神戸市 コロナ。 兵庫県 新型コロナ関連情報

社会福祉法人 神戸市社会福祉協議会

神戸市 コロナ

募集テーマは、「データ解析」「感染恐れ確認」「困窮事業者支援」「市民生活支援」などのための技術(具体例:IoT・AI・情報発信・支援プラットフォームなど)。 募集については随時から受け付ける。 締切については、応募状況に応じて設定するという。 同市によると、審査により選ばれたスタートアップには、開発支援金(上限50万円/件)を提供。 市担当部署とのサービス開発に向けた調整や実証実験の実施協力のほか、成功モデルについての早期実装をサポートするという。 市民によるテスト利用や市役所業務の中での試行導入・実証実験を経て、成功したモデルは同市での実装も検討するとしている。 また、スピードを重視し、(1)フルオンライン審査:最短2営業日以内、(2)関係部署との調整:最短1週間以内、(3)実証実験の実施から実装:最短即日を目指すとしている。 なお、神戸市は4月10日にも、新型コロナで打撃を受ける飲食店を支援する取り組みとして、フードデリバリーサービスの「UberEats」とのを発表。 神戸の飲食店の売り上げ機会の創出や、就労者の新たな収入の確保などを実現するとしている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

神戸市感染症統合情報システム

神戸市 コロナ

店舗・施設の利用やイベント参加の際、QRコードを活用して利用者がLINEアカウント又はメールアドレスを兵庫県に登録。 店舗等で、クラスター発生のおそれ等がある場合は、コールセンター又は帰国者・接触者相談センターへの連絡を呼びかけます。 - 兵庫県 公式情報• - 兵庫県• - 兵庫県• - 兵庫県• - 兵庫県• - 兵庫県教育委員会• - Hyogo Prefectural Government 支援情報や各相談窓口• - 兵庫県• - 兵庫県• - 兵庫県• - 兵庫県• - 厚生労働省 兵庫労働局• - 兵庫県 兵庫県内の医療従事者を支える基金です。

次の

神戸市:新型コロナウイルスについて

神戸市 コロナ

神戸市立医療センター中央市民病院(筆者撮影) 神戸市では神戸大医学部付属病院と並んで市の中核となる2つの大規模病院で、勤務する医師や看護師に 新型コロナウイルスの感染者が出て麻痺状態に陥っている。 一つは海岸際のHAT 神戸(中央区)にある神戸赤十字病院。 ここでは内科の医師4人と看護師、看護助手の計6人の職員が新型コロナウイルスに感染した。 院内感染の可能性があるため4月13日から外来診療や救急の受け入れを完全に停止した。 4月11日に感染者の対応をしていた看護師の感染が確認されたため、患者と接触した職員にPCR検査(遺伝子検査)を実施し判明した。 もう一つが、人工島ポートアイランド(同)にある 神戸市立医療センター中央市民病院(以下、市民病院)だ。 神戸新聞などによると、軽症の新型コロナウイルス感染者約30人が入院していた病棟で、4月9日、別の疾患で入院していた70代の女性の感染が確認された。 15日には重症病棟で働く看護師の感染が判明。 さらに17日には別の一般病棟などでも感染者が出た。 市は「新たに看護師、さらに70代の男女の入院患者ら計6人の感染が確認された」と発表した。 男性患者は重症だという。 看護師ら3人は自宅待機中に発熱などの症状が出ていた。 これで同病院での感染者は4月20日現在、計26人となった。 内訳は医師1人、入院患者7人、看護師13人、看護助手ら5人。 全18病棟のうち8棟で感染者が確認される明らかな院内感染で、医師や看護師らの自宅待機者は約200人となってしまった。 市民病院は兵庫県内で新型コロナの重症者を受け入れる中心的病院の一つ。 コロナの重症者だけは受け入れを続けるが、救急受け入れも外来診療も停止、手術も一部を除きすべて停止した。 脳卒中や心疾患などに対応する救急は当面、市内の別病院などが引き受ける異常事態になっている。 医療崩壊が懸念される事態に井戸敏三知事は「中心的な病院で大きな患者の固まりが発生したのは残念。 (他の病院も)収容しきれなくなれば医療が持続できなくなる危険がある」と危機感を表した。 同病院の木原康樹院長は「市民の最後のとりでで院内感染が発生してしまった。 深くおわびします。 国際的なガイドラインに従い、衣服の交換や感染防御をしてきたのだが」などと話した。 ウイルスが外に漏れないよう気圧を低く保てる部屋に新型コロナの軽症者約30人を受け入れ、看護師らは出入りのたびに防護服を脱着していた。 看護師3人のうち2人は軽症のウイルス感染者を受け入れている病棟で勤務し、患者2人は感染者と同じ病棟で入院していたという。 木原院長は「(患者に接した職員が)防護服を脱衣した後のプロセスに問題があった可能性がある」と話し、現在、病床から出て防護服を脱衣した時の手順などを調べている。

次の