ポイズン 歌詞。 洋楽おすすめの名曲といえば?ポイズンならこの5曲!

布袋寅泰 Poison 歌詞&動画視聴

ポイズン 歌詞

毒心の教会の中では てっきり You used to make my life so sweet と歌っているものとばかり思っていた所がよくよく聴けば You used and made my life so sweet だった。 come to see me が come and see me にほぼ同義なのと同じ様に考えて上の二文も同義と取れるのか。 先日の彼らのベストヒットUSA出演時に流された上と同じビデオの翻訳キャプションには「毒された心を癒す教会」とあった。 しかしこの表題部分を「癒す」などと好意的に取る見方は当てはまらない。 直前のブリッジ最終行からの接続を考えれば、隣人愛を説く場である筈の教会が poison mind に満ちていると取るべきだろう。 インタビューの最後にこれだけは言わせてとボーイジョージが口を開く。 「ピンクフロイドみたいな超ロングヒット作品を作りたいと常に考えているよ」 番組キャプション んー、なんでこんなおかしな翻訳になったのか… きっと小林克也には監修するヒマは無い ジョージの論点は作品の売れ方でなく作り方。 実際彼は言葉を継いで、急かされて書いていた当時と違い今は曲作りに余裕がある旨を明かしている。 そのアルバムがロングセラーだったのは事実ではあるが、彼が言及したのはピンクフロイドがいかに時間をかけて入念に当該作を作り上げたかという点に尽きる。 ならば是非 Colour by Numbers を越える名盤を期待しよう。

次の

Rita Ora

ポイズン 歌詞

POISON 作詞 森雪之丞 作曲 布袋寅泰 唄 ポルノグラフィティ Love! Love! Love! Love is a Poison… Baby…銀の指輪で 12時の針に手錠を掛けろ 時間を 止めた時から 物語の扉が開く 二人の出会いが 遅すぎて 悲劇を招くとしても 愛しあう他に何が 出来るのだろう Baby…死んでいたのさ おまえの瞳に恋するまでは 痛みも ときめきもなく 時の砂にただ埋もれてた おまえの涙が 乾くなら 愛しい罪を犯そう 孤独で張り裂けそうな身体 闇に燃やして 接吻でそそぐ せつなさは 二人だけの夜を今日も狂わせる 毒薬 ポイズン 抱きしめるたびに 怖くなる 溢れだした愛が おまえ壊しそうで どんなにあざとい ペテン師も 自分に嘘はつけない 狂おしい夜のために 人は生きるのだから 離れても響く せつなさは ひとり眠る夜の夢を熱くする 毒薬 ポイズン 抱きしめるたびに 刻まれた 胸の傷が今は 紅い薔薇に見える 接吻でそそぐ せつなさは 二人だけの夜を今日も狂わせる 毒薬 ポイズン 抱きしめるたびに 怖くなる 溢れだした愛が おまえ壊しそうで Love! Love! Love! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 ポルノグラフィティさん『POISON』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 ポルノグラフィティさん『POISON』の歌詞 ポイズン words by モリユキノジョウ music by ホテイトモヤス Performed by ポルノグラフィティ.

次の

POISON 歌詞「布袋寅泰」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ポイズン 歌詞

毒心の教会の中では てっきり You used to make my life so sweet と歌っているものとばかり思っていた所がよくよく聴けば You used and made my life so sweet だった。 come to see me が come and see me にほぼ同義なのと同じ様に考えて上の二文も同義と取れるのか。 先日の彼らのベストヒットUSA出演時に流された上と同じビデオの翻訳キャプションには「毒された心を癒す教会」とあった。 しかしこの表題部分を「癒す」などと好意的に取る見方は当てはまらない。 直前のブリッジ最終行からの接続を考えれば、隣人愛を説く場である筈の教会が poison mind に満ちていると取るべきだろう。 インタビューの最後にこれだけは言わせてとボーイジョージが口を開く。 「ピンクフロイドみたいな超ロングヒット作品を作りたいと常に考えているよ」 番組キャプション んー、なんでこんなおかしな翻訳になったのか… きっと小林克也には監修するヒマは無い ジョージの論点は作品の売れ方でなく作り方。 実際彼は言葉を継いで、急かされて書いていた当時と違い今は曲作りに余裕がある旨を明かしている。 そのアルバムがロングセラーだったのは事実ではあるが、彼が言及したのはピンクフロイドがいかに時間をかけて入念に当該作を作り上げたかという点に尽きる。 ならば是非 Colour by Numbers を越える名盤を期待しよう。

次の