うつ 病 自己 診断。 うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

うつ 病 自己 診断

うつ病 眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。 脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。 そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。 薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。 早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。 「うつ病」とは うつ病は増えている? 日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。 さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。 「うつ病が増えている」の背景には、• うつ病についての認識が広がって受診する機会が増えている• 社会・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増えている• うつ病の診断基準の解釈が広がっている など、様々な理由が考えられます。 「うつ病」にはいろいろある 「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。 こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。 大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。 他に性格や環境、あるいはほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。 また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。 統合失調症などほかの精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。 このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。 正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、ほかの精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。 治療法にもいろいろある うつ病の治療法は、一人ひとり違います。 典型的なうつ病ならば薬物療法の効果が期待できます。 性格や環境の影響が強い場合は精神療法的アプローチや時には環境の整備が必要になります。 ほかの病気や薬が原因の場合は病気の治療や薬を変えることを考えなくてはなりません。 休職についても、休養が必要な場合とむしろ仕事を続けた方がいい場合もあってこの点でも方針はひとつではありません。 うつ病とひとくくりに考えて治療をうけるのではなく、うつ病にはいろいろあって、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。 自分のうつ病と、ほかの人のうつ病は違うものであり、治療法も一人ひとり違っていて当たり前なのです。 それは、どのくらい続いていますか? うつ病と診断するめやすとして、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。 ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)• 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない• 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める• イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない• 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる• 思考力が落ちる• 死にたくなる 周りからみてわかるサインもあります うつ病では、自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲からみてわかる変化もあります。 周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。 表情が暗い• 涙もろくなった• 反応が遅い• 落ち着かない• 飲酒量が増える 体に出るサインもあります 抑うつ状態に気づく前に、体に変化が現れることもあります。 食欲がない• 体がだるい• 疲れやすい• 性欲がない• 頭痛や肩こり• 胃の不快感• 便秘がち• めまい• 口が渇く これはあくまでも目安です。 おかしいかな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門家に相談しましょう。 専門家のいるところは総合病院の精神科や心療内科、もしくは精神科専門のクリニックなどですが、どこに行けばいいかわからない時は自分のことをよく知っているかかりつけの医師に相談したり、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するなどしましょう。 インターネットや本などで一方的な情報を集めて自己診断することは正しい診療をうける機会を遅らせるだけでお勧めできない方法です。 最近使われているうつ病の診断基準はとてもわかりやすく、うつ病かどうかの診断は簡単にやろうと思えばできるようにみえます。 しかし、本当にうつ病なのか、うつ病のどのタイプなのか、などの正確な診断は専門医がきちんと判断しないとなかなかわかりにくいのです。 うつ病の治療法 多彩な治療法 うつ状態をおこす原因がはっきりしているときは、その原因を取り除くことが検討されます。 たとえば体の病気が原因である場合はその治療を行い、薬の影響が考えられる場合は可能であれば薬の中止、それができない場合は別の薬への変更がはかられます。 性格的にストレスなどの影響を受けやすい人は精神療法的なアプローチが効果的です。 こうしたうつ病でも、うつ状態が重症であれば抗うつ薬による治療も平行して行われます。 うつ病と判断された場合には一般に抗うつ薬による治療が行なわれます。 ただし、典型的なうつ病でも軽症の場合は薬の効果がそれほど期待できないこともあるので、薬物療法が絶対であるというわけではありません。 自分には本当に薬が必要かどうかを主治医に確認しながら治療を受けるようにしましょう。 薬もいろいろある 抗うつ薬といわれるものだけでもSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)といったものから三環系抗うつ薬などいくつかのグループがあり、抗うつ薬の他にも、症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤なども使われます。 また、躁状態や軽躁状態を経験したことがある人の場合はうつ病でなく躁うつ病(双極性障害)と診断され、気分安定薬が使われます。 どの薬が効くかは治療を受ける人一人ひとりで異なり、また同じ人でも病気がどの段階かによって違ってきます。 薬の飲み方 薬物治療では、まず主治医に処方された薬の効果と副作用についてきちんと説明してもらいます。 また、処方された量と回数をきちんと守ることが大切です。 症状がそれほど重くないと感じる、副作用が心配、などの理由から自分で量や回数を勝手に減らすと、主治医は十分な効果が得られないと判断して薬の量を増す、もしくは別の薬に変えるなどの対応を考えることになってしまいます。 副作用など気になることがあれば、一人で判断しないで主治医に相談して解決方法を考えましょう。 こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。 治療の不安や疑問は主治医に相談しましょう 治療を進めるうえで不安や悩みを持ったら、主治医に相談しましょう。 何でも相談できる関係を主治医ともつことはうつ病治療の第一歩です。 主治医が治療上の不安や疑問にこたえてくれない、話をするのが面倒な様子をみせる、というような場合は、ほかの専門家の意見を聞くことも考えます。 これをセカンドオピニオンといいます。 複数の専門家の意見を聞くことが納得のいく医療を受ける手だてになることもあるのです。

次の

うつ病の自己診断(セルフチェック)|心療内科・精神科|新宿ストレスクリニック

うつ 病 自己 診断

もくじ• 前までできていたのに、できなくなる… どんなに疲れていて遅く帰ってきたとしても、お風呂に入ってリラックスしてからベッドに入る、という今まで当たり前のように行っ てきた習慣を、おっくうに感じるようになっていたら、実はうつ病を発症しているのかもしれません。 たまたま疲れているだけ、という場合もありますが、2週間以上このようなおっくう感が続く場合は、うつ病を発症している可能性があり、治療が必要な場合があります。 ただ、病院に行くのは少し勇気がいります。 そのようなとき、まずは自分でうつ病診断をやってみませんか? カンタン!自分でできるうつ病診断 自己評価法 うつ病診断にはZungによる自己評価法やSDS抑うつ状態の評価法、Beckのうつ状態評価法、東邦大式うつ評価法など、うつ病を発見する手がかりとなる自己検査法がいくつかあります。 うつ病の症状は、疲労感を感じやすい、集中して物事に取り組めない、何をやるにもおっくうに感じるなどの症状があるため、自己評価を行う際は、できる限り負担を感じにくい評価方法を用いる必要があります。 評価のための質問項目は多すぎず、かつ、質問内容も答えやすいものがよいでしょう。 東邦大式の自己診断チェックシートをご紹介します。 質問数は18問です。 今の状態を知り、メンタルケアを早めにスタートするきっかけにしてみてはいかがでしょう。 下記の質問に対し、「いいえ」「ときどき」「しばしば」「つねに」で、お答えください。 *ただし、質問2、4、6、8、10、12に関しては加点しない。 定期的に行うことで、過去と現在の変化を比較し、今の状況を客観的に見ることができます。 自己評価法は正確なの? 自己評価はそのときの状態に左右されやすく、複数回行うことでよ り正確に評価ができます。 自己評価法の結果、うつ病が疑われる場合 抑うつ気分と意欲低下が2週間以上続く場合は、一般的にうつ病と診断されるケースが多いようです。 詳しい診断基準はさておき、イライラが続く、眠れない、くよくよと考えこみ、気持ちの切り替えができないなどの症状のため、生活に支障をきたす状態が続くようであれば、一度自己評価法を行ってみましょう。 必ずしもうつ病と診断されるとは限らない? 自己評価法の結果、うつ病が強く疑われる場合でも、必ずうつ病と診断されるわけではありません。 適応障害(明確なストレス因が存在し、それから離れると、症状は改善する)と診断される場合もありますし、発達特性による生きづらさに起因した抑うつ状態であれば、発達障害と診断される場合もあるなど、さまざまです。 国内外のうつ診断の事情とは? うつ病診断には、アメリカ精神医学会が出版するDSM5(精神障害の診断と統計マニュアル)が使用されることが多く、この診断基準をもとにうつ病と診断され、薬物治療が必要であると判断されれば、抗うつ薬が処方されることが多いです。 抗うつ薬はさまざまなメーカーから開発されていますが、日本国内と海外では認められている薬が違うという現状もあります。 また、抗うつ薬がうつ病に対して100%効果を示すわけではなく、なかには、3回以上抗うつ薬の種類変更を行なったにもかかわらず、症状に改善がみられない難治例もあります。 眠れない、食欲がない、いらいらするなどの症状により、生活に支 障をきたしている期間がある程度の期間継続しているのであれば、うつ病を発症しているかもしれません。 しかし、『自分がうつ病にかかるわけがない』、『これは単なる自分の甘えだ』、『がんばりが足りないだけだ』などと、なかなかうつ病を発症したことを認めるのに抵抗を感じ、病院を受診するのを躊躇してしまうのが多いのも事実です。 自身のストレスに気づき、周囲の人に対して上手に発信し、十分な休息をとれば改善する場合もありますが、一方で、自身で行うストレスケアだけでは改善しない場合も多いです。 うつ病に対して高い治療効果が得られる薬も開発されています。 ス トレスを抱えやすい現代社会だからこそ、早めに対処することが大 切です。 今の心の状態を知るきっかけとして、うつ病の自己評価法 をやってみませんか?.

次の

SRQ

うつ 病 自己 診断

うつ病チェック DEPRESSION CHECK うつ病チェックでは、 自分で簡単にうつ病をチェック することができます。 すぐ出来るうつ病チェックは簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS)に基づいて、自己基準の評価尺度で、うつ病の重症度を診断することができます。 簡易抑うつ症状尺度は世界的に知られた精神科医John Rush先生によって開発され、世界10カ国以上で使用されており、アメリカ精神医学会の診断基準に対応しているという特長があります。 全部で16問の質問に対して、今のあなたの状況に当てはまるものにチェックを入れてください。 Q1寝つき 問題ない(または、寝付くのに30分以上かかったことは一度もない) 寝つくのに30分以上かかったこともあるが、一週間の半分以下である 寝つくのに30分以上かかったことが、週の半分以上ある 寝つくのに60分以上かかったことが、(1週間の)半分以上ある• QIDS-Jは、自分でできるうつ病チェックです。 質問は16項目あり、4つの選択肢の中から最も自分に近い状態ものを選ぶことで、うつ病の重症度が判定できます。 ただし、このツールはあくまでも簡易的なチェックを目的とするもので、うつ病の診断を行うものではありません。 うつ病の可能性がある場合には、医療機関へご相談ください。 キーワードで記事を探す 前向 進先生の おすすめ講義 うつ病ライブラリー うつ病の症状・原因や治療の流れなどうつ病の基礎知識をわかりやすく解説します 精神症状・身体症状という二つの面からうつ病の症状について解説します。 注目記事• 原因や症状の出方などによって異なる、うつ病の代表的な種類についてご紹介します。 注目記事• うつ病で受診をする前に、治療について知っておきたいことや心構えをお伝えします。 注目記事• 遺伝的要因や性格など、うつ病になってしまう様々な原因についてご紹介します。 注目記事• うつ病の正しい知識を持ち、患者に寄り添っていくためにその心構えをご提案します。 注目記事• うつ病ライブラリー•

次の