タジキスタン 対 日本。 今夜対戦…日本代表の相手、タジキスタン代表について知っておきたい10のこと

今夜対戦…日本代表の相手、タジキスタン代表について知っておきたい10のこと

タジキスタン 対 日本

アシストは酒井」 【公式 後半37分】 後半36分 浅野の右足シュートは枠外 後半35分 選手交代 鎌田がアウト、永井がイン 【公式 後半35分】 ベクナザロフの右足シュートは枠外 後半33分 A・ジャリロフの左足シュートはゴールを阻まれる 後半24分 選手交代 M・ジャリロフがアウト、S・ボボエフがイン 【公式 後半21分】 後半21分 後半19分 選手交代 中島がアウト、浅野がイン 【公式 後半19分】 M・ジャリロフの左足シュートはゴールを阻まれる 後半18分 後半17分 堂安の左足シュートはゴールを阻まれる A・ジャリロフの左足シュートは枠外 後半13分 後半11分 ゴール!! 南野の4号 「中央5メートルから右足グラウンダーで決める。 アシストは酒井」 【公式 後半11分】 後半08分 ゴール!! 南野の3号 「中央6メートルからヘディングライナーで決める。 アシストは中島」 【公式 後半08分】 後半07分 堂安の右足シュートはゴールを阻まれる 後半01分 鎌田の右足シュートはゴールを阻まれる パンシャンベの右足シュートは枠外 前半47分 前半45分 南野のヘディングシュートはゴールを阻まれる 黄D・エルガシェフが反スポーツ的行為により警告 【公式 前半43分】 前半43分 前半36分 南野のヘディングシュートは枠外 前半31分 吉田のヘディングシュートは枠外 前半26分 堂安の左足シュートは枠外 パンシャンベの左足シュートはゴールを阻まれる 前半23分 前半18分 南野の右足シュートは枠外 選手交代 ユラボエフがアウト、サイドフがイン 【公式 前半17分】 前半17分 前半13分 吉田の右足シュートはゴールを阻まれる 前半10分 吉田の右足シュートは枠外 前半05分 南野のヘディングシュートは枠外 ユラボエフの左足シュートは枠外 前半03分• サッカー 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• コラム [6月28日 8:19]• 日本代表 [6月27日 22:57]• サッカー [6月27日 22:22]• J3 [6月27日 22:05]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• 日本代表 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• 日本代表 [6月26日 18:11]• 日本代表 [6月26日 18:06]• 日本代表 [6月26日 9:54]• 日本代表 [6月22日 20:20]• 日本代表 [6月22日 20:13]• 日本代表 [6月22日 20:06]• 日本代表 [6月18日 19:33]• 日本代表 [6月18日 19:25]• 日本代表 [6月18日 6:30]• J1 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• J1 [6月27日 20:48]• J1 [6月27日 3:21]• J1 [6月26日 22:32]• J1 [6月26日 22:07]• J1 [6月26日 21:15]• J1 [6月26日 19:13]• J1 [6月26日 16:12]• サッカー [6月26日 15:56]• J1 [6月26日 15:14]• J1 [6月26日 15:08]• J2 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• J2 [6月27日 21:25]• J2 [6月27日 21:20]• J2 [6月27日 20:50]• J3 [6月27日 22:05]• J3 [6月27日 21:13]• J3 [6月27日 20:54]• J3 [6月27日 20:53]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:17]• J3 [6月27日 20:14]• J3 [6月27日 20:12]• J3 [6月27日 19:59]•

次の

日本vsタジキスタン テキスト速報

タジキスタン 対 日本

日本は敵地ドゥシャンベでタジキスタンに3-0で快勝し、3連勝の勝ち点9で首位を守った。 タジキスタンは同6。 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング31位の日本は同115位のタジキスタンと前半は0-0で折り返したが、後半8分に南野(ザルツブルク)の予選3試合連続ゴールで先制すると、3分後にも南野が追加点。 さらに浅野(パルチザン)のゴールで突き放した。 (台風19号の)被災者の励ましになるプレーを届けるという強い気持ちを持って、勝利をつかみ取ってくれた。 選手たちは自分の力を発揮して、できることをやってくれた。 日本は圧力があった。 A~Hの各組1位チームと、各組2位のうち上位4チームの合計12チームが最終予選に進出。 カタールが1位また2位上位4チームに入った場合はその分が繰り上がりとなる。 日本はモンゴル、タジキスタン、キルギス、ミャンマーと共にF組。 C組のカンボジアは本田圭佑が実質的な監督。 G組のタイは西野朗監督、D組のシンガポールは吉田達磨監督が指揮している。 photo• サッカー 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• コラム [6月28日 8:19]• 日本代表 [6月27日 22:57]• サッカー [6月27日 22:22]• J3 [6月27日 22:05]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• 日本代表 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• 日本代表 [6月26日 18:11]• 日本代表 [6月26日 18:06]• 日本代表 [6月26日 9:54]• 日本代表 [6月22日 20:20]• 日本代表 [6月22日 20:13]• 日本代表 [6月22日 20:06]• 日本代表 [6月18日 19:33]• 日本代表 [6月18日 19:25]• 日本代表 [6月18日 6:30]• J1 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• J1 [6月27日 20:48]• J1 [6月27日 3:21]• J1 [6月26日 22:32]• J1 [6月26日 22:07]• J1 [6月26日 21:15]• J1 [6月26日 19:13]• J1 [6月26日 16:12]• サッカー [6月26日 15:56]• J1 [6月26日 15:14]• J1 [6月26日 15:08]• J2 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• J2 [6月27日 21:25]• J2 [6月27日 21:20]• J2 [6月27日 20:50]• J3 [6月27日 22:05]• J3 [6月27日 21:13]• J3 [6月27日 20:54]• J3 [6月27日 20:53]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:17]• J3 [6月27日 20:14]• J3 [6月27日 20:12]• J3 [6月27日 19:59]•

次の

サッカー代表

タジキスタン 対 日本

前半は熱狂的なサポーターに背中を押されるタジキスタンの攻撃に手を焼く日本。 自陣に引いてカウンターで一発を狙う「弱者の戦い方」ではなく、緩急を付けたパスワークでゴールに迫る相手の攻撃に面食らう場面は少なくなかった。 だが、決定的な場面では権田修一が鋭い反応を見せ、冷静な判断とスーパーセーブを披露してピンチを切り抜ける。 この守護神の気迫に応えたい日本だったが、セットプレーから迎えた再三の決定機を決め切れず、スコアレスで試合を折り返す。 しかし、後半はタジキスタンが息切れして攻守の強度が落ちたこともあり、両サイドから人数を掛けて攻め込むシーンが増える。 その中で、フィニッシャーとして輝きを放ったのが南野拓実だ。 持ち味とするオフザボールの巧みさはこの試合でも効果を発揮。 前半はチャンスを逸する場面もあったが、後半に2ゴールを立て続けに奪い、勝利の立役者となった。 代表では久々となる浅野拓磨の得点を加え、終わってみれば0-3の快勝を収めた「森保ジャパン」。 スコア以上の厳しい展開を強いられたが、決して慌てず、攻守のバランスを崩すことなく白星を手繰り寄せた「横綱相撲」ぶりが随所で光る一戦となった。 見どころ ワールドカップアジア2次予選のホーム初戦は、モンゴル相手に文字通りのワンサイドゲームで圧勝。 守備陣は見せ場が少なかったため致し方ないが、欧州の舞台でしのぎを削る伊東純也や南野拓実が好調ぶりを発揮したこと、久々に代表へ名を連ねた鎌田大地が得点でアピールに成功するなど、攻撃陣はポジティブなトピックが多く見られた。 次に対戦するタジキスタンは、キルギスとモンゴルを相手に2試合連続完封を果たしており、これまでのような簡単に崩せる守備陣形ではなさそうだが、攻守でこの調子を維持すれば良い結果がついてくるだろう。 ただし、行く手を阻む要因が相手以外にも存在することは、アジアの舞台では特に変わったことではない。 今回乗り込むタジキスタンのスタジアムは人工芝である。 ミャンマー戦と同じく、普段と違う環境にいかに早くアジャストできるかが今回のポイントだ。 これまでの傾向からして森保一監督がスタメンを大幅に変えることは考えにくいが、冨安健洋がモンゴル戦の終盤で足を痛めて欠場が決定。 コパアメリカで全試合にフル出場した植田直通か、今年代表デビューを果たした畠中槙之輔か、指揮官の判断に注目したい。 観客数 19100人 気温 20.

次の