ヘリオ セン トリック。 ヘリオセントリック占星術

勝手に星読み練習帳【Kさん】

ヘリオ セン トリック

さて前回、星秘術家で天才画家のルビー さんのヘリオサビアン計算機という 画期的なシステムをご紹介しましたが、 合わせてヘリオセントリックに ついても説明させていただいてます。 簡単にまとめると、従来のように 地球から観た、みかけ上の天空から 天体の配置や運行を読み取り、その 象意を観るのが、ジオセントリック ホロスコープと呼ばれ、私たちに なじみの深いホロスコープになる という事でしたが、このヘリオ・ セントリックは、太陽系の実際の 中心である太陽から観た、惑星の 配置や運行を分析して、その象意から 本来の自分の魂の意識の本質を 読み取るというものです。 これを ヘリオセントリックホロスコープや ヘリオセントリックチャートと 呼ぶようです。 そしてそれに表される、天体の 配置や運行状況により。 魂の本質や その意図を読み取っていくのが ヘリオセントリック占星術という 事です。 さて今回は、ルビーさんの ヘリオ・サビアン計算機で出した 私のサビアンシンボルを天体ごとに 観ていきながら、魂の本質の 読み取り方の私の解釈での実例 を紹介していきます。 もちろんルビーさんの絵や組み合わせ の意味、そしてメッセージについても 紹介していきます。 私のヘリオサビアンは、前回にも 掲載しましたが、冒頭の画像に なります。 前回は、水星と金星だけだったので、 今回は残りの7つの天体について 観ていきます。 先にルビーさんの解釈と絵とメッセージ を、掲載させていただいて、そのあと 私のかんたん・・でもない解釈を加えて いきます。 今回魂の本質と照らし合わせての 解釈なので、少々くどくなる ようですので、めんどくさい人は ほとんどスルーしていただいて いいと思います。 特に土星や月についての私の 解釈の記事を読まれていない方や 、その解釈に納得がいかない人は ストレスになる事必至ですので。 地球 地球に生まれた理由 魚座28度 満月の下の肥沃な庭 大きな成果による喜びで 満たされる度数 魂が地球に肉体を持つ事にした理由が これにあたるという事です。 月の生命エネルギーなどを存分に 受けとる事での、豊かな生活を望んで 生まれてきたという事のようですが、 私は、この月が狭い五感の認識領域 に閉じこめるための作用を持つ天体 だと解釈しているので、魂はその事に 気付かずまんまと、自ら囚われて しまったという事なのでしょう。 まあ別の見方でいうと、人生を楽しむ ために生まれてきたとも言えます。 火星 情熱・闘争心 蟹座24度 文学会の集まり 物事への気付きを言葉で伝え合う 度数 火星は情熱・闘争心という事ですが、 やはり行動力を示す火星でも ある事から、魂または潜在意識 をもとにした行動パターンとも とれます。 魂は、肉体に宿っている間は、 潜在意識となっています。 普段意識していないけれども、 なぜか、何かに対して情熱を燃やし たり、闘争心をかきたてられたり、 行動したいという気になる事で表現 されます。 つまり潜在意識からの情熱や行動 パターンを示すのがこのヘリオ サビアンでの火星という事です。 私は水星にもありましたように、 他人と知識を共有しあいたい という事には特に情熱が湧き出て きて、それをもとにした行動を する事も多いのでこの 「文学会の集まり」もとても 納得がいきます。 木星 可能性を広げる道筋 蟹座20度 セレナーデを歌うゴンドラ乗り さりげなく、周囲を深い感情に 引き込む度数 社会的な影響力を拡大させると いう意味もある事が、可能性 を広げる道筋という事につながる と思います。 要するに自分の可能性を広げる ために、人々の共感が得られる ようなものを使用する事で 影響力が拡大できるという事 を示しているのがこの歌う ゴンドラ乗りというシンボルで 表現されていると思います。 実際バロック音楽をご紹介する 記事も書いてたりしてますが、 もっとエンターテイメント的な 記事を書きたいとは、以前から 思っています。 ちなみに車の中では、かなり 熱唱したりしてますね。 土星 社会的責任・秩序 魚座27度 収穫の月 大きな成果に明るい光を照らす 度数 土星は、やはり社会の枠組みに 自分を収めなければならない という天体エネルギーなので、 社会的責任や義務、そして法律 などによる秩序を示している というのは、ジオセントリック とほぼ同じです。 ただそれが魂の望みであったと するのがこのヘリオセントリック だという事なのですが、この 土星くらい地球からも太陽からも 離れれば、ジオセントリックと ヘリオセントリックにほぼ 差がなくなるので、似た天体の 位置になります。 これは、社会的なルールを守って いく事で、恩恵が受けられるという 事で、魂もそれに従うという事を 示しています。 しかし、そのルールに対して、 または、それをもたらす権力に 対して疑問がある場合は、まず 納得はしていないという事にはなり ますし、現在のように、社会の権力者 の意図がわかっている場合には、当然 その知識を、人と共有しあって、互い を守り会いたいというような変化にも なります。 ある意味魂レベルを越える、もっと 大きな意識に目覚めれば、魂の 意識にも従わなくなるという事も あるという事です。 天王星 現状を打破する究極の知恵 乙女座21度 少女のバスケットボールチーム 仲間と同じ目的に向かい、協力して 鍛えていく度数 これは、土星社会からの脱却・解放 という意味もあるので、現状を 打破するための知恵ももたらされる という事でもあります。 つまりさきほどの土星社会という より社会の頂天にいる権力者の意図 に対して、従いたくないという意思 が、芽生えてきたとき、そこから 解放されるために、このシンボル のように仲間と協力しあうという意識 が、効果的だという事です。 少女が、巫女的な性質を持つ事も ある事から、非日常的な能力を 持っているような存在だという事 にもなるのでしょう。 つまり現実の マトリックスに囚われていない感覚 を持つ人達との協力が現状を打破 する鍵だというように解釈できます。 海王星 神秘体験を得て理解する機会 蠍座22度 アヒルに向かって進み出るハンター 闘争心を遊びに昇華して、楽しみ ながら鍛えていく度数 これは潜在意識そのものを表現 する天体なので、魂の意識そのもの でもあります。 実際ほとんど ジオセントリックでもヘリオセン トリックでも変わらない位置なの ですが、私のジオセントリック の海王星とは、1度ずれている 事になります。 どちらも魂の意識として良い と思うのですが、ジオセントリック の場合私の海王星は 蠍座21度 「職務放棄兵士」 です。 なるほどこれなら、土星の社会に 従わないという意識にもつながり納得 なのですが、ヘリオセントリックでは このまるで狩りを楽しんでいる かのようなシンボルになっている ので、あまり気持ちの良くない 好戦的なシンボルで、なおかつ マトリックスでしかない弱肉強食の システムを肯定しているように見える ので違和感を覚えます。 たぶん、対象はこの場合関係なく、 戦う事を楽しむというような意味で あれば、ネガティブなものに対する 闘争心というものがここから出ている という事で納得がいきます。 あともう一つ、このシンボルも 主体と客体の区別がないので、 アヒルが自分としても観る事が できます。 そうなると命を狙われているアヒル の立場なので、生命に対する ネガティブエネルギーには特に 敏感になるという事だという事 です。 それがにも書かれている 一連の記事へのモチベーション にもなっているという事ですね。 冥王星 魂を進化させ自己に深い変化を もたらす機会 乙女座19度 水泳競争 ライバルは昨日の自分と心して 鍛える度数 さすがは、ルビーさんですね、私も この冥王星を、潜在意識よりも 高度な、さらに意識の中心の核の 意識を示す天体だと解釈している ので全く同感です。 最も意識レベルが高く、ある意味 個人的な魂のレベルさえ越える この冥王星が示すシンボルは、 とても重要です。 ルビーさんの 言う通り、深い変化を自己にもたらす 場合、この核の意識を刺激するのが 最も効果的だし、また私の解釈では 核の意識は、私たちの現実の本来の姿 であるワンネスに通じているので、 命運なども変える力を持っている のが、この冥王星という事になります。 この冥王星は、私のジオセントリック と全く同じです。 水泳というのは、世界のスピリチュアルの 世界では、霊的意識の訓練という解釈を する事で知られています。 水が潜在意識 または霊的意識領域を暗示しているという 事から、そこで競争をしているこの シンボルが、霊的訓練をしているという 意味になるわけです。 つまり私は、現実に囚われた意識でない 霊的意識または、潜在意識を鍛える 事によって運命を切り開いていける というヒントになっているというわけ です。 それにしてもルビーさんの絵がまたまた 面白い、この水泳競争長距離レースなの か、逆向きにすでに泳いでいる選手 たちは、どちらかが、大幅に遅れている という事なのでしょうね。 ただ霊的な 訓練という意味でいえば、長く水泳を している、つまり長くそのような意識 でいる方が効果的だという事を示唆 しておられるのかも知れません。 今回は、ヘリオサビアンの解釈に夢中 になったばかりに、ルビーさんの絵に ついてほとんど語れてないですが、 それぞれに印象的な絵になって いると思います。 では他の計算機でも、またサビアン シンボルのつながりを観ながら、 楽しんで、解釈を深める記事を 書いていきたいと思います。

次の

三次元占星術

ヘリオ セン トリック

ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術 ヘリオセントリック占星術は、地球ではなく、 太陽を中心としてホロスコープを描く占星術です。 通常、西洋占星術で用いるホロスコープは『ジオセントリック』と言われるもので、ジオセントリックは 地球を中心としたホロスコープを用います。 なお、従来のジオセントリックは「天動説」的です。 地球のまわりを他の天体がまわっていると考えます。 カトリック教会が地動説を認めたのはごく最近のことですが、西洋占星術もいまだに「天動説」的な面が残っています。 一方で、ヘリオセントリック占星術は「 地球は太陽の周りを回っている」と考えます。 ヘリオセントリック占星術でわかること 従来のジオセントリック占星術と比べ、ヘリオセントリック占星術は 太陽系全体を「自分」と見なす傾向が強くなります。 そのため、ヘリオセントリック占星術では、太陽のもつ本来の生命力が蘇ってくるような、力強いホロスコープチャートが描かれます。 そして、ヘリオセントリック・チャートには、地球という環境に適合するために作られた人格(=ジオセントリック)ではなく 本来の魂がもつ創造的な資質が表れます。 だからといって、ジオセントリックが使えない占術というわけではなく、どちらもあなたの側面であり本質です。 もし、あなたが• 人生に息苦しさを感じている• やりたいことが見つからずに無気力だと感じる とすれば、一度、ヘリオセントリックチャートを読んでみてください。 通常の占星術のチャートに比べて、より「本来の自分を極める」先にある新しい自己像に出会うことができます。 より積極的に自分の人生を切り開きたい人におすすめの占星術です。 ヘリオセントリックチャートの読み方 ヘリオセントリック占星術は、天体の意味を次のように解釈します。 この6つの天体のなかでも、特に 地球と 水星が重視されます。 地球:あなたが生まれてきた理由• 水星:人生の経験を作り出すための方向性(人生を牽引するための鍵)• 金星:人生に喜びをもたらすもの• 火星:人生において挑戦する分野• 木星:人生で恵まれるもの• 土星:人生の最終テーマ また、サインを読むのはもちろんですが、サビアンシンボルを読むことで、より魂の目的がはっきりと現れるでしょう。 地球から見たときの太陽の位置と、太陽からみた地球の位置の関係だからです。 具体的には、次のような対応になります。 ヘリオの地球星座は、ジオセントリック占星術で示される太陽と、真逆のサインなのです。 それゆえに、狭い地球の価値基準から解放された「本当の自分」を見出せるのでしょう。 また、ヘリオセントリックチャートがしっくりくる方は、新時代における目覚め度が高い人とも言われています。 さらに 魂の本質を生きたいあなたへ。 メルマガでは魂や宇宙を本質にお伝えしています。 この章では、地球星座の性質を記載します。 ここに書かれた 地球星座の性質がしっくりくる人は、ヘリオセントリックに目覚めた人である可能性があります。 地球星座が牡羊座 地球で新たなチャレンジをするために生まれてきた人。 この世界において、『 新しい種』をまく人。 集団行動より単独行動を好み、白紙の段階からプロジェクトの立ち上げに携わる。 作っては壊す。 反発を恐れず自己主張する。 地球星座が牡牛座 ひとつのことを極める人生。 『 天の知恵』を理解する。 沈思黙考。 もらう側から与える側への転換。 地球星座牡牛座が目覚めると、地上の複雑な関係性がほどかれて、清々しさを感じる。 哲学的。 地球星座が双子座 『 天の言葉』を理解し、無尽蔵に生み出す。 それは自分の内から降りてくる根源的な言葉であり、いかようにも応用できる言葉です。 言葉に力を込めて、熱狂ではなく知性で語り書く。 興味で人とつながる。 地球星座が蟹座 調和と協力のハーモニーを奏で、それでいながら自分自身に芯を持つ。 『 形や肩書きにとらわれない感情』の交流をすること。 形にとらわれない人との交流をすること。 計画性を手放し、開かれた姿勢で流れに乗ること。 損得ではない価値観。 地球星座が獅子座 いかに自分の内側から沸き起こる情熱の炎を維持するか。 地上に『 創造への熱意』をもたらす人。 いかに環境から浮いた存在になり、独自の路線を歩けるか。 やや風当たりの強い人生も、人の反応を気にせずに進み続ける。 地球星座が乙女座 微妙なニュアンスの違いを感じ取る。 イメージや想像、ヴィジョンを思い描くことで現実化する。 人の心や精神世界を整理整頓する『 目に見えないものの管理者』としての使命を持つ。 何でも経験していくうちに、経験とイメージの差が縮まる。 地球星座が天秤座 浮き沈みの激しい人生において、自分なりの美学を見つける。 人付き合いに対して意欲的。 激しい波にもまれて人格を何度もアップデートながら『 究極のバランス』を見出す。 地球星座が蠍座 自分の内側にパワーをためる。 それは他者から得るのではなく、自分の内側から生命感覚をチャージする必要がある。 親しい人との関係を大切にすること。 目的の継続性、人との安定した関係性を土台にして、長い間同じテーマを探求する。 およそ10年探求していれば、ヘリオセントリックの蠍座が目覚めている可能性が高い。 『 生命力の実感』を高めて、多くの人に影響を及ぼす。 地球星座が射手座 情報を本来の意図のものに統一し、真の意図をとられる。 形骸化しているものに『 意味』を取り戻す。 遊び的な生き方を脱して、何事にも熱くなり、本気で取り組む。 同時に、上を目指して上昇する。 そのたびに人間関係がアップグレードされる。 地球星座が山羊座 社会のなかに居場所を見つけること。 地球星座が山羊座の人たちは使命があります。 それは、太陽の触媒となって『 創造の光』を、その土地に取り込むことです。 地球星座の山羊座が目覚めた人は、愛着のある土地があるはずです。 自分がいる場所で創造的な行為をする。 地球星座が水瓶座 まだ誰も見たことのない『 新しい時代』を生み出す人。 形骸化したものには反発心を持ち続けて、腐敗したものには常に「NO」ということ。 未来ヴィジョンを嗅ぎ分けて志を同じく仲間を見つける。 損得にとらわれない横のつながりで、自分が中心にいなくても良いネットワークをつくる。 地球星座が魚座 小さな自己から大きな自己への『 変容体験』をすること。 視野を広げて、心のことや精神世界のことに関心を持つ。 人生において何か大きな力や意志を感じた経験。 バラエティに富んだ人間関係。 地球星座魚座が目覚めると「完璧にやらなければ」と思っても、できなくなる。 ヘリオセントリックの惑星の読み方 ヘリオセントリック占星術とジオセントリック占星術においては、惑星の意味はほぼ同じです。 ただジオとヘリオでは視点が異なっていることから、感じ方が違ってくるでしょう。 この章では、それぞれの惑星の意味と特徴を見ていきます。 ヘリオセントリックにおける水星 水星は、人生の経験を作り出すための方向性となる重要な天体です。 なぜなら魂は太陽から出発して、 地球にたどり着く前に、最初に水星を通るからです。 ヘリオ水星は、あなたの気づきや知性、思考、直感などを表します。 水星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、より自分自身の人生をドライブしていく力に優れています。 とくに言語化が得意な傾向があります。 ヘリオセントリックにおける金星 金星は、人生に喜びをもたらす天体です。 ヘリオ金星は、豊さや、愛、女性性、美しさなどを意味します。 ヘリオ金星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、自分の感じたことや豊かさを、この人生で「味わう」ことを重視している人です。 ヘリオセントリックにおける地球 地球は、あなたが生まれてきた理由そのものです。 ヘリオ地球は、あなた自身、家族、身体、現実、人生、在り方、実践などを意味します。 ヘリオ地球と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は「今ここで自分として生きる」というテーマを持っています。 ヘリオセントリックにおける火星 火星は、人生において挑戦する分野です。 ヘリオ火星は、行動力、情熱、男性性、活力など「外に向かう力」を意味します。 ヘリオ火星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は「とにかく動くこと、挑戦すること」をテーマに持っています。 ヘリオセントリックにおける木星 木星は、人生で恵まれるものを表します。 ヘリオ木星は、繁栄、人とのつながり・助け合い・学び合い、人間関係を表します。 ヘリオ木星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、身近なつながりを深め・広げていくことが大切です。 ヘリオセントリックにおける土星 土星は、人生の最終テーマを示します。 ヘリオ土星は、物事のツール、社会、仕組、固定観念を表します。 ヘリオ土星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、地球上の調和や安定に貢献している人です。 基礎的な部分を固めるのが得意です。 ヘリオセントリックにおける天王星 ヘリオ天王星は、変化、改革、固着の破壊、孤高、新しい時代を意味します。 ヘリオ天王星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、古く形骸化したものを壊し、新たなものを生み出す人。 変わり者に見られます。 ヘリオセントリックにおける海王星 ヘリオ海王星は、目に見えないもの、不思議な力、ユーモアを意味します。 ヘリオ海王星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、人々の魂の傷を癒したり、目に見えないものの重要性を伝える役割を担っています。 ヘリオセントリックにおける冥王星 ヘリオ冥王星は、破壊と再生、宇宙真理を表します。 ヘリオ冥王星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、本質を見極め、何かを極める力があります。 宇宙真理を、地球サイズにして人々に伝える役割です。 ヘリオセントリックにおけるアスペクトの意味 ヘリオセントリック占星術とジオセントリック占星術において、アスペクトの解釈はやや異なります。 ここでは、ヘリオセントリックのアスペクトの持つ象意の一説を紹介します。 ヘリオセントリック:コンジャンクション(0度) テーマ 中心的存在となる。 意味 ひとつになる、融合、つなぐこと、天才的、活性、リーダー、信頼を得る ヘリオセントリック:セクスタイル(60度) テーマ オールマイティーな対応力 意味 協力、順応、均衡、循環 ヘリオセントリック:スクエア(90度) テーマ 責任、柱となる 意味 構築、構造、動じない、安定感、存在感 ヘリオセントリック:トライン(120度) テーマ 流れの中心、循環 意味 調和、幸福感、バランス、繋がり、アイデア ヘリオセントリック:オポジション(180度) テーマ 魂の人、秀才 意味 向き合う、スタートする、バランスを壊す、対峙する、激しさ、強い想い 参考文献 地球星座占い.

次の

ヘリオセントリックの星読みとは

ヘリオ セン トリック

ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術 ヘリオセントリック占星術は、地球ではなく、 太陽を中心としてホロスコープを描く占星術です。 通常、西洋占星術で用いるホロスコープは『ジオセントリック』と言われるもので、ジオセントリックは 地球を中心としたホロスコープを用います。 なお、従来のジオセントリックは「天動説」的です。 地球のまわりを他の天体がまわっていると考えます。 カトリック教会が地動説を認めたのはごく最近のことですが、西洋占星術もいまだに「天動説」的な面が残っています。 一方で、ヘリオセントリック占星術は「 地球は太陽の周りを回っている」と考えます。 ヘリオセントリック占星術でわかること 従来のジオセントリック占星術と比べ、ヘリオセントリック占星術は 太陽系全体を「自分」と見なす傾向が強くなります。 そのため、ヘリオセントリック占星術では、太陽のもつ本来の生命力が蘇ってくるような、力強いホロスコープチャートが描かれます。 そして、ヘリオセントリック・チャートには、地球という環境に適合するために作られた人格(=ジオセントリック)ではなく 本来の魂がもつ創造的な資質が表れます。 だからといって、ジオセントリックが使えない占術というわけではなく、どちらもあなたの側面であり本質です。 もし、あなたが• 人生に息苦しさを感じている• やりたいことが見つからずに無気力だと感じる とすれば、一度、ヘリオセントリックチャートを読んでみてください。 通常の占星術のチャートに比べて、より「本来の自分を極める」先にある新しい自己像に出会うことができます。 より積極的に自分の人生を切り開きたい人におすすめの占星術です。 ヘリオセントリックチャートの読み方 ヘリオセントリック占星術は、天体の意味を次のように解釈します。 この6つの天体のなかでも、特に 地球と 水星が重視されます。 地球:あなたが生まれてきた理由• 水星:人生の経験を作り出すための方向性(人生を牽引するための鍵)• 金星:人生に喜びをもたらすもの• 火星:人生において挑戦する分野• 木星:人生で恵まれるもの• 土星:人生の最終テーマ また、サインを読むのはもちろんですが、サビアンシンボルを読むことで、より魂の目的がはっきりと現れるでしょう。 地球から見たときの太陽の位置と、太陽からみた地球の位置の関係だからです。 具体的には、次のような対応になります。 ヘリオの地球星座は、ジオセントリック占星術で示される太陽と、真逆のサインなのです。 それゆえに、狭い地球の価値基準から解放された「本当の自分」を見出せるのでしょう。 また、ヘリオセントリックチャートがしっくりくる方は、新時代における目覚め度が高い人とも言われています。 さらに 魂の本質を生きたいあなたへ。 メルマガでは魂や宇宙を本質にお伝えしています。 この章では、地球星座の性質を記載します。 ここに書かれた 地球星座の性質がしっくりくる人は、ヘリオセントリックに目覚めた人である可能性があります。 地球星座が牡羊座 地球で新たなチャレンジをするために生まれてきた人。 この世界において、『 新しい種』をまく人。 集団行動より単独行動を好み、白紙の段階からプロジェクトの立ち上げに携わる。 作っては壊す。 反発を恐れず自己主張する。 地球星座が牡牛座 ひとつのことを極める人生。 『 天の知恵』を理解する。 沈思黙考。 もらう側から与える側への転換。 地球星座牡牛座が目覚めると、地上の複雑な関係性がほどかれて、清々しさを感じる。 哲学的。 地球星座が双子座 『 天の言葉』を理解し、無尽蔵に生み出す。 それは自分の内から降りてくる根源的な言葉であり、いかようにも応用できる言葉です。 言葉に力を込めて、熱狂ではなく知性で語り書く。 興味で人とつながる。 地球星座が蟹座 調和と協力のハーモニーを奏で、それでいながら自分自身に芯を持つ。 『 形や肩書きにとらわれない感情』の交流をすること。 形にとらわれない人との交流をすること。 計画性を手放し、開かれた姿勢で流れに乗ること。 損得ではない価値観。 地球星座が獅子座 いかに自分の内側から沸き起こる情熱の炎を維持するか。 地上に『 創造への熱意』をもたらす人。 いかに環境から浮いた存在になり、独自の路線を歩けるか。 やや風当たりの強い人生も、人の反応を気にせずに進み続ける。 地球星座が乙女座 微妙なニュアンスの違いを感じ取る。 イメージや想像、ヴィジョンを思い描くことで現実化する。 人の心や精神世界を整理整頓する『 目に見えないものの管理者』としての使命を持つ。 何でも経験していくうちに、経験とイメージの差が縮まる。 地球星座が天秤座 浮き沈みの激しい人生において、自分なりの美学を見つける。 人付き合いに対して意欲的。 激しい波にもまれて人格を何度もアップデートながら『 究極のバランス』を見出す。 地球星座が蠍座 自分の内側にパワーをためる。 それは他者から得るのではなく、自分の内側から生命感覚をチャージする必要がある。 親しい人との関係を大切にすること。 目的の継続性、人との安定した関係性を土台にして、長い間同じテーマを探求する。 およそ10年探求していれば、ヘリオセントリックの蠍座が目覚めている可能性が高い。 『 生命力の実感』を高めて、多くの人に影響を及ぼす。 地球星座が射手座 情報を本来の意図のものに統一し、真の意図をとられる。 形骸化しているものに『 意味』を取り戻す。 遊び的な生き方を脱して、何事にも熱くなり、本気で取り組む。 同時に、上を目指して上昇する。 そのたびに人間関係がアップグレードされる。 地球星座が山羊座 社会のなかに居場所を見つけること。 地球星座が山羊座の人たちは使命があります。 それは、太陽の触媒となって『 創造の光』を、その土地に取り込むことです。 地球星座の山羊座が目覚めた人は、愛着のある土地があるはずです。 自分がいる場所で創造的な行為をする。 地球星座が水瓶座 まだ誰も見たことのない『 新しい時代』を生み出す人。 形骸化したものには反発心を持ち続けて、腐敗したものには常に「NO」ということ。 未来ヴィジョンを嗅ぎ分けて志を同じく仲間を見つける。 損得にとらわれない横のつながりで、自分が中心にいなくても良いネットワークをつくる。 地球星座が魚座 小さな自己から大きな自己への『 変容体験』をすること。 視野を広げて、心のことや精神世界のことに関心を持つ。 人生において何か大きな力や意志を感じた経験。 バラエティに富んだ人間関係。 地球星座魚座が目覚めると「完璧にやらなければ」と思っても、できなくなる。 ヘリオセントリックの惑星の読み方 ヘリオセントリック占星術とジオセントリック占星術においては、惑星の意味はほぼ同じです。 ただジオとヘリオでは視点が異なっていることから、感じ方が違ってくるでしょう。 この章では、それぞれの惑星の意味と特徴を見ていきます。 ヘリオセントリックにおける水星 水星は、人生の経験を作り出すための方向性となる重要な天体です。 なぜなら魂は太陽から出発して、 地球にたどり着く前に、最初に水星を通るからです。 ヘリオ水星は、あなたの気づきや知性、思考、直感などを表します。 水星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、より自分自身の人生をドライブしていく力に優れています。 とくに言語化が得意な傾向があります。 ヘリオセントリックにおける金星 金星は、人生に喜びをもたらす天体です。 ヘリオ金星は、豊さや、愛、女性性、美しさなどを意味します。 ヘリオ金星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、自分の感じたことや豊かさを、この人生で「味わう」ことを重視している人です。 ヘリオセントリックにおける地球 地球は、あなたが生まれてきた理由そのものです。 ヘリオ地球は、あなた自身、家族、身体、現実、人生、在り方、実践などを意味します。 ヘリオ地球と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は「今ここで自分として生きる」というテーマを持っています。 ヘリオセントリックにおける火星 火星は、人生において挑戦する分野です。 ヘリオ火星は、行動力、情熱、男性性、活力など「外に向かう力」を意味します。 ヘリオ火星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は「とにかく動くこと、挑戦すること」をテーマに持っています。 ヘリオセントリックにおける木星 木星は、人生で恵まれるものを表します。 ヘリオ木星は、繁栄、人とのつながり・助け合い・学び合い、人間関係を表します。 ヘリオ木星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、身近なつながりを深め・広げていくことが大切です。 ヘリオセントリックにおける土星 土星は、人生の最終テーマを示します。 ヘリオ土星は、物事のツール、社会、仕組、固定観念を表します。 ヘリオ土星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、地球上の調和や安定に貢献している人です。 基礎的な部分を固めるのが得意です。 ヘリオセントリックにおける天王星 ヘリオ天王星は、変化、改革、固着の破壊、孤高、新しい時代を意味します。 ヘリオ天王星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、古く形骸化したものを壊し、新たなものを生み出す人。 変わり者に見られます。 ヘリオセントリックにおける海王星 ヘリオ海王星は、目に見えないもの、不思議な力、ユーモアを意味します。 ヘリオ海王星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、人々の魂の傷を癒したり、目に見えないものの重要性を伝える役割を担っています。 ヘリオセントリックにおける冥王星 ヘリオ冥王星は、破壊と再生、宇宙真理を表します。 ヘリオ冥王星と他の天体のタイトなアスペクトを持つ人は、本質を見極め、何かを極める力があります。 宇宙真理を、地球サイズにして人々に伝える役割です。 ヘリオセントリックにおけるアスペクトの意味 ヘリオセントリック占星術とジオセントリック占星術において、アスペクトの解釈はやや異なります。 ここでは、ヘリオセントリックのアスペクトの持つ象意の一説を紹介します。 ヘリオセントリック:コンジャンクション(0度) テーマ 中心的存在となる。 意味 ひとつになる、融合、つなぐこと、天才的、活性、リーダー、信頼を得る ヘリオセントリック:セクスタイル(60度) テーマ オールマイティーな対応力 意味 協力、順応、均衡、循環 ヘリオセントリック:スクエア(90度) テーマ 責任、柱となる 意味 構築、構造、動じない、安定感、存在感 ヘリオセントリック:トライン(120度) テーマ 流れの中心、循環 意味 調和、幸福感、バランス、繋がり、アイデア ヘリオセントリック:オポジション(180度) テーマ 魂の人、秀才 意味 向き合う、スタートする、バランスを壊す、対峙する、激しさ、強い想い 参考文献 地球星座占い.

次の