タンパク質 食べ物。 低カロリー高タンパク質の食品49個!【保存版】

良質なタンパク質ってなに?普段の食事に上手にプラスするには

タンパク質 食べ物

6 かつお 秋 25. 0 生ハム 促成 24. 0 ゼラチン 87. 6 いわし 丸干 32. 4 さんま 焼き 24. 9 かも 23. 6 ふかひれ 83. 9 いくら 32. 6 キャビア 26. 6 かます 焼 23. 3 かつおぶし 77. 1 すじこ 30. 5 まぐろ びんなが 26. 0 牛肉 ミノ 24. 5 まかじき 23. 1 たたみいわし 75. 3 かつお 春 25. 8 まぐろ きはだ 24. 3 たい 焼 23. 1 するめ 69. 2 たらこ 焼 28. 3 いわし 焼 25. 8 いか 焼 24. 1 しらす干し 微乾燥 23. 1 煮干し 64. 5 あじ 焼 27. 5 スモークサーモン 25. 7 くじら 赤肉 24. 1 鶏ささみ 23. 0 ビーフジャーキー 54. 8 はまぐりの佃煮 27. 0 生ハム 長期熟成 25. 7 たらこ 生 24. 0 うなぎ かば焼 23. 0 高野豆腐 乾 49. 4 食品名 g 焼きふ 28. 5 パン粉 14. 6 オートミール 13. 7 はと麦 13. 3 スパゲティ 乾麺 13. 0 マカロニ 乾麺 13. 0 アマランサス 12. 7 小麦粉 強力粉 11. 7 カップ麺 ラーメン 10. 7 クリームパン 10. 3 ナン 10. 3 インスタントラーメン 10. 1 ロールパン 10. 1 そうめん 9. 5 フランスパン 9. 4 食パン 9. 3 餃子の皮 9. 3 肉まん 9. 2 ピザクラスト 9. 1 小麦粉 中力粉 9. 0 とうもろこし 玄穀 8. 6 コッペパン 8. 5 カップ麺 焼きそば 8. 4 ライ麦パン 8. 4 コーンミール 8. 3 しゅうまいの皮 8. 3 春巻の皮 8. 3 ぶどうパン 8. 2 コーングリッツ 8. 2 イングリッシュマフィン 8. 1 小麦粉 薄力粉 8. 0 クロワッサン 7. 9 あんぱん 7. 9 コーンフレーク 7. 8 ホットケーキ 7. 5 てんぷら粉 7. 5 デニッシュパン 7. 2 ビーフン 乾麺 7. 0 コーンフラワー 6. 6 白玉粉 6. 3 大麦 押麦 6. 2 上新粉 6. 2 あんまん 5. 9 中華めん 蒸し 5. 3 チョココルネ 5. 0 中華めん ゆで 4. 9 そば ゆで 4. 8 もち 4. 2 おこわ 赤飯 3. 9 ごはん 玄米 2. 8 ごはん はいが精米 2. 7 ごはん 七分つき米 2. 6 うどん ゆで 2. 6 ごはん 精白米 2. 5 穀類のたんぱく質 食品名 g マッシュポテト 乾 6. 6 やまといも 4. 5 フライドポテト 2. 9 ながいも 2. 2 じゃがいも 1. 5 さといも 1. 5 さつまいも 1. 4 しらたき 0. 2 こんにゃく 0. 1 くずきり ゆで 0. 1 タピオカ 乾 0. 1 芋類のたんぱく質 食品名 g 凍り豆腐 乾 49. 4 きな粉 35. 5 だいず 乾 35. 3 フライビーンズ 24. 7 塩豆 23. 3 ゆば 生 21. 8 あずき 乾 20. 3 ひよこ豆フライ 18. 8 油揚げ 18. 6 納豆 ひきわり 16. 6 納豆 16. 5 だいず ゆで 16. 0 がんもどき 15. 7 こしあん 9. 8 ひよこ豆 ゆで 9. 5 えんどう豆 ゆで 9. 2 いんげん豆 ゆで 8. 5 おたふく豆 7. 9 豆腐 焼き 7. 8 金山寺みそ 6. 9 うずら豆 6. 7 豆腐 木綿 6. 6 紅花いんげん 6. 2 つぶしあん 5. 6 豆腐 絹ごし 4. 9 豆きんとん 4. 9 おから 4. 8 豆乳 3. 6 はるさめ 緑豆・乾 0. 2 はるさめ 芋・乾 0. 1 豆類のたんぱく質 食品名 g らっかせい 26. 5 バターピーナッツ 25. 5 ごま 20. 3 カシューナッツ 19. 8 アーモンド 19. 2 ピスタチオ 17. 4 くるみ 14. 6 松の実 14. 6 マカダミアナッツ 8. 3 くり 中国ぐり 4. 9 ぎんなん 4. 1 くり 日本ぐり 3. 5 くり 甘露煮 1. 8 木の実のたんぱく質 食品名 g 干ししいたけ(乾) 19. 3 きくらげ 乾 7. 9 マッシュルーム 3. 8 まいたけ 3. 7 エリンギ 3. 6 マッシュルーム 缶 3. 4 しいたけ 3. 0 えのきたけ 2. 7 しめじ 2. 7 まつたけ 2. 0 なめこ 1. 6 なめこ 缶 1. 0 きのこのたんぱく質 食品名 g ふかひれ 83. 9 かつおぶし 77. 1 たたみいわし 75. 1 煮干し 64. 5 いわし 丸干 32. 8 いわし みりん干 31. 4 あじ 焼 27. 5 あゆ 焼 26. 6 まぐろ 赤身 26. 4 いわし 焼き 25. 8 かつお 25. 8 スモークサーモン 25. 7 たら でんぶ 25. 5 あじ 干物 24. 6 かます 焼 23. 3 しらす干し 23. 1 たい 焼 23. 1 うなぎ かば焼 23. 0 塩さけ 22. 4 かれい 子持ち 22. 3 むつ 22. 2 さけ 生 21. 7 たい 生 21. 7 ぶり 21. 4 ひらめ 21. 2 さば 水煮缶 20. 9 身欠きにしん 20. 9 あじ 生 20. 7 さば 20. 7 いわし 油漬 20. 3 かれい 干し 20. 2 さわら 20. 1 まぐろ 脂身 20. 1 いわし 生 19. 8 すずき 19. 8 にじます 19. 7 はまち 生 19. 7 かれい 19. 6 さより 19. 6 さんま 開き 19. 3 ふぐ 19. 3 きす 19. 2 したびらめ 19. 2 かわはぎ 18. 8 しめさば 18. 6 さんま 18. 5 かじき 18. 3 ほっけ 開き 18. 2 めざし 18. 2 たら 生 18. 1 めばる 18. 1 きんめだい 17. 8 ツナ缶 油漬 17. 7 あなご 17. 6 にしん 17. 4 ほっけ 生 17. 3 いかなご 17. 2 いさき 17. 2 たちうお 16. 5 ツナ缶 水煮 16. 0 ししゃも 15. 6 たら 塩 15. 2 わかさぎ 14. 4 はたはた 14. 1 しらうお 13. 6 あんこう 13. 0 うなぎ きも 13. 0 ぎんだら 13. 0 あんこうのきも 10. 0 魚類のたんぱく質 食品名 g するめ 69. 2 干しえび 48. 6 いくら 32. 6 すじこ 30. 5 いかなごの佃煮 29. 4 わかさぎの佃煮 28. 7 たらこ 28. 3 はまぐりの佃煮 27. 0 えびの佃煮 25. 9 いか 焼 24. 1 たいらがい 21. 8 大正えび 21. 7 車えび 21. 6 めんたいこ 21. 0 伊勢えび 20. 9 あさりの佃煮 20. 8 甘えび 19. 8 かつお節の佃煮 19. 5 さざえ 19. 4 しゃこ 19. 2 芝えび 18. 7 ブラックタイガー 18. 4 毛がに 18. 4 みる貝 18. 3 桜えび 18. 2 いか 生 18. 1 ほたて貝柱 17. 9 つぶがい 17. 8 たらばがに 17. 5 粒うに 17. 2 たこ 16. 4 かに缶 16. 3 ばいがい 16. 3 うに 16. 0 いかの塩辛 15. 2 数の子 15. 0 ずわいがに 15. 0 ほたて ひも付 13. 5 あみの塩辛 12. 9 とりがい 12. 9 あわび 12. 7 さつま揚げ 12. 5 ちくわ 12. 2 かにかまぼこ 12. 1 かまぼこ 12. 0 つみれ 12. 0 ほたるいか 11. 8 魚肉ソーセージ 11. 5 ほっき貝 11. 1 あおやぎ 10. 9 はんぺん 9. 9 なると 7. 6 かき 6. 6 はまぐり 6. 1 あさり 6. 0 しじみ 5. 6 くらげ 5. 2 ほや 5. 0 魚介のたんぱく質 食品名 g ビーフジャーキー 54. 8 サラミ 25. 4 くじら 赤肉 24. 1 生ハム 24. 0 かも 23. 6 鶏ささみ 23. 0 豚ヒレ肉 22. 8 鶏むね肉 皮なし 22. 3 ローストビーフ 21. 7 牛もも肉 輸入 21. 2 子牛ばら肉 20. 9 鶏ひき肉 20. 9 牛ひれ肉 輸入 20. 5 豚もも肉 20. 5 豚レバー 20. 4 豚足 20. 1 馬赤肉 20. 1 コンビーフ缶 19. 8 牛レバー 肝臓 19. 6 鶏むね肉 皮付 19. 5 焼豚 19. 4 豚ロース 19. 3 牛ひれ肉 和牛 19. 1 牛かた肉 輸入 19. 0 牛ひき肉 19. 0 牛もも肉 和牛 18. 9 鶏レバー 18. 9 鶏もも肉 皮なし 18. 8 マトン 18. 8 ハム ボンレス 18. 7 豚ひき肉 18. 6 牛リブロース 輸入 18. 5 牛ランプ 輸入 18. 4 鶏砂ぎも 18. 3 牛肩ロース 輸入 17. 9 牛かた肉 和牛 17. 7 鶏手羽肉 17. 5 牛サーロイン 輸入 17. 4 ショルダーベーコン 17. 2 豚肩ロース 17. 1 ベーコン ロース 16. 8 牛はつ 16. 5 ハム ロース 16. 5 卵黄 16. 5 豚はつ 16. 2 鶏もも肉 皮付 16. 2 豚たん 舌 15. 9 牛たん 舌 15. 2 牛ランプ 和牛 15. 1 鶏はつ 心臓 14. 5 牛ばら肉 輸入 14. 4 豚ばら肉 14. 2 牛肩ロース 和牛 13. 8 ピータン 13. 7 ウインナー 13. 2 レバーペースト 12. 9 ベーコン 12. 9 たまご ゆで 12. 9 牛リブロース 和牛 12. 7 フランクフルト 12. 7 うずら卵 生 12. 6 鶏軟骨 12. 5 たまご 生 12. 3 ポーチドエッグ 12. 3 牛サーロイン 和牛 11. 7 牛みの 胃 11. 7 たまご 卵白 11. 3 牛ばら肉 和牛 11. 0 うずら卵 水煮缶 11. 0 牛小腸 9. 9 牛大腸 9. 3 フォアグラ 8. 3 たまご豆腐 6. 4 さらしくじら 5. 3 肉類のたんぱく質 食品名 g 焼きのり 41. 4 味付けのり 40. 0 あおさ 乾 22. 1 あおのり 乾 18. 1 カットわかめ 乾 18. 0 塩昆布 16. 9 のりのつくだ煮 14. 4 わかめ 素干し 13. 6 ひじき 乾 10. 6 こんぶ 乾 8. 0 とろろこんぶ 6. 5 こんぶつくだ煮 6. 0 塩蔵わかめ 塩抜 1. 7 めかぶわかめ 0. 9 もずく 0. 2 ところてん 0. 2 かんてん 0. 0 海藻のたんぱく質 食品名 g パルメザンチーズ 44. 0 脱脂粉乳 粉 34. 0 プロセスチーズ 22. 7 カマンベールチーズ 19. 1 カッテージチーズ 13. 3 クリームチーズ 8. 2 加糖練乳 7. 7 生クリーム 植物性 6. 8 ホイップクリーム 植物性 5. 3 アイスクリーム 普通脂肪 3. 9 加工乳 低脂肪 3. 8 ソフトクリーム 3. 6 加工乳 濃厚 3. 5 アイスクリーム 高脂肪 3. 5 脱脂乳 3. 4 アイスクリーム アイスミルク 3. 4 普通牛乳 3. 3 アイスクリーム ラクトアイス・普通脂肪 3. 1 ヨーグルト 飲料 2. 8 乳飲料 コーヒー 2. 2 生クリーム 乳脂肪 2. 0 アイスクリーム ラクトアイス・低脂肪 1. 8 ホイップクリーム 乳脂肪 1. 7 乳酸菌飲料 殺菌乳製品 1. 5 乳飲料 フルーツ 1. 2 乳酸菌飲料 乳製品 1. 1 シャーベット 0. 9 乳製品のたんぱく質 食品名 g とうがらし 14. 7 えだまめ 11. 5 そら豆 10. 5 かんぴょう 乾 7. 1 にんにく 6. 0 切干だいこん 乾 5. 7 グリンピース 5. 6 芽きゃべつ 5. 3 モロヘイヤ 4. 8 なの花 4. 7 たらの芽 4. 0 しそ 3. 9 パセリ 3. 7 たけのこ 3. 5 とうもろこし 3. 5 ブロッコリー 3. 5 しその実 3. 4 ゆりね 3. 4 あしたば 3. 3 さやえんどう 3. 2 スナップえんどう 2. 9 もやし 大豆 2. 9 カリフラワー 2. 7 しゅんぎく 2. 7 アスパラガス グリーン 2. 6 にら 2. 6 ほうれん草 2. 6 ふきのとう 2. 5 アスパラガス ホワイト 2. 4 エシャロット 2. 3 かぶ 葉 2. 3 コーン缶(ホール) 2. 3 ヤングコーン 2. 3 だいこん 葉・ゆで 2. 2 オクラ 2. 1 かいわれだいこん 2. 1 クレソン 2. 1 せり 2. 0 こねぎ 2. 0 バジル 生 2. 0 レッドキャベツ 2. 0 かぼちゃ 日本 1. 9 ししとうがらし 1. 9 つまみ菜 1. 9 さやいんげん 1. 8 クリームコーン缶 1. 7 サラダ菜 1. 7 にんにくの茎 1. 7 かぼちゃ 西洋 1. 6 こまつな 1. 6 もやし 緑豆 1. 6 わけぎ 1. 6 ごぼう 1. 5 わらび 1. 5 リーフレタス 1. 4 キャベツ 生 1. 3 ズッキーニ 1. 3 れんこん 1. 3 サニーレタス 1. 2 ぜんまい ゆで 1. 1 ミニトマト 1. 1 なす 1. 1 米なす 1. 1 みつば 1. 1 きくの花 1. 0 きゅうり 1. 0 セロリ 1. 0 しなちく 1. 0 たまねぎ 1. 0 にがうり 1. 0 赤ピーマン 1. 0 キャベツ ゆで 0. 9 しょうが 0. 9 ちんげん菜 0. 9 はくさい ゆで 0. 9 ピーマン 0. 9 みょうが 0. 9 はくさい 生 0. 8 ラディッシュ 0. 8 つるむらさき 0. 7 トマト 0. 7 うど 0. 6 かぶ 根 0. 6 とうがん 0. 6 レタス 0. 6 葉しょうが 0. 5 ながねぎ 0. 5 にんじん 0. 5 じゅんさい 0. 4 だいこん 根 0. 4 ふき 0. 3 野菜のたんぱく質 食品名 g 抹茶 粉 30. 6 ミルクココア 粉 7. 4 昆布茶 粉 5. 7 豆乳 3. 6 豆乳 調整豆乳 3. 2 紹興酒 1. 7 あま酒 1. 7 日本茶 玉露 1. 8 トマトジュース 0. 6 野菜ジュース 0. 4 レモン 果汁 0. 4 日本酒 0. 3 ビール 0. 3 コーヒー 0. 2 日本茶 せん茶 0. 2 ピーチネクター 0. 2 ワイン 赤 0. 2 紅茶 0. 1 コーラ 0. 1 発泡酒 0. 1 ワイン 白 0. 1 ワイン ロゼ 0. 1 梅酒 0. 1 日本茶 番茶 0. 0 日本茶 ほうじ茶 0. 0 日本茶 玄米茶 0. 0 ウーロン茶 0. 0 麦茶 0. 0 炭酸飲料 0. 0 焼酎 0. 0 ウィスキー 0. 0 ブランデー 0. 0 ジン 0. 0 ラム 0. 0 飲物のたんぱく質 食品名 g ドライイースト 37. 1 顆粒風味調味料 粉 24. 2 酒粕 14. 9 カレー粉 13. 0 みそ 12. 5 こしょう 黒 11. 0 こしょう 白 10. 1 コーンスープ 粉末 8. 1 しょうゆ 濃口 7. 7 オイスターソース 7. 7 粒入りマスタード 7. 6 固形コンソメ 7. 0 カレールウ 6. 5 からし 5. 9 ハヤシルウ 5. 8 しょうゆ 薄口 5. 7 めんつゆ 3倍濃厚 4. 5 マーボー豆腐の素 4. 2 わさび ねり 3. 3 ドレッシング 和風・ノンオイル 3. 1 めんつゆ ストレート 2. 2 トマトソース 2. 0 とうばん醤 2. 0 コーンスープ 液状 2. 0 トマトピューレー 1. 9 チリソース 1. 8 さとう 黒 1. 7 トマトケチャップ 1. 7 マヨネーズ 1. 5 洋風だし 液 1. 3 鳥がらだし 液 1. 1 ソース ウスター 1. 0 サウザンアイランドドレッシング 1. 0 ソース とんかつ 0. 9 トマト水煮缶 ホールトマト 0. 9 中華だし 液 0. 8 チリペッパーソース 0. 7 バター 0. 6 バター 無塩 0. 5 かつおだし 液 0. 5 マーガリン 0. 4 はちみつ 0. 2 牛脂 0. 2 くず粉 0. 2 す 0. 1 みりん 0. 1 ドレッシング イタリアン 0. 1 フレンチドレッシング 0. 1 ラー油 0. 1 かたくり粉 0. 1 コーンスターチ 0. 1 さつまいもでん粉 0. 1 昆布だし 液 0. 1 煮干だし 液 0. 1 さとう 上白 0. 0 しお 0. 0 オリーブ油 0. 0 ごま油 0. 0 サラダ油 0. 0 ショートニング 0. 0 ベーキングパウダー 0. 0 調味料のたんぱく質 食品名 g ポップコーン 10. 2 クラッカー 8. 5 エクレア 8. 4 シュークリーム 8. 4 ワッフル 8. 3 スポンジケーキ 8. 1 あられ 7. 9 せんべい 塩 7. 8 ウエハース 7. 6 ショートケーキ 7. 4 チョコレート 7. 4 かりんとう 7. 4 ドーナッツ 7. 0 せんべい 甘辛 6. 7 カステラ 6. 2 どら焼 6. 2 タルト 5. 8 せんべい 揚げ 5. 7 ビスケット 5. 7 ババロア 5. 6 あま納豆 5. 6 プリン 5. 5 きんつば 5. 3 コーンスナック 5. 2 大福もち 4. 8 まんじゅう 蒸し 4. 8 ポテトチップス 4. 7 さくら餅 4. 4 八つ橋 あん入り 4. 3 アップルパイ 4. 0 かしわもち 4. 0 キャラメル 4. 0 くし団子 あん 3. 8 ようかん 3. 6 くし団子 しょうゆ 3. 1 くずざくら 3. 1 水ようかん 2. 6 ゼリー オレンジ 2. 3 マシュマロ 2. 2 ゼリー コーヒー 1. 7 きび団子 1. 7 ちまき 1. 3 ういろう 1. 1 あめ 0. 0 ガム 0. 0 お菓子のたんぱく質 食品名 g ピーナッツバター 25. 4 ブルーベリージャム 0. 7 いちごジャム 低糖度 0. 5 あんずジャム 低糖度 0. 4 いちごジャム 高糖度 0. 4 あんずジャム 高糖度 0. 3 マーマレード 低糖度 0. 3 マーマレード 高糖度 0. 2 りんごジャム 0. 2 ジャムのたんぱく質 食品名 g わさび漬 7. 1 なら漬 4. 5 からし菜漬け 4. 0 なめたけ 3. 6 かぶのぬか漬 葉 3. 3 キムチ 2. 8 たかな漬 2. 8 ふくじん漬 2. 7 なすのからし漬 2. 6 ザーサイ 2. 5 きょう菜の塩漬 2. 0 たくあん漬 1. 9 なすのぬか漬 1. 7 かぶのぬか漬 根 1. 5 きゅうりのぬか漬 1. 5 しば漬 1. 4 なすの塩漬 1. 4 はくさい漬 1. 4 だいこんぬか漬 1. 3 のざわ菜 1. 2 うりの塩漬 1. 0 オリーブのピクルス 1. 0 かぶの塩漬 1. 0 きゅうりの塩漬 1. 0 うめ干し 0. 9 べったら漬 0. 9 らっきょう 0. 7 きゅうりのピクルス 0. 3 がり 0. 2 紅しょうが 0. 2 漬物のたんぱく質 食品名 g 干しぶどう 2. 7 アボガド 2. 5 プルーン 乾 2. 5 干し柿 1. 5 ぐみ 1. 3 さくらんぼ 米国産 1. 2 ゆず 果皮 1. 2 バナナ 1. 1 ラズベリー 1. 1 オレンジ 1. 0 キウイフルーツ 1. 0 さくらんぼ 国産 1. 0 メロン 白肉腫 1. 0 メロン 赤肉種 1. 0 ライチ 1. 0 いちご 0. 9 いよかん 0. 9 グレープフルーツ 0. 9 なつみかん 0. 9 レモン 全果 0. 9 はっさく 0. 8 みかん 0. 7 いちじく 0. 6 すいか 0. 6 すもも 0. 6 パインアップル 0. 6 マンゴー 0. 6 もも 0. 6 さくらんぼ缶詰 0. 6 きんかん 0. 5 パパイヤ 0. 5 ブルーベリー 0. 5 ゆず 果汁 0. 5 缶詰 みかん 0. 5 缶詰 もも 0. 5 柿 0. 4 かぼす 果汁 0. 4 ぶどう 0. 4 ライム 果汁 0. 4 パイナップル缶詰 0. 4 なし 0. 3 西洋なし 0. 3 びわ 0. 3 ざくろ 0. 2 りんご 0. 2 缶詰 西洋なし 0. データ未測定は、---で表示しています。

次の

タンパク質の分解酵素を含む食品は?健康や美容にオススメ!

タンパク質 食べ物

タンパク質は筋肉、臓器、血液など、ヒトの体を作る栄養素の一つです。 食事からタンパク質を摂取するのが理想ですが、さまざまな理由で摂取が難しいことがあります。 そんなとき、間食や食事の補助として手軽に摂れるものの一つに、タンパク質を含む飲み物があります。 本記事では、コンビニでも手に入りやすく、タンパク質を多く含む飲み物をご紹介します。 タンパク質を摂れる飲み物は? タンパク質は、さまざまな食品に含まれている栄養素です。 例えば米やトウモロコシ、ブロッコリーやキャベツなどにもタンパク質は少量ですが含まれています。 食品のなかでは、肉、魚介類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品にタンパク質は多く含まれ、飲み物では牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳などがあります。 摂取したタンパク質は体内でどうなる? 食品から摂取したタンパク質は、消化酵素で分解されます。 分解されたものがアミノ酸です。 体に吸収されたアミノ酸は、筋肉、皮膚、臓器、神経などでタンパク質に再合成され、そのほかにはホルモン、酵素などの構成成分となります。 また、糖質や脂質などエネルギー源が不足すると、アミノ酸がエネルギーとして使われます。 アミノ酸として蓄えられる量には限度があり、 過剰になると脂肪や筋肉のグリコーゲンに変わります。 そのため、1度にタンパク質をたくさん摂取するのではなく、3回の食事や必要に応じて間食から適切な量を摂取したいものです。 厚生労働省が定めている「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日あたり18歳以上の男性は60g、女性は50gのタンパク質摂取を推奨量として定めています。 タンパク質を含む飲み物を活用 1回の食事から十分にタンパク質が摂取できない場合は、タンパク質を含む飲み物を取り入れてみましょう。 仕事の合間に飲むコーヒーの代りに牛乳や豆乳にするなど、飲み物であれば手軽に置き換えることもできるのではないでしょうか。 また、スポーツを日常的に行っていると、エネルギー消費量が増加します。 運動後のエネルギー補給に糖質とタンパク質を摂取することで筋タンパク質の合成が高まるという研究結果もあります。 weider-jp. 運動後のエネルギー補給にタンパク質は必要ですが、食事からの摂取が難しい場合には、タンパク質を含む飲み物やプロテインはおすすめです。 カルシウムが豊富な「牛乳」 小学校の給食では飲み物として牛乳が配膳されます。 牛乳には、 タンパク質、カルシウム、ビタミンDなどが含まれており、成長期に必要な栄養素が補える飲み物です。 日本人のカルシウム摂取量は不足している傾向にあるため、成長期だけでなく成人や高齢者もうまく牛乳を取り入れてみてはいかがでしょうか。 牛乳には脂質も多く含まれているので、食事の量によってはエネルギーの摂りすぎになることもあります。 その場合は、低脂肪乳や無脂肪乳を活用してみましょう。 また、粉末のプロテインを活用している場合は、水だけでなく牛乳で溶かすこともあるかと思います。 プロテインを溶かすときの水と牛乳の使い分けは、以下の記事を参考にしてください。 「」 カルシウムのはたらき ヒトの体のなかでカルシウムは、ほとんどが骨や歯に、残り1%は血液、筋肉、神経などに存在しています。 食品からのカルシウム吸収率は20~30%と高くはありません。 そのため、カルシウムを含む食品を積極的に摂りましょう。 カルシウムは、牛乳や乳製品、野菜、豆類、魚介類などに多く含まれています。 牛乳はタンパク質を摂れるだけでなく、カルシウム不足が気になる場合にもおすすめしたい飲み物です。 乳酸菌を手軽に摂るなら「ドリンクタイプのヨーグルト」 牛乳や脱脂粉乳などを原料に、乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルト。 牛乳の栄養に加えて乳酸菌を摂取できる食品です。 ドリンクタイプのヨーグルトは、飲みやすくするために砂糖を加えて甘くしたものや、ブルーベリーやイチゴなどの味が付いており、おやつ感覚で飲みながら、手軽にタンパク質を補給できます。 一方で、 体重の増加を気にしている場合は、摂取エネルギーが増えてしまう原因にもなります。 ドリンクタイプのヨーグルトに記載された栄養表示を確認して、うまく取り入れると良いでしょう。 乳酸菌のはたらき 乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る細菌の総称です。 ヒトや動物の腸に生息して、腸内の環境を整えるほか、腸の動きを助けるなどの働きをしています。 腸内だけでなく自然界にも存在し、古くから乳酸菌は活用されてきました。 ヨーグルト、チーズ、漬物、みそなどの発酵食品は、乳酸菌によって風味が変化した食品です。 乳酸菌はたくさんの種類があります。 ドリンクタイプのヨーグルトも、使われている乳酸菌はさまざまです。 鉄を含む「豆乳」 豆乳は、大豆を原料にしたしぼり液です。 乾燥大豆を水に浸け、十分に吸水したらミキサーに掛けます。 ドロドロの状態になった大豆と水を鍋に入れて火に掛け、布巾で大豆の皮などを取り除いたしぼり液が豆乳です。 豆乳ににがりを加えて固めると、豆腐になります。 豆乳は牛乳と比べると、含まれているカルシウムは少なく、鉄が含まれていることが特徴です。 豆乳の栄養素については、以下の記事を参考にしてください。 「」 豆乳の種類は3種類 豆乳は、豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類に分類されます。 豆乳:大豆固形分8%以上• 調整豆乳:大豆固形分6%以上• 豆乳飲料:果汁入りは大豆固形分2%以上、その他は大豆固形分4%以上 豆乳は、パッケージに無調整豆乳と書かれている製品です。 大豆のしぼり液を加工していないので、にがりを加えると豆腐ができ、加熱すると湯葉を作ることができます。 大豆の風味をそのまま味わえるのが無調整豆乳です。 調整豆乳は、無調整豆乳を飲みやすくするために砂糖などを加えている豆乳です。 大豆のクセが抑えられています。 豆乳飲料は、さまざまな味を付けた飲み物で、調整豆乳よりもさらに飲みやすく加工された飲み物です。 運動中も飲みやすいドリンクタイプの「栄養補助食品」 牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳のほかに、プロテイン入りのドリンクやゼリー飲料からもタンパク質を摂ることができます。 粉末状のプロテインとは違って水や牛乳に溶かす手間がないため、手軽に飲むことができます。 ピーチ味で飲みやすい「inドリンク プロテイン」は、水分補給をするようにプロテインを摂取できます。 運動の合間にも飲みやすいタイプです。 inドリンク プロテイン PET ゼリータイプの「inゼリー プロテイン」は、脂質0gで、カルシウム、ビタミンB群なども含まれています。 食事の時間が取れないときなどの栄養補給にも活用できる商品です。 inゼリー プロテイン 飲み物でタンパク質を摂るときのポイント タンパク質を含む飲み物は、仕事の休憩時間や運動の合間にも摂りやすいですね。 紙パックやペットボトルなど容器に入っているものを選べば、食器を洗う必要もありません。 水分補給も同時にできて手軽です。 しかし、手軽さゆえに、 エネルギーやタンパク質を必要以上に摂ってしまう可能性もあるため、食事とのバランスを考えて、飲み物を取り入れましょう。 加糖タイプなのかをチェック タンパク質を含む飲み物には、飲みやすいよう、甘みを添加しているものもあります。 加糖タイプの飲み物を飲みすぎると、エネルギー量がオーバーしてしまう可能性があるので注意しましょう。 飲み物のエネルギーやタンパク質量は、容器に記載されている栄養表示で確認できます。 いろいろな飲み物を選ぶ 牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳、栄養補助食品は、 タンパク質だけでなく脂質、ビタミン、ミネラルなどを摂ることができます。 1種類だけを飲み続けるのではなく、さまざまな種類の飲み物を取り入れると、幅広い栄養を摂ることができますよ。 まとめ タンパク質を含む飲み物は、コンビニなどで手に入ります。 食事から摂取するタンパク質が足りない場合に、タンパク質を含む飲み物をプラスしてみましょう。 手軽に摂取できる飲み物は、時間がないときにも重宝します。 飲み物を選ぶときには、含まれている栄養も考えて取り入れるのがおすすめです。

次の

ダイエット中におすすめの高タンパク質で低カロリーな食べ物!

タンパク質 食べ物

タンパク質は筋肉、臓器、血液など、ヒトの体を作る栄養素の一つです。 食事からタンパク質を摂取するのが理想ですが、さまざまな理由で摂取が難しいことがあります。 そんなとき、間食や食事の補助として手軽に摂れるものの一つに、タンパク質を含む飲み物があります。 本記事では、コンビニでも手に入りやすく、タンパク質を多く含む飲み物をご紹介します。 タンパク質を摂れる飲み物は? タンパク質は、さまざまな食品に含まれている栄養素です。 例えば米やトウモロコシ、ブロッコリーやキャベツなどにもタンパク質は少量ですが含まれています。 食品のなかでは、肉、魚介類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品にタンパク質は多く含まれ、飲み物では牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳などがあります。 摂取したタンパク質は体内でどうなる? 食品から摂取したタンパク質は、消化酵素で分解されます。 分解されたものがアミノ酸です。 体に吸収されたアミノ酸は、筋肉、皮膚、臓器、神経などでタンパク質に再合成され、そのほかにはホルモン、酵素などの構成成分となります。 また、糖質や脂質などエネルギー源が不足すると、アミノ酸がエネルギーとして使われます。 アミノ酸として蓄えられる量には限度があり、 過剰になると脂肪や筋肉のグリコーゲンに変わります。 そのため、1度にタンパク質をたくさん摂取するのではなく、3回の食事や必要に応じて間食から適切な量を摂取したいものです。 厚生労働省が定めている「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日あたり18歳以上の男性は60g、女性は50gのタンパク質摂取を推奨量として定めています。 タンパク質を含む飲み物を活用 1回の食事から十分にタンパク質が摂取できない場合は、タンパク質を含む飲み物を取り入れてみましょう。 仕事の合間に飲むコーヒーの代りに牛乳や豆乳にするなど、飲み物であれば手軽に置き換えることもできるのではないでしょうか。 また、スポーツを日常的に行っていると、エネルギー消費量が増加します。 運動後のエネルギー補給に糖質とタンパク質を摂取することで筋タンパク質の合成が高まるという研究結果もあります。 weider-jp. 運動後のエネルギー補給にタンパク質は必要ですが、食事からの摂取が難しい場合には、タンパク質を含む飲み物やプロテインはおすすめです。 カルシウムが豊富な「牛乳」 小学校の給食では飲み物として牛乳が配膳されます。 牛乳には、 タンパク質、カルシウム、ビタミンDなどが含まれており、成長期に必要な栄養素が補える飲み物です。 日本人のカルシウム摂取量は不足している傾向にあるため、成長期だけでなく成人や高齢者もうまく牛乳を取り入れてみてはいかがでしょうか。 牛乳には脂質も多く含まれているので、食事の量によってはエネルギーの摂りすぎになることもあります。 その場合は、低脂肪乳や無脂肪乳を活用してみましょう。 また、粉末のプロテインを活用している場合は、水だけでなく牛乳で溶かすこともあるかと思います。 プロテインを溶かすときの水と牛乳の使い分けは、以下の記事を参考にしてください。 「」 カルシウムのはたらき ヒトの体のなかでカルシウムは、ほとんどが骨や歯に、残り1%は血液、筋肉、神経などに存在しています。 食品からのカルシウム吸収率は20~30%と高くはありません。 そのため、カルシウムを含む食品を積極的に摂りましょう。 カルシウムは、牛乳や乳製品、野菜、豆類、魚介類などに多く含まれています。 牛乳はタンパク質を摂れるだけでなく、カルシウム不足が気になる場合にもおすすめしたい飲み物です。 乳酸菌を手軽に摂るなら「ドリンクタイプのヨーグルト」 牛乳や脱脂粉乳などを原料に、乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルト。 牛乳の栄養に加えて乳酸菌を摂取できる食品です。 ドリンクタイプのヨーグルトは、飲みやすくするために砂糖を加えて甘くしたものや、ブルーベリーやイチゴなどの味が付いており、おやつ感覚で飲みながら、手軽にタンパク質を補給できます。 一方で、 体重の増加を気にしている場合は、摂取エネルギーが増えてしまう原因にもなります。 ドリンクタイプのヨーグルトに記載された栄養表示を確認して、うまく取り入れると良いでしょう。 乳酸菌のはたらき 乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る細菌の総称です。 ヒトや動物の腸に生息して、腸内の環境を整えるほか、腸の動きを助けるなどの働きをしています。 腸内だけでなく自然界にも存在し、古くから乳酸菌は活用されてきました。 ヨーグルト、チーズ、漬物、みそなどの発酵食品は、乳酸菌によって風味が変化した食品です。 乳酸菌はたくさんの種類があります。 ドリンクタイプのヨーグルトも、使われている乳酸菌はさまざまです。 鉄を含む「豆乳」 豆乳は、大豆を原料にしたしぼり液です。 乾燥大豆を水に浸け、十分に吸水したらミキサーに掛けます。 ドロドロの状態になった大豆と水を鍋に入れて火に掛け、布巾で大豆の皮などを取り除いたしぼり液が豆乳です。 豆乳ににがりを加えて固めると、豆腐になります。 豆乳は牛乳と比べると、含まれているカルシウムは少なく、鉄が含まれていることが特徴です。 豆乳の栄養素については、以下の記事を参考にしてください。 「」 豆乳の種類は3種類 豆乳は、豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類に分類されます。 豆乳:大豆固形分8%以上• 調整豆乳:大豆固形分6%以上• 豆乳飲料:果汁入りは大豆固形分2%以上、その他は大豆固形分4%以上 豆乳は、パッケージに無調整豆乳と書かれている製品です。 大豆のしぼり液を加工していないので、にがりを加えると豆腐ができ、加熱すると湯葉を作ることができます。 大豆の風味をそのまま味わえるのが無調整豆乳です。 調整豆乳は、無調整豆乳を飲みやすくするために砂糖などを加えている豆乳です。 大豆のクセが抑えられています。 豆乳飲料は、さまざまな味を付けた飲み物で、調整豆乳よりもさらに飲みやすく加工された飲み物です。 運動中も飲みやすいドリンクタイプの「栄養補助食品」 牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳のほかに、プロテイン入りのドリンクやゼリー飲料からもタンパク質を摂ることができます。 粉末状のプロテインとは違って水や牛乳に溶かす手間がないため、手軽に飲むことができます。 ピーチ味で飲みやすい「inドリンク プロテイン」は、水分補給をするようにプロテインを摂取できます。 運動の合間にも飲みやすいタイプです。 inドリンク プロテイン PET ゼリータイプの「inゼリー プロテイン」は、脂質0gで、カルシウム、ビタミンB群なども含まれています。 食事の時間が取れないときなどの栄養補給にも活用できる商品です。 inゼリー プロテイン 飲み物でタンパク質を摂るときのポイント タンパク質を含む飲み物は、仕事の休憩時間や運動の合間にも摂りやすいですね。 紙パックやペットボトルなど容器に入っているものを選べば、食器を洗う必要もありません。 水分補給も同時にできて手軽です。 しかし、手軽さゆえに、 エネルギーやタンパク質を必要以上に摂ってしまう可能性もあるため、食事とのバランスを考えて、飲み物を取り入れましょう。 加糖タイプなのかをチェック タンパク質を含む飲み物には、飲みやすいよう、甘みを添加しているものもあります。 加糖タイプの飲み物を飲みすぎると、エネルギー量がオーバーしてしまう可能性があるので注意しましょう。 飲み物のエネルギーやタンパク質量は、容器に記載されている栄養表示で確認できます。 いろいろな飲み物を選ぶ 牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳、栄養補助食品は、 タンパク質だけでなく脂質、ビタミン、ミネラルなどを摂ることができます。 1種類だけを飲み続けるのではなく、さまざまな種類の飲み物を取り入れると、幅広い栄養を摂ることができますよ。 まとめ タンパク質を含む飲み物は、コンビニなどで手に入ります。 食事から摂取するタンパク質が足りない場合に、タンパク質を含む飲み物をプラスしてみましょう。 手軽に摂取できる飲み物は、時間がないときにも重宝します。 飲み物を選ぶときには、含まれている栄養も考えて取り入れるのがおすすめです。

次の