輸出 規制 海外 の 反応。 韓国「日本が輸出規制解除を拒否!WTO提訴再開する!安倍よ、最後まで行こう!」の声

日本との関係改善は必要ない!GSOMIA終了見送りから半年 韓国が日本の輸出規制の解除の動きがないため対応に苦慮 韓国の反応

輸出 規制 海外 の 反応

記事内容: 日本政府が、韓国政府の輸出規制を解除してほしいという要求に「輸出管理を総合的に評価して運用して行く」という趣旨の従来の立場を繰り返した。 解除するかどうかを明確に明らかにしなかったが、原則的なレベルの繰り返しで、事実上、韓国政府の要求を拒否したとみられる。 日本の輸出管理主務省庁である経済産業省の関係者は、1日聯合ニュースとの通話で、韓国政府の要請に答えたのか尋ねると、「基本的に安全保障・貿易管理は公に議論する性格の問題ではない」と内容をいちいち明らかにできないと述べた。 この関係者は、「一般的な見解を言えば、以前から繰り返してきたように輸出管理は、国際的に適切に維持しなければならない」とし「このような観点から、(日本の)輸出管理当局は、相手国との輸出管理を含めて総合的に評価して運用していく方針だ」と従来の立場を再確認した。 韓国政府は、これに関連する対応方針を2日頃に発表する見通しだ。 韓国政府の関係者は、1日聯合ニュースとの通話で、 「韓国政府が明日(立場を)発表するだろう」と明らかにした。 韓国政府は、これまでの局長級の輸出管理政策対話を通じて、日本側が提起した問題をすべて改善したので、輸出規制措置を原状復帰するように求めてきた。 現在、韓国政府は、日本政府が要求された事案に応じないため、世界貿易機関(WTO)に提訴手続きを再開する対応まで検討していることが分かった。 強制動員訴訟問題で韓国政府と対立してきた日本政府は、昨年7月1日、半導体・ディスプレイ核心素材であるフォトレジスト、フッ素ポリイミド、高純度フッ化水素(エッチングガス)など3品目を韓国に輸出する際に一般的な包括許可対象から個々の許可対象に変える「規制案」を発表した。 続いて韓国を輸出管理の優遇対象、ホワイトリスト(グループA)から除外する輸出貿易管理令の改正案を昨年8月28日から施行している。 このため、日本企業が韓国に輸出する際に、半導体・ディスプレイ材料3品目のほか、木材などを除いて、軍事目的に転用する恐れがあると判断した品目のほとんどの輸出手続きが難しくなった。 以下、韓国人の反応を翻訳しました。

次の

韓国「輸出規制で日本のフッ化水素メーカーの売上激減!ブーメランだ!ありがとう!」の声

輸出 規制 海外 の 反応

記事内容: [アンカー] 日本は昨年7月にフッ化水素を含む半導体材料三品目の輸出規制を開始しました。 ところが、韓国業界は独自の調達能力を備え、むしろ日本の輸出企業に輸出規制のブーメランが戻ってくるという評価が日本の内部で出ました。 業界では、何故そうなったのかと自嘲の混じった声も出ています。 ソリョン特派員です。 [記者] フッ化水素世界1位のメーカーである日本ステラケミファの2019年の営業利益が前年比31%減少した。 主力製品であるフッ化水素の売上高は22%減りました。 この会社は決算報告書で、「韓国の輸出規制などで半導体、液晶に使われるフッ化水素の輸出販売が減少した」と分析した。 昨年7月、日本政府の輸出規制の後、LGとサムスンなどはフッ化水素など3品目の国産化と輸入の多様化に成功しました。 これまで日本が独占供給していたが、韓国でも独自の調達能力を備え、日本への依存度が格段に低くなりました。 別のフッ化水素の輸出業者である森田化学工業も韓国への輸出量は、30%ほど減りました。 日本の業界では、自責の声も出てきています。 日本経済新聞は「日本政府が大人の対応をすることができなかったのでは」という輸出業界の担当者の言葉を伝えました。 昨年7月以降、韓日輸出管理局長級会議が二度開かれたが、日本はまだ輸出規制を撤回せずにいます。 以下、韓国人の反応を翻訳しました。

次の

フッ化水素輸出規制制裁で韓国はどうなる?国内海外の反応は?│地球の裏側からご近所まで

輸出 規制 海外 の 反応

なぜ悪者に?歴史問題に踏み込んで日本を批判する海外メディアも 韓国輸出規制問題に対する各国の厳しい反応 いま大きく注目されている韓国輸出規制問題に対する 国際社会の反応について解説したい。 7月1日に安倍政権が適用したIT機器製造には不可欠な 化学製品3品目の韓国への輸出規制に、韓国は強く反発した。 7月24日には、日本は27の友好国に適用されている貿易優遇処置の ホワイト国のリストから韓国を排除する決定をした。 日韓関係は戦後最悪な状態になりつつある。 こうした状況を打開すべく、 韓国は今回の日本の輸出規制が 自由貿易の原則に違反しているとして、 「世界貿易機関(WTO)」に審査を要請した。 23日にスイス・ジュネーブで始まった「WTO」の一般理事会では、日本と韓国が半導体材料の対韓輸出規制を巡り討議する。 双方が正当性を主張して加盟国に理解を求めるが、「WTO」のルール違反にあたるかどうかの議論は平行線に終わる見通しだ(編注:24日に終わった一般理事会では、日韓以外の第三国から発言はなく、韓国の訴えに同調する声は出ませんでした)。 韓国は「WTO」への提訴の準備を進めており、「安全保障上の適切な措置だ」とする日本の主張が認められるかが焦点になる。 「WTO」の審査には、相当に時間を要すると思われる。 日韓ともに、これから国際社会の理解を得られるかが焦点になる。 日本に非常に厳しい国際世論 しかし、日本の今回の輸出規制に対する国際世論は相当に厳しい。 日本国内では韓国非難の世論が激しいので、こうした 海外の動向が報道されることはない。 客観的に何が起こっているのか知っておくべきだろう。 もちろん、 国際世論が韓国の主張を支持しているというわけではない。 そうでなく、 日本の今回の対応を自由貿易の原則に違反するものだとして、厳しく非難しているのだ。 韓国に対する貿易規制が発動された7月1日からしばらくの間は、海外の主要メディアでも「困ったことになった」という論調が強く、どうしてこのようなことになったのか事情を解説するものがほとんどだった。 しかし、10日を過ぎる頃から、 日本の今回の処置を強く非難する記事や社説が次第に増えている。 筆者は、この件に関するメディアやシンクタンクが出した数十の記事や社説、また論説を読んだが、安倍政権がいま主張しているように、国際社会に説明するなら 日本の立場は理解してもらえるなどということは 実質的に不可能なのではないかという印象を持った。 日本の立場に理解を示すき記事は日本国内のメディア以外、ほとんどなかった。 いずれ日本は国際社会の圧力に屈して、 方針転換せざるを得なくなるのではないだろうか? ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の