比企 谷 八幡 ss。 【俺ガイル】比企谷八幡「奉仕部を辞めることにするわ」【葉山】

比企谷八幡、提督に着任する!?

比企 谷 八幡 ss

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 vip2ch. 71 雪ノ下「ところで比企谷君。 91 八幡「・・・というわけで、今日は非常にリラックスできたんだ」 小町「良かったじゃん! 雪乃さん達に感謝しないとね」 八幡「あぁ・・・だが、なんだってあんなことをしてくれたのか、俺には理解できないがな」 小町「どうして?」 八幡「どう考えてもメリットがないだろ、明日が怖ぇよ」 小町「好意がない相手に、こんなことしないと思うよ?」 八幡「はっ! 馬鹿馬鹿しい。 12 八幡「おいおい、マジか・・・ 慣れないんだよな、暗闇 」ガタ 八幡「おーい、小町。 vip2ch. カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

だめのん ダメのん ダメノン 【俺ガイル】

比企 谷 八幡 ss

雪ノ下「.......... あら 」 結衣「ヒッキー!! 」 八幡「ん、ああ..........。 」 八幡 頭が痛い.......... どうも記憶が曖昧だ。 なぜ俺はこんなところにいるのだろうか。 雪ノ下「まったく.......... 転んで頭を打ったあなたを、わざわざ病院まで連れてきてあげたのにお礼の一言もないの? 」 由衣「ヒッキー! 心配したんだからね!?」 八幡 転んで頭を打った.......... ? 確か俺は家のベッドで本を読んでいたはずなんだが..........。 まあ、とにかくお礼くらい言っておこう。 八幡「そうだったんですか.......... 見ず知らずの俺のためにわざわざありがとうございました。 」 雪ノ下 「え?」 結衣「ひ、ヒッキー? 」 八幡「はい?」 八幡 いや、お礼言ったら疑問形で返されるってどういうことだよ..........。 てか、俺の名前ヒッキーじゃないんだけど..........。 雪ノ下「ふ、ふざけないでちょうだい。 いくらなんでもこんな状況でふざけられると少し腹が立つわ。 やはり貴方は更正が必要なようね」 八幡「別にどこもふざけてはいないんですけどね..........。 」 結衣「なにかあったの.......... 悩みでもあるの.......... ?」 八幡「ねえよ..........。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 医者「恐らく.......... 記憶喪失でしょう」 雪ノ下「嘘..........。 」 結衣「え!なんで!?」 医者「頭を打ったせいだと思われます。 お話を聞く限り、失ったのは主に今から中学生くらいまでの記憶だと思われます。 」 雪ノ下「.......... 彼は治るのでしょうか?」 医者「戻らないということはないと思います。 日常生活を送るうち、ふとした事で記憶を取り戻すことがあるかも知れません。 」 結衣「そうなんですか.......... ゆきのん!」 雪ノ下「ええ.......... 仕方がないわね、やりましょう由比ヶ浜さん。 」 結衣「うん!」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 いきなり記憶喪失だと説明され、本当は高校生だなんて言われても実感わかねえよ.......... あげくの果てに、なんで高校生の俺は奉仕部なんていう得体の知れない部活に入ったんだ? 八幡 「し、失礼します.......... 」 雪ノ下「あら、来たのね。 まずその腐った目でこちらを見るのをやめて頂戴。 ひどく不愉快だわ。 大体、よくそんな目をしたまま今まで生きてこられたわね.......... 私なら生きているのに耐えられないわ。 ねえ、あなた恥ずかしく.......... 」 八幡 「お、おい! なんで俺は入った瞬間そんな暴言を浴びせられなきゃならないんだよ!?」 雪ノ下「あら、ごめんなさい。 ショック療法よ?わからなかった?」 八幡「流石にわかる訳ねえだろ..........。 」 八幡「せめて、もう少し他のショックはなかったのかよ..........。 」 結衣「じゃ、じゃあさ!ヒッキーこれ食べてみてくれない?」 八幡「なにこれ?」 結衣「え?? クッキーに決まってるじゃん? あ、ゆきのんも食べる?」 八幡「」 雪ノ下「」 八幡「な、なあ雪ノ下。 クッキーってこんなに焦げがついてて鉄のように硬いものだったか? もしかしてここ何年かでクッキーに変化が.......... ?」 雪ノ下「残念ながらクッキーの定義は変わった覚えがないわ.......... 」 八幡「そうかよ.......... まあ、とりあえず食べてみるか..........。 」 雪ノ下「そうね..........。 」 八幡 っっ!? な、なんだこの革命的なクッキーは!? まるで歯ごたえは岩おこし。 口いっぱいに、こしょうとチョコ?の味が広がり.......... 八幡「ゲホッゲホッ、グオハッ!」 結衣「え!? なに!?大丈夫!?」 八幡「あ、いや、喉に詰まっただけだ。 それより由比ヶ浜、これはなんのクッキーだ?」 結衣「抹茶のクッキーだよ。 レシピ通り作ったんだけど、ちょっと焦がしちゃった。 えへへへ..........。 」 八幡 はにかむ顔が可愛いな.......... ってそうじゃねえ!どうやってレシピ通り作って、あんな物ができる!? 雪ノ下なんて今は平然としているが、さっきまでやばかったぞ.......... あ 八幡「....................。 」 雪ノ下「ひ、比企谷君?」 結衣「ヒッキー?」 八幡「高校の教室でバレンタインデー、みんながチョコを貰う中、一人貰えずに机にぼーと座っている俺の姿が浮かんできた..........。 」 結衣「ヒッキー..........。 」 雪ノ下「貴方の思い出した悲しい出来事はともかくとして、少し進展したわね..........。 」 結衣「私のクッキーのおかげ!? それならもっと作ってこよ.......... 」 材木座「んふお!八幡よ! 我は剣豪将軍.......... !」 八幡 「おい、雪ノ下」 雪ノ下「なにかしら?」 八幡 「今、この暑いのにコートを着た不審人物がドアを開け、俺の名前を呼びながらこちらに向かってきているのだが..........。 」 雪ノ下「ああ、あれは貴方の友達.......... ケホン。 失礼、比企谷君に友達はいなかったわね。 貴方の知り合いよ。 」 八幡「さりげなく、人のことデイスッてんじゃねーよ。 てか、あれが俺の知り合いなのか......... めんどくさそうだ。 」 材木座「ケフコン!ケフコン! いきなりだが八幡よ、この世界は我らに優しくはないと思わないか? そこでだ!我は.......... 」 八幡「何いってんだ、この世は八幡大菩薩によって管理されているんだぞ? 名も無き神である俺にしかわからないが.......... 」 材木座「は、八幡さん?」 雪ノ下「!?」 結衣「!?」 八幡「.......... あ、すまん。 」 雪ノ下 「そういえば、貴方がこの部活に入ったばかりの頃、似たような話をしていたけれど、中学の頃の話だったのね.......... 」 結衣「だ、大丈夫だよ! 男の子はみんなそういう時期があるよ!」 八幡「慰めるな.......... 余計悲しくなる。 」 結衣「ごめん..........。 」 材木座「ま、まあ。 今日はとりあえず帰るとしよう.......... 八幡よ! また会う日を我は待ち望んでいるぞ!」 八幡「おう、またな。 」 結衣「..........。 」 八幡「..........。 」 雪ノ下「ふう、暗くなってきたし私達も帰りましょう。 」 結衣「そうだね! せっかくだし途中まで三人で一緒に帰ろうよ!」 八幡「まあ、いいんじゃねえの。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 はあ、まだ一日しかたってないがやけに疲れたな.......... こんなのが、毎日続くのかよ..........。 ガチャ 小町 「あ、お兄ちゃんおかえり~! 」 八幡 「おう.......... なんか背伸びたな、お前。 」 小町「そりゃ、小町はもう中学生ですから。 ほんっと、しょうがないな~ごみいちゃんは。 学校どうだった?」 八幡「いろいろあって疲れたな。 授業は意味不明だし、変な部活にいかなきゃならないし。 」 小町「そうだね~確かにいきなり飛び級したようなものだからね、そりゃ疲れるよね。 」 八幡「まあ、そういうことだ。 あ、そーいやこいつらが何故かついてきたんだが..........。 」 雪ノ下「こんばんは、小町さん。 」 結衣「や、やっはろ~小町ちゃん。 」 小町「あー、雪ノ下さんに結衣さん! いつも兄がお世話になっております~!」 雪ノ下「少し比企谷君に試したいことがあるのだけれど、あがっても構わないかしら?」 小町「どうぞ、お構い無く~! あっ! 小町は急に用事を思い出したから、ちょっと出掛けてくるねお兄ちゃん! 」 八幡「え、あ、いや、急すぎるだろ..........。 」 雪ノ下「何をぐずぐずしているのかしら、比企谷君。 早く貴方の部屋へ案内して頂戴。 」 八幡「はあ..........。 」 八幡「それでここが俺の部屋の訳だが、そろそら何をしに来たのか教えてもらえないか?」 雪ノ下「そうね、時間がないわ。 始めましょう、由比ヶ浜さん」 結衣「うん.......... ごめんね? ヒッキー。 」 八幡「由比ヶ浜.......... ? 雪ノ下.......... ? お前ら何を.......... っておいちょっと待て!」 雪ノ下「何をしているの? 暴れないでじっとしてなさい。 」 八幡「いや、いきなり人をベッドに押し倒すんじゃねえよ。 頼むからわかるように説明してくれ..........。 」 結衣「つまりね、いつ記憶が戻るかわからないしショック療法で戻しちゃおうって、ゆきのんと決めたの。 」 八幡「え.......... っておい! なんで制服脱いでんだよ!?」 雪ノ下「あら、私達の下着姿が気に入らないというの?」 八幡「い、いや。 そういうことじゃ..........。 」 結衣「ヒッキー、緊張しないでリラックスしててね.......... ちょっと恥ずかしいけど頑張るから.......... 」 八幡 「え、いや、その雪ノ下!? 由比ヶ浜!?」 雪ノ下「あら、女の子二人に抱きつかれて嬉しくないの? じっとしてなさい?」 結衣「ヒッキー.......... 」 八幡「お前ら落ち着けって! いくら俺が記憶喪失だからといって、そんな一日で戻そうとする必要なんてないだろ!?」 雪ノ下「いいえ、あるわ。 時間がないのよ。 」 八幡「意味がわからん..........。 」 結衣「私もわからないけど.......... なんか早くしないとダメな気がするんだ。 」 八幡「ますますわからん......... い、いやだから!」 雪ノ下 「比企谷君!」 結衣「ヒッキー!」 八幡「わ、わかったよ..........。 」 八幡 な、なんでこんな美少女二人に抱きつかるというラブコメ的展開になったんだ.......... ? 訳がわからないが心地よい.......... いや、ここで身を委ねてはいけない。 無になろう。 これは何か裏があるに違いない。 目を閉じて何も考えるな。 そのうちにきっと二人も落ち着いて.......... 雪ノ下「比企谷君、比企谷君! 」 結衣「ヒッキー!」 八幡 ああ、暖かくて気持ちいい.......... 抱きつかれるって意外と良いものだな.......... それにしてもそんな涙声になるほど必死に名前を呼ばなくてもいいだろうに 八幡「.......... そんな必死に呼ぶなって、そのうち戻るから.......... あれ、お前らいつの間に服を。 」 雪ノ下「ひ、比企谷君」 結衣「あ.......... ヒッキー!!」 八幡「ちょっ.......... だから抱きつくなってさっきから..........。 」 医者「信じられん、一度心臓と脳が完全に停止したのに、一瞬でここまで復活するとは.......... 」 八幡「え?.......... ?」 雪ノ下「覚えてない? 貴方は私たちを庇ってトラックに跳ねられたのよ?」 結衣「それからずっと二人で名前を呼び続けて.......... やっと伝わった.......... !!」 八幡 ああ、思い出した......... じゃあ、あの世界は.......... 夢、だったのか? 八幡 「ああ、ありがとうな二人とも。 なんか夢の中でお前らの声が聞こえた気がするよ。 」 雪ノ下「ええ」 結衣「うん!」 八幡「なんだ、お前ら。 いつもなら何かとバカにしてくるのに珍しいな。 」 雪ノ下「ふふふふ」 結衣「えへへへ.......... 」 八幡 この事故をきっかけに、俺たちの関係はまた変わっていくのだろうか。 そういえば二人との出会いも事故からだったな.......... そんなに事故も悪いものではないのかもしれない。 八幡 「俺の青春ラブコメは間違っていなかったのかもしれないな..........。

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

比企 谷 八幡 ss

01 ID:1OukvSBZO 雪乃「その言い方だと、今まで通り私の毒を浴び続けたいですという願望として捉えていいのかしら、マゾ谷くん」 八幡「誰がマゾだ。 97 ID:1OukvSBZO 雪乃「企み?何を思ってそんなこと」 八幡「俺が部室に来てから、どうもお前がよそよそしくしているように感じてたんだ」 雪乃「何のことかしら」 八幡「とぼけるな。 俺たちもこの部で知り合ってから、何だかんだでそこそこ月日が経った。 今となっちゃ、お前が何か目論んでいるか否か、直感で分かるようになったんだ」 雪乃「っ……!」 八幡「さぁ、白状してもらうか薄情の雪ノ下さんよぉ?」ダンッ 雪乃「……仕方ないわね。 36 ID:1OukvSBZO 雪乃「別に、こんなことあなたに直接伝える必要性などないのだけれど」 八幡「いいから、話してくれ。 さっきから身体がむず痒くてしょうがない」ボリボリ 雪乃「わかったわよ。 59 ID:1OukvSBZO 雪乃「痒い時は、むやみに掻かない方が良いわ」 八幡「う……うぐっ……!!」 雪乃「そう、痒いときには我慢をする。 07 ID:1OukvSBZO ・・・・・・・ 次の日 雪乃「…………」ペラ ガチャ 八幡「………うす」 雪乃「…お酒でも呑んだの?」 八幡「そのせいの赤みじゃねぇよ」 雪乃「昨日は……よく分からないけど散々だったようね」 八幡「ああ。 69 ID:1OukvSBZO 雪乃「……分からないわ。 67 ID:IP2wMsuPO 雪乃「痒い時は、むやみに掻かない方が良いわ」 八幡「う……うぐっ……!!」プルプル 雪乃「そう、痒いときには我慢をする。 33 ID:IP2wMsuPO 八幡「いやっ……それは自分でやる……」 雪乃「強がらなくてもいいわ。 背中の部分なんて自分一人で塗れないでしょう?」 八幡「 雪ノ下の親切がむず痒すぎる……っ!! 」プルプル 雪乃「さ、かぶれ痕が残らないうちに塗らないと。 ほら、脱いでちょうだい」 八幡「脱ぐ!?」 雪乃「イヤらしいこと考えないでちょうだい。 57 ID:IP2wMsuPO 雪乃「………私が脱がせてあげてもいいのだけれど」 八幡「はあっ!?」 雪乃「そこまで驚ける活力があるのなら痒みなんて堪えられるはずだけど」 八幡「そ、それとこれとは別だろうよ!?」 雪乃「まぁいいわ、どうするの?自分で脱げられるのなら任せるわ」 八幡「じ、自分で脱ぐに決まってるだろ!」 雪乃「そう。 69 ID:IP2wMsuPO 八幡「 …いや、八幡。 ここは冷静になれ 」スルスル 八幡「 よく考えてもみろ、雪ノ下がここまで親切にしてくれるなんて、数秒後に天変地異が起きてもなんらおかしくないほどの未曾有の大事件だ 」 八幡「 こんな機会は滅多にない……いや、今後も二度と無いだろう 」 八幡「 どうせ雪ノ下自身も明日になれば馬鹿馬鹿しくなって、こんな気持ち悪いことをするのは願い下げるに違いない。 どうせ一過性だ。 」 八幡「 ……そう思い込み始めたら、なんだか気持ちが楽になってきたな。 95 ID:IP2wMsuPO 雪乃「……まあいいわ。 じゃあ、塗っていくわね」 八幡「おう、頼むわ」クルッ 雪乃「 比企谷くんの背中……わりかし大きいのね 」 雪乃「 ……にしても、全体的に炎症起こしてるじゃないの 」 雪乃「 これではどこから塗っても同じね。 適当にここを始点としましょ 」スッ ヌルッ 八幡「ひぎぃっ!」ゾクッ 雪乃「ひゃっ、な、何よ……」 八幡「あぁ、驚かせて悪い。 ……染みた」 雪乃「そんなの当然でしょ。 19 ID:IP2wMsuPO ・・・・・・・ 雪乃「……はい、背中の方は全体的に塗り終えたわ」 八幡「お、おうぅ……」コヒューコヒュー 八幡「 ゃだ……俺、痛みでちょっと涙流してる… 」ゴシゴシ 雪乃「……じゃあ、次は前面ね」 八幡「えっ」 雪乃「何よ」 八幡「腹の部分もやるのか?」 雪乃「当然でしょう」 八幡「いや、いいって、ここはさすがに俺自身で塗る……」 雪乃「いい?比企谷くん。 24 ID:IP2wMsuPO 雪乃「 ……ふふ、面白い反応をするのね」クリュッ 八幡「 だ、ダメだ……っ、これ以上弄られたら、変な気分に……っ! 」ゾクゾクッ 八幡「…ゆ、雪ノ下……も、もう弄るのは勘弁してくれ……っ」ハァッ… 雪乃「あ……ご、ごめんなさい。 72 ID:IP2wMsuPO ・・・・・・・ 雪乃「……はい、これで一通り全体的に塗り終わったわよ」 八幡「ふう、軟膏のお陰で何だか爽快になった気分だ。 93 ID:IP2wMsuPO 八幡「 ……何だろう 」 八幡「 たったこの数分間で、俺と雪ノ下の距離が縮んだ気がする 」 八幡「 その証拠として、雪ノ下の笑顔が柔らかくなった……そんな感じがする 」 八幡「 今まで、俺に何度か見せた雪ノ下の笑顔は、女豹がターゲットとなる獲物を見つけ、『こりゃ獲ったど』と、勝利を確信した際に見せるような、そんな刺刺しいものだった 」 八幡「 だが、いま俺の目の前で見せる微笑み。 51 ID:IP2wMsuPO 雪乃「……比企谷くん?」 八幡「! ん、ん?何だ?」 雪乃「そろそろ制服を着たらどう?風邪引くわよ?」 八幡「あぁ……そうだな」 八幡「 ……そういえばさっき、雪ノ下が『制服を脱がしてあげようか?』と訊いてきたな 」 八幡「……なあ雪ノ下」 雪乃「どうしたの?」 八幡「……俺が制服を着るの、手伝ってくれないか?」 雪乃「えっ」 八幡「……嫌か?」 雪乃「……驚いた。 99 ID:IP2wMsuPO 雪乃「…いいわよ。 手伝えることなら、できる限り注文に応えるわ」 八幡「さすが雪ノ下さんだぜ!」 雪乃「それで、何から着るんだったかしら?」 八幡「この……ヒートテックだな」 雪乃「そう」スッ 八幡「………………」 雪乃「………………」 八幡「………………」 雪乃「……早く着なさいよ」スッ 八幡「えっ」 雪乃「これは私が手伝う必要性がないじゃない。 55 ID:IP2wMsuPO 八幡「…………」シュルシュル 雪乃「次はワイシャツかしら?」 八幡「ああ」 雪乃「いいわ、ワイシャツだったらボタンを留めてあげる」 八幡「頼んだ」シュルシュル 雪乃「…………」プチッ 雪乃「…………」プチッ 八幡「……何だかこれ、新婚カップルみたいだな……」 雪乃「!」ドキッ 八幡「 ん?いま、雪ノ下がピクッと反応したような…… 」 雪乃「……馬鹿なこと言わないで。 38 ID:IP2wMsuPO 雪乃「…………」プチッ 雪乃『……あなた、今日は帰りは遅くなるの?』プチッ 八幡『そうだなぁ……午後から会議だけど、取引先との進捗具合によりけりだからなぁ…』 雪乃『……遅くなる可能性が高いってこと?』プチッ 八幡『そう見積もっといた方が良いかもな』 雪乃『……そう』プチッ 八幡『そう寂しがるなよ。 出来るだけ早く帰ってくるから』 雪乃『……約束、守りなさいよ?』プチッ 八幡『ああ、わかってる』 雪乃『……はい、ボタン留め終わったわ』 八幡『おう、ありがとな。 ボタンを留めたら今度は外して、一周戻ってまた留め……」 雪乃「ご、ごめんなさい。 41 ID:IP2wMsuPO 雪乃「じゃあ、次はこのブレザーね。 01 ID:IP2wMsuPO 雪乃「………………」 八幡「………………」 雪乃「………………」 八幡「………………」 八幡「なあ、」 雪乃「ねえ、」 八幡「!」 雪乃「……どうぞ」 八幡「いや、レディファーストってことで、お前が」 雪乃「いいえ譲るわ。 42 ID:IP2wMsuPO 八幡「……以上だ」 雪乃「それでは、次は私ね」 八幡「ああ」 雪乃「あなたは屑ね」 八幡「おう」 八幡「……は?」 雪乃「……屑よ。 51 ID:IP2wMsuPO 雪乃「その姉がすり寄って、あなたに過度のコミュニケーションで接してきたわね」 八幡「あれは、おぞましいものがあったな」 雪乃「……その後よ」 雪乃「あなた、あんなにも明るい性格で話術にも長けている私の姉が、一通り会話をしただけで、外面の仮面わ被っていただけって見破ったでしょう?」 八幡「あったな」 雪乃「……あの時、あなたの洞察力に、純粋に感激したの。 惚れ惚れしたわ。 40 ID:IP2wMsuPO 雪乃「……あなたそれ、本気で言ってるの?」 八幡「当たり前だろ。 64 ID:IP2wMsuPO 雪乃「結論を言うわ」 八幡「え」 雪乃「ただいまを持って、比企谷八幡くんに同情の念を込めて優しく接するキャンペーン、終了よ」 八幡「なんでだよ!?」 雪乃「もう、同情する必要性が無くなったから」 八幡「いや、今!今でしょ!」 雪乃「ほんと、あなたって恋愛絡みになると鈍感なのね」 八幡「いや、え?」 雪乃「……私がいるじゃない」 八幡「………」 雪乃「これからは、どんな場所、どんな状況でも必然的にあなたの味方になるわ」 八幡「雪乃……」 雪乃「…………幸せにしなさいよね。 」 やはり俺は雪ノ下雪乃の思考をいまだ掴めないでいる。 2ch.

次の