティーが再現されます。 ただしHDは対応しているスピーカーやヘッドフォンを用意しなければなりません。 特にほとんどのワイヤレスは送信中にオーディオを圧縮する必要があるので、高音質を楽しむことは難しいでしょう。 Amazon Music HDを楽しみたい方は、ハイレゾ Hi-Res ロゴのついた認定のアイテムを用意すると安心です。 「プライムラジオ」は「Amazon Music アマゾンミュージック 」の機能のひとつ 「プライムラジオ」の特徴は以下の通りです。 「プライムラジオ」は「Prime Music」の機能のひとつ• 延々と音楽を再生• 使えば使うほど自分好みに• プライムラジオのレビュー それぞれの特徴について解説します。 「プライムラジオ」は「Prime Music」の機能のひとつ 「プライムラジオ」は「Prime Music」に備わっている機能のひとつです。 よって Amazonプライム会員にならなければ「Prime Music」および「プライムラジオ」は使うことができません。 もちろん「Amazon Music Unlimited アマゾンミュージックアンリミテッド 」でもご利用いただける機能です。 延々と音楽を再生 「プライムラジオ」を使えば、ジャンル別に途切れることなく延々と音楽を再生してくれます。 あくまでもジャンル別に再生するので、興味のない楽曲は流れにくいです。 使えば使うほど自分好みに 「プライムラジオ」は好みでない曲をボタンで伝えることができます。 好みではない曲を伝えれば、自分にとって興味のある楽曲が流れやすくなるでしょう。 「プライムラジオ」を通じてお気に入りの楽曲も見つかります。 「プライムラジオ」のレビュー 「プライムラジオ」を実際に使ってみて思ったことは以下のとおりです。 プレイリストから外す手間が省ける• スキップ機能も便利• 楽曲発掘に最適 それぞれの感想をお伝えします。 プレイリストから外す手間が省ける 聴き飽きた曲をプレイリストから外すのは面倒でしょう。 そのプレイリストから外す手間を省いたのがまさに「サムダウン」機能です。 「サムダウン」機能を使えばたったのワンタップで、聴きたくない楽曲を外すことができます。 加えて、自分好みの楽曲も伝わるので一石二鳥です。 スキップ機能も便利 楽曲を単純にスキップできるのは地味に嬉しいです。 車の中で聞くラジオの音楽はスキップできませんが、プライムラジオの場合はスキップできます。 「サムダウン」するまでもないけど今は聴きたくないなんていう曲は是非スキップしてしまいましょう。 楽曲発掘に最適 プライムラジオはまだ自分が発見できていないお気に入りの楽曲を知らせてくれます。 新しい自分好みのアーティストを見つけるのは意外に難しいです。 特定のジャンルの音楽に詳しくなりたい方はぜひ「プライムラジオ」を利用しましょう。 「Spotify スポティファイ 」は唯一、無料で使用できる 制限あり 世界最大級の定額制音楽配信サービスといったら「Spotify スポティファイ 」です。 しかし「Spotify スポティファイ 」は日本でまだ馴染みがないのも事実でしょう。 「Spotify スポティファイ 」の魅力について解説します。 無料音楽聴き放題アプリ• フリーミアムモデル 課金制• プレミアム会員と無料会員の違い• 世界最大級の音楽ストリーミングサービス• 海賊版撲滅 以上について詳しく見ていきましょう。 無料音楽聴き放題アプリ 「Spotify スポティファイ 」は音楽聴き放題のアプリです。 音楽ストリーミングサービスとしては「Apple Music」「Prime Music」が競合に当たるでしょう。 なかでも「Spotify スポティファイ 」がすごいのは 全て無料で音楽を聴ける点です。 無料で大量の楽曲を聴ける音楽ストリーミングサービスは他にありません。 フリーミアムモデル 課金制 無料で大量の音楽を提供できるのはフリーミアムモデルを採用しているからです。 フリーミアムモデルとは簡単にいうと課金制を指します。 「Spotify スポティファイ 」では基本的なサービスは無料ですが、課金してプレミアム会員になると様々な機能が解放されます。 無料会員はシャッフル再生しかできません。 なおPC・タブレット・ゲーム機での再生なら無料会員でも楽曲の選択が可能です。 なお広告の長さは30秒程度です。 巧みに「BOSE」が広告を打ってきたので思わず購買意欲を注がれました。 また広告の中には自ら視聴すると30分間広告がなくなるタイプのものもあります。 その広告が出た際はぜひ進んで視聴しましょう。 普通の広告と長さもほとんど変わりません。 世界一の音楽ストリーミングサービス 日本においてSpotify スポティファイ はまだ知る人ぞ知るサービスですが、世界的には大成功を収めています。 その証拠にアクティブユーザーは世界で1億7,000万人以上、有料会員は7,500万人です。 また会員数だけでなく楽曲数もワールドクラスで、その数なんと 4,000万曲以上です。 これだけあればほとんどの洋楽は網羅することができるでしょう。 海賊版撲滅を掲げる企業理念 Spotify スポティファイ の経営理念はとても素晴らしく、それは「海賊版撲滅」です 実際にSpotify スポティファイ が誕生してからは、海賊版の減少に成功しているとのことでした。 そしてまた、それを見事にアーティストへ還元しているのがSpotify スポティファイ です。 「Spotify スポティファイ 」のプラス評価 「Spotify スポティファイ 」の評価できる点と評価できない点にわけてレビューしていきましょう。 まずは評価できる点からご覧いただきます。 以下「Spotify スポティファイ 」の評価点です。 豊富な洋楽• アーティストのフォロー• 友達のフォロー• 歌詞表示• プレイリストの作りやすさ• プレイリストの公開• 使いやすさ• 楽々インポート それぞれの評価点を見ていきましょう。 豊富な洋楽 とにかく洋楽の曲数が新旧問わず豊富です。 アメリカのオーディション番組で一躍有名になったばかりのアーティストもあるくらいです。 その楽曲数は4,000万曲以上を誇ります。 「Spotify スポティファイ 」の楽曲数で満足できないのであれば、もはやその他の定額制音楽配信サービスでもどうしようもありません。 アーティストのフォロー Spotify スポティファイ はまるで音楽版SNSかのようにアーティストをフォローできます。 そしてまたこのアーティストページが非常に使いやすいです。 ヒット曲• 関連アーティスト• 最新のリリース• アルバム• シングル がズラリページに表示されます。 このページがあるおかげで、アーティストに関して丸わかりです。 「 え?この曲はこのアーティストだったんだ」のように役立てることができるでしょう。 また関連アーティストから自分好みの新たな発見があること間違いありません。 友達のフォロー フォローできるのはアーティストだけではありません。 友達もフォローできます。 友達をフォローすることで、その人の嗜好もわかります。 友人の意外な発見が明らかになるかもしれません。 もちろん秘密主義者の方はアクティビティを非公開にすることもできるので安心しましょう。 歌詞表示 全曲ではありませんが、「Spotify スポティファイ 」は歌詞の表示が可能です。 しかもカラオケのように文字と音楽が同期されているものもあります。 英語の勉強にもなって嬉しい限りです。 プレイリストの作りやすさ 他の音楽アプリではいつもプレイリストがぐちゃぐちゃになってしまうのですが、「Spotify スポティファイ 」はとても整理しやすいです。 初めて使った私でさえ難なくプレイリストを作成することができました。 またプレイリストは自分が作ったものだけでなく、他の人が作ったものと一緒に管理することができます。 プレイリスト同士がまとまるということで、とても使いやすいです。 プレイリストの公開 自分で作ったプレイリストは全世界に向けて公開することができます。 もちろん友達と共有してもオッケーです。 そしてまた友達とコラボして一緒にプレイリストを作ることもできます。 まさに新しい音楽の楽しみ方です。 使いやすさ これまであらゆる音楽聴き放題アプリを使用してきましたが、一番使いやすいのが「Spotify スポティファイ 」です。 一度使ってもらえばその使いやすさはすぐに実感できるでしょう。 例えば1曲とってもできることがたくさんあります。 お気に入りにいれるのも、プレイリストに入れるのも簡単です。 その楽曲が入っているアルバムに移動することも、そのアーティストのページに移動するのもお安い御用。 また、楽曲をつまみ食いしたいときはリストを長押ししてみましょう。 画面遷移なしで聞くことができます。 こんな感じです。 この長押し機能はアーティスト一覧とアルバム一覧で利用することができます。 どんな曲だったかちょっと確かめたくなったときに非常に便利です。 この使いやすさは利用したらすぐにわかるでしょう。 他の音楽アプリにおいては思う通りに操作できなくてイライラすることは多いですが、「Spotify スポティファイ 」においてはそれがありません。 インポートも楽々 端末に保存されている楽曲を「Spotify スポティファイ 」にインポートさせるのも楽々できます。 プレイリストからでもアーティストからでもアルバムからでも単曲からでも自由に移動させることが可能です。 なおインポートできるのは「iTunes」「iPhone」「iPad」「Android」のいずれかにダウンロードされている楽曲のみになります。 残念ながらAmazonミュージックからインポートさせることはできません。 また「Spotify スポティファイ 」から逆にインポートさせるのも基本的に不可です。 もっともそもそもの楽曲数が多いので、インポートする場面も限りなく少ないでしょう。 「Spotify スポティファイ 」のマイナス評価 「Spotify スポティファイ 」の評価できない点は以下の通りです。 邦楽が少ない• 歌詞が少ない それぞれ見ていきましょう。 邦楽が少ない 全くないというわけではありませんが、邦楽においてはそこまで期待しない方がいいでしょう。 10代20代が好みそうな今話題の邦楽は入っていますが、日本を代表するアーティストが入っているとは限りません。 いずれにせよ「Spotify」に限らず、「Apple Music」「Amazon Music」も同様に邦楽は少ないです。 歌詞がズレている たまに歌詞と音楽の同期がズレているものがあります。 歌詞表示機能はあくまでもオマケとして考えましょう。 以上「Spotify スポティファイ 」の評価できない点でした。 いずれにせよ、無料で利用できるのでぜひ一度使ってみるといいでしょう。

次の

楽天ミュージックとは?評判と口コミ、料金や使い方について

アップルミュージック 比較

音楽だけが世界語であり、翻訳される必要がない。 そこにおいては魂が魂に話しかける。 バッハ 皆さん、魂に話しかけられてますか? 「パソコンからスマホに音楽ファイルを入れるのが面倒」「新しい曲を聴く機会が減った」という人もいるでしょう。 Appleが提供するApple Music(アップルミュージック)なら、月額980円で約6,000万曲の楽曲が聴き放題になります。 Apple Musicは曲数が多いだけでなく、Appleらしい直感的な操作が可能です。 さらに、新しい楽曲との出会いも提供してくれるので、重宝しています。 この記事では、SpotifyやAWA、Google Play Musicなど、有名どころの音楽聴き放題サービスはほぼ全て使ってきた経験を元に、Apple Musicの特徴や使用感を詳しく紹介していきます。 Apple Musicとは? Apple Music(アップルミュージック)とは、Appleが開発した定額制音楽ストリーミング配信サービスです。 「サブスクリプション」と呼ばれる課金形態で、月に一定の料金を支払えば、約6,000万曲の音楽が聴き放題になるサービスです。 MacやiPhoneに限らず、WindowsのPCやAndroidスマホでも利用できます。 Apple Musicの概要• 運営会社 :Apple Inc. サービス開始:2015年6月30日• 月額料金 :980円(個人)、1,480円 家族 、480円(学生)• 無料期間 :3カ月間• 曲数:約6,000万曲• 音質:最大256kbps 通信状況に応じて自動調節 iOSでは、「Apple Music」という専用アプリがある訳ではありません。 iPhone等にデフォルトで入っている下記ロゴの「ミュージック」アプリの中からApple Musicを利用できます。 Apple Musicにはブラウザ版がありませんが、パソコンからは、をダウンロードすればApple Musicを使えます。 iTunes Storeとの違いは?~ダウンロードとストリーミングの違い~ Appleと言えば、iTunes。 iTunes StoreとApple Musicって何が違うの?という方も多いでしょう。 両者の違いは、iTunes Storeが「ダウンロードサービス」なのに対して、Apple Musicは「ストリーミングサービス」な点です。 ダウンロードは楽曲を購入し、「所有する権利」を得ます。 ダウンロードすると音楽ファイルは自分のモノになるので、そのファイルは自由にコピーできるし、iTunes Storeを退会しても楽曲は聴けます。 それに対し、ストリーミングは楽曲を「聴く権利」を得ます。 ストリーミングでは、音声ファイルを所有していないので、音声ファイルをコピーできません。 なので、Apple Musicを退会した後は、全ての曲が聴けなくなります。 聴ける曲数は約6,000万曲 Apple Musicでは、iTunes Storeの中から約6,000万曲が聴き放題になります。 人気音楽配信ストリーミングサービスのSpotifyの5,000万曲、Google Play Musicの4,000万曲よりも多く、楽曲ラインナップは豊富です。 ただし、Apple Musicの公式オペレーターさんに問い合わせたところ「曲数は日々増えたり、減ったりしているので、正確な曲数は分かりません」との回答をいただきました。 使うには支払い情報登録済みのApple IDが必要 他社の音楽配信サービスでは、アカウントを登録すれば、すぐにサービスを使えます。 しかし、Apple Musicを使うには、クレジットカードなどの「支払い情報の登録が済んでいるApple ID」が必須です。 Apple IDはで取得できます。 Apple IDを持っていなかったAndroidユーザーの私にとっては、少し面倒だと感じる仕様でした。 無料トライアル期間は業界最長の3カ月間 Apple Musicの無料トライアル期間は3カ月間とかなり太っ腹です。 他社サービスの多くは無料体験期間が1週間~1カ月間なので、他社に比べるかなり長くお試しができます。 お試しどころではなく、Apple Musicをたっぷりと楽しめます。 ただし、3カ月間を過ぎると自動的に有料会員に切り替わる点には注意が必要です。 Apple Musicの解約方法については、別の記事で詳しくお伝えします。 Apple Musicには無料プランがない 多くの音楽配信サービスでは、制限はかかるものの、無料体験期間の終了後でも一部の機能は使えるところが多いです。 曲の再生時間が30秒まで制限されたり、キャッシュ機能が使えなくなったりしますが、作成したプレイリストやお気に入り情報はそのまま残ったりします。 しかし、Apple Musicには無料プランがありません。 なので、無料体験期間の終了後は一切のサービスが使えなくなります。 「3か月も用意しているんだから、無料体験期間内に進退をハッキリと決めてください」ということかもしれません。 Apple Musicの3つの料金プランと支払い方法 Apple Musicの料金プランは以下の3種類があります。 他社サービスの月額も960円~980円程度なので、ほぼ横並びの料金設定になっています。 「ファミリーメンバーシップ」という名前ですが、この6つのアカウントは家族以外の人と使ってもOKです。 Apple Musicを6名で使えば、1人あたりの月額はわずか247円になります。 自分以外に1人でもいれば、月額料金は「個人メンバーシップ」よりも安くなります。 友達や恋人など、他にメンバーになってくれる人がいる人には、相性が良いプランですね。 なお、料金は代表者が一括して払うことになります。 ただし、自分の場合は、周りにApple Musicを使いたい恋人も友人も家族もいなかったので、縁のないプランでした。 jp」などの学生向けメールアドレスを認証させることで、学割でApple Musicが利用できます。 学食のBランチを1回我慢すれば、1カ月Apple Musicを使えると考えればリーズナブルかもしれません。 なお、登録できるのは、大学生・専門学校生・短大生のみで、高校生は「学生メンバーシップ」を利用できないようです。 Apple Music に学生として登録する際は、UNiDAYS の学生証明サービスを通じて、学位を授与する総合大学または単科大学に実際に在学しているかどうかが確認されます。 UNiDAYS で在学が証明されたら、Apple Music のサブスクリプションに学生プランで登録できます。 3つの支払い方法 Apple Musicの支払い方法は以下の3種類です。 クレジットカード支払い(Apple ID経由)• キャリア決済支払い• Apple Musicギフトカード 個人メンバーシップで利用する場合は、Apple Musicギフトカードが断然お得です。 Apple Musicギフトカード払いの時と、それ以外の支払いの料金の違いは、以下の通りです。 Apple Musicギフトカード それ以外 3カ月間 2,940円 2,940円 12カ月間 9,800円 11,760円 1年間使うなら、Apple Musicギフトカードで支払うと2ヶ月分 1,960円 安くなるので、料金的にはApple Musicギフトカードで支払うのが一番お得です。 Apple Musicギフトカードは全国のApple Storeをはじめ、コンビニや家電量販店などで購入できます。 Apple Musicギフトカードでの支払い方は、アカウント画面から[コードを使う]を選択し、購入したApple Musicカード裏面に書いてあるコードを入力すれば支払い完了です。 Apple Musicの音質は普通 Apple Musicの音質は、他の音楽配信サービスと比較すると「悪くはないが、感動するほど良くはない」というレベルです。 少し専門的な話をすると、Apple Musicのファイル形式は、mp3ではなくAAC Advanced Audio Coding です。 Apple Musicのビットレートは最大256kbps。 それに対し、他社サービスのファイル形式はmp3で、ビットレートは最大320kbps。 kbpsが大きいほど音質は良くなります。 単純にkbpsで比べると、Apple Musicは他社に比べて劣っています。 スマホで普通のイヤホンで聴く分には、256kbpsと320kbpsの違いはほぼ判別できません。 個人的には、192kbpsを超えたあたりから、音質の違いはハッキリ分からないと思っているので、Apple Musicの音質が256kbpsの点は気にしていません。 圧縮率が気になる人は、普段音楽を聞く環境(スマホとイヤホンなど)を用意し「」でテストするとわかりやすいです。 同じ音源の128kbpsと320kbpsを比較できます。 ファイル形式とは別に、音楽プレイヤーごとに音色のセッティングがあり、この音色のセッティングの方が音の印象を左右していたりします。 平らな印象だったGoogle Play Musicと比べると、Apple Musicは気持ち、高音と低音が強調されているような感じです。 Apple Musicの4つの機能と使い方 主要な定額制音楽ストリーミング配信サービスには、だいたい似たような機能が付いています。 その中でも、Apple Musicは各機能一つ一つが洗練されていて、クオリティが高いです。 ここでは、以下の4つの機能について、使い方の解説と私の感想を説明していきます。 ラジオ機能の最高峰「Beats1」• 再生中の曲に似た曲を紹介してくれる「ステーション」• 再生履歴からオススメの曲を提案してくれる「For You」• 楽曲をオフライン再生できるようにする「キャッシュ保存」 ラジオ機能の最高峰「Beats1」 音楽配信サービスには、色々な曲を勝手に流してくれる「ラジオ機能」があります。 Apple Musicの「Beats1」は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンを拠点とする3人のメインDJを中心に、著名なアーティストを交えた豪華なラジオ機能で、深く・広く音楽の世界を楽しめます。 著名なアーティストとしては、「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」にも選ばれているエルトン・ジョン、過去24回グラミー賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスなどの巨匠が出演しています。 「月額980円のサービスで、よくここまでの巨匠連れてこれたな」と感動さえ覚えました。 他サービスの「ラジオ機能」は、ジャンルや年代をカテゴリーにして、AIが選曲する楽曲をノンストップで流すだけです。 ここまで本格的なのはApple Musicだけです。 放送されたプレイリストはその番組のページに保存されているので、いつでも過去の内容をチェックできます。 ラジオだけでなく、インタビューなど動画コンテンツもありますが、英語音声のみで吹き替えや字幕はありません。 日本語対応していないのは残念ですが、特集されているアーティストのファンであり、かつ英語が得意な人には最高のサービスだと思いました。 番組表はで確認できます。 再生中の曲に似た曲を紹介してくれる「ステーション」 「ステーション」は、「聴いている曲に似た曲」をAIが流してくれる機能です。 使い方は以下の通りです。 似たような曲や同年代にリリースされた親和性のある曲が出てくるので、好印象。 好きな曲を軸に、まだ知らない名曲をどんどん発掘したい私としては大変助かる機能です。 再生履歴からオススメの曲を提案してくれる「For You」 「For You」は、再生履歴からユーザーの好みを分析し、毎週金曜日に「My New Music Mix」という24曲程度のプレイリストを作ってくれたり、おすすめのアルバムを紹介してくれる機能です。 再生中の曲について、「ラブ」または「好きじゃない」と評価することで、For You機能の精度に反映されるようになります。 個人的には、こまめに「ラブ」や「好きじゃない」をつけたりしていないせいか、あまりお世話になっていない機能です。 しかし、たまに見てみると意外な曲をプッシュされており、良い意味で驚かされます。 楽曲をオフライン再生できるようにする「キャッシュ保存」 「キャッシュ保存」は、楽曲の再生のために必要なデータを端末にダウンロード・保存して、オフライン状態でも楽曲の再生を出来るようにする機能です。 Apple Musicは端末の容量が許す限り無制限にキャッシュが可能で、Android端末ならキャッシュデータの保存先をSDカードなどの外部メディアもに指定できます。 他社サービスの中には、キャッシュ保存に曲数や容量の制限があったり、保存先が端末本体のみだったりするので、Apple Musicは優秀です。 何千曲もキャッシュするのは正直面倒なので、実際は何千曲もキャッシュ保存する人はそうはいないと思います。 ただ端末の容量が許す限りOKと言われると、精神的にすごく自由な気分になります。 足りないものには貪欲で、手に入れたものには執着しなくなる。 人間なんてそんなものです。 Apple Musicを使ってみた感想 ここでは、Apple Musicを3か月利用した個人的な感想をお伝えしてきます。 楽曲ラインナップは音楽配信サービスの中でNo. 1 音楽ストリーミングサービスのラインナップの傾向を調べるために、洋楽・邦楽100アーティスト以上の「リリースしたアルバム枚数」と「それぞれのサービスで聴くことが出来るアルバムの数」を比較したことがあります。 ジャンルはバラバラですが、有名なアーティストを中心に地道に数え続けたのです。 結果、Apple Musicは洋楽・邦楽問わず、「他の音楽ストリーミングサービスにはあったのに、Apple Musicにはない」というアルバムがほぼ見当たりませんでした。 事前のApple Music予想は「洋楽はSpotifyに迫るラインナップだけど、邦楽はそこまでではないかも」というものでしたが、見事に覆されました。 むしろ、楽曲数ではトップであるはずのSpotifyよりも邦楽を中心にApple Musicの方が勝っていました。 膨大なコンテンツをサクサク楽しめる Apple Musicは、AppleらしいオシャレなUIで直感的に操作できます。 約3,000万曲という膨大なコンテンツを持っているApple Musicですが、自分の思った通りにサクサク動いて快適です。 他のユーザーとの絡みは少ない Apple Musicは自分以外のユーザーとの接触はほぼありません。 「Beats1」「ステーション」「For You」で提案される楽曲の中から、ひたすら自分好みの音楽を見つけていくスタイルです。 他社のサービスは、自分のお気に入りの曲を公開して、それを通じて他のユーザーとコミュニケーションを取ったりできます。 自分としては、他のユーザーとの絡みは重視していないので、気にならないですが、他のユーザーとの接触を楽しみたい人には物足りないでしょう。 コンテンツが完全に日本語対応になっていない Apple Musicは、完全に日本語対応になっていないコンテンツがあります。 Beats1をはじめとしたApple Musicの独自機能は、海外アーティストを特集する英語だけで吹き替えや字幕がないです。 元々アメリカ発のサービスなので仕方ないかもしれませんが、全てのコンテンツが日本語対応になっていないのが残念です。 【まとめ】Apple Musicは音楽の世界を広げてくれるサービス Apple Musicは、洗練されたデザインで一つ一つの機能が直感的に操作できる上に、コンテンツが豊富なので「この曲も聴いてみようかな?」という気にさせてくれます。 なので、「Apple Musicを使っているうちに自分が音楽の幅が広がりそう」と感じました。 豪華な音楽番組や、ファミリー共有や、学生メンバーシップなどの料金体系等、サービスを選ぶ上での決め手も多いです。 何と言っても、無料トライアル期間が3カ月もあるので、気になった方は気軽にApple Musicをお試しで体験してみましょう。 音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。 そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。 プラトン.

次の