駅 メモ ひ いる。 【駅メモ!】ステーションメモリーズ!情報wiki

【駅メモ!】でんこ編成紹介祭り オススメはどれだ? 【編成】

駅 メモ ひ いる

こんにちは。 高岡氏です。 遂に私にも10万円がやってきました。 「遂に」とはいうものの、申請から2週間足らずでの入金でした。 港区?ではバーの照合にかなり時間がかかっているということだったように記憶していますが、杉並区が有能だということでしょうか? それはさておき、コラボ説・検証第5弾となります。 紹介については、 ここで一旦ラストとなります。 早速やっていきましょう。 それもそのはず、元々のデザインは同じ氏です。 元々とはいうものの、これはが展開しているプラモデルシリーズ『』のスピンオフ作品として生み出されています。 原作共々、現在でもしっかりメディア展開が行われている模様。 至って正統派のプラモデルです。 ちなみに双方を見比べてみるとこんな感じ。 切り抜きが下手なせいで、左の方がレゴブロックで作ったみたいになってしまいました。 まあぱっと見でも左がモデルだと一発で分かるでしょう。 それが足柄エリア。 チェックインスポットとなった場所を見てみると・・・ 北の方にぽっかり空いた空間があるので、なんだかそっちの方に目が行ってしまいます。 グーグルマップで見ていると、なかなか凄い立地にある学校を見つけました。 下の方にある建物がそれです。 小学校と高校が並んでいるとのこと。 小学校はまだしも、こんな田舎に高校があるというのも珍しい気がしますが、の学校らしいですね。 娯楽施設は何にもなさそうですが、こういうところで過ごす高校生活というのも楽しそうです。 さて、 イベントそのものについてちっとも触れていないことから察しが付くかもしれませんが、私はこのイベントには不参加でした。 行けないことはなかったんですけどね。 このコラボが発表されたとき、思わず「ん?」と首を傾げてしまう人もいたかもしれません。 なぜなら・・・ この作品、原作はなのである。 アニメでは 「ひたすらパンツを映しまくる回(もちろんTV放送時は規制アリ)」を放送して話題になりました。 いくら社会が萌えに寛容になってきたとはいえ、 どうまかり間違ったらエロゲ原作アニメと地方の鉄道会社がコラボなんて流れになるんだ・・・? もっとも、今ではすっかり一般アニメ面している『』も元はが原作なので、「アニメと原作は別!」ということなのでしょうか。 まあその通りなんだけど・・・。 なお本作ですが、原作・アニメ共に好調のようで、アニメは第2期の制作が予定されているようです。 としては、貴重な東北地方舞台のイベントです (中国地方のイベントはまだー?)。 関東にほど近い場所とはいえ、少々ハードルの高いイベントとなりました。 数こそ多くありませんが、 駅から遠い場所がスポットとなっていることも特徴の一つです。 「鉄道ばかり乗ってないで少しは運動しろよ」 という運営からのメッセージなのかもしれません。 とどこで差がついたのか、上のDL数は以下の通り。 駅奪取は2011年からのリリースで、よりも3年も先輩なのですが・・・ 個人的には、 駅の奪取・奪還関連で何が起こっているのか非常に分かりにくいのが定着しない原因かな~、と思っています。 このイベント、元々はごく一部のユーザーしか所持していなかったでんこ「ダッチュー」が手に入るものでしたが、時期が進むと限定ラッピングなど報酬が増えていきました。 が、こちら半端な進め方で手に入るものではありません。 入手にはアプリ内のアイテムである 「駅奪取シール」との引き換えが必要なのですが・・・ その主な入手方法がこちら。 ・イベントで1500位以内に入る(5~100枚程度) ・ゲーム中の「特別指令」をクリアする ダッチュー1体の交換に必要な枚数が 150枚ですから、 イベントには少なくとも1回以上参加する必要があります。 また、細かい説明は省きますが、「特別指令」の内容がこちら。 この通り、難しいものになるともはや廃人なみのムーブを求められます。 1か月40000kmがシール20枚って明らかに割に合ってないと思うのですが・・・ さすが自社コンテンツコラボというだけあって、ガッツリのめり込ませようという運営の意図が見て取れます。 で、その神様たちが、自身の宿る温泉のPRのため アイドルユニットを結成する、といったストーリーだそう。 なんだか近年のアイドルアニメブームに便乗した感もありますが、ただ女の子がキャッキャウフフするよりはストーリーを作りやすいってことでしょうかね? ちなみに、このコラボが始まった辺りには、 『温泉むすめ これくしょん』というソシャゲが稼働していました。 こちらも、ということにはなっていましたが、一般的なそれのイメージとはかなり異なる代物だった様子。 コラボの後に終了、しかも一応「位置情報ゲーム」という点では共通している、ということでの呪いに含めてもいいような気もしますが、 あくまでこのゲームはメディア展開の一環でしかなく、原案となったプロジェクトは今もしっかり続いています。 というわけで「終わった」判定は無しです。 こちらはまだリリースから2年も経っていない最新シリーズとなっています。 当然終わっていません。 まあ例によっては全く分からないので勘弁してください。 イベントとしても、これまでのゲーと同じく、アクセスした駅の属性が同じものを4つ揃えれば得点が入るというもの。 制限時間内に連続して得点を入れればコンボが発生するのも同じです。 また、チュウニズムコラボのときのような凶悪性能を誇るコラボでんこはおらず、なんとも地味な印象です。 ラストの紹介なのにこんな淡白ではあんまりなので、これまでは省略してきた、イベントのスポットについて少し紹介します。 大都市から小都市まで、こんな日本全国にあったのかと思うと意外な気もしますが、 これを見て何かに気づきませんか・・・? 新潟と北海道がない! 別にこれは運営が意図的にハブったわけではなく、コラボのときから ずっとこの2道県に店舗がないからです。 新潟には元々なく、北海道からは2008年に撤退しています。 この2道県の面積はそれぞれ全国1位と5位なので、最寄りのに行くにもかなりの苦労が必要なのでした・・・。 どうでしょう。 「死神扱いされている割には・・・」と感じた方も多いのではないでしょうか?個人的には、それもそのはずだと思います。 そもそもコラボというのは、お互いにメリットが無いとやる意味がありませんからね。 死にかけのコンテンツとコラボしたい、なんてまず考えられないことです。 「進撃・・」のコラボ三銃士については例外だと思います。 アレについては元が化け物コンテンツですから、何とコラボしようがそちら側にメリットは薄いですし。 「俺らの人気に少しでもあやかってくれや」という施しみたいなもんじゃないですかね。 まあ、仮に見送ったコンテンツが多いのだとしても、 それはこのが、それだけ長命コンテンツであるという証拠です。 むしろめでたいことな訳ですよ。 目指せ!ソシャゲ界の! 終わり tk0k1975.

次の

スポット紹介:小田井駅(愛知県)

駅 メモ ひ いる

駅メモ!のゲームの流れ 初心者はまずここから確認しよう 「駅メモ! — ステーションメモリーズ!」はスマートフォンの「位置情報」を利用したゲームです。 ゲームの基本となる「チェックイン」を行うにはGPS機能をONにする必要があります。 OFFになっている場合は、端末の設定画面からGPS機能をONにしてください。 チェックインとアクセスについて チェックインボタンをタップすると、現在位置から一番近い駅に「アクセス」します。 でんこの成長について 集めた思い出に応じて、でんこ達が成長していきます。 でんこを成長させることで、より駅にリンクしやすくなったり、特別な能力「スキル」を覚えたりします。 もらえる称号について 思い出を集めるとスコアがもらえて、スコアに応じて奪取er協会から称号がもらえます。 旅行が好きな人は、駅メモ!をプレイしながら全国各地を巡って様々な駅にアクセスして思い出を集めていってみましょう。 最初のでんこは誰を選べばいいの? 初期の3人のでんこにはそれぞれタイプが設定されています。 下記情報や、キャラクターのビジュアルの好みなどででんこを選んでみて下さい。 元ネタのです。 タイプはトリックスターで、HPとAPがバランス良く伸びます。 Lv5まで育てた時に使えるスキル「ダブルアクセス」は、チェックイン時に一定の確率で、その名の通り2回アクセスするものです。 このとき、相手に与えるダメージは2回分(大半の場合で2倍)、アクセス回数も2回増えます。 ただし、発動確率は他のでんこのスキルに比べて低めです。 元ネタのです。 タイプはアタッカーで、AP(アタックポイント)が高めです。 相手に大きなダメージを与えることができます。 Lv5まで育てた時に使えるスキル「きゃのんぱんち」は、チェックインした時にダメージを与えず直接リンクすることができるというものです。 ただし、発動確率は他のでんこのスキルに比べて少々低めです。 元ネタは 東海道新幹線等の新大阪駅と考えられています。 人気投票で1位になったりと根強いファンが多いでんこですね。 タイプはディフェンダーで、HP(ヒットポイント)が高めです。 相手からダメージを受けても、HPを残して耐える可能性があります。 Lv5まで育てた時に使えるスキル「ナイトライダー」は、18:00~翌6:00までの間、自動的に受けるダメージを必ず一定割合減らすというものです。 元より高いHPと相まって、スキル発動時には非常に優秀な守りを持つでんこです。 まずは駅メモ!でなにをすれば良いの? まずはとにかく、『でんこ』と呼ばれるキャラクターたちを育てて、レベルアップさせましょう。 でんこのレベルを上げるためには、基本的には実際の駅にチェックインしなければいけません。 そのため、自らの足で移動して各駅にチェックインする必要があります。 でんこを強くするには? でんこを強くさせるためには、レベルの上限を上げる必要があります。 でんこを育て上げるためには、ある程度の行動範囲が必要になります。 ランキング上位のユーザーは、取得駅数が約7,000駅ほどでした。 レーダーが届く範囲を調べたり、訪問した駅を塗りつぶして記録することもできます。 廃駅も含まれているようなので、全駅コンプリートもサポートしてもらえます。 旅の最中に具合が悪くなってしまうこともありますので、最低限の薬は用意しておいた方が良いでしょう。 遠征時に泊まる宿はココ! 駅メモ!のコンプを目指すためには、旅先での宿泊が必須になります。 下記アプリでは、 どこの会社の宿が一番安く済むのかを比較することができます。 ・平日は自宅から職場もしくは学校までの移動距離が長い。 ・休日は家にいないで出かける事が多い。 ・連休は旅行に行く。 ・出張が多くいろんな所へ移動することが多い。 このような条件に当てはまる人は、やはりでんこを育てるのが必然的に早くなります。 駅メモ!の公式情報について 駅メモ!では、様々な企業とのコラボキャンペーンやイベントなどが随時おこなわれています。 ゲームで家に籠もるよりも、駅メモ!をしながらリアルも楽しむことができたら最高ですよね。

次の

スポット紹介:小田井駅(愛知県)

駅 メモ ひ いる

愛知県にある「」のご紹介です。 見晴らしの良いや、駅周辺の様子を共有します。 こちらのツイートを詳しく見ていきます。 (愛知県) からそう遠くない場所を走る、 のです。 4階部分にホームがあるので、見晴らしがとても良いです。 は、が通るからが通るまでを結びます。 はの隣ですので、走行している場所は名古屋の中心地からそう遠くはありません。 は4階部分にホームがあって、とても見晴らしが良いです。 写真の左側に見えている大きな建物は、ショッピングセンターの「mozoワンダーシティ」です。 mozoワンダーシティまでは、から徒歩15分ほどです。 歩道橋が、mozoワンダーシティの目の前にある高速道路の料金所の真下あたりにあります。 からmozoワンダーシティまで徒歩で移動する際は、この歩道橋をご利用になると便利です。 を下から見た様子です。 4階にホームがあるので、こうして見ると迫力があります。 2階です。 コンで作られた高架の支柱が連続して並んでいて、美しいです。 1階部分には自転車が少し見えていますが、入口部分には多くの自転車が止めてありました。 3階です。 のトイレは、この3階の写真の右側に見えている建物です。 3階からは、近くを走るが見えます。 ・の「」までは、から徒歩10分ほどです。 の入口に到着しても、ホームまでは2分ほどかかります。 は日中帯には50分~1時間の間隔で運行していますので、乗り遅れると相当な待ち時間が発生してしまいます。 ご利用の際は、乗り遅れないように時間に余裕を持つことをおススメします。 この写真を見ていただくと分かりますが、線路の上に架線がありません。 また、車両にはもありません。 は、電気で動く電車ではなくて、で動くです。 田園風景の中を走るような列車内で聴くことが多い音を、では街中の景色を見ながら聴くことができます。 また、で走るが走る路線は「単線」である場合が多いですが、は「複線」です。 これらのギャップが味わえたので、に乗って良かったと思えました。 是非、に乗ってを訪れてみてください! 「 」 の所在地 の、「」付近に拡大した地図を埋め込んでいます。 適宜、拡大・縮小をして位置をご確認ください。 「 」へのアクセス() みなさんの現在地から、までのルート案内が表示されます。 首都圏で運行されている単線の路線としては、 ・「JR相模線」(が通る予定のや、複合商業施設があるなどを経由) ・「」(の聖地であるや、の県庁所在地であるなどを経由) が挙げられます。 「複線」は、上り線と下り線がそれぞれ別の1本の線路を走行する形態です。 「JR山手線」や「JR」など、都市部を走る多くの路線が複線で運行されています。 その他、の~間や、の~間など、上下それぞれを急行線・で分けた計4本の線路で列車を運行する「」といった形態もあります。

次の