お なら が 臭い 原因。 股が臭いなら要チェック!股が臭くなる原因とやるべき対策

洗濯物が臭い!取れない生臭さの原因・対策を解説します

お なら が 臭い 原因

「靴を脱いだら、自分の足が臭くてびっくりしてしまった!」 「(におい)が気になって、外出先で靴を脱ぐのをためらってしまう…」 「男性と女性で足が臭い原因は異なるの?」 なぜ、足が臭いのか。 みんなと同じように過ごしているのに、なぜ、自分の足元は臭うのか。 知りたいですよね、その原因。 今回は足が臭いその原因にフォーカスをあててみました。 足の臭いをスプレーやデオドラントなど別の匂いでごまかしても、根本的な臭い対策をしなければ、満足いく成果は得られないかもしれません。 気になる足の臭い対策として、毎日行いたい基本の臭いケア方法なども合わせてご紹介しますので、ぜひ、参考になさってください。 対策グッズを実際に使ってみた感想もお伝えします! 目次• 足が臭い原因 足の臭い(におい)が発生する原因としては、根本的には、 皮膚に存在する常在菌の繁殖にあると言われています。 さらに、それにつながると考えられている主な要因が、「汗」「」「靴・靴下」です。 この章では、各項目について簡単にご説明した後、それを踏まえて男性・女性・お子さんごとに考えられる足の臭いにつながりかねない行動例などをご紹介します。 ご自身に思い当たる節がないかどうか、普段の行動を振り返るという意味でもぜひ目を通してみてください。 ご自身の原因を突き止められたら、ぜひ第2章の臭い対策をとりいれてみましょう。 「足の裏は1日にコップ約1杯分の汗をかく」というフレーズを耳にしたことがある方もいるでしょう。 この汗を放置したままにしておくと、汗が皮膚常在菌によって分解され、臭い(におい)につながると考えられています。 肌のいちばん外側にある不要な角質はやがてアカとなって剥がれ落ちますが、角質層が分厚い足の裏は、アカの量もそれだけ多くなりやすいと考えることができるのです。 そうして剥がれ落ちたアカは、汗と同じように常在菌によって分解され、臭い(におい)へとつながることがあります。 通気性が悪いと足の温度も上昇し、かいた汗も靴や靴下の中にこもりやすくなります。 蒸れていると角質層がより剥がれやすくなることも予想できます。 また、常在菌は高めの温度を好む傾向にあるため、汗や角質の章でお伝えしたような状況が起こりやすくなるのです。 【足が臭い原因】男性・女性・子供別に考えられるパターン 足が臭くなる原因としては、これまでにあげた「汗」「角質」「靴・靴下」が主な原因として考えられています。 放置された汗や角質が、皮膚常在菌によって分解されることで臭い(におい)につながるというメカニズムは変わりません。 ですが、男性・女性・子供などの特徴によって、足が臭くなる原因を助長しかねない行動のパターンがあるかと思います。 それぞれについて考えられる例をいくつかあげていきますので、ご自身の日常を振り返ってみましょう。 ・ハイヒールなどの足をきっちり覆うタイプの靴、ブーツ(冬の場合)を履く 靴に余裕がなく、さらに素材の通気性が悪ければ悪いほど、蒸れにつながります。 ・伸びてしまった足の爪の裏側に汚れがたまっている ペディキュア(フットネイル)をしていると、足のが知らず知らずのうちに伸びがち。 汚れを放置しておくことも足が臭い原因になります。 靴が足に合っていないと足が緊張し、汗などの老廃物が余計に排出され、結果として蒸れやすくなることも。 ・運動量が多い=汗の量が多い 外で走り回ったり、ある程度の年齢であれば部活関係などで、大人に比べて量が多いお子さんは少なくないでしょう。 ・スポーツなどで汗を大量にかいた後に、靴下や靴を履き替えていない 多く運動をする習慣があるお子さんの場合は、こちらも要チェックです。 適切な洗い方をしているか、下記のポイントを確認してみてください。 放置した水分は雑菌の繁殖にもつながり、臭いの元になりかねません。 バスマットの上で足踏みするだけでなく、タオルで丁寧に水分を取りましょう。 ・汗をかいたら、こまめに足を洗う。 蒸れは雑菌の繁殖を招きます。 ・靴を買うときは、必ずしっかり試着して、サイズのあった靴を選ぶ 例えばサイズの大きな靴を履くと、脱げないように足が踏ん張ってしまい、その緊張から、足が余計な汗をかいてしまうことがあります。 ・履きはじめから、靴に消臭・殺菌系のインソールを入れる 足が臭くなりやすいと自覚している方は、新しい靴を購入する時に合わせて足の臭い対策用のインソールを購入し、履きはじめからインソールを使用しましょう。 制汗成分としてミョウバンを配合している、資生堂「エージーデオ」シリーズの足用スプレーです。 肌にピタッと密着して、足をサラサラにキープします。 素足に使うタイプ。 たくさん使いたい方に便利なLサイズもありますので、自宅用と職場用など、用途に合わせて使い分けてもいいですね。 【肌らぶ編集部で試してみました】 スプレーが細かいので、足の指の隙間などにも使いやすくなっています。 スプレーをかけたことを忘れてしまいそうになるほどサラサラです。 とにかくべたつきはイヤ!という方でも使いやすいかと思います。 肌が白くなることもありませんでした。 今回使用したサイズなら持ち歩きにも便利なので、カバンの中に忍ばせておくのもよさそうです。 汗吸収さらさらパウダー (基剤:無水ケイ酸)、ティーツリーハーブ (保湿成分)配合。 塗ってから数分経てば、黒い靴下やタイツを履いても白くなりにくいように工夫されています。 蒸れ・べたつきを気にせずにさらさら足で快適に過ごせます。 無香料。 【肌らぶ編集部で試してみました】 やや硬めのクリーム。 指に出したときは白いですが、肌へ伸ばすとだんだんと透明っぽくなります。 その上から靴下を履いても、気にしていた白っぽさはありませんでした。 ただ、塗った直後に裸足で歩くと床に少し跡が残ります。 塗った後少し待てば問題ないので、塗った後は少し時間をおくとよさそうです。 気になる箇所には指ですり込むように塗れるので、「しっかり対策している」という実感が得られるクリームだと思いました! 3-2.おすすめグッズ:靴に使うタイプ【パウダー・スプレー】 スプレータイプを1つ、パウダー(粉)タイプを2つご紹介します。 靴の中に吹きかけて1~2分置くだけという、簡単な使い方も魅力的。 あらゆるタイプの靴に使え、靴の中を新鮮でさわやかな状態に保ちます。 こちらは無香性タイプですが、ベビーパウダーの香りも発売中。 【肌らぶ編集部で試してみました】 スプレーの勢いが思っていたよりもよかったので、まんべんなく吹きつけることができました。 使うときは、玄関など換気性のよいところで行うのがよさそうです。 とにかく「スプレーするだけ」という手軽さが魅力です。 スプレーした後の靴にいやな臭いがつくこともなく、ストレスなく使えます。 今回試したのは無香性タイプですが、ベビーパウダーの香りも試してみたいです。 純白のパウダーを、臭いが気になる靴の中にふりかけて払い落とすだけという手軽な使い方が魅力的。 サンダルやミュールなどに使う場合は、化粧用のなどにパウダーを含ませてかるく拭うようにして塗布すると使いやすいのでおすすめです。 まずは約7日間試すことを推奨しています。 【肌らぶ編集部で試してみました】 フタを開けると専用のスプーンがついていました。 自分で別途用意しなくていいのはうれしいです。 1足あたりスプーン1杯が目安とのことだったのでその通り使用しましたが、入れた当初は「多すぎた?!」と思いました。 ですが靴の中全体にいきわたらせた後通常通り足を入れて過ごしていると、不思議とパウダーが靴の中になじんでいったような感じに。 粉がとても細かいため、使い始めはフタを静かに開けるのがコツです!自宅の靴箱に常備しておき、使用を習慣にしたいと思います。 3-3.足が臭いとき 身近な素材で対策する方法 これまでにご紹介したような市販のグッズはもちろんのこと、手軽に手に入る材料を使って対策したりグッズを作ることもできます。 いくつかご紹介しますので、気になるものがあればぜひ試してみてください。 【ミョウバン水の材料】 ミョウバン……20g 水道水(または緑茶)……500ml 空の500mlペットボトル 霧吹き型容器 【重曹シューキーパーの作り方】 ・用意するもの:調理用または掃除用の重曹、ガーゼや古いハンカチ(ストッキングや靴下などでもOK) 用意した布類に、重曹をカップ2分の1~1杯(100~200cc)入れてシューキーパー型に整えれば完成。 靴の中に入れましょう。 2~3カ月程度で取り換えるのがおすすめです。 使用済みの重曹は、バスルームやトイレのお掃除に再利用できます。 そのためには、 足湯の習慣を取り入れるのもおすすめです。 そして、足湯をする際にぜひ活用していただきたいのが「クエン酸」。 お酢などに含まれるクエン酸には、発汗を促す作用や雑菌を抑える作用があると言われているためです。 お酢をそのままお湯に入れてもよいですが、香りが気になるという場合は、粉末(もしくは顆粒)のクエン酸を使うとよいでしょう。 両足がつかるサイズの洗面器を用意してお湯をはり、その中にクエン酸を適量入れてよくかき混ぜます。 身体がぽかぽかしてくるまで足を浸しましょう。 まとめ 気になる足の臭い(におい)の原因と、それに対する対策をご紹介しました。 「周囲に不快な思いをさせているかもしれない」と日々悩んでいた方もいるのではないでしょうか。

次の

鼻の中が臭い原因は皮脂や汚れのにおい?もしかしたら蓄膿症かも!?

お なら が 臭い 原因

この記事の目次• 洗ったあとの服やタオルが「 洗濯したのに臭い!」と感じた経験、多くの人があると思います。 洗剤を入れて、場合によっては柔軟剤も入れて洗っているのに、なぜ臭くなるのでしょうか。 ニオイの原因と対策方法を調べてみました。 洗濯したのに臭い 衣類を洗濯機で洗っていい気分で干そうと思ったら、嫌なニオイがする、タオルが臭い……。 干して乾いた洗濯物を取り込む時になんだか臭い……、というパターンもありますよね。 きれいに洗って干したはずなのに、嫌なニオイがしたらテンションが下がります。 いったいなぜ、洗濯をしているのに嫌なニオイがするのでしょうか。 洗濯物が臭い原因とは? ひどいと古い雑巾のようなニオイがするときや、生乾きの洗濯物のなんともいえない不快なニオイを感じる時もあります。 嫌なニオイのなかの一つ、部屋干し特有のニオイの原因は、 細菌です。 「 モラクセラ菌」という菌が繁殖すると、嫌なニオイを放ちます。 モラクセラ菌自体は私たちの身体の中にも常駐していますし、日常生活を送っている空間にいるごく一般的な菌です。 しかし、室内干しや洗濯物が乾きにくい場所に干されて乾燥に時間がかかっている時、モラクセラ菌が洗濯物に残ったたんぱく質や皮脂を分解し、その結果生乾きの嫌なニオイが発生するのです。 モラクセラ菌は人体に有害?無害? モラクセラ菌自体は、私たちの身体が 健康であれば無害です。 特に心配することはありません。 しかし免疫力がおちていると、日和見感染症を引き起こす原因になります。 日和見感染症とは免疫力が低下している時にかかるいろいろな病気のことです。 例えば帯状疱疹やカポジ肉腫、ニューモシスチス肺炎、カンジダ症などがあります。 健康な大人だけの家庭ならば心配は少ないでしょうが、 赤ちゃんや高齢の家族がいる場合は注意したいですね。 参照: 悪臭の原因を絶とう! ニオイの原因が菌だと分かりましたが、いったいどうすればこの菌の繁殖を抑えることができるのでしょうか。 日常生活でできるニオイを防ぐ方法を考えてみましょう。 その洗濯物、すぐに干していますか? 洗濯が終わったあと、洗濯機の中に洗濯物をしばらく放置していたことはありませんか? 洗濯が終わった衣類は濡れています。 濡れて湿度の高い状態は、カビや細菌が繁殖する絶好の条件を兼ね備えています。 洗濯後の衣類をすぐに干さずに放置することにより、せっかくきれいになった洗濯物の中で細菌が繁殖し、嫌なニオイの原因になっている可能性が考えられます。 洗濯が終わったらすぐに洗濯機から取り出して干しましょう。 洗濯物をため込んでいませんか 菌は 湿った環境可でどんどん繁殖します。 それは洗濯前の汗で湿ったままの衣類やタオルでも同じです。 洗濯物をすぐに洗わずため込んでいると、洗う前の洗濯物の衣類の繊維の中でも菌は繁殖します。 菌が繁殖しても、洗って菌が落ちれば問題なさそうですが、モラクセラ菌は洗濯をしても衣類に生き残り、死滅しません。 モラクセラ菌が繁殖する前に洗濯をし、干して乾かす必要があるのです。 お風呂の残り湯で洗っていませんか? お風呂の残り湯を使って洗濯をしている場合、お風呂の水の雑菌が衣類に付着し、それがニオイの原因になっていることが考えられます。 「洗い」の時はお風呂の残り湯を使って、最後の「すすぎ」は水道水で洗うようにするとよいでしょう。 洗濯機にも原因があるかも 洗濯槽の内部や循環経路内にカビが生え、それが洗濯中に衣類に付着してニオイの原因になっている可能性があります。 定期的に専用クリーナーを使って洗濯槽の掃除をし、汚れを落とすようにしましょう。 ニオイの種類によって洗濯機のどの部分からニオイが発生している可能性があるかが変わります。 下記参照サイトからチェックしてみてください。 参照: 乾いても臭いのはなぜ? 濡れたときだけでなく、乾いても洗濯物から嫌なニオイがすることがあります。 それはニオイの元である モラクセラ菌が繊維の奥まで入り込んでしまっているからです。 モラクセラ菌は乾燥や紫外線にも強いため、こうなってしまうと乾かしたくらいではニオイを落とすことができないのです。 こうなってしまった衣類やタオルはもう諦めるしかないのでしょうか?いえいえ、捨てるのはまだ早いです!乾いても臭い洗濯物に、こんな対策方法があります。 除菌ができる洗剤や漂白剤を使う 除菌効果のある洗剤や漂白剤を使って洗ってみましょう。 洗剤の力で菌を殺します。 強力に除菌、消臭できる「キエルキン」。 衣服の生乾き臭を抑えると同時に、洗濯槽自体も除菌してくれるので、洗濯槽の裏側のカビの増殖を抑えることもできます。 2,980円 税込 出典: 煮洗いで煮沸消毒 洗剤を使うのに抵抗がある人は、昔から行われている 煮洗いで煮沸消毒しましょう。 水1リットルに粉せっけんを小さじ2入れて弱火で洗濯物を20~30分煮ます。 吹きこぼれないように注意しましょう。 煮終わったら水で薄めて手で揉み洗いします。 アルミの鍋は石鹸を使うと変色するので、ステンレスやホーローの鍋を使いましょう。 熱湯消毒 煮洗いができない素材の衣類や大きな洗濯物には、 熱湯をかけて菌を退治しましょう。 洗濯を終えた洗濯物を、熱湯をかけても大丈夫な場所(シンクの中やお風呂の浴槽の中など)に広げます。 まんべんなく熱湯をかけて放置します。 くれぐれもやけどをしないように注意しましょう。 また、ナイロンやポリウレタンなどの熱に弱い衣類には使えないワザなので注意して下さい。 乾燥機やアイロンを使う 乾燥機やアイロンの強い熱で菌を退治します。 乾燥機を使う場合は乾燥器にかけてもよい衣類なのかどうかをチェックしましょう。 また、アイロンも、衣類によって適正なアイロンの温度が異なります。 衣類の洗濯表示を確認してアイロンをかけましょう。 洗濯しても臭い原因は菌だった 洗濯物が 洗濯したのに臭いのは、 モラクセラ菌が衣類に残ったたんぱく質や皮脂を分解したあとの糞が原因です。 モラクセラ菌を繁殖させないようにするためには、衣類が濡れたままや湿ったままの状態で放置しないことが大切です。 また、モラクセラ菌は繊維の奥まで入り込むことがあり、こうなると乾いた後もニオイが取れません。 除菌のできる洗剤で洗う、漂白剤を使うなどの方法や、煮沸消毒、熱湯消毒で対処するようにしましょう。 洗濯物をため込まず、洗い終えた洗濯物はすぐ干すようにするなど、まめに洗濯をすることもとても大切ですね。 エネチェンジプラン診断で電気代を比較! 電気代が高くて悩んでいませんか?電力会社のプランを見直すだけで、年間18,000円もの節約が可能です。 アナタにぴったりなプランを探してみよう! 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

下水臭いアパートをなんとかしたい!臭いの原因と対処法

お なら が 臭い 原因

自分の鼻から嫌な臭いがする、皮脂のような汚れのような臭いが気になるという時には蓄膿症になっているかもしれません。 ここでは鼻が臭う原因や解消法、そして考えられる病気について触れていきたいと思います。 鼻が臭う? 鼻が臭うのはなぜでしょうか? ここでは原因や臭いの特徴について説明します。 鼻が臭い原因は? が臭いと感じるとき、原因は鼻だけでなくその周りの口や喉、そして内臓までも関係していることがあります。 鼻水が奥に溜まって膿が出てくると臭いが出るようになり、皮脂が酸化して毛穴につまることで臭いを発することもあります。 また、鼻だけでなく口の環境も影響してきます。 虫歯ができているために、虫歯菌が原因で鼻の奥に溜まって膿となることもあります。 また、 歯槽膿漏によっても口臭が鼻から出てくる時に臭いと感じます。 その他に、鼻の臭いは喉や内臓の状況も関係していると言われています。 喉に膿栓が溜まっていると悪臭が発生するため、鼻にまで臭いを感じるようになります。 内臓については腎臓や肝臓の機能が低下した時に臭いの元となる成分が血液の中に混じることがあり、肺に入ったあと口臭へとなっていくため、鼻で臭いを感じることになります。 このように、鼻の臭いの原因は鼻だけでなくその周りの口や喉、内臓などとも深い関係があるんです。 においの特徴は? 鼻で感じる臭いには原因がさまざまになるわけですが、においの特徴はどのようになっているのでしょうか? 鼻から息を吐いたときや唾をごくりと飲み込んだときに以下のような臭いを感じることがあったら、何か病気が隠れているサインと思ってよいでしょう。 ドブのような臭い• 腐敗臭• チーズのような臭い• 酸っぱい臭い• 生ゴミのような臭い• 硫黄のような臭い どの臭いも自分の鼻からは感じたくないと思ってしまいますが、鼻が臭いと感じる時にはこのどれかの臭いの特徴に当てはまる場合が多いです。 どんな臭いなのかよく確認して、原因を突き止めることが大切です。 解消法は?? 鼻の嫌な臭いを解決するための方法も紹介しましょう。 原因がはっきりとわかっている場合にはそれに適した解消法が良いですが、鼻に臭いを感じたときに試してもらいたい解消法をここでは説明していきたいと思います。 解決方法を紹介! 鼻の病気を治す 鼻の病気によって臭いが出ているケースが多いです。 そこで、どんな病気にかかっているのかを知り、正しい治療を行うことが大事です。 蓄膿症やアレルギー性鼻炎、風邪などが原因で鼻から臭いを発することがあります。 耳鼻科に行って鼻の状態をよく診察してもらいましょう。 その上で薬を処方してもらうなどして病気をしっかり治すことが大事です。 病気が原因の鼻の臭いなら、きちんと治療をすることで臭いは解消されます。 鼻を清潔にする 鼻から悪臭を出さないためには、鼻を清潔にすることも大事です。 鼻の奥に皮脂やゴミが溜まっていると、そこから臭いが発生することがあります。 鼻うがいという方法もあり、食塩水を使ってうがいをするのも有効です。 鼻から食塩水を吸い込むので痛みを心配する人も多いかと思いますが、痛みは感じずにできるといいます。 片側の鼻から食塩水を吸い込んでそれを口の中に溜めて吐き出すというものになります。 鼻で吸ったものを口から出すという流れになります。 これを行うことによって、鼻の奥にある臭いの原因も除去できるでしょう。 うがいをまめに行う 鼻うがいを行うと鼻の中の汚れをすっきり除去できますが、慣れるまでがちょっと難しいです。 そこで、普通のうがいをまずはまめに行うことから始めてみましょう。 喉の粘膜の部分や口内にある菌や食べかすをきれいに取り除くためにうがいを行います。 外出から帰ってきたときだけでなく、食後や気がついたときにうがいを心がけるだけでも鼻の悪臭対策ができます。 歯の治療をしておく 鼻の臭いは歯にトラブルが起きている時にも発生することがあります。 そこで、虫歯や歯槽膿漏は早めに治療をして治しておきましょう。 歯の病気を治すだけで口臭が予防できるので、鼻に感じる臭いも少なくなります。 サプリメントを摂取 鼻の臭いは原因や臭いの特徴を追求して改善することが大事ですが、サプリメントの力を借りることで効率よく対策ができることがあります。 サプリメントもたくさん種類がありますが、 口臭予防ができるタイプのサプリメントにすると鼻の奥の臭い対策にもつながります。 口臭対策のできるサプリメントはタブレットタイプもあればスプレーになっているものもあるので、日頃の生活の中で使いやすいものを選んで利用しましょう。 カテキン高配合の緑茶を飲む 気軽に始めれるのが、カテキンが配合された緑茶を毎日飲むことです。 カテキンには不快なネバネバをスッキリさせてくれる働きがあります。 強い実感力を求めるなら高品質なカテキンがたっぷり配合された「 白井田七。 茶」がおすすめです。 「白井田七。 茶」は茶葉を丸ごと粉末にしているので、栄養素をそのまま摂取できます。 また、農薬を一切使用していないので、とっても安全です。 カテキンもただのカテキンではなく、TVでも注目されているネバネバ対策成分「エピガロカテキンガレート」や優れた吸収性に持続性がある「メチル化カテキン」が配合されているので、実感力が全然違います! 病気も考えられることも忘れないで! 鼻の中の臭いが対策を行ってもなかなか改善しないという時は、鼻の病気が関係しているかもしれません。 ここでは鼻に臭いを感じる病気を2種類紹介します。 蓄膿症 鼻の悪臭でよく言われるのが、この蓄膿症です。 鼻の奥で炎症が起きている場合になる病気で、風邪や鼻炎がきっかけでかかることが多いです。 副鼻腔という空洞の部分に膿がたまることで蓄膿症になります。 膿から悪臭が出るようになるので膿を取り除くことが肝心になります。 副鼻腔の膿が鼻の奥を通ってくるので臭さを自分でも感じるようになります。 蓄膿症の症状としては、 常に鼻詰まりを起こしている、黄色や緑色の鼻水が出ることが多いといった点が挙げられます。 このような症状が感じられる場合には早めに耳鼻科を受診しましょう。 耳鼻科では鼻にカメラを挿入するなどして、鼻の奥の状況を診察してくれます。 その後膿が溜まっているとわかったら膿の吸引や副鼻腔部分へ薬を送り込んだり鼻水や菌の増殖を抑える薬を処方されます。 それでもしょっちゅう蓄膿症を繰り返すということになると、鼻の粘膜を焼くという治療法もあります。 臭鼻症 蓄膿症は鼻からの悪臭として有名な病気ですが、臭鼻症と呼ばれる病気によっても鼻から臭いを感じることがあります。 臭鼻症自体あまり聞きなれない症状ですが、別名では萎縮性鼻炎とも呼ばれています。 鼻の粘膜が薄くなることで乾燥し、かさぶたのような塊ができることで雑菌が繁殖して臭いを発するといった病気になります。 この臭鼻症は耳鼻科にいくと医師の目視によってすぐにわかると言われているので、不安に感じたら早めの受診がおすすめです。 臭鼻症は主に10代の人がかかりやすい病気で、40代以降にもなると発症する確立は非常に低くなると言われています。 若い人がかかりやすい病気の1つと言えるんです。 肉の腐ったような臭いを鼻で感じるようになり、呼気とともに外にも出てしまうので周りにも悪臭に気づかれてしまうことが多いです。 また、悪臭に自分が慣れてしまっている場合は周りの人に言われて気づくというケースもあるので、できるなら自分で気づいて早めに治療を行いたいです。 臭鼻症の症状としては、鼻の奥にかさぶたができることで鼻詰まりを感じる、頭痛がする、鼻からよく出血するようになる、嗅覚が鈍くなるといったものがあります。 悪臭とともに上のような症状を感じたら、臭鼻症を疑ってみましょう。 まとめ 鼻の中から臭いがするという場合には、自分が気づかないうちに病気が潜んでいるケースもあります。 臭いの特徴を見ていると、どれも自分の鼻から発したくない臭いとなっていますがトラブルが起きていると本当に悪臭を放つようになります。 それに自分で気づいてケアができるようにしたいです。 そして、日頃から鼻や口、喉、内臓系で異常を起こさないように健康管理をすることも大切です。 鼻の臭いは鼻からきているだけでなく、その他の部位が関係していることもあります。 鼻の臭いが皮脂や汚れによる臭いかな? と思って見過ごしていると、うっかり蓄膿症などの病気になっていることもあるので早めのケアが大事です。

次の