みぞおち 左側。 左のみぞおちに痛みがあるときに考えられることや予防方法

みぞおちが痙攣する原因と対処法!痛くない場合は?

みぞおち 左側

胸の前で肋骨(一般的に「あばら骨」と呼ばれる)が重なっていますが、その下の骨がない部分のことを指します。 ちょうどその場所には胃や膵臓が位置しています。 よく「みぞおちを殴られると痛い」といわれますが、これはみぞおちの奥に多数の交感神経が通っており、痛みに敏感なためです。 みぞおちには、主要な臓器が位置し、多数の交感神経も通っているにもかかわらず、骨に覆われていません。 そのため、体の不調が出やすい場所なのです。 日常的なものから深刻な病気まで!痛みの原因 みぞおちの痛みの原因は、日常的なものから深刻な病気までさまざまです。 パーツ別に、考えられる原因をご紹介します。 心臓の病気 心筋梗塞 「みぞおちが痛い」というと、胃腸や膵臓が不調なのだと思われがちですが、実は心筋梗塞の疑いもあるんです。 心筋梗塞は一般的に肥満傾向にある中年男性が患うといわれていましたが、女性が患う可能性も十分にあります。 みぞおちに圧迫感のある痛みを感じたり、冷や汗、吐き気があるときは、すぐに受診しましょう。 胃の病気 食あたり 腐った食べ物を食べてしまったときや、海外の水・井戸水が体に合わなかったときに、胃やみぞおちに激しい痛みを感じたり、下痢や吐き気をもよおしたりします。 急性胃炎 みぞおちがキリキリと痛む場合は急性胃炎の可能性があります。 食中毒やウイルス、ストレスによって胃の粘膜がただれてしまうことが原因です。 逆流性食道炎 みぞおちが痛むだけでなく、胸やけや吐き気もするのであれば、逆流性胃腸炎の可能性が高いです。 胃の中の食べ物を消化して、それを腸に運ぶ機能が低下し、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうため、胃もたれを起こしてしまいます。 また、症状が幅広いのも逆流性食道炎の特徴です。 胃酸が過剰に分泌されるのが原因で、咳が出たり、耳が痛くなるのもこの病気の症状です。 腸の病気 十二指腸潰瘍 空腹時に特に痛んだり、みぞおちから右わき腹にかけて痛みがあったりする場合は、十二指腸の可能性が高いです。 潰瘍が深くなると、膵臓を突き抜けて、痛みが背中に達します。 みぞおちだけでなく背中にも痛みを感じたら、病状がかなり悪化している証拠です。 急いで病院に行きましょう。 盲腸 我慢できないほどおなかが痛くなり、手術すれば治る病気として、知っている方も多いですよね。 そんな盲腸の初期症状にも、みぞおちの痛みといった症状が見られます。 胆石というと、中年男性に多いイメージがありますが、30代以降の女性にもよくみられる病気なので注意が必要です。 膵臓の病気 膵臓がん 肝臓と同じく「沈黙の臓器」とよばれる膵臓は、その呼び名の通り、さまざまな臓器に囲まれていて症状が出ても分かりにくいです。 そのため、膵臓がんを患っても発見が遅れる場合が多いです。 初期の症状は特になく、進行してくるとみぞおちの痛みや違和感、体重の減少が生じてきます。 膵炎 この病気を患う人は年々増えており、女性に多いのも特徴です。 この病気はお酒の飲みすぎが主な原因です。 激しいみぞおちの痛みを伴います。 膵炎によるみぞおちの激しい痛みは、おへそまで及んだり、背中まで突き抜ける場合があり、咳や急な動き、深呼吸さえも耐えられないほどになってしまいます。 どれも劇的なものではないため、我慢してしまい、気が付いたころには進行してしまっている、というケースが多いです。 たばこを止めるなど生活習慣の改善や定期的な健康診断が一番効果的でしょう。 自律神経の乱れ 過度な精神的ストレスだけでなく、夏はエアコン、冬は暖房による過度な温度差も自律神経の乱れを引き起こす原因になります。 また、昼夜逆転した生活や、乱れた食生活など、不規則な生活習慣も自律神経の乱れを引き起こします。 自律神経は胃や十二指腸をコントロールしているため、胃酸の過剰分泌によって胃や十二指腸の粘膜が傷つき、みぞおちが痛むことがあります。 キリキリとした痛みがある場合は、この原因を疑う必要がありそうです。 みぞおちの痛みには注意が必要です みぞおちはさまざまなパーツに通じる場所です。 日常的な痛みの原因から、もちろん深刻な病気の可能性もあります。 「なんとなくみぞおちが痛いな」と感じている方で、放置してしまっている方も意外と多いのではないでしょうか? 病院を受診する際には「いつから」「どの辺が」「どのように」「どれくらい」痛いのか、正確に説明できるようにしておきましょう。 先延ばしにせず、早めに病院を受診しましょう。

次の

みぞおちが痙攣する原因と対処法!痛くない場合は?

みぞおち 左側

スポンサードリンク みぞおちと聞いて、その場所が思い浮かぶでしょうか。 みぞおちは 心窩部【しんかぶ】とも呼ばれ、左右の肋骨【ろっこつ】が胸の前で合わさったところの下にある骨がない場所のことを言います。 文字で書くと伝わりにくいですね。 ちなみにみぞおちは漢字で書くと 「鳩尾」と書きます。 ここに位置する内臓には 胃や 膵臓があります。 ですから胃や膵臓などに病気がある時は、 みぞおちに痛みや苦しさを感じることがあります。 ストレスがたまると胃がキリキリと痛むことがありますが、その時痛みを感じている場所もみぞおちです。 みぞおちの症状の原因は胃や膵臓の他に、心臓や食道、十二指腸などの臓器が原因となることもあります。 そこで今回は、みぞおちの場所を図で確認して、痛みや苦しさが出る原因について解説していきます。 もくじ• みぞおちの場所を図でチェック! まずはみぞおちの場所を図で確認してみましょう。 体表から見ると、みぞおちは下図の赤丸の周囲です。 骨格のみで見ると下図のようになります。 上図で赤丸で囲んだ周辺がみぞおちです。 ここは左右の肋骨が胸骨に付着するところです。 肋骨は一般的にはあばら骨と呼ばれることもありますね。 みぞおちには胸骨から 剣状突起が伸びています。 剣状突起とは下図の部位です。 剣状突起とは胸骨の先端部分です。 ここには 横隔膜や 腹筋の一部が付着しています。 剣状突起は強い力で押されると 骨折を起こしやすい部位です。 心臓マッサージをやり慣れていない人が心臓マッサージを行うと、 剣状突起の骨折が起こりやすいです。 骨折すると肝臓などに刺さることがあるので、心臓マッサージを行うときには注意が必要です。 みぞおちが苦しい原因は? みぞおちに苦しい感じがあるときに考えられる代表的な病気は、 食道炎です。 正式には 胃食道逆流症【いしょくどうぎゃくりゅうしょう】と言います。 胃酸が胃から食道に逆流してしまう病気です。 みぞおちの苦しさの他に、胸焼けや食後などに苦くて酸っぱい感じがするなどの症状が現れます。 胃食道逆流症の原因の多くは、食道と胃の間にある 括約筋(締めてふさぐ筋肉)の活動が悪くなることです。 括約筋の働きが鈍るのは、加齢や食事の食べ過ぎが続くことなどによって引き起こされます。 胃食道逆流症の治療は、就寝前の食事を避ける、睡眠時に上半身を高くするなどの生活指導や、胃酸の分泌を抑える薬や括約筋の働きを良くする薬の使用などがあります。 普段から気をつけられることとしては、食事の食べ過ぎを控えたり、食べてすぐ横にならないなどです。 みぞおちの痛みや吐き気の原因は? みぞおちの痛みの原因は 胃、十二指腸、膵臓、心臓などの病気が考えられます。 みぞおちの痛みの原因 胃、十二指腸 みぞおちの痛みの原因として多いのは、やです。 胃や十二指腸の粘膜が胃酸によってただれ、痛みを引き起こします。 胃、十二指腸潰瘍の痛みは キリキリとした痛みで、 空腹時や夜間に出現するという特徴があります。 みぞおちの痛みとともに 吐き気や嘔吐が出ることもあります。 みぞおちの痛みの原因 膵臓 膵炎になった時にも、みぞおちに痛みが出ます。 膵炎は膵臓から分泌される消化液である膵液が逆流してしまうことで、膵臓自体が消化されてしまう病気です。 その原因は、男性ではアルコールの過剰摂取、女性では胆石であることが多いです。 膝を抱えて背中を丸める格好をとると痛みが和らぐという特徴があります。 重症化すると、命に関わる病気なので専門医による治療が必要です。 みぞおちの痛みの原因 心臓 みぞおちに急に痛みが出てきたときには、 急性心筋梗塞の可能性も疑わなければなりません。 急性心筋梗塞の 初期症状はみぞおちの痛みや吐き気、嘔吐などの腹部症状から出てくることもあるのです。 糖尿病や高血圧、喫煙などが発症リスクを高めますので、これらの因子を持っている人は急にみぞおちの痛みが出てきたときには注意が必要です。 まとめ みぞおちの場所を図で伝えしてきました。 みぞおちの苦しさや痛みについても解説してきましたが、どのような病気が原因になるのかお分りいただけたのではないでしょうか。 「みぞおち」という言葉は聞いたことがあって、なんとなくはどこのことかわかるけど、どのような構造になっていて、そこにどんな臓器があるのかということはごご存知なかった方も多いのではないでしょうか。 一般の方も体の場所の名前を知っておくことは大切です。 例えば、お腹が痛いと言ってもお腹のどこなのかは聞いている人は分かりません。 そんな時に、みぞおちが痛いと言えばおおよその場所が分かります。 今回は図を交えてみぞおちの位置を解説していますので、一度見たら覚えられると思います。 みぞおちの場所を覚えて活用していきましょう。

次の

みぞおちが痛い原因とは?鈍痛から激痛までご紹介!

みぞおち 左側

左のみぞおちに痛みがあるときには膵炎の可能性あり 左側のみぞおちが痛み出す原因は、急性膵炎の可能性があります。 膵炎の痛みは、左側を中心に出現し、軽いものから、身動きが取れないほどの痛みまで様々です。 痛みと同時に吐き気や嘔吐などの症状もでてきやすいとされています。 急性膵炎のほとんどの原因は、アルコールや脂肪の多い食品を摂取したことによるものだとされています。 膵臓は、消化酵素などを分解する膵液を出す臓器であり、アルコールや脂肪の取り過ぎによって膵臓からでる酵素がコントロールが上手く出来なくなってしまい異常な働きをしてしまいます。 多量に膵液が分泌されてしまったり、正常な働きが出来ないため、膵臓が疲弊し、炎症がおこり膵炎を発症させてしまうのです。 膵炎になったら、数日で症状は軽快していくのですが、絶食や点滴での治療が必要となってくるので、早めに病院受診が必要となってきます。 左のみぞおちに痛みがあるときには自律神経が乱れている可能性あり 左のみぞおちが痛いのに原因が特定されない場合には、ストレスが影響している可能性があります。 ストレスを抱えると、自律神経のバランスが崩れます。 自律神経は、私たちの身体の中で大切な働きをしていて、日中は人間の活動を活発にさせるために交感神経が優位に働き、夜になると休息を促す副交感神経が優位になってきます。 2つの自律神経がバランスを取り合いながら生活を支えているのですが、ストレスが過剰にかかると、交感神経が優位の状態が続きます。 交感神経が優位であると、攻撃的な状態が続き、 ストレスによって、胃酸の分泌が過剰になり、胃や腸を傷つけてしまいます。 この傷が、お腹やみぞおち付近を痛めている原因となるのです。 原因が特定できていない場合には、ストレスによるものが多いので、まずは日常生活で溜まってしまったストレスを発散出来るように心がけましょう。 食後に左のみぞおちに痛みがあるときに考えられること 食後にみぞおちの痛みが出る場合には、胃炎が考えられます。 食事をとると、胃酸が分泌され、食べ物が消化されやすいようになります。 しかし、食べ物を食べ過ぎた場合には、早く消化しなくてはと胃が過剰に動き、胃酸の分泌が多くなります。 胃酸の分泌が多くなった状態が続くと、胃壁を荒すため胃がキリキリとして、みぞおち付近も痛むことがあります。 また、食べ過ぎだけではなく、刺激の強い香辛料の摂取のしすぎや、アルコールの摂取過剰でも、胃酸分泌が多くなるため胃が荒れやすく痛みを伴います。 胃炎をそのままにしておくと、逆流性食道炎や胃潰瘍などの病気にも移行していく可能性もあります。 症状が進行していくと、みぞおちの痛みだけではなく、吐き気や嘔吐、食欲不振、吐血、下血といった症状もでることもあるので、食後に必ずみぞおちの痛みがでるといった場合には、早めに病院を受診して、今の状態を知っておくことが必要です。 左のみぞおちの痛みが長期的に続く場合に考えられること 左のみぞおちが痛い場合に考えられる病気 左のみぞおちの痛みが、長期的に続く場合に考えられる病気はいくつかあります。 急性胃炎• 神経性胃炎• 胃潰瘍• 逆流性食道炎• 胆石症• 慢性膵炎 などです。 このように、みぞおちが長期的に痛むときには、胃腸などの消化器官に影響があると考えられます。 痛みが続く場合に受診する科 痛みが続くときには、早めに病院へ受診することが大切です。 受診を先延ばしにしてしまうと、症状が進行してしまい治療期間も長くなってしまいます。 症状が出現したら、すぐに病院へいきましょう。 何科に行けば良いかということですが、胃腸トラブルなので、内科か消化器内科を受診しましょう。 病院を受診すると、血液検査や胃カメラ、腹部エコーなどの検査をして、原因を探すことになります。 原因が分かればそれぞれにあった治療方針で治療が開始されて行きます。 左のみぞおちの痛みを出現させないようにするための予防策 左のみぞおちが痛む場合には、日常の生活を気をつけていれば重症化することなく、予防することができます。 アルコール摂取の習慣を見直す 膵炎などでみぞおちが痛くなるときの原因として多いのが、アルコールです。 1度にたくさんアルコールを飲んだり、毎日の過度な飲酒は膵臓など臓器を痛めます。 膵炎患者の7割程度が、週3回、1合程度の飲酒をしていたというデータもあるそうで、飲み過ぎには注意が必要です。 正しい食生活をする 脂っこい食事や、暴飲暴食などは、胃や腸、膵臓などの消化器官に影響を与えます。 食事でみぞおちが痛む場合には、食事内容を見直し、量を減らしたり、味付けの薄いものを食べるようにしましょう。 ストレスを溜めない ストレスが溜まると、自律神経が乱れます。 また、ストレスによって暴飲暴食やアルコール摂取などにはしる人もいます。 これでは、逆効果なので、ストレスを発散出来るように運動や趣味などで軽減できるようにしていきましょう。

次の