専属 エージェント 契約。 「闇営業バブルじゃん」加藤浩次の専属エージェント契約締結にブーイング殺到

吉本興業が導入へ…「エージェント契約」とは? タレントのプロデュース力が必要に

専属 エージェント 契約

「エージェント契約が当たり前となっている欧米から見れば、吉本の制度が果たして《専属エージェント契約》と呼べるものなのか甚だ疑問ですね。 そもそもこれまでギャラが開示されていなかったこと自体も驚きですが、最も気になるのはたむらが強調する《ギャラの割合が納得いかん》という話。 芸人の世界では《5:5》や《6:4》といった配分をよく耳にしますが、専属エージェント契約のもとで吉本側がエージェント業務に徹するのであれば、吉本の取り分は多くても25%止まりになるべき。 しかし、たむけんが割合(配分)で揉めているということは、従来のギャラ配分と大差ない数字が示されたのではないでしょうか」 何事も契約の国であるアメリカでは、スポーツ選手でも芸能人でもエージェント契約が当たり前。 代理人が得る報酬も厳格に定められており、最も低率のNFLではわずか3%に抑えられている。 他のプロスポーツでも5%が業界標準で、企業とのスポンサー契約では10〜20%と代理人の取り分が増えるものの、その割合は《5:5》や《6:4》には遠く及ばないのが現実だ。 「芸能の世界ではニューヨーク州の俳優組合が最大で10%と定めており、カリフォルニア州では上限が25%と高いものの、実際の契約はやはり10%前後に収まっています。 そもそも吉本の専属エージェント契約だと事務所は営業活動のみを担い、日程管理や送迎、マネージャー業務は行わないとされており、アメリカ風の契約と内容に大差はないはず。 たむらとギャラの配分で折り合わないというのは、吉本側の提示がその常識から大きく逸脱したものだったからではないでしょうか」(前出・芸能ライター) たむらの場合、自ら運営する焼肉店の運営会社があり、そこを個人事務所にできるのがメリット。 その強みを活かして、吉本と本場アメリカ並みの低率で専属エージェント契約を交わしたいというところだろう。 (北野大知).

次の

加藤浩次の専属エージェント契約 そのメリットとデメリットは

専属 エージェント 契約

吉本興業が社内改革に向け、外部の第三者を委員に迎えた設置した「経営アドバイザリー委員会」。 その初会合が8月8日に行われ、同社が日本の芸能事務所では初となる「専属エージェント契約」を導入することなどが明らかになっていた。 MCをつとめる日本テレビ系「スッキリ」で明かしたのだ。 加藤といえば吉本のお家騒動を受け、上層部の退陣を要求。 それがかなわない場合、自身が退社することを示唆。 その後の展開が注目されていた。 そしえ9日の同番組で加藤は、海外の芸能界などでは一般的な同契約についてダウンタウンの松本人志(55)らに相談したことを告白。 また同制度を導入した場合は会社に残る意志があることを、今月6日に大崎洋会長(66)と会談した際に伝えたという。 それらが受け入れられたため、加藤は残留を宣言。 「『加藤浩次、言ったことを実行しないのか』と思う方もいると思います。 そういった方たちに謝罪したいと思います。 本当にすみませんでした」と頭を下げた。 「エージェント契約に移行した場合、ギャラの取り分は以前よりもはるかに増えるでしょう。 やりたくない仕事は極力こなさなくてもよくなるでしょう。 しかし今後、より芸人の実力勝負になるということでもあります。 たとえば加藤さんの枠に吉本が通常マネジメント契約のタレントをプッシュした場合、テレビ各局が忖度するはず。

次の

吉本興業が導入する「専属エージェント契約」とはいったい何か?芸人が「買い叩かれる」可能性も・・・

専属 エージェント 契約

吉本興業が社内改革に向け、外部の第三者を委員に迎えた設置した「経営アドバイザリー委員会」。 その初会合が8月8日に行われ、同社が日本の芸能事務所では初となる「専属エージェント契約」を導入することなどが明らかになっていた。 MCをつとめる日本テレビ系「スッキリ」で明かしたのだ。 加藤といえば吉本のお家騒動を受け、上層部の退陣を要求。 それがかなわない場合、自身が退社することを示唆。 その後の展開が注目されていた。 そしえ9日の同番組で加藤は、海外の芸能界などでは一般的な同契約についてダウンタウンの松本人志(55)らに相談したことを告白。 また同制度を導入した場合は会社に残る意志があることを、今月6日に大崎洋会長(66)と会談した際に伝えたという。 それらが受け入れられたため、加藤は残留を宣言。 「『加藤浩次、言ったことを実行しないのか』と思う方もいると思います。 そういった方たちに謝罪したいと思います。 本当にすみませんでした」と頭を下げた。 「エージェント契約に移行した場合、ギャラの取り分は以前よりもはるかに増えるでしょう。 やりたくない仕事は極力こなさなくてもよくなるでしょう。 しかし今後、より芸人の実力勝負になるということでもあります。 たとえば加藤さんの枠に吉本が通常マネジメント契約のタレントをプッシュした場合、テレビ各局が忖度するはず。

次の