脇 黒ずみ 治療。 脇の下にできるイボの原因や種類・除去する方法を徹底リサーチ!

脇の黒ずみを消したい!速攻方法や市販薬局/ドラッグストアで買えるものは?

脇 黒ずみ 治療

「何をやっても脇の黒ずみが治らない…。 」こんな状況に頭を悩ませていませんか? 見た目が汚いと不潔に見られたり、着たい服が着られなかったり…。 黒ずみのせいで気持ちまで塞ぎ込んでしまいますよね。 そんな黒ずみを一刻も早く治したくて、病院での治療を考えられている人も多いのではないでしょうか。 だけど、病院ってハードルが高い気がしてなかなか勇気が出ないと思います。 そこで当サイトでは、 病院で黒ずみを治すためにかかる費用や治療内容など必要な情報を徹底的に調べてまとめてみました。 これから治療を考えているなら、ぜひ参考にしていただければと思います! そもそも病院で脇の黒ずみは治るの? 黒ずみには「色素沈着タイプ」「毛穴の汚れタイプ」「埋没毛タイプ」の3種類があるのですが、 自分のタイプに合った治療を受ければ黒ずみは確実に改善します。 病院と言っても幅広いのですが、 黒ずみの治療は「一般皮膚科」「美容皮膚科」このどちらかで行うのが一般的です。 ただ、この2つで取り扱う治療の内容が大きく異なりますので、そのあたりの違いを詳しく見ていきましょう! 一般皮膚科と美容皮膚科の違いってなに? まずは「一般皮膚科」と「美容皮膚科」には、どんな特徴があるのかそれぞれ順番に見ていきたいと思います。 一般皮膚科 一般皮膚科とは、皮膚の病気にかかった時にお世話になるいわゆる普通の皮膚科のことです。 一般皮膚科で受けられる治療は、塗り薬による治療がメインになります。 保険診療なのでコストは安く抑えられますが、 黒ずみの症状がひどい場合は治療に時間がかかってしまうのがデメリットです。 なので、一般皮膚科は 軽度~中程度の黒ずみに適していると言えるでしょう。 「脇がうっすら青い」「茶色っぽい」「薄いグレー」こんな症状の人にはおすすめですよ。 美容皮膚科 美容皮膚科とは、シミやシワの治療やヒアルロン酸注射など見た目を美しくするための皮膚科のことです。 美容目的の治療なので、医療保険は適用外になります。 そのため治療費は全額自己負担となるので、 一般皮膚科に比べると費用がかかるのがデメリットです。 ただ、美容皮膚科は黒ずみに対して様々な治療を受けられるので、 重度の黒ずみにも対応できます。 「どす黒い」「かさぶたのように肌が固い」こんなひどい症状があれば美容皮膚科を選ぶと良いでしょう。 一般皮膚科や美容皮膚科で行われる治療法まとめ 一般皮膚科と美容皮膚科で受けられる治療方法としては 「塗り薬」「ケミカルピーリング」「レーザー治療」の3種類があります。 費用、完治までの期間、治せる黒ずみのタイプについて表にまとめたので、気になる治療法を見ていただければと思います。 治療 費用 期間 黒ずみのタイプ 2,000円~6,000円/個 3ヵ月~1年 色素沈着 5,000円~8,000円/回 6ヶ月~1年 毛穴の汚れ 10,000円~20,000円/回 3ヶ月~半年 全て 塗り薬 塗り薬による治療は 「色素沈着タイプ」の黒ずみに有効です。 主に以下の2種類の塗り薬が治療に使われています。 成分名 特徴 ハイドロキノン 美白作用がとても高くメラニン色素を薄くする効果があります。 トレチノイン 古くなった角質を取り除いて肌のターンオーバーを整えます。 これらの成分は黒ずみに対しての効果は高いのですが、肌への刺激が強いので「赤み」や「かゆみ」が起こる場合があります。 なので、2~3週間に1回は通院して肌の様子を見ながら治療していきます。 塗り薬は一般皮膚科と美容皮膚科どちらでも処方が可能ですが、 カウンセリング費用がかからない一般皮膚科の方がコストは安く抑えられます。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは、医師が調合したピーリング剤を塗って古い角質を取り除くという治療法で 「毛穴の汚れタイプ」の黒ずみに有効です。 1回あたりの治療は30分程度で、1ヶ月に1回のペースで行います。 5~6回を目安に治療を終えると、それ以降は様子を見ながら継続するのが一般的です。 主に美容皮膚科でのみ取り扱っており、治療後に「ビタミンC誘導体」など美容成分のイオン導入を行っている医院もあります。 レーザー治療 レーザー治療とは、黒ずみの元であるメラニン色素を強力なレーザー光線で破壊するという治療法です。 ほとんど肌に負担がかからないので、 敏感肌の人でも治療を受けられます。 また、黒ずみのタイプや症状の程度に関係なく、 全ての黒ずみに対応できるのがレーザー治療のメリットです。 1回あたりの効果が最も大きいので、 短期間で黒ずみを治したい人にもおすすめですよ。 治療は1回10分~20分程度と短時間で、月1回のペースで半年間通うとほとんどの人は黒ずみが完治します。 ここに注目!いい病院を見極めるための4つのポイント 黒ずみを治すには「どんな治療をするのか」も大切ですが 「どこで治療するのか」も同じぐらい重要なんです。 「病院だからどこでも大丈夫でしょ!」と軽い気持ちで病院を選んでしまうと、 黒ずみが治らないどころか悪化してしまう可能性もあります。 そこで、良い皮膚科を選ぶために注目すべき4つのポイントをお教えしたいと思います。 黒ずみ治療の実績が多いこと 一般皮膚科や美容皮膚科であっても、開院して間もない病院は黒ずみを治療した実績が少ないというケースがあります。 ホームページをチェックしてみて、 症例写真が載っている病院を優先的に選ぶと良いでしょう。 所属医師のプロフィールを確認する 多くの病院では、在籍している医師のプロフィールをホームページ上で公開しています。 料金が明示されていること 特に美容皮膚科の場合は、保険が効かない自由診療なので料金が高額になることが多いです。 悪質な場合はカウンセリングだけで数万円請求される場合もあるので、 ホームページに料金が記載されている皮膚科を選びましょう。 通いやすい立地であること 黒ずみの治療は定期的な通院が必要なので、自宅や職場から通いやすいかどうかは大切な要素です。 治療内容にもよりますが、 数ヶ月~1年は通う覚悟でアクセスが便利な病院を選ぶのが良いでしょう。 皮膚科で黒ずみを治すのに向いている人とは? これまで病院で黒ずみを治す方法について紹介してきましたが、 残念ながらメリットばかりという訳ではありません。 調査の結果見えてきた病院治療のメリット・デメリットをもとに、皮膚科での治療が向いている人とそうでない人をまとめてみました。 皮膚科での治療が向いている人• 治療にお金をかけられない人• 病院に通う暇がない人• 誰にも知られずに黒ずみを治したい人• 副作用が心配な人 あなたはどちらに当てはまりましたか? 病院での治療は確実に黒ずみを消すことができますが、 料金や時間的な面で制約が多いということがわかりました。 また、中には肌への負担が大きい治療法もあるので、 副作用の危険性があることを頭の片隅に置いておく必要があるでしょう。 副作用なしで黒ずみを治すなら専用クリームがおすすめ! どうしても副作用が心配な人や、軽度~中度の黒ずみで悩んでいる人は専用のクリームで治すという方法もあります。 こちらは私が実際に使っている 「アットベリー」という商品なんですが、病院の塗り薬と同様に美白成分をたっぷり含んだ薬用クリームです。 ただ、病院の薬とは違って、 デリケートゾーンや敏感肌の人でも使えるほど低刺激の成分しか含まれていません!なので、副作用が気になるという人でも安心して使うことができますよ。 私もこれまで色んな方法を試してダメだったので「これで治らなかったら皮膚科に行くぞ!」と心に決めて、最後に試したのがこのアットベリーだったんです。 それで、ダメ元だと思って3ヶ月間試した結果、 日に日に脇の黒ずみが薄くなって今ではほとんど気にならないぐらいまで改善しました!貯めていた治療費が浮いた代わりに、生まれて初めてノースリーブを購入しました(笑) 先に皮膚科で治療していたらもっと早く治ったのかもしれませんが、結果的に脇が綺麗になったことに変わりはないので私は満足しています。 なのでもし、私と同じように皮膚科での治療を考えているなら、まずはアットベリーを試してほしいです!病院はやっぱりお金もかかりますし、そう簡単に決断できることじゃないと思うので。 こちらの記事では、私が実際に脇の黒ずみをアットベリーを塗って治した体験レビューを写真付きで紹介しています。

次の

新しい脇の黒ずみ治療法「レーザートーニング」とは?費用や脇の治療回数、副作用は?

脇 黒ずみ 治療

暖かくなると、薄着になり、肌の露出が多い服が多くなりますが くすみや黒ずみがあると着たい服も躊躇してしまう事があります。 くすみ、黒ずみの出来やすい体の部分 ワキ、膝、肘、お尻、お腹、ビキニラインなど、ありますが 人それぞれ、気になるくすみや黒ずみの部位が違ったりします。 肌の漂白剤と言えばハイドロキノンですが、 体のくすみ、黒ずみを消すにも、ハイドロキノンが効果があるのか? 今回は、ハイドロキノンで体のくすみ・黒ずみを消す方法、 「純ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」「ハイドロキノン誘導体」 の効果の違い、部位別、濃度の選び方、正しい使い方などを解説していますので 是非参考にして下さい。 スポンサードリンク 体のくすみ・黒ずみはハイドロキノンで消える? 体に出来たくすみ、黒ずみはハイドロキノンで薄くなるもしくは消えるか? 正解は〇です。 ハイドロキノンは「肌の漂白剤」「美白の最終兵器」とも言われる程、 強力な美白成分です。 ハイドロキノンの濃度が2%以上が 「医薬品」 になります。 体のくすみ、黒ずみは程度によって、ハイドロキノンで徐々に薄くなったり、 消えていくことがありますが 1回塗ったから薄くなるものでは無いです。 肌にはターンオーバーがあり、 また部位によってもターンオーバーのサイクルが変わりますので、 部位によって濃度や正しい使い方をしないと効果は中々出ないです。 安定型ハイドロキノン: ハイドロキノンと他の成分を混ぜたもの。 ハイドロキノン誘導体: アルブチン(ハイドロキノンは入っていない) 全て、美白作用はありますが、効果の違いは歴然としてます。 「純ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」「ハイドロキノン誘導体」 の違いは下記に詳しく書いていますので参考にして下さい。 ハイドロキノンでくすみ・黒ずみを消す方法! <全身に使いたい場合> 全身のくすみ、黒ずみに使うのなら 安定型ハイドロキノンが良いです。 安定型ハイドロキノンは、 純ハイドロキノンを他の成分で濃度を薄めたものなので、 皮膚の薄さが異なる場所でも、肌への刺激が少ないので、肌トラブルなく使えます。 さらに 保湿成分 や 抗酸化成分も含まれているので、 体のたるみ・しわケアのサポートにもなります。 皮膚の弱い方は濃度1%から使用していき 徐々に濃度を上げていくことをオススメします。 純ハイドロキノンでも濃度5~6%くらいなら全身に使えますが、 1年以上の長期利用は避けるにして下さい。 ワキ・お腹のくすみ、黒ずみに使う時の濃度と使い方 部分的に狭い範囲を美白するなら、 純ハイドロキノン・安定型ハイドロキノンのどちらでもOK。 脇やお腹は皮膚が薄い部分なので、成分が浸透しやすいです。 うで・足・背中の黒ずみに使う時の濃度と使い方 純ハイドロキノン・安定型ハイドロキノンのどちらでもOK。 <ひじや、ひざの場合> ひじやひざの場合は、ガザガザ、ざらざらなどの場合が多いので 皮膚を柔らかくすることで早く効果が出ます。 ひじや、ひざの皮膚がゴワゴワと分厚くなっている場合は、 ハイドロキノンを浸透しやすくするためにまずは肌を整える。 1週間に1回、ひざ、ひじにスクラブでマッサージしたり、 ピーリング石鹸などを使用したり、 尿素クリームを使用して 角質を柔らかくしてからハイドロキノンを使用する。 ひざやひじは保湿剤使用後にハイドロキノンはくるくる円を描くように ムラなくハイドロキノンを塗る。 Vラインや足の付け根の黒ずみに使う時の濃度と使い方 純ハイドロキノン・安定型ハイドロキノンのどちらでもOK。 デリケートゾーンの皮膚の厚さは、まぶたくらいの薄さぐらいです。 まぶたの薄さとは 皮膚の厚さは表皮と真皮を合わせると平均すると2mmほどです。 最も薄いまぶたはその3分の1程度の0. 6mmです。 全身の中でも特に薄い場所なので、ハイドロキノンを塗った後 異常を感じたらすぐに中止してください。 スポンサードリンク ハイドロキノン使用による副作用とリスク かゆみや赤みが出る可能性があります。 使用を中止すればなくなりますが、 そのような場合は濃度を下げて使うのが良いです。 また短期的な副作用としては、「かぶれ」です 純ハイドロキノン4%以上になると、刺激が強くかぶれの頻度も高くなります 純ハイドロキノンは紫外線にあたると、くすみ・黒ずみを濃くしてしまいます。 ハイドロキノンを夜に塗った場合は、翌日必ず日焼け止めを塗って下さい。 また、濃度を高くしても赤みの反応の無い場合は そのまま使用して頂いて良いです。 美白は目に見えて解ってきます。 但し副作用がないからと、高濃度のハイドロキノンを長期使用しつづけつと、 まだらに白く抜けたりすることがあります。 白斑になってしまうと治すことが困難ですので注意が必要です。 パッチテストの仕方 純ハイドロキノンや安定型ハイドロキノンで美白する前に、 必ずパッチテストをして自分の肌に合っているかをチェックしてください。 <パッチテストの仕方> 絆創膏にハイドロキノンを塗り、二の腕など皮膚の薄い部分に張り、 48時間程度放置します。 赤みや炎症など肌に異常が起きなければ使用しても大丈夫です。 ナース美奈子のまとめ 身体に出来たくすみ・黒ずみを消すには、ハイドロキノンの濃度の選び方と 正しい使い方をすれば、気になる黒ずみは段々薄くなり、消えていきます。 しかし、頑固な黒ずみ、ひじやひざなどは角質が分厚いため時間がかかります。 頑固な黒ずみはレーザーを併用すると早く綺麗になりますので、 美容クリニックの治療も考えても良いかもしれません。 身体の皮膚のターンオーバーは顔の3倍かかると言われ、 特に首から下に行く程ターンオーバーは遅い事を覚えておいてください。 ハイドロキノンは一定の効果を示しますが、 基本的には「トレチノイン」との併用療法が推奨されています。 トレチノインはターンオーバーを早めます。 くすみ・黒ずみを早く消すにはハイドロキノンの単体で使うより 効果は断然早いです。 くすみ・黒ずみが気になる普通肌の人は 純ハイドロキノンの使用をお勧めします。 皮膚の弱い方は時間はかかりますが、 濃度の低い安定性ハイドロキノンの使用が良いです。 ハイドロキノンが使用できない方はルミキシルなどもあります。 ハイドロキノンは使用部位によって濃度は大切です。 是非参考にして下さい。

次の

脇の黒ずみ・黒いブツブツをタイプ別に早く治す方法を美容ナースが解説

脇 黒ずみ 治療

メラニン色素が沈着している• 皮脂や古い角質が詰まっている この2つが原因として考えられます。 皮膚は刺激を受けると肌ストレスとなり、そのストレスから肌を守ろうとする防衛反応でメラニン色素が分泌されます。 肌への刺激として挙げられるのが、 紫外線による日焼け、衣服などの摩擦、カミソリやピンセットのムダ毛処理による刺激などが考えられます。 jp また 脇の下は毛穴が広く、汗をかきやすい場所としても知られています。 そのため汚れも毛穴に溜まりやすいのです。 汗だけでなく、臭い対策に付けている制汗剤の粒子などが毛穴に詰まり、黒ずみの原因となっていることもあります。 脇の黒ずみを消すにはどうしたらいいの? 脇の黒ずみはどうやったら消すことができるのでしょうか? 脇の黒ずみを消すには、主に3種類の方法があります。 市販のクリームなどでセルフケア• 皮膚科に通院する• レーザー治療 症状が重くなっていたり、 とにかく速攻で脇の黒ずみを消したいという方は皮膚科で飲み薬をもらうか、レーザー治療をするのが一番有効です。 ただし費用は1回2,000円~20,000円ほどする場合もあり、かなり高額なうえに継続しなければならないというデメリットがあります。 一方、セルフケアのメリットはその分のコストが抑えられます。 脇の黒ずみが軽度~中度の方にはこのセルフケアでも十分です。 高価なクリームでも皮膚科やレーザー治療よりははるかに安く抑えられますよ。 人にバレずにケアできるのも嬉しいですよね。 脇の黒ずみを速攻で消したい!おすすめアイテムは? 脇の黒ずみを放置しておくと、どんどん落ちにくくなります。 また見た目がどうしても「汚い」と思われがちですよね。 脇の黒ずみを消したいと思っている方が多いのも納得です。 速攻で「脇の黒ずみを消したい」という方に おすすめのアイテムをご紹介します。 ダメージケアで肌を整え、美白有効成分で透明感をアップさせてくれます。 さらに脇を保湿して潤いを与え、ダメージに強い肌へ導いてくれますよ。 脇の黒ずみ以外にも、VIO、肘、膝、バスとトップ、くるぶしなど黒ずみが気になる箇所に使うことができます。 リピート率98%の大人気商品なんですよ。 毛穴に詰まりやすいシリコンや着色料、紫外線吸収剤といった肌に良くない成分は一切含まれていません。 速攻で脇の黒ずみを消したいという方は、朝晩一日2回ピューレパールを塗るだけでOKですよ。 早い人なら10日ほどで効果を実感できているようです。 市販薬局やドラッグストアでは販売されていませんが、公式サイトで 【初回限定980円】という価格で購入できます。 ハーバルラビットは黒ずみケア成分と、保湿成分がW配合されています。 デリケートゾーンをメインに紹介されていますが、脇の黒ずみだけでなく、お尻やバストトップ、膝やくるぶしなど黒ずみが気になる場所に使うことができますよ。 さらに肌荒れを防いでくれる「グリチルリチン酸2K」も配合されていて、ニキビ等のお肌のトラブルにも対応してくれますよ。 石油系界面活性剤やシリコン、アルコールや紫外線吸収剤不使用で、無着色なので赤ちゃんに使えるほどお肌に優しいクリームです。 敏感肌の方でも安心して使うことができますね。 毎月先着1,200名様限定で 【最大40%オフの4,750円】で購入することができます。 気づいた瞬間から気になってしまい、ネットで購入した商品が届くまで待ってられない!という方には、市販薬局やドラッグストアで購入できるアイテムがおすすめです。 クリニックなどに通うのが一番手っ取り早い方法ですが、お金もかかりますし、人にバレずに手軽に脇の黒ずみを消したいという方がほとんどですよね。 金銭的にも経済的な、市販品もご紹介します。 rohto. また肌ケア成分に加えて、透明感のある脇へ道美久植物由来保湿成分を3種類も配合していますよ。 ベタつかずワキに塗りやすいジェルクリームタイプなので、快適に使い続けることができます。 薬局やドラッグストアなどでも市販されているので、手軽に購入できるのがいいですね。 1個あたり1,200円前後で購入できます。 rohto. com メラノCCはロート製薬がシリーズ販売している医薬部外品の美容液です。 メラニン色素が沈着するのを防ぎ、しみやニキビも予防してくれますよ。 脇の黒ずみを消したいという方は、特に化粧水と美容液がおすすめです。 活性型ビタミンCが配合されているため、角質の奥にまで浸透し、メラニンの生成を抑制してくれますよ。 「脇専用にします!」などといった、脇の黒ずみに効くという口コミも多く寄せられています。 bison. jp 脇の黒ずみに効く洗浄料とクリアエッセンスが販売されています。 洗浄料にはダブルスクラブ配合で、余分な角質をクリアしてくれます。 臭いの元になる毛穴の奥の汚れまで除去して、すっきりさらさらの脇にしてくれますよ。 またエッセンスを使うことで、黒ずみやくすみの原因となるメラニンを含む古い角質をオフしてくれます。 毛穴の開きやべた付きをケアして、透明感あふれるサラサラの脇に仕上げてくれます。 こちらは洗浄料が1本850円、クリアエッセンスが1本900円ほどで市販されています。

次の