ゲンタシン軟膏 通販。 ゲンタシン軟膏0.1%の買取はこちら|医療用医薬品の買取ならMEDEX

病院で受診されているゲンタシン軟膏は通販で購入することはできる?

ゲンタシン軟膏 通販

季節の変わり目による肌荒れや切り傷、擦り傷といった皮膚トラブルに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 ゲンタシン軟膏はさまざまな皮膚症状を緩和してくれるため、常備したいと考える人も多いことでしょう。 ゲンタシンには患部に塗りやすく、ベタつきにくいクリームタイプもある一方で、軟膏は汗に流れにくいことが特徴です。 ゲンタシン軟膏は 化膿止めの抗生剤ですので医師の指示通りに使用し、それ以外は医療機関受診をおすすめします。 しかし、仕事の影響で医療機関の受付時間内に間に合わないケースも考えられます。 このような時でも「零売」を利用すると、処方箋がなくても購入することが可能です。 ゲンタシン軟膏はドラッグストアや通販で購入できない 風邪薬や漢方薬といった一部の医薬品はOTC医薬品として認可され、ドラッグストアや通販で手軽に購入できます。 しかし、ゲンタシン軟膏はドラッグストアや通販で購入できないのが現状です。 通販が可能なのは類似医薬品のみ PL顆粒やオイラックス軟膏といった薬はOTC医薬品として認可されている一方で、ゲンタシン軟膏はOTC医薬品として認可されていません。 ゲンタシン軟膏は処方箋なしで購入することは可能 ゲンタシン軟膏は医療用医薬品のため、医療機関の受診が原則です。 しかし、忙しく働くビジネスマンにとっては病院での受診が難しいという声も少なくありません。 そういった方のために一部の医療用医薬品を処方箋がなくても購入する「零売」という販売方法が存在します。 零売とは 零売とは医療用医薬品を処方箋なしに、容器から取り出して必要量だけ購入することが可能で、分割販売とも呼ばれています。 ただし、すべての医療用医薬品が購入可能なわけではなく、「購入者本人の使用目的のみ販売可能」など条件を満たす必要があります。 零売についての詳しい詳細な購入可能な医薬品についてはで紹介しています。 東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂点 2019年6月に赤坂に第1号店をオープンさせた「健康日本堂調剤薬局」は、現代人のライフスタイルに合わせた新しいスタイルの薬局として注目を集めています。 また、健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。 医療機関への受診を推奨している• 使用は本人のみとしている• お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある。 ほかに飲んでいるお薬があるかなどカウンセリングを行っている。 定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。 健康日本堂調剤薬局赤坂店の取り組み 健康日本堂調剤薬局は、零売はもちろん、全国処方箋受付、漢方薬の調剤、サプリメントの販売と、医薬品に関するさまざまなニーズにワンストップで対応できるようになっています。 このような薬局は全国的にも珍しいといえます。 また、医薬品の専門家である薬剤師が、さまざまな相談に応じています。 「処方された医薬品についてくわしく知りたい」「効き目が強い」「効き目が弱い」「副作用が心配」「飲み合わせが心配」など、医師に直接聞きにくいことでも、薬剤師であれば聞きやすいこともあるでしょう。 なお、相談をしたり、医薬品を購入するときは、お薬手帳を用意しておくとスムーズです。 健康日本堂調剤薬局赤坂店の詳細• 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階• TEL:03-5797-8712• FAX:03-5797-8713• 定休日:日・祝• アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 アプリ「速薬」を使えば店頭受取りがもっと便利に 専用アプリ「速薬 そくやく 」なら、オンラインで予約から決済までが可能です。 また、受け取り時間を指定することができるので、医薬品の受け取りをスムーズに行うことが可能です。

次の

ゲンタシン軟膏の代わりになる市販薬と通販での入手方法

ゲンタシン軟膏 通販

皮膚トラブルで病院を受診したとき、よく処方される薬に「ゲンタシン軟膏」や「ゲンタシンクリーム」があります。 ゲンタシンに含まれる有効成分は「ゲンタマイシン硫酸塩」です。 「ゲンタマイシン硫酸塩」と同じ成分が使われている市販薬は販売されていないため、ゲンタシンを購入する場合は病院を受診して処方してもらう必要があります。 ゲンタシンと類似の市販薬はある! ゲンタマイシン硫酸塩は、「アミノグリコシド系抗生物質」に分類されます。 同じカテゴリに分類されている成分で、市販薬に含まれているも成分に「フラジオマイシン硫酸塩」があります。 フラジオマイシン硫酸塩は、市販薬に含まれる成分で最もゲンタマイシン硫酸塩に類似するとされています。 ゲンタシンの類似薬を探すときは、有効成分が「フラジオマイシン硫酸塩」のものを探しましょう。 類似薬を買うときはステロイドの有無を要確認 フラジオマイシン硫酸塩が含まれる市販薬には、ステロイドが入っているものと入っていないものがあります。 ステロイド配合の薬は、効果が強い一方で副作用も出やすい傾向にあります。 ステロイドの有無を確認して、自分の症状や体質に合った市販薬を選ぶことが大切です。 ゲンタシンと類似の市販薬のうち、ステロイドを使用していないものを紹介します。 おでき・ふきでものにも効果的!クロマイ-N軟膏 どんな皮膚トラブルに効果的? とひび、毛のう炎のほか、おでき、ふきでものといった化膿性皮膚疾患にも幅広く効果を発揮します。 クロマイ-N軟膏の成分は? ゲンタシンの類似薬に含まれる「フラジオマイシン硫酸塩」のほか、化膿した患部を治す「クロラムフェニコール」、抗真菌剤の「ナイスタチン」が含まれています。 クロマイ-N軟膏の使い方は? ゲンタシンと同じく1日1~数回、患部に塗って使用します。 淡い黄色の軟膏剤で、伸びの良い使用感です。 使用上の注意点 ・5~6日間を使用しても症状が良くならない場合は、使用を中止して医師や薬剤師に相談してください ・医師の治療を受けている人、薬でアレルギーを起こしたことがある人は事前に医師や薬剤師に相談してください ・軟膏の色が衣服につくと、落ちないことがあります ステロイドが含まれる処方薬や市販薬は、強さに応じて5つのランクに分けられています。 ・化膿をともなう湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん ・とびひ、めんちょう、毛のう炎といった化膿性皮膚疾患 一方で、ウイルス性のヘルペスや真菌性の水虫などには使えません。 ステロイド入りゲンタシンの類似薬の使い方 基本的にはゲンタシンと同じく、1日1~数回、患部に塗って使用します。 強く塗りこむと、皮膚に強い刺激を与えるおそれがあるので注意しましょう。 使用上の注意点 ステロイド入りのゲンタシンの類似薬を使った場合、副作用として発疹やかゆみ、かぶれが現れることがあります。 副作用のリスクを減らすために、以下の使用上の注意点を守りましょう。

次の

ゲンタシンは市販薬がない?おすすめの類似薬を4つ紹介

ゲンタシン軟膏 通販

ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬が販売している抗生物質の塗り薬です。 「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2種類の抗生物質が配合されており、幅広い細菌に効果的な抗生剤になっています。 ステロイドなどの副作用が強い成分も含まれていないので、赤ちゃんでも使うことが出来ますし、副作用の心配もさほどありません。 ドルマイシン軟膏は、 主に傷ややけどが化膿した時や、とびひを始めとする皮膚の細菌感染症などに効果的です。 ばい菌が傷口に入って悪さするのを予防する働きがあるというイメージで良いでしょう。 成分こそ違うものの、ゲンタシン軟膏とよく似た働きなので、 ゲンタシン軟膏の代用として使うのにおすすめですよ。 テラマイシン軟膏aは、ジョンソン・エンド・ジョンソンという会社が出している抗生物質の塗り薬です。 「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が含まれており、ドルマイシン軟膏と同じく色々な細菌に効果のある抗生剤と言えますね。 こちらもステロイドは含まれていませんので、 あまり副作用を気にすることなく使える塗り薬と考えて大丈夫です。 乳幼児にも使うことが出来ますよ。 テラマイシン軟膏aは、 とびひなどの皮膚感染症や、皮膚が赤く腫れて中に膿がたまっているような症状に効果が期待出来ます。 こちらもゲンタシン軟膏と似たような働きをする薬なので、ゲンタシン軟膏の代わりとして使える塗り薬と言えるでしょう。 なお、 ドルマイシン軟膏とテラマイシン軟膏aには、成分以外に特別大きな差はありません。 成分にこだわりが無ければ、好きな方を選んで良いでしょう。 強いて言えば、ドルマイシン軟膏の方が少し値段が安い傾向にありますので、特にこだわりが無ければ値段で決めて大丈夫ですよ。 フルコートf軟膏は、田辺三菱製薬から販売されている 抗生物質+ステロイドの塗り薬です。 「フラジオマイシン硫酸塩」という抗生物質に加えて、「フルオシノロンアセトニド」というステロイドが含まれています。 簡単に言えば、 細菌の増殖を抑える効果だけでなく、炎症を抑える効果も持った塗り薬と言えるでしょう。 ステロイドを含むとはいえ塗り薬なので、1~2週間ほどの短期間の使用であれば、妊娠中や小さい子供にも使うことが出来ますよ。 フルコートf軟膏の特徴は、 細菌感染の予防だけでなく、かゆみや赤み、腫れといった炎症によって起こる症状を抑えることが出来る点です。 「化膿を予防するだけでなく、かゆみや腫れを抑える効果も欲しい!」という時におすすめの薬ですね。 ただ、ステロイドは塗った部分の免疫力を抑制してしまうので、既に化膿や皮膚感染症を起こしている部位に塗ると悪化する危険性があります。 自己判断で化膿や感染を起こしている部位に使うのは避けておきましょう。 オロナインH軟膏は、大塚製薬が販売している塗り薬です。 有名な薬なので、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。 オロナインH軟膏の主な成分は、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という消毒薬の一種で、抗生物質ではありません。 そのため、 既に化膿や感染症を起こしている人よりも、化膿や感染症を予防したい人向けの商品と言えるでしょう。 オロナインH軟膏が使える症状は、 にきびや吹き出物、軽いやけど、傷、ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、ジュクジュクしていない水虫などですね。 消毒をしながら傷口を保護出来るのが特徴で、幅広い症状に効果的なので、昔から慣れ親しまれてきました。 ただ、 ゲンタシン軟膏と比べると化膿予防の効果自体は弱いので、色々な症状に使える反面、どの症状にも特別効果的とは言いにくいのが特徴です。 また、消毒薬は健康な細胞にもダメージを与えてしまうので、体にとっては異物です。 むやみに湿疹やかぶれ、虫刺されなどに使うと悪化する可能性がありますので、適応する症状以外には使わないようにしましょう。 とはいえ、自宅で応急処置として塗る薬には適しているので、常備薬におすすめですよ。 オロナインH軟膏は幅広い症状に使えるので、応急処置用の常備薬として使う! まとめ ゲンタシン軟膏と全く同じ成分の市販薬はありませんので、市販の薬で代用したい時には効果や用途のよく似ている塗り薬を使うようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の代わりに使いやすい塗り薬をもう一度まとめておくと、以下の通りですね。 あくまで化膿した傷口や細菌感染症を治す、もしくは予防する目的で使うようにしてください。 傷口にひとまず塗っておきたいという場合には、オロナインH軟膏の方がおすすめです。 消毒薬なので、適応のある症状に塗っておけば傷口にばい菌が入るのを防いでくれますよ。 もし、市販薬を塗っても症状が悪化していく場合や、3~5日塗っても治らない場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。

次の