おそ松 さん 舞台。 舞台 おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN'S SHOW TIME3〜*Blu

おそ松さん

おそ松 さん 舞台

女優の高石あかりさんが演じる。 高石さんら舞台キャストのコメントも公開された。 橋本にゃーは、テレビアニメ第1期から、アイドルオタクであるチョロ松の好きな地下アイドルとして登場し、同じく地下アイドルとして成功したいトト子とライバル関係にあるキャラクター。 高石さんは「『橋本にゃー舞台初登場』ということでプレッシャーや不安もありますが、それを超えるくらい、ものすごくワクワクしています! 可愛いのに、やんちゃで……でも憎めない。 そんな橋本にゃーがアニメを飛び出して皆さんをお出迎えします! 精いっぱい頑張ります!」と意気込みを語っている。 「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」が原作。 過激なギャグなどが女性アニメファンを中心に人気を集めている。 第1期が2015年10月~16年3月、第2期が17年10月~18年3月に放送された。 舞台のキャストのコメントは以下の通り。 今回松野おそ松役を演じます、高崎翔太です。 松ステ3! また、おそ松さんの世界感で、わちゃわちゃするのが楽しみです。 見に来ていただける皆さまを、良い意味でも、悪い意味でも裏切っていけたらなーと思います。 1、2、そして、ライブ、喜劇とやってきて、慣れてきた舞台「おそ松さん」。 それをぶっ壊して、また新しいものを。 いや、やっぱり、いつも通り……。 まぁなるようになるでしょ。 適当に。 いや、いい意味で適当に。 大きい方は、ライブで。 確実にパワーアップした六つ子。 きっとすごいことになる。 いや! します!! 待ってろよ! カラ松ガールズ&ボーイズ! ふっ……良い夢見せてやるゼ……。 最高の子守歌と共にな(あるかは分かりません、笑い)。 パワーアップを掲げて第3弾に挑みます!! 僕たちに不可能はない! 今回も唯一の常識人である僕がバッサバッサとみんなを切っていきます。 養ってください(笑い)。 引き続き一松を演じさせていただきます、北村諒です。 この間、久々に初演のDVDを見てたら自分の顔が違いすぎて驚きました。 え、俺整形したの?って自分でも思いましたが皆様信じてください。 僕はやってません。 本当に。 今年、またこうして全員集まり第3弾ができるのも皆様のおかげだと心から思っています。 その感謝の気持ちを少しでも多くの方に感じていただけるように120%の力で挑みたいと思います。 そしてこの度、第3弾を上演させていただきます。 第2弾からキャストが変わることなくこのメンバーで上演できること、そして間違いなくパワーアップしているこのメンバーで上演できること、素直にうれしい気持ちでいっぱいです。 今まで以上の舞台をお届けできるように努めます。 黙って見に来い。 すごいことだ。 ありがたいことだ。 俺らがやることは真面目に本気で一生懸命ふざける事だ。 精いっぱい楽しんでもらう。 ただ、今回もやつらには気をつけろ。 どこで現れるかわからんが、もし現れたら「いちまーつ!」と叫ぶがいい。 飛んでいってやる。 光栄です。 また出っ歯を付けさせていただくこと、誠に恐縮の至りではございますが、おちゃめで憎めないゲスな自称紳士を真摯(しんし)に務めたいと思います。 パワーアップするのは間違いないと思うので、どんな作品になるのか今からワクワクしています。 きっとひときわ、にぎやかになることでしょう。 しかも今回はF6の皆様もご一緒、とのこと! 息子も2倍になったことですし、楽しさも2倍……、いやいや、きっと120倍です!(笑い)。

次の

舞台 おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN'S SHOW TIME3〜*Blu

おそ松 さん 舞台

舞台「おそ松さん」で人気のF6(エフシックス)が、2月22日(土)、幕張メッセイベントホールにて2ndライブツアー「FANTASTIC ECSTACY」(3都市10公演)の初日公演を行った。 F6(エフシックス)とは、TVアニメ「おそ松さん」に登場する、びっくりするほどルックスがいい6つ子のイケメンver. おそ松(井澤勇貴)、カラ松(和田雅成)、チョロ松(小野健斗)、一松(安里勇哉)、十四松(和合真一)、トド松(中山優貴)の6名からなる、全員身長180cm以上のキャストが魅せるライブや、女子を虜にするセリフの数々が人気となっている。 10万人が応募殺到した1stライブツアー「Satisfaction」から1年半ぶり、2回目のライブツアーとなった今回。 初公演にはファン5000人が詰めかけた。 宇宙をイメージさせるようなステージセットの中、6人の姿が現れると客席から割れんばかりの歓声が会場を包み込み、F6の代表曲ともいえる「Foever 6ock You」から幕が上がった。 」という楽曲をF6verにアレンジした「CASHLESS!!!!!! 」、今回のライブツアーのタイトルでもある「FantaStIc X-tasy」、そして「NAKED KINGDOM」の3曲に加えて、F6が2組に分かれて歌った「アモーレ・ムーチョ!」と「マツゥ~ダンシング・マハラジャ・ナイト~」の計5曲の新曲が初披露となった。 「ヒリヒリシチャウヒリヒリシチャウ」というフレーズが印象的な「マツゥ~ダンシング・マハラジャ・ナイト~」では、タイトルコール直後にその意外性に笑いが起きる場面も。 サビの「メ アプコ ピヤール カルタ フン」はインドの言葉で「I LOVE YOU」という意味とのことで、その独特な歌詞にも注目してほしい。 また、「アモーレ・ムーチョ!」ではおそ松、カラ松、チョロ松がセクシーかつ情熱的に歌い上げ、観客をうっとりとさせた。 そしてライブ中盤、おそ松が「ここからはみんなと一緒に歌を歌いたいと思います」と言って始まったのは「いつか夢でチャックメイト」。 本来はトト子が歌う部分を会場のファンが代わりに歌うという演出で会場は一体に。 「NAKED KINGDOM」では、カジュアルな衣装にチェンジした6人。 実はおそ松役の井澤勇貴がコーディネートした衣装ということが明かされ、井澤は「本当はすごく緊張してた。 みんなのこと考えてたら楽しくなっちゃって。 F6大好きです!」と満面の笑みを浮かべた。 -Many Money Make You Happy-」や、コールアンドレスポンスが盛り上がりをみせる「Fo6ow Your Dreams!!!!!! 」など多数の楽曲を披露したF6。 最後にそれぞれ観客に感謝を伝え、「今この景色を目の当たりにして、いまだに実感できてない部分があったりします。 残りまだ9公演ありますので、最後の最後まで家族、スタッフ一丸となって頑張っていくので、最後まで応援よろしくお願いいたします」というおそ松のメッセージで幕が閉じた。 「おそ松さん」の世界観で描かれたコミカルな歌詞とそれに反するようなスリリングなサウンド。 耳に残るキャッチーな楽曲とキュートでかっこいい6人に観客は終始興奮の渦に飲み込まれた。

次の

【インタビュー】舞台『おそ松さん3』6つ子インタビュー/第4回:北村諒(一松役)

おそ松 さん 舞台

赤塚不二夫原作の『おそ松くん』が大人になった姿を描いたTVアニメ『おそ松さん』。 その作品を舞台化した『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN'S SHOW TIME〜』は、チケットが即完売するほどの人気シリーズとなっている。 昨年、F6は東京・千葉・沖縄・大阪の4都市を巡るライブツアーを開催し、6つ子は喜劇『おそ松さん』で、シリーズ初の長編舞台に挑戦した。 11月に上演となる最新作では、パワーアップした12人の姿に期待が高まる。 ライブドアニュース編集部は今からおよそ2ヶ月前、都内スタジオにてビジュアル撮影中の6つ子を突撃取材していた。 第3回は、ニートで童貞。 まじめそうに見えてそうでもない三男・チョロ松を演じる植田圭輔のインタビュー。 撮影おつかれさまでした。 ひさしぶりにチョロ松のビジュアルになってみた感想は? ……。 うれしいですか……? うれしくはないですね(笑)。 うれしくはないんですけど、このぺったんこな髪型が似合うのは僕ら6人しかいないので、そこは自信ありますね。 衣装も新作ですね。 毎公演、シリーズごとに新しい衣装に袖を通させてもらっているのでありがたいです。 いつもチョロ松だけ中にシャツを着ているんですが、あれが意外と窮屈なんですよ。 今回はジャージだけなんでラクですね。 『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN'S SHOW TIME 3〜』(以下、舞台『おそ松さん3』)の上演が決定しましたが、決まったと聞いたときの気持ちは? 僕ら6つ子は喜劇をやって、F6はライブをやって。 各々の場所で、各々のチームの場所でスキルアップしたと思うので、「パワーアップして帰らなきゃ」っていう思いが強かったです。 喜劇『おそ松さん』を振り返ってみて、いかがですか? おそ松さんって、どこまでが台本でどこからがアドリブなのかよくわからないんですよね。 (おそ松役の)高崎翔太然り、喜劇では(一松役の)北村諒もぶっこんできてたので、それをうまいこと本線に戻すのが楽しかったです。 みんながふざければふざけるほど、戻しがいがあるというかやりがいがあるし、そういうのも全部楽しんでやれていたなと。 バサバサとさばいていくのは大変そうですが、舞台上の植田さんはとっても楽しそうでした。 いやホントに、ただただ楽しいですね。 それに、それぞれの持ってくるその場の思いつきのアドリブも全部面白かった。 みんな思いつきでやっているから、何をやったか、本人たちもあんまり覚えていないんだろうけど(笑)。 ツッコミ役のチョロ松ですが、ボケるシーンもありましたね。 ありましたね。 初めてじゃないですかね、あんな感じになっちゃったのは。 ジャムの蓋を開けるくだりとかは、チョロ松としてなかなかできないことなので、やっていて爽快でしたね。 楽しかったです。 どこまでが台本でどこからがアドリブか、その境目がわからないように見せている役者のみなさんは、スゴいですね。 「今からぶっこみますよ!」みたいなのはすごくダサいですから。 そういうのはここじゃ通用しないし、たぶん高崎翔太(おそ松役)が嫌いなので。 自分はやるくせに(笑)。 笑いを取りに行くほうも取りに行くほうで、すごく大変だと思うんです。 怒られるかもしれないというリスクをどこかで背負いながらやるわけだから。 許容範囲とか線引きって難しいじゃないですか。 お客さんの空気を読みつつ攻めていくのは、すごく勇気のいることですし。 けっこう僕、みんなのことを尊敬しているんです。 僕は臆病なので、「自分だったらやらないけどな」って思うことも、みんなが何も考えていないかのごとくやるから「スゴいな」「バカだな」って(笑)。 喜劇『おそ松さん』を通して、6人の絆を実感した瞬間はありますか? アクシデントに対する共通認識が合致する瞬間ですね。 舞台上でこういうミスがあったら「誰がどうする?」っていうのがなんとなくわかる。 僕がその場にいるなら僕に任せようとか、僕がいないなら、いないなりにやろうとか。 まさに、あうんの呼吸ですよね。 そうですね。 本番中に相談はできないので。 自然とできちゃう6人なんだと思います。 それは稽古の成果なのでしょうか? 稽古でいっぱい失敗して、何がいいのか悪いのかを学んでいく。 稽古場で何か瞬発的にファインプレーをする人の姿も見ているでしょうし、僕も見させてもらっているし。 「あっ次、自分がこうなったらこうしよう!」っていうのは学んでいくんだと思います。 あとは全員が「誰にも負けたくない」と思っているから、いい相乗効果が生まれるんじゃないですかね。 稽古は好きですか? あんまり好きじゃないです、どちらかというと(笑)。 でも、松の稽古は楽しいですね。 DVDの特典で稽古場やバックステージの様子を観て、すごく楽しそうな現場だなと思いました。 平和な現場ですねえ。 僕もけっこう暗転があけるくらいまで、舞台裏でボケっと転がってるんです。 そんなこと、他の作品では絶対にありえないですけど(笑)。 舞台『おそ松さん3』、チケットはすでに完売しているそうで。 千秋楽にライブビューイングも決定しました。 スゴい! ありがとうございます。 今回はF6がいるので、お客さんもすごく楽しみにされてますよね。 僕自身、楽しみで仕方ないです。 F6が加わって12人になると、また雰囲気が変わりますよね? 全然違いますね。 彼らはまた違った刺激を僕らにくれるんです。 いちばん年下の井澤(勇貴・おそ松役F6ver. )が真ん中に立って、全員を引っ張ってたりとか。 ダンスとか歌とかスゲェな、練習たくさんしてるな、一生懸命だなとか。 僕らにはないものを全部やってるから。 向こうも、僕らみたいな会話劇をしたいと思っているかもしれないし。 F6だったらよかった、と思うことはありますか? いや思わない! それは思わないです。 あっちをやるには身長が足りないですから(笑)。 今回インタビューをさせていただいた、植田圭輔さんのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント。 ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。 当選者発表日/9月19日(木)• 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから9月19日(木)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき9月22日(日)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。 キャンペーン規約• 複数回応募されても当選確率は上がりません。 賞品発送先は日本国内のみです。 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。 賞品の指定はできません。 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。 個人情報の利用に関しましてはをご覧ください。

次の