放置編成 チューニング。 【デレステ】ユニット編成の目安

【デレステ】新特技「チューニング」について考える

放置編成 チューニング

昨夜、アイマスに造詣の深い友人と話した際、 「デレステにレゾナンス放置編成」があることを知った。 そこで、その場で試してみた。 レゾナンス放置編成とは何か。 それは、 レゾナンスとチューニングという特技を持つアイドルを用いた放置編成のことである。 この点、通常の(スキルブーストの特技を持つアイドルを用いた)放置編成でも今回のレゾナンス放置編成でも、いわゆる 7中ダメージガードの特技を生かしてライフの減少を可及的に回避すること、 トリコロールシナジーの特技を生かしてスコアアップを図ろうとする点は同じである。 他方、 通常の放置編成では スキルブーストと パーフェクトサポートという特技を重ね合わせることで、MISSをPERFECTに変換する。 これに対して、 レゾナンス放置編成では、レゾナンスとチューニングの重ね掛けによってMISSをPERFECTに変換する。 この点が、スキルブースト型の放置編成とレゾナンス型の放置編成の違い、らしい。 さて、以前、ボイスのレゾナンスを特技に持つアイドル(二宮飛鳥)をゲットしていた私はそれを使って放置編成を組んでみようと思った。 そこで、SSRアイドルからターゲットになるアイドルを探し出す。 この点、7高トリコロール・シナジー(相葉夕美)・7中ダメージガード(市原仁奈)は既に持っている。 また、チューニングについて調べたところ、いわゆる11中チューニング(相原雪乃)と11高チューニング(多田李衣菜)のアイドルを持っていた。 というわけで、この5名のアイドルのポテンシャルを上げ、特技レベルを10にする。 かくして、レゾナンス放置編成が出来上がった。 本当は11高チューニングのところで11中チューニングにしたいのだが、アイドルがいない現状ではしょうがない。 そして、ゲストにトリコロール・アビリティを投入、放置編成を試す。 曲はライブパレードで多用しているAlwaysのマスターレベル。 その結果は次の通りである。 合計アピール数にしては結構スコアを稼げたな、という感じである。 また、11中チューニングが2人いなかった点を考慮しても、結構スコアを稼げたな、という感じもする。 ちなみに、私が持っているスキルブースト放置編成の結果はこちら。 スコアの差は10%程度である。 レゾナンス放置編成が奮闘していることが分かる。 とはいえ、こんな放置編成があるのか・・・。 また、デレステを楽しむ幅が増えた。 知識を得るきっかけをくれた友人と知識を提供してくれた上記サイトには厚く御礼申し上げます。 どうもありがとうございました。 では、今回はこの辺で。

次の

デレステ、レゾナンス放置編成を試す|みーにん|note

放置編成 チューニング

ウクレレも半音落とし チューニング( F Bb Eb G )。 スタンダードチューニング( G C E A )に対して、僕がよく使うテクニックです。 F B Eb G と字面で見ると合わせるのが難しく思えるかもしれません。 チューナーを使うとラクですよ。 電池式の、音を合わせる機械で、ウクレレに取り付けて音を拾い、液晶ディスプレイに弦を弾いた音が表示されます。 理由その一 ハワイアンではGで作られている曲が多いのですが、一般的な男性のテナーの声に一番適するFのキーに近づけるため、半音落としてチューニングする。 そうすると自分の声の一番美味しいところが使える。 ハワイアンヨーデルもこれで声が割れることもなく歌えます。 理由その二 弦のテンションが弱くなるので、指への負担が少ないこと。 ソロを弾くときにテンションが弱いので運指をスムーズに運ぶことができます。 反面、音の響きが弱くなりますので、好みのわかれるところですが、自分は指をスムーズに運べることを優先しています。 ちなみに、ソロ弾く方で単音の響きがもっと欲しい方はアメリカンチューニングをおすすめします。 A D F B です。 最初のアタックが強いので、単音弾きに向いています。 余談ですがアメリカンチューニングの始まりは、ウクレレでアメリカンポップスを弾こうと思ったら、Dで書かれている歌がアメリカには多いので、使われるようになったのでしょう。 ウクレレはその楽器の構造上C、F、G以外のキーには向いていないのデス。 ちなみにつくりの甘いウクレレでアメリカンチューニングするのは危険。 ネックが逆に反るか、根元から折れます。 一回り太目の弦でやらないと弦も切れるかも。 理由その三 ヘヴィメタではよりヘヴィな音を出すために落とすのですが、おおまかには同じ理由です。 僕の場合はストラミングで引き語ることが多いので、より響くように表現をしたいから。 理由その四 ハワイアンソングで、たまーにF#やBbで書かれている歌があるので、中途半端なコードを押さえるのが面倒くさい。 僕はハワイアンの中で育っているので、もっと楽にできる方法はないかと、ヘビメタで使われるこのチューニングを試したところ、コレが見事にハマりました。 最後に、ウクレレを半音落としするけれど、コードはそのまま覚えた形を使うんですよ。 厳密に言うと、半音落としのウクレレでGを押さえるとF#のコードを押さえていることになるんだけども、細かいことは気にしない。 Gの形はGです。 そのまま楽譜を弾くのです。 バンドでウクレレを半音落としする方は、アコギやベースも、全員が半音落としすること。 チューニングの時点で全員が合わせるんです。 キーボードがバンド編成に入っているときは、キーチェンジの機能を使いましょう。 そういう機能がついていないキーボードを持っている方は、仕方がないのでキーボード担当の方だけ半音落とした楽譜を準備して、黒鍵盤を多様するしかありません。 コレはとても面倒なのでやめましょう。 わからない方は下記にコメントください。 コメントに答える形だともっと具体的にご説明できると思います。

次の

二宮飛鳥SSRフェス限<エクステンド・ワールド>の画像と特技や評価アピール値3D【デレステ】

放置編成 チューニング

チューニングとは、調整、調律、同調などの意味を持つ英単語。 日本語の外来語としては、楽器の音の高さの調律・調弦や、や放送などで、受信したいの電波周波数に機器を同調させる操作などを指すことが多い。 ITの分野では、情報システムやコンピュータ、ソフトウェアなどの設定や構成を調整し、目標の状態に近づけたり、性能を最大限引き出したりする作業を指すことが多い。 性能の計測や実行状態の監視、問題点やの特定、問題を緩和・回避するための設定や構成の変更などの一連の作業から成る。 多くの場合、既存の状況から機材の変更・増強やソフトウェアの変更・改修などの根本的な部分の改変は行わず、設定変更などを通じて使用状況に適した状態へ調整するというニュアンスで用いられる。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の