九星気学 相性 無料。 九星気学 無料占い

九星気学「一白水星の性格や相性は??」

九星気学 相性 無料

九星占いとは 人がこの世に生を受けたときに天から授かったエネルギーの形を、誕生日をもとに東洋思想の基本である「木」「火」「土」「金」「水」にもとずいて体系化し、運勢判断に用いる九つの星に分けて表したのが九星占いです。 中国では人間は大気の中で生き、大気の中で一生を過ごしていくので大気と密接な関係があると考えられていました。 その大気を九つに分類して生まれたときの大気を定め、性格や相性を占っていくのが九星占いです。 人はどんな大気の中で活動するかで同じ努力をしてもおのずと吉凶が生じてくると考えられています。 九つに分類された星は毎年、毎月、方位ごとに一定の法則で大気を支配しています。 九星には「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」の九つがあります。 生まれた年を支配する星を 「本命星」といい、それはその人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり本質をあらわしています。 また、生まれた月を支配する星を 「月命星」といい、その人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり行動を表しています。 この二つの星が影響しあって一つの人格が生まれるわけです。 一般的に本命星の影響が6〜7割に対して月命星の影響は3〜4割とみています。 特に20歳くらいまでは月命星の示す表面的な性格が大きく作用しています。 そして精神的に成長すると共に本命星の影響を強く受けるようになるのです。 すべての人は本命星と月命星、両方の影響を受けているのです。 また、その割合は人によりまちまちです。 九星による占いは、暦などに使われていて日本に浸透しています。

次の

【九星気学】相性・性格・早見表(無料)で自分の本命星を知ってうまく人生の波に乗ろう!

九星気学 相性 無料

4 本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い本命星 自分の星を知る 本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い星を知るには、まず自分の星を知ることが何よりも重要です。 「九星気学で本命星を調べるには、何に注意すれば良いの?」「九星気学をあまり知らない…」という人も少なくありません。 九星気学で本命星を調べるには、旧暦を活用するため、普通の生まれ年で見ると自分の運命星を間違う可能性があります。 九星気学では、節分が一年の終わり。 そのため、1月1日~2月3日生まれの人は、自分の生まれ年の一つ前を見ます。 九星気学で用いられる旧暦では、元旦が2月4日。 一年の終わりが2月3日となり、始まりが2月4日となるのです。 九星気学の九つの星である、「一白水星(いっぱくすいせい)」「二黒土星(じこくどせい)」「三碧木星(さんぺきもくせい)」「四緑木星(しろくもくせい)」「五黄土星(ごおうどせい)」「六白金星(ろっぱくきんせい)」「七赤金星(しちせききんせい)」「八白土星(はっぱくどせい)」「九紫火星(きゅうしかせい)」から導き出します。 気の流れを知る 気の流れを知ることは、本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの星の特徴や性格、相性の良い運命星を知ることです。 「九星気学って何を知ることができるの?」「自分の本命星の意味がよくわからない」という人も多くいます。 九星気学には、九つの星が持つ気があるのです。 本命星であるあなたの生まれ年には、それぞれ気の流れが違い、生まれた瞬間に自分が受けた気が本命の星です。 九星気学には、方位も重要になります。 一年の中でもあなたの吉方位の方角や凶方位を知ることも大事なことに挙げられるのです。 あなたが持つ気の流れと、方位が持つエネルギーの流れを知り、自分の運勢を高めることができます。 九星気学で見る本命星から自分の吉方位を生活の中にも取り入れるようにしましょう。 そうすれば良い事が舞い込む、ピンチをチャンスに変えられる物事が訪れるのです。 九つの星が持つ傾向 本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い本命星は九つの星が持つ傾向で分かります。 一白水星は、思慮深く、慎重に恋愛を進めますが、自分の考えを相手に伝えることがなかなか出来ないタイプなので恋人を不安にさせることも。 二黒土星…積極的なタイプではありませんが、穏やかであり愛情深い人なので、関係を積み重ねるほど愛されます。 三碧木星…好奇心旺盛で何事にも全力を尽くすポジティブな特徴を持ちますが、悪い方向に進むと恋人を悲しませる浮気をしてしまうことがあるので注意が必要。 四緑木星…穏やかな性格で恋愛相手には安心感を求めるタイプであり、恋人との関係性には信頼できる相手が絶対条件ということも。 五黄土星…愛情深く好きになるとどんどん相手の魅力に引き込まれる傾向がある、一途な人です。 六白金星…完璧主義者ですが、自分には厳しいですが、恋人には癒しを求めるタイプで、目の前の事に集中した時には相手を放っておくことも。 七赤金星…好奇心旺盛でありサービス精神もあるため、異性に最もモテるタイプであるため、この星の人と付き合うと心配が絶えないということも少なくありません。 八白土星…好きな人との関係性を重要にするタイプだから、お互いが何でも知っている関係を望み、何でも話してほしく、話したい誠実さがあります。 九紫火星…センスがありモテるタイプですが大好きな恋人がいても、一人の時間も大事にしたいから、離れている時でも安心でき、ずっと一緒にいなくても良い相手を選びがちです。 自分と恋愛相性が良い相手 自分と恋愛相性が良い相手を、本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い本命星で導き出します。 九星気学ではそれぞれの星が持つエネルギーがあり、その中には合わない気もあるのです。 恋愛にはお互いが持つ気が関係性を深めるのか、それとも相手を傷つけるだけで終わってしまうのかも全く違います。 その中でも自分と恋愛相手との心の繋がりを深められる本命星を持つ相手。 一緒にいる時間だけを楽しめれば良い相性もあります。 また、恋愛関係には体の相性が最も合う本命星もそれぞれに違いがあるのです。 自分の本命星と相手の星が持つ特徴や恋愛傾向を知りながら、お互いに良い関係を保てる人を正しく見極めましょう。 本命星ごとに恋愛で最も重要視している点に違いがあります。 あなたが何を相手に求めたいのかも大事ですが、恋愛相手との恋愛相性は欠かせないものです。 自分の恋愛傾向と相手が求めていることが合うものなのかを本命星から導き出すと、より良い関係へと進展させていくことができます。 あなたに最も恋愛で合う本命星を知り、今後の恋愛事に活かしていきましょう。 占い師sakuraのワンポイントアドバイス 九星気学を利用して自分と相手を占うことは、お互いの恋愛傾向を知れるものとなり、未来に起こる幸せを知ることができます。 あなたが運命星を知ることがきっかけとなり、幸せを手にできる可能性があるのです。 決められた運命の定めを知ることは、未来で起こりえる幸福や運命の相手を導き、引き寄せられる行いとなります。 これまで知らないあなたの運命を九つの星と特徴から知り、自身の恋愛に活かすことで幸せを手にできるのです。 運命は定められたものですが、あなたが相性の良い相手と関わることで確実に未来を変えられます。 本命星で導き出したあなたの本質を理解し、「私はこういう性格だから、こうしよう」行動を変えることも一つの方法です。 見えてきた答えに近付く為には、ただ待っているだけではいけません。 理解を深め、行動を起こし、自分の魅力を高める努力をしましょう。 本命星が秘める自分の性格や特徴を正しく知り、あなたの恋愛に確実に活かせるようにしてください。 好きな人の本命星やあなたの運命の相手の星を知ることは、自分自身が恋愛での幸せを掴むために大事な行いとなるので調べていきましょう。 気の流れを知り、あなたの運勢を高めよう あなたや彼の気の流れを知り、あなたの運勢を高めてください。 気の流れを知らなければ、何をどう変えれば良くなるのか分かりません。 そのためには、二人の本当の相性や性格を知ることもとても重要なものです。 こちらの九星気学の早見表を参考にし、また鑑定結果にあるあなただけのアドバイスを活用して幸せな未来を導き出しましょう。

次の

九星気学占いは当たる?当たらない?相性や運勢を調べるには?

九星気学 相性 無料

九星気学とは、• 一白水星(いっぱくすいせい)• 二黒土星(じこくどせい)• 三碧木星(さんぺきもくせい)• 四緑木星(しろくもくせい)• 五黄土星(ごおうどせい)• 六白金星(ろっぱくきんせい)• 七赤金星(しちせききんせい)• 八白土星(はっぱくどせい)• 九紫火星(きゅうしかせい) という9つの星(本命星)に人を分類し、基本性格や方位の吉凶診断を行う占術です。 ここではまずあなたの本命星をわりだし、基本性格を占います。 なお九星気学では、立春2月4日~翌年2月3日までを1年間として扱います。 そのため1月1日~2月3日の間に生まれた人は、生まれ年の前年の西暦で占ってください。 たとえば1980年1月1日~2月3日までの生まれの人は、前年の1979年で占います。 自分の本命星を確かめよう!! 西暦を入れてください.

次の