鬼滅の刃 最終回 なぜ。 「鬼滅の刃」残された謎を徹底追求 なぜ竈門家は襲われた?

【鬼滅の刃】最終回ネタバレ!炭治郎の子孫が現代で登場!

鬼滅の刃 最終回 なぜ

寝すぎで遅刻しそうになりマンションの窓から飛び出て通学し7件の通報をされている。 その運動能力は高く 煉獄杏寿郎によく似た 桃寿郎にスポーツをやるよう勧められているが本人は寝る時間が減るから嫌だと言っている。 髪を巻いている 巻いてなくても 燈子を地球で1番可愛いと思っている。 弟の善照をキックしたりカナタとラブラブしたりしている。 ひいおじいちゃんの嘘小説を読んで号泣したり、姉の燈子に輪廻転生を語ったり、 嘴平伊之助によく似た 嘴平青葉をはかなげで美しい女性と勘違いしている。 最近は人に呪いをかける勉強をしている。 新しく発見されたアオイ彼岸花をうっかりミスで全部枯らして各方面から非難轟々うけている。 山奥に一人で暮らしたい願望がある。 相手がしてきたから? 中指立てたり記者のクビを絞めたりしてマナーが悪いと善照に言われている。 双子ちゃんで可愛いと言われている。 暴力を振るった子供に「たたいたら だめ」と抱っこしながら教えてくる。 奥さんの胸ばかり見ていた善照に包丁を投げつけた事がある。 炭彦を捕まえるために高校へ。 炭彦を捕まえるために高校へ。 二人の男の子にキャラクターをもらっている。 インタビューに押し掛けた記者に猟銃をぶっ放したことがある。 剣道部であり、炭彦にスポーツをやるように勧めている。 まとめ 今回は鬼滅の刃の最終回~205話のあらすじやネタバレ予想をご紹介しました。 大人気漫画がとうとう最終回を迎えてしまいましたね…。 鬼滅ロスといった現象が見られるように寂しいものです。。 というコメントがSNSなどでも多く見られました。 そんな中、205話からは「学園モノが始まる!」という予想も意外に多く見られました。 それはなぜか? 理由として漫画、単行本の他に「鬼滅の刃 しあわせの花」というノベライズ 小説 作品があるからと推測されます。 それからカナヲと結ばれる未来が予想され、目が悪くなってしまった二人は一緒に支え合って子供を作り…。 その孫の孫の孫の…?お孫さんである炭治郎の子孫は、 やっぱり優しぃ~いお兄さん! ブレザーのネクタイはきっちり締めて男子にも女子にも平等にお世話ができる裏表のない性格! まぁ…あの炭治郎の孫が、いきなりグレてタバコ吸いまくりの、 夜の校舎窓ガラス壊して回る学生になるとは思えませんが 笑 スマホでも優し~い笑顔の絵文字を使うような 笑 暖かい少年になっていると予想されます。 伊之助の子孫は…ヤンキー? 炭治郎と違って、伊之助の子孫は…絶対ヤンキーという予想が多し! 笑 男気があり、少しガサツな伊之助としっかり者のアオイが結ばれ、できた子孫は…。 制服を第二ボタンまで開けて、中にはタンクトップを着て、なおかつ イケメン!しかも涙もろい 笑 イノシシ時代のDNAをちゃんと引き継いでモテるヤンキーになっているとの予想が多く見られました。 でも携帯やスマホのような科学文化は苦手。 メールなどの文字でのやり取りも嫌いで、とりあえず電話をする方法だけは知っているような子孫が205話以降は登場すると予想されています。 柱の多くは教師となっている 鬼殺隊士の支えであった柱の多くは教師になっているとの予測が多かったです。 そんな生き残った2人によって引き継がれた炎の呼吸による剣術もしっかり受け継がれているという予測も見られました。 無惨の生き残りがいた!? 大正時代では無惨が死に鬼のいなくなった世界になったという設定でしたが…愈史郎や珠世といった、鬼の始祖が死んでも関係ない血筋が実は存在しており…世界征服! …とまではイカなくても炭治郎の子孫と剣道の大会でぶち当たる、もしくは街で鉄パイプを持って暴れまわると言った素行の悪さを見せ、世代を超えて戦うという予想もありました。

次の

【鬼滅の刃】最終回ネタバレ!炭治郎の子孫が現代で登場!

鬼滅の刃 最終回 なぜ

鬼滅の刃の最終回はファンの間でも相当 賛否両論の発生する終わり方でしたね。 個人的には僕は205話の幕の降ろし方は少々余韻に浸ることができなかったので寂しさを覚えました。 やはり 鬼滅の刃は主人公の 竈門炭治郎の誠実さと優しさによる魅力の部分が強かったように思えます。 炭治郎を支える仲間や柱(はしら)による鬼との激しい死闘や、倒した鬼の回想による余韻がすごく記憶に残る作品として人気を得たのではないかと思っています。 単純にキャラクターデザインやストーリー構成という美点もありますが、僕は 鬼滅の刃の最も強い特徴は物語の「 余韻」にあると感じて今回の記事をまとめました。 ぜひ、お時間を割いていただけけましたら最後まで読んでいただけると嬉しいです。 スポンサーリンク 目次• — ささレコ syasya81564658 すでに 鬼滅の刃最終回を読んだファンの間では、この幕の降ろし方に対する黒歴史を予想する反応は多く挙がっています。 それはなぜでしょうか? 鬼滅の刃の作中には まだ明かされていない伏線なども多いのですが、それらはファンの間でも考察が活発なので半ば解明されているものもあります。 なので、僕は 鬼滅の刃最終話がファンの間で失望された理由は伏線の未回収が主な理由ではないと考えています。 鬼滅の刃の最終回、伏線ぶん投げて鬼滅学園になってしまった模様。 柱と全く同じ顔のヤツが先生になってるw さすがのファンも唸ってる模様。 キャラグッズ催促に走ったか。 僕もここは共感できて、竈門炭治郎の人柄や誠実さにずっと惹かれてきましたが最終話で登場した炭治郎の子孫にあたると思われる 竈門炭彦に全く魅力を感じなかった部分に違和感を感じました。 好きだったキャラクターが同じ容姿でだいぶ違う行動方針になっているというのは唸るものがありませんか? 僕はその流れに今まで好きだったキャラクター達の活躍の余韻を感じることができませんでした。 最終回という事実は1つですが、その内容から判断される 作品の価値や反応は無数にあるので、205話の「 幾星霜を煌めく命」に心打たれるファンもいます。 ですが、上記のつぶやきでも伝わると思うのですが、 鬼滅の刃の最終話を叩く人をかなり批判的な見方で作品をまとめています。 普通に 最終話最高でした! という表現をされないということは、最終話を批判する人が多いという事実を知っているからこそ、最終話に対する批判的な人を作品の上辺っツラしか見ていないという煽りをしています。 恐らく、今後も最終話に対して微妙と思った人と、最終話は最高でそれを理解できなかった奴はおかしいだろ?という対立で鬼滅の刃という作品を巡って荒れる可能性も見えてきました。 ジャンプの歴史的ヒット作の最終回をゴミで終わらせるとか。。。 集英社さんはやることが違いますね! まぁスピンオフなりゲーム化でこれからたんまり稼いでください。 やはり色々な解釈によって良くも悪くも 鬼滅の刃は最終話として完結した後も余韻ではなく、話題性として盛り上がる予感もします。 これは伝説の漫画になったな。 — ふーる40 あらんさん yurikososubete この点は大丈夫かと思います。 作品自体の伏線はファンの間でも勝手に納得ができるほどに盛り上がり、かなり納得の出来る考察も多く、連載中から伏線の張り巡らし方には定評もあり、自然と回収していると思われる部分も多いです。 それに、 作品の魅力がピークで幕を閉じたことを安堵するファンも多いなと感じました。 作品は作者が作るものですが、商業誌としての本分としては売上も最優先です。 なので、編集者や出版社勤める人たちの生活を潤すことに貢献したので作者の終わりたいという意思も理解しつつ執筆を継続して欲しいという懇願も多かったはずです。 その結果として作品の全盛期を過ぎても続き、カルピスを薄めたような作品にならなかったというだけでも安心したファンの意見も見受けられました。 鬼滅刃の最終話を見て思うファンの心境 そりゃあ最終回で各々の子孫が平和に過ごせているのは過去の皆が必至に戦ったからこそであり、それを表現する為の描写なのは分かるが、それは今まで見て来た読者なら分かりきってる事。 ファンが妄想で描く分には良いが原作の終わり方としてはつまらなかった — 党諸輿 mangasenaka 上記のつぶやきに僕はすごく共感を覚えてしまい引用させていただきました。 今まで登場したキャラクターの子孫が平和に過ごしている描写はたしかに観てみたいきもしましたが、僕は 子孫よりも竈門炭治郎たちが戦いを終えて幸せに暮らしている描写の方が最も観てみたかったです。 時代を大正から現代にすすめるという手法は、人気のある作品の終わり方としては王道かもしれませんが、僕は竈門炭治郎と、その子孫と思われる竈門炭彦であれば、断然前者が幸せそうに過ごす描写を少しでも多く見て、余韻に浸りたかったです。 まぁ現代にしたのが良いのか悪いのかは…🙄 応募者全員サービスありますよ〜😉 — やす坊 igaya24 やはり 鬼滅の刃は 近年稀に見るすごい魅力を持つ作品でしたね。 週刊少年ジャンプは少年誌の中でも特に打ち切り作品も多く、この新連載はすごく面白そう!と思う作品ですらけっこうシビアに連載終了します。 なので、話題にならなくなって連載を今も続けている作品も凄まじい魅力があります。 そして連載を打ち切られた作品も狭き門を実力者を押しのけてきた実績をを見たら、凄いんです。 ですが、そのような作品は賛否両論で話題になることも、最終回でがっかりとか、グランドフィナーレ!みたいな扱いは一切無く、ほとんどの読者の記憶にも残れません。 なので、 最終話がひどい!って思うことは それまでがすごく良かったという裏返しですし、結局 最終話を叩く人も鬼滅の刃という作品が好きだったり、今も好きでありたい気持ちが隠しきれていないように思えます。 作者の 吾峠呼世晴先生は家庭の事情で漫画家としてしばらく活動出来ないなど文春で見かけたこともありますし、次の作品に取り掛かる可能性は低いように思えます。 その理由は文春とは関係無しに、あれほど人を魅了した作品は作者の吾峠呼世晴先生自身ですら生み出せないんじゃないかという予感と、あまりにも 鬼滅の刃という作品で次回作へのハードルが上がりすぎてしまったことです。 つい先日連載が終了してしまった サムライエイトも ナルトという凄い記録を持つ 岸本斉史先生が原作でしたから連載と同時にハードルがかつてないほどに上がり、作品のレベル自体は高かったのですがハードルの方が遥かに高くて批判を浴びた末に連載もひっそりと打ち切られました。 吾峠呼世晴先生も実績としては短期的な爆発力ではナルトを凌いでいましたから、もしも次回作のチャンスがあっても、見たこともないようなハードルを強要されて潰れてしまうんじゃないかと思います。 ですが、 鬼滅の刃という作品を毎週読ませていただけたことは本当に良い思い出になりました。 今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の

鬼滅の刃完結の理由はなぜ?再開予定や続編などスピンオフは?

鬼滅の刃 最終回 なぜ

鬼滅の刃の最終回はファンの間でも相当 賛否両論の発生する終わり方でしたね。 個人的には僕は205話の幕の降ろし方は少々余韻に浸ることができなかったので寂しさを覚えました。 やはり 鬼滅の刃は主人公の 竈門炭治郎の誠実さと優しさによる魅力の部分が強かったように思えます。 炭治郎を支える仲間や柱(はしら)による鬼との激しい死闘や、倒した鬼の回想による余韻がすごく記憶に残る作品として人気を得たのではないかと思っています。 単純にキャラクターデザインやストーリー構成という美点もありますが、僕は 鬼滅の刃の最も強い特徴は物語の「 余韻」にあると感じて今回の記事をまとめました。 ぜひ、お時間を割いていただけけましたら最後まで読んでいただけると嬉しいです。 スポンサーリンク 目次• — ささレコ syasya81564658 すでに 鬼滅の刃最終回を読んだファンの間では、この幕の降ろし方に対する黒歴史を予想する反応は多く挙がっています。 それはなぜでしょうか? 鬼滅の刃の作中には まだ明かされていない伏線なども多いのですが、それらはファンの間でも考察が活発なので半ば解明されているものもあります。 なので、僕は 鬼滅の刃最終話がファンの間で失望された理由は伏線の未回収が主な理由ではないと考えています。 鬼滅の刃の最終回、伏線ぶん投げて鬼滅学園になってしまった模様。 柱と全く同じ顔のヤツが先生になってるw さすがのファンも唸ってる模様。 キャラグッズ催促に走ったか。 僕もここは共感できて、竈門炭治郎の人柄や誠実さにずっと惹かれてきましたが最終話で登場した炭治郎の子孫にあたると思われる 竈門炭彦に全く魅力を感じなかった部分に違和感を感じました。 好きだったキャラクターが同じ容姿でだいぶ違う行動方針になっているというのは唸るものがありませんか? 僕はその流れに今まで好きだったキャラクター達の活躍の余韻を感じることができませんでした。 最終回という事実は1つですが、その内容から判断される 作品の価値や反応は無数にあるので、205話の「 幾星霜を煌めく命」に心打たれるファンもいます。 ですが、上記のつぶやきでも伝わると思うのですが、 鬼滅の刃の最終話を叩く人をかなり批判的な見方で作品をまとめています。 普通に 最終話最高でした! という表現をされないということは、最終話を批判する人が多いという事実を知っているからこそ、最終話に対する批判的な人を作品の上辺っツラしか見ていないという煽りをしています。 恐らく、今後も最終話に対して微妙と思った人と、最終話は最高でそれを理解できなかった奴はおかしいだろ?という対立で鬼滅の刃という作品を巡って荒れる可能性も見えてきました。 ジャンプの歴史的ヒット作の最終回をゴミで終わらせるとか。。。 集英社さんはやることが違いますね! まぁスピンオフなりゲーム化でこれからたんまり稼いでください。 やはり色々な解釈によって良くも悪くも 鬼滅の刃は最終話として完結した後も余韻ではなく、話題性として盛り上がる予感もします。 これは伝説の漫画になったな。 — ふーる40 あらんさん yurikososubete この点は大丈夫かと思います。 作品自体の伏線はファンの間でも勝手に納得ができるほどに盛り上がり、かなり納得の出来る考察も多く、連載中から伏線の張り巡らし方には定評もあり、自然と回収していると思われる部分も多いです。 それに、 作品の魅力がピークで幕を閉じたことを安堵するファンも多いなと感じました。 作品は作者が作るものですが、商業誌としての本分としては売上も最優先です。 なので、編集者や出版社勤める人たちの生活を潤すことに貢献したので作者の終わりたいという意思も理解しつつ執筆を継続して欲しいという懇願も多かったはずです。 その結果として作品の全盛期を過ぎても続き、カルピスを薄めたような作品にならなかったというだけでも安心したファンの意見も見受けられました。 鬼滅刃の最終話を見て思うファンの心境 そりゃあ最終回で各々の子孫が平和に過ごせているのは過去の皆が必至に戦ったからこそであり、それを表現する為の描写なのは分かるが、それは今まで見て来た読者なら分かりきってる事。 ファンが妄想で描く分には良いが原作の終わり方としてはつまらなかった — 党諸輿 mangasenaka 上記のつぶやきに僕はすごく共感を覚えてしまい引用させていただきました。 今まで登場したキャラクターの子孫が平和に過ごしている描写はたしかに観てみたいきもしましたが、僕は 子孫よりも竈門炭治郎たちが戦いを終えて幸せに暮らしている描写の方が最も観てみたかったです。 時代を大正から現代にすすめるという手法は、人気のある作品の終わり方としては王道かもしれませんが、僕は竈門炭治郎と、その子孫と思われる竈門炭彦であれば、断然前者が幸せそうに過ごす描写を少しでも多く見て、余韻に浸りたかったです。 まぁ現代にしたのが良いのか悪いのかは…🙄 応募者全員サービスありますよ〜😉 — やす坊 igaya24 やはり 鬼滅の刃は 近年稀に見るすごい魅力を持つ作品でしたね。 週刊少年ジャンプは少年誌の中でも特に打ち切り作品も多く、この新連載はすごく面白そう!と思う作品ですらけっこうシビアに連載終了します。 なので、話題にならなくなって連載を今も続けている作品も凄まじい魅力があります。 そして連載を打ち切られた作品も狭き門を実力者を押しのけてきた実績をを見たら、凄いんです。 ですが、そのような作品は賛否両論で話題になることも、最終回でがっかりとか、グランドフィナーレ!みたいな扱いは一切無く、ほとんどの読者の記憶にも残れません。 なので、 最終話がひどい!って思うことは それまでがすごく良かったという裏返しですし、結局 最終話を叩く人も鬼滅の刃という作品が好きだったり、今も好きでありたい気持ちが隠しきれていないように思えます。 作者の 吾峠呼世晴先生は家庭の事情で漫画家としてしばらく活動出来ないなど文春で見かけたこともありますし、次の作品に取り掛かる可能性は低いように思えます。 その理由は文春とは関係無しに、あれほど人を魅了した作品は作者の吾峠呼世晴先生自身ですら生み出せないんじゃないかという予感と、あまりにも 鬼滅の刃という作品で次回作へのハードルが上がりすぎてしまったことです。 つい先日連載が終了してしまった サムライエイトも ナルトという凄い記録を持つ 岸本斉史先生が原作でしたから連載と同時にハードルがかつてないほどに上がり、作品のレベル自体は高かったのですがハードルの方が遥かに高くて批判を浴びた末に連載もひっそりと打ち切られました。 吾峠呼世晴先生も実績としては短期的な爆発力ではナルトを凌いでいましたから、もしも次回作のチャンスがあっても、見たこともないようなハードルを強要されて潰れてしまうんじゃないかと思います。 ですが、 鬼滅の刃という作品を毎週読ませていただけたことは本当に良い思い出になりました。 今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の