日産 セレナ e power ハイウェイ スター。 セレナe

総額はいくら?セレナe

日産 セレナ e power ハイウェイ スター

メーカー 日産 モデル 5代目 2016年~ 車名 セレナ 新車価格 中古車相場 244~351. 7万円 132. 5~436. 9万円 基本・寸法・重量 駆動方式 2WD、4WD 排気量 1198~1997cc 全長 4690~4770mm 車内寸法 長 3170~3240mm 全幅 1695~1740mm 車内寸法 幅 1545mm 全高 1865~1875mm 車内寸法 高 1400mm 重量 2070~2210kg 乗車定員 7~8人 性能 燃料消費率 15~15. 5~5. 7m 関連記事• セレナの値引き相場:35~40万円 セレナは現行モデルの販売開始から時間が経過していることから値引き幅は大きくなっており、中には60万円以上の値引きに成功した事例もありますので、交渉次第では値引き相場より大幅な値引きを狙うことも可能です。 ライバル車としてはミニバンランキングの首位奪還を狙っているトヨタ ヴォクシーやセレナ e-POWERとほぼ同時期に発売されたホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッドなどが効果的です。 セレナの納期• 日産 セレナを安く買う方法! 自動車を購入する際、値引き交渉はセールスマンと駆け引きが必要で大変ですが、手っ取り早く日産 セレナを安く購入する方法があります。 それは 今乗っている車を下取りしないことです。 車を購入するお店に下取りしてもらうと、下取り額と値引き額を自由に調整できてしまうため、下取り額を安く設定して値引き額を大きく見せることもできてしまいます。 しかし、購入するお店とは別のお店に車を売ることで、購入するお店とは純粋に値引き額だけの交渉が可能になります。 そこで おすすめなのが車買取専門店です。 その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。 車買取専門店によっては数十万円の差がありますので、一括査定で複数業者から見積もりをとるようにしましょう。 セレナのライバル車となるトヨタ ヴォクシー、ホンダ ステップワゴンと販売台数を比較していました。 セレナがトヨタ ヴォクシーにミニバン販売台数の首位を譲ったのは、ヴォクシーのマイナーチェンジが発表された2018年10月から約3カ月間で、以降は再びセレナが首位の座を取り返しています。 2020年現在も販売台数はトヨタ ヴォクシー、ホンダ ステップワゴンなどのライバル車を抑えてセレナがトップを独走しています。 この状況はヴォクシーのフルモデルチェンジまで続くと予想されます。 各グレードの違いについてご紹介します。 最安値グレードではあるものの、インテリジェントキー リモコン やワンタッチオートスライドドアを標準装備するなど実用性も十分です。 セレナシリーズでは唯一の7人乗りとなっていますが、反対に8人乗りは用意されていないので、どうしても8人乗りでないといけない場合は選択肢から外れてしまいます。 専用バンパーの装着により標準車よりも全長が80mm、全幅が45mm大きく、3ナンバーの設定となります。 エンジン性能などは他のグレードと同じですが、車体骨格やエアロなどスポーティに仕上がっています。 日産 セレナの特徴やおすすめポイント セレナの特徴やおすすめポイント、欠点などについてご紹介します。 話題のプロパイロット機能で高速道路も楽々走行! セレナは世界初となるミニバンクラスでプロパイロットを装備 メーカーオプション しています。 プロパイロットは高速道路での渋滞走行と長時間一定速で走行する巡行走行の2つのシーンでアクセル・ブレーキ、ステアリングの操作を自動制御し、高速走行時のドライバー負担を軽減してくれます。 インテリジェント エマージェンシーブレーキ フロントに装着しているマルチセンシングカメラにより前方車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高くなった時にいメーター内の警告灯やブザーでドライバーに回避操作を促してくれます。 また、万が一ドライバーが安全に減速できなかった場合は自動的に緊急ブレーキを作動し衝突の回避、または衝突時の被害・傷害を軽減してくれます。 また、悪天候・夜間でもクリアな視界を確保できるので心配ありません。 インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム) 駐車時に自動車を停めたい場所を指定するだけで自動でハンドル制御を行い駐車してしてくれる機能です。 駐車場だけでなく車庫入れや縦列駐車にも対応しており、専用ボタンを押すだけでOKと操作方法も簡単です。 ハイビームアシスト 車体前方に取り付けられているカメラで先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知して自動的にハイビーム・ロービームを切り替えてくれるので、手動で切り替える手間やわずらわしさを軽減してくれます。 また、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)は走行車線内に戻るように制御してくれるので、警告だけではなく実際の車線逸脱防止を助けてくれます。 インテリジェント アラウンドビューモニター 自動車に取り付けられたカメラにより、まるで車上空から撮影しているかのように映し出してくれるインテリジェント アラウンドビューモニター。 運転席側からでは視認しにくい左前方や後方の状況を一目で確認できるので、ちょっと難しい縦列駐車でも安全・スマートに駐車できます。 また、自動車周辺の移動物を検知する機能も搭載しており、周辺を歩いている人や接近する自転車などを検知してナビ・ディスプレイ内への警告表示やブザー音で注意喚起してくれます。 踏み間違い衝突防止アシスト 駐車場などで駐車操作を行う際に進行方向にある壁や障害物を検知。 衝突の可能性やアクセルペダルとブレーキペダルを誤って踏み込んでしまったときはドライバーに対してメーター内での警告灯とブザーで警告するだけでなく自動的にエンジン出力やブレーキを制御して衝突防止を支援してくれます。 もちろんコンビニなどのガラス認識、前進だけでなく後退時もアシスト可能です。 標識検知機能 前方に設置されたカメラにより「車両進入禁止標識」「最高速度標識」「一時停止標識」の標識を検知する機能です。 進入禁止の道路へ誤って進入しそうになった場合や、一時停止が必要な場所でメータ内のディスプレイに表示とブザー音でドライバーに警告してくれ、より一層の安全運転を助けてくれます。 日産 セレナの評価・口コミ セレナepowerハイウェイスターVを44万円の値引きに成功して即購入しました。 初売りのくじ引きも込みでトータル45万値引き。 なかなか、頑張ってくれた。 複雑に感じるかもしれませんが、上記「日産 セレナ グレード別の違いについて」をご覧頂ければどのグレード選びの参考になると思います。 タイプ・グレード エンジン・モーター 駆動方式 価格 カタログ値燃費 e-POWER X 1. 2Lエンジンとコンパクトカーサイズのエンジンを搭載。 カタログ値燃費26. エンジン 駆動方式 カタログ値燃費 実燃費 ハイブリッド車 e-POWER 2WD 26. 6~17. 2位 セレナ e-POWER ハイウェイスター V(2WD) 3,404,160円• 3位 セレナ e-POWER XV(2WD) 3,128,760円 上位3位のうち2台がe-POWERということからもわかる通り、ガソリン車と比べてe-POWERの方が人気を集めていますが、価格差も50万円と大きいため、乗り方によっては差額分の価値をペイできない可能性があります。 日産 セレナの人気色 セレナは単色10色、ツートンカラー4色の合計14色用意されていますが、単色の一部カラーはメーカーオプションの特別塗装色となり別途43,200~54,000円、ツートンカラーは全色メーカーオプションとなり別途75,600~86,400円の費用が発生します。 シャイニングブルー• アズライトブルー• ブリリアントシルバー• ホワイト系・ブラック系はリセールバリューも高いので車種を問わず人気がありますが、上位2位はメーカーオプション色なので、リセールバリュー、コスパを考えるなら 標準色のブリリアントシルバーもおすすめです。 関連記事: 日産 セレナの競合車種 自動車を購入する場合は 他メーカーの競合車種の見積もりを取ってから交渉するのが鉄板です。 日産 セレナの競合車種をご紹介します。 トヨタ ヴォクシー メーカー トヨタ モデル 3代目 2014年~ 車名 ヴォクシー 新車価格 中古車相場 250. 9~338万円 94. 9~395万円 基本・寸法・重量 駆動方式 2WD、4WD 排気量 1797~1986cc 全長 4695~4710mm 車内寸法 長 2930mm 全幅 1695~1735mm 車内寸法 幅 1540mm 全高 1825mm 車内寸法 高 1400mm 重量 1955~2035kg 乗車定員 7~8人 性能 燃料消費率 16~23. 5m 関連記事• しかし、2018年のミニバン販売台数No. 1の座をセレナに奪われたことによりトヨタは首位奪還に必死なので、セレナと比較することで大幅な値下げも期待できます。 ホンダ ステップワゴン メーカー ホンダ 車名 ステップワゴン モデル 5代目(2015年4月~) 新車価格 -万円 中古車相場価格帯 263. 4万円 カタログ情報 JC08モード燃費 15. 0~17. セレナと同時期のモデルチェンジで新たにラインナップされたモデルということもあり、価格面だけでなく機能面でも他のミニバンよりも近いので、単純な値下げだけでなく機能面を比較してメーカーオプションのサービスなどを狙った交渉もよいと思います。

次の

【2020年版】日産 セレナ/e

日産 セレナ e power ハイウェイ スター

2018年3月、電気自動車のようなスムーズ&トルクフルな加速を楽しめるハイブリッド車 新型セレナe-POWER SERENA e-POWER が、日産からデビューをしました。 今回新発売された新型e-POWER eパワー のそれぞれのモデルの見積もり価格 乗り出し価格 は、どれくらいなのでしょか?また、この2台のモデルの乗り出し価格の差は、どれくらいなのでしょうか? 先日、今回新発売された新型e-POWER eパワー のハイウェイスターとノーマルモデルの見積もりを貰って来たので、2台のモデルの価格差を紹介したいと思います。 新型セレナe-POWERの見積もり【ハイウェイスターとノーマル車の価格差はいくら?】 今回、ディーラーさんにお願いをして貰って来た新型セレナe-POWER SERENA e-POWER の見積もりは、次の2つです。 また、この2台のモデルの条件をできるだけ同じにするために、ボディカラー、オプションはkこのように全く同じものをお願いしたしました。 0車載器 BM12-D が、セットになったオプションです。 今回新発売されたこの新型e-POWERでは、ナビでアラウンドビューモニターが確認できるように改良された事もあり、ナビやドライブレコーダーをお得に購入できるこのナビレコツインモニターパックは、かなり人気が高いようですよ。 新型セレナe-POWER ノーマル車の見積もり 一方、新型セレナe-POWER SERENA e-POWER の下位モデルノーマル車の見積もり金額・乗り出し価格は、どのようになっているのでしょうか? 今回、私が貰った新型e-POWER eパワー のノーマルモデルの見積もりは、こちらです。 また、ノーマルモデルの場合、しっかりと値引き交渉をする事によって、400万円を切る金額にして貰う事も…。 ちなみに、実際に私がこの見積もりを貰った時に値引き交渉をしてみたところ、400万円を大幅に切る金額を提示してもらいました。 決してや安い金額ではありませんが、上位モデルのハイウェイスター Highway Star と比較すると、この新型e-POWERのノーマルモデルは、手が届きやすい金額になっているのかなと思いました。 新型セレナe-POWERのハイウェイスターとノーマルモデルの乗り出し価格の差は? 私が貰って来た見積もりでは、このような乗り出し価格になっていた新型セレナe-POWER SERENA e-POWER のハイウェイスターとノーマルモデルですが、この2台のモデルの乗り出し価格の差は、約27万5000円となっておりました。 また、今回新発売された新型e-POWER eパワー のハイウェイスターとノーマルモデルの機能や装備の主な違いは、このようになっています。 ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんの話によると、カジュアルなデザインのノーマルモデルよりも上位モデルのハイウェイスターの方が圧倒的に人気が高いようです。 2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER SERENA e-POWER のハイウェイスターとノーマルモデルの見積もり価格は、それぞれこのようになっていました。 また、この2台のモデルを比較してみたところ、約27万5000円ほど乗り出し価格に差がありました。 実際に2台のモデルを比較してみると、ノーマルモデルよりも上位モデルのハイウェイスターの方が高級感のあるデザインになっております。 また、乗り心地や静寂性も若干良くなっております。

次の

【日産新型セレナ】新機能!2021年4月フルモデルチェンジ!C28型最新情報、ハイウェイスター、価格、発売日は?

日産 セレナ e power ハイウェイ スター

試乗車はセレナe-POWERハイウェイスターV 今回試乗させて頂いたのは「セレナe-POWERハイウェイスターV」です。 このグレードはセレナe-POWERの中では最上級グレードになっており、両側ワンタッチスライドドアや快適パック、デュアルバックドア、日産オリジナルナビ取り付けパッケージなどがついています。 セレナe-POWERのパワートレインはモーターで、最高出力は136ps、最大トルクは32. 6kgf・mとなっています。 最高出力はミニバンの中では少し非力な印象を得ますが、最大トルクはかなり大きいので、走り出しの力強さが期待できます。 セレナは2トーンカラー4色とモノトーンカラー9色の計13カラーで構成しており、ボディーカラーは豊富です。 その中でも私はミントホワイトパールというe-POWER専用色が少し気になっています。 気になる他のグレードや価格もみておきましょう。 (円) X XV ハイウェイスター ハイウェイスターV 2WD 296万 312万 317万 340万 セレナe-POWERハイウェイスターVの外観 セレナe-POWERのエクステリアは標準のセレナと殆ど同じですが、e-POWERならではの装備が数か所あるのが特徴です。 まず1つはe-POWER専用外装(フロントブルーグリル、リヤサイドスポイラー、e-POWERエンブレム)です。 フロントブルーグリルはグリルにe-POWERのイメージカラーであるブルーのラインが入っています。 リヤサイドスポイラーもe-POWER専用で、e-POWERのエンブレムもリヤとサイドの計3か所についています。 フロントデザインは日産特有のVシグネチャーグリルが躍動感を与えています。 さらにハイウェイスターなのでグリルの横ラインも2本になっており、標準よりもラインが1本多いのでグリルの大きさが更に引き立っています。 バンパーもハイウェイスターは迫り出しが強く、フォグランプの形状も四角い形状になっており、全体的によりスポーティーな印象になっています。 サイドもハイウェイスターのサイドシルプロテクターが覆っているので、いい感じにマッチしていながらもゴツい感じを出しています。 リヤもハイウェイスター専用のバンパースポイラーが付いています。 このセレナの特徴的な装備でもあるデュアルバックドアがなかなか使い勝手が良さそうです。 今回試乗したセレナが2トーンでルーフがブラックになっていたので、バックガラスのスモーク具合と上手く調和していて凄く似合っていました。 スマートシンプルハイブリッドのセレナと外観のデザインでは大きな違いはありませんでしたが、所々にe-POWER専用の装備が施されていたので、ちょっとした特別感が味わえるのがいいですね。 セレナe-POWERハイウェイスターVの内装 実際に室内を見てみると、思っていた以上に広いと感じます。 それもそのはずでセレナはミニバンクラスNO1の広さで室内長3,240mm、室内幅1,545mmです。 その為、1列目から3列目までどの席に座ってもゆったりできるのです。 セカンドシートで子供が余裕で着替えることができるくらいのスペースがあります。 サードシートにはスライド機構を採用しており、広い足元の他、厚みのあるクッションとゆとりある座面幅で快適な乗り心地になっていました。 また、3列目に座っても明るく開放感が感じられるように視線の位置を高めて、座面高もアップしています。 運転席もかなり開放的に感じます。 その理由はスリムなフロントピラーでしょう。 フロントピラーをスリム化したことや、ブラックカラー化したことで三角窓からの視界を大幅に向上させていることも運転席に座った時の開放感に繋がっています。 ステアリングは3本スポークの本革巻きステアリングです。 セレナe-POWERではハイウェイならば標準装備されています。 フロントグリルと同様にステアリングにはVシグネチャーのシルバー装飾になっています。 ステアリングスイッチはアドバンスドライブアシストディスプレイ設定と、クルーズコントロール、オーディオのスイッチが付いており機能性が高く便利です。 センタークラスターフィニッシャーはピアノブラック調になっており高級感がありま 四角いデザインの電制シフトとメーカーオプション「セーフティーパックB」の電動パーキングブレーキが付いています。 電制シフトはe-POWERならではの装備になっており、電動パーキングブレーキは高級車の必需装備といった印象が強く、どちらも特別感が強いですね。 電動パーキングブレーキが付いている「セーフティーパックB」には他にも多くの装備が追加されます。 一例でみると、インテリジェントルームミラー、プロパイロット、インテリジェントLIなどの安全装備も装備されていま またセレナe-POWERハイウェイスターVには快適パックが標準装備になっているので、スーパーUVカット断熱グリーンガラスやパーソナルテーブル、USB電源ソケット、シートバックフックなども付いており、名前の通り快適なドライブライフを提供します。 セレナの荷室はミニバンNO1の広さを誇っています。 3列目を使った状態でも十分な広さがありますが、3列目を収納すれば大人用の折り畳み自転車を積むことやレジャーグッツなども思い通りに積み込むことができます。 ディーラーオプションのラゲッジパックを購入すれば、ラゲッジカーペットやマルチラゲッジネット、ラゲッジアンダーボックストレイが付いており、さらに効率的な収納を実現できます。

次の