性器ヘルペス 市販薬。 【医師監修】性器ヘルペスの薬の種類について

性器ヘルペスに効く市販薬ありませんか?

性器ヘルペス 市販薬

性器ヘルペス向けの市販薬は本当に存在しないの?その理由は? 患部に水ぶくれができたり強い痛みを感じたりするヘルペスですが、口唇ヘルペスならばともかく性器ヘルペスになってしまったという場合、場所が場所だけに何となく病院に足が向かないという方も多いのではないでしょうか。 また性器ヘルペスは口唇ヘルペスよりも再発頻度が高いため、再発するたびに病院に行かなければならないというのも厄介です。 性器ヘルペスの主な感染経路は性行為であるということもあり、やはりできることならば自宅で誰にも知られず治したい、という気持ちがありますよね。 では、性器ヘルペス向けの市販薬というものは存在するのでしょうか? 残念ながら、答えはNOです。 現在の日本では、性器ヘルペスの治療に使われている抗ウイルス薬は、医師の処方性がないと販売することができない「処方箋医薬品」に指定されており、医師の診察を受けないと購入できないようになっています。 どうして性器ヘルペスの市販薬は存在しないのか、その理由に関しては諸説ありますが、やはり性器に出ている症状が本当にヘルペスによるものかどうかの判断が難しい、という部分が大きいでしょう。 性器に水ぶくれや潰瘍ができたり痛みやかゆみが生じたりする病気は性器ヘルペス以外にもあるため、勝手な自己判断で性器ヘルペスと決めつけ市販薬で治療をするのはとても危険なのです。 また、性器ヘルペスは悪化するとかなり重い症状が現れることがあり、そういった場合には内服薬や点滴による治療が必要になってきます。 つまり性器ヘルペスは、市販薬で対処できる病気ではないというわけですね。 <参考:> 口唇ヘルペスの市販薬は性器ヘルペスにも有効なのか 性器ヘルペスの市販薬が存在しないことはわかりましたが、「それなら、口唇ヘルペスの市販薬を使えばいいんじゃないの!?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は同じヘルペスでも、口唇ヘルペスに関しては市販薬が存在するんですよね・・・。 では、口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても効果があるのでしょうか。 まず口唇ヘルペスの市販薬についてですが、現在ドラッグストア等で扱われているのは、ヘルペスウイルスに対して効果を発揮する「アシクロビル」という成分が配合されている外用薬(=塗り薬)です。 口唇ヘルペスはその原因となる単純ヘルペスウイルスが増殖することで症状があらわれる病気ですので、症状が出そうになった時に薬を塗ることによって患部におけるウイルスの増殖を抑え、症状の回復を早めることができるのです。 これに対して性器ヘルペスになった場合、病院では「ゾビラックス(軟膏またはクリーム)」という外用薬が処方されることがあり、この薬には抗ヘルペスウイルス作用がある「アシクロビル」という成分が含まれています。 ドラッグストア等で市販されている口唇ヘルペスの外用薬にも、病院で処方される性器ヘルペスの外用薬にも、全く同じ成分が配合されているのです。 そのため、 口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても有効である可能性があります。 ただし 口唇ヘルペスの市販薬はあくまでも「再発」した人のために販売されているもので、初感染した場合には、市販薬に頼るのではなく必ず病院を受診する必要があります。 また、性器ヘルペスは、症状が酷くなると外用薬だけではなく内服薬(=飲み薬)による治療が必要になりますし、初感染時はかなり重い症状が出るため病院での治療が必要となります。 そのため性器ヘルペスを発症したときは、 ・性器ヘルペスの「再発」であるという確信がある ・症状が比較的軽い という条件を満たしている場合に限り口唇ヘルペスの市販薬を使ってみるというのもいいでしょう。 ただしこれはあくまでも症状の悪化を食い止めるための「応急処置」ととらえ、基本的には病院を受診して適切な治療を受けることが大切です。 まとめ 口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても一定の効果を発揮する可能性があります。 しかし性器ヘルペスは病院での治療を基本とする病気ですので、疑わしい症状が出た場合は念のため病院を受診することをおすすめします。

次の

口唇ヘルペスの市販薬軟膏は性器ヘルペスにも有効?

性器ヘルペス 市販薬

性器ヘルペス向けの市販薬は本当に存在しないの?その理由は? 患部に水ぶくれができたり強い痛みを感じたりするヘルペスですが、口唇ヘルペスならばともかく性器ヘルペスになってしまったという場合、場所が場所だけに何となく病院に足が向かないという方も多いのではないでしょうか。 また性器ヘルペスは口唇ヘルペスよりも再発頻度が高いため、再発するたびに病院に行かなければならないというのも厄介です。 性器ヘルペスの主な感染経路は性行為であるということもあり、やはりできることならば自宅で誰にも知られず治したい、という気持ちがありますよね。 では、性器ヘルペス向けの市販薬というものは存在するのでしょうか? 残念ながら、答えはNOです。 現在の日本では、性器ヘルペスの治療に使われている抗ウイルス薬は、医師の処方性がないと販売することができない「処方箋医薬品」に指定されており、医師の診察を受けないと購入できないようになっています。 どうして性器ヘルペスの市販薬は存在しないのか、その理由に関しては諸説ありますが、やはり性器に出ている症状が本当にヘルペスによるものかどうかの判断が難しい、という部分が大きいでしょう。 性器に水ぶくれや潰瘍ができたり痛みやかゆみが生じたりする病気は性器ヘルペス以外にもあるため、勝手な自己判断で性器ヘルペスと決めつけ市販薬で治療をするのはとても危険なのです。 また、性器ヘルペスは悪化するとかなり重い症状が現れることがあり、そういった場合には内服薬や点滴による治療が必要になってきます。 つまり性器ヘルペスは、市販薬で対処できる病気ではないというわけですね。 <参考:> 口唇ヘルペスの市販薬は性器ヘルペスにも有効なのか 性器ヘルペスの市販薬が存在しないことはわかりましたが、「それなら、口唇ヘルペスの市販薬を使えばいいんじゃないの!?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は同じヘルペスでも、口唇ヘルペスに関しては市販薬が存在するんですよね・・・。 では、口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても効果があるのでしょうか。 まず口唇ヘルペスの市販薬についてですが、現在ドラッグストア等で扱われているのは、ヘルペスウイルスに対して効果を発揮する「アシクロビル」という成分が配合されている外用薬(=塗り薬)です。 口唇ヘルペスはその原因となる単純ヘルペスウイルスが増殖することで症状があらわれる病気ですので、症状が出そうになった時に薬を塗ることによって患部におけるウイルスの増殖を抑え、症状の回復を早めることができるのです。 これに対して性器ヘルペスになった場合、病院では「ゾビラックス(軟膏またはクリーム)」という外用薬が処方されることがあり、この薬には抗ヘルペスウイルス作用がある「アシクロビル」という成分が含まれています。 ドラッグストア等で市販されている口唇ヘルペスの外用薬にも、病院で処方される性器ヘルペスの外用薬にも、全く同じ成分が配合されているのです。 そのため、 口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても有効である可能性があります。 ただし 口唇ヘルペスの市販薬はあくまでも「再発」した人のために販売されているもので、初感染した場合には、市販薬に頼るのではなく必ず病院を受診する必要があります。 また、性器ヘルペスは、症状が酷くなると外用薬だけではなく内服薬(=飲み薬)による治療が必要になりますし、初感染時はかなり重い症状が出るため病院での治療が必要となります。 そのため性器ヘルペスを発症したときは、 ・性器ヘルペスの「再発」であるという確信がある ・症状が比較的軽い という条件を満たしている場合に限り口唇ヘルペスの市販薬を使ってみるというのもいいでしょう。 ただしこれはあくまでも症状の悪化を食い止めるための「応急処置」ととらえ、基本的には病院を受診して適切な治療を受けることが大切です。 まとめ 口唇ヘルペスの市販薬は、性器ヘルペスに対しても一定の効果を発揮する可能性があります。 しかし性器ヘルペスは病院での治療を基本とする病気ですので、疑わしい症状が出た場合は念のため病院を受診することをおすすめします。

次の

性器ヘルペスに効く市販薬ありませんか?

性器ヘルペス 市販薬

目次リンク• 性器ヘルペスの主な治療方法 性器ヘルペスの治療には、基本的にウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を用います。 薬の種類には飲み薬や塗り薬と様々です。 (痛みで排尿ができないなど、日常生活に支障が出るほど症状がひどい場合には、点滴療法も行われます。 ) 性器ヘルペスの治療薬の種類 現在性器ヘルペスの治療に使用されている抗ウィルス薬は大きく3つに分けられます。 また、薬の種類には飲み薬や塗り薬があり、症状が出ている場所や程度、体質などによって薬が使い分けられています。 アシクロビル系治療薬 商品名• ゾビラックス• アシクロビル ゾビラックスジェネリック 薬の形状 錠剤・顆粒・軟膏・クリーム 特徴 安全性が高く比較的副作用も少ない、標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬。 各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられ、ウイルス感染細胞内で活性化し、ウイルスの増殖を阻害します。経口薬のほか、同一成分の塗り薬などがあります。 塩酸バラシクロビル系治療薬 商品名• 薬の形状 錠剤・顆粒 特徴 アシクロビル系治療薬の後に開発された、第2世代の抗ウィルス薬。 体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換されて効果を発揮します。 アシクロビルと比較して吸収効率がよく、1日1~3回の服用で済みます(アシクロビルは1日5回) ビダラビン系治療薬 商品名• アラセナ-A• 薬の形状 軟膏・クリーム 特徴 主に口唇ヘルペスの治療に用いられる抗ウィルス薬。 性器ヘルペスの治療にも有効です。 殆どは軟膏剤で、副作用は内服薬と比較しても極めて少ないのが特徴ですが、症状が軽い場合や再発時での使用が一般的です。 現在主流となっている治療法 上記3つの抗ウィルス薬の特徴を読んでもらうと分かる通り、性器ヘルペスの現在の治療方法は第2世代の抗ウィルス薬である バラシクロビル系治療薬がよく用いられます。 このバラシクロビル系治療薬は、第1世代のアシクロビルと比較して吸収効率がよく、服用回数が少なくて済むメリットが有ります。 治療に際しての服用方法としては、などの、塩酸バラシクロビル系治療薬の内服薬を、• 1日 1~2回• 5日間ほど内服 することで、性器ヘルペスの症状を抑えます。 それぞれの商品ごとに、有効成分である塩酸バラシクロビルの含有量が異なり、症状が軽度の場合には1回の服用で500mg~、より症状が重い場合には1回の服用で1000mg~の服用を行います。 症状の程度と服用する薬用成分量は、専門の医師の診断を必ず受けて下さい。 性器ヘルペスの再発予防方法について 性器ヘルペスの感染者は、1年以内に8割以上が症状を再発します。 この繰り返す再発によって性器ヘルペスに対して神経質になり、精神的に追いつめられてしまう患者さんが多くいます。 そういったストレスが原因で更に免疫力が低下し、また再発する。。。 と悪循環に陥ってしまうケースが後を絶たないのです。 しかし、一度性器ヘルペスに感染したからといって「一生治らないから結婚できない」とか、「恋人とのセックスが怖くなってしまう」などと 過度に悲観することはありません。 完治しないと言われる性器ヘルペスも、正しい再発防止策を行えば症状の再発を劇的に抑えることができます。 性器ヘルペスの再発抑制療法 年6回以上再発をみる性器ヘルペスでは、再発の症状があらわれる前にウイルスの増殖を抑える【再発抑制療法】という治療法があります。 この方法を行うことで、次の再発までの間隔も延長できます。 内容は簡単で、• などのバラシクロビル系治療薬を、1日1回飲み続けることです。 こうすることで、性器ヘルペスの症状が現れる前にウイルスの増殖を抑え、再発を防ぎます。 性器から排出されるウイルス量も減少するので、恋人やパートナーに感染させる可能性も低くなります。 この再発抑制療法は長年に渡って治療の安全性と有効性が認められており、世界中で行われている標準的な治療法です。 日本国内では保険適用診療となっています。 再発抑制療法での薬にかかる費用 再発抑制療法に用いられるバルトレックスは単価が高く、病院で保険適用する前の価格は• 1錠 550円 となっています。 これを毎日続けるとなると大変な負担となってしまいます。 そこでお勧めしたいのがバルトレックスと同じ有効成分である塩酸バラシクロビルの ジェネリック医薬品です。 こちらの商品は30錠セットだと ¥4,680円• 1錠 156円 という安さでバルトレックスと同じ薬効があります。 しかも、今だけ、期間限定キャンペーン価格で となっています。 大事なことは再発抑制療法を継続することです 「再発抑制療法」はウイルスそのものを取り除けるわけではないため、服薬を中止すれば再発しますが、一般的にはその回数は時間とともに減少します。 性器ヘルペスが再発する際には「患部周辺がチクチクする」などの前兆が感じ取れる場合があります。 そういった場合には、できるだけ早めの対策を行ったほうが、症状は比較的軽く済む場合が多くあるのです。 また、性器ヘルペスは病変が出ていない時には感染力が低くなっており、恋人やパートナーとのセックス等の性交渉を行っても心配ないと言われています。 まとめ.

次の